夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


【お悩み】結婚したら夫の姓を名乗ることに抵抗感があります。パートナーのことは大好きなので別れたくはありません。事実婚でいいのですが、パートナーが理解してくれるかどうか不安です。

パートナーとの間に子どもができ、彼からプロポーズされました。ですが、私は結婚による姓の変更に抵抗があります。自分の姓が気に入っていますし、名前が変わることで自分のアイデンティティが揺らぐような気もしています。事実婚でいいと思っているのですが、理解してもらえるか不安です。彼のことは好きなので別れたくありません。どうしたらいいでしょうか?(Sさん・43歳)

幸せな状況と恵まれた環境に感謝して

おめでとうございます!!
大好きな彼との間に赤ちゃんを授かったのですね。新しい生命の誕生は奇跡的で神秘的なことです。さらに、大好きな彼からプロポーズされたのですから、こんなにおめでたいことはありません。その幸せを、心からかみしめてほしいと思います。

カウンセリングの現場では、結婚したくても結ばれない人や、子どもを望んでも恵まれず苦しんでいる人がとても多くいます。Sさんは、大好きな彼からプロポーズされ、かわいいベビーに恵まれました。自分がとても幸せな状況にいること、恵まれた環境にいることに感謝してくださいね。

大好きなパートナーとの間に愛の結晶を授かることができて、本当に良かったですね。

法律は、現実の生活に合わせて変化する

一昔前に比べ、結婚観が大きく変化し、結婚は、“しなければならないもの”ではなくなりました。結婚は選択肢のひとつと考える人が増え、同棲だけしているカップルや籍を入れない事実婚のスタイルも増加しています。同時に、ようやく同性婚が認められるようになりました。

同性婚といい、LGBTへの理解といい、実際の生活に不都合が生じたり、矛盾が生じたりすることで、ようやく法整備について考えるというのがいまの日本社会。
本来は、生活者を保護するために先手を打って法整備がなされるべきなのですが、残念ながら後手後手に回っているのが日本の現状です。

一人ひとりの声が反映されて法律が改善されていくので、「おかしい」「不便」だと感じたり、実生活とのギャップを感じたときは、我慢するのではなく、できるだけ声をあげて問題提議したほうがよさそうです。

「事実婚」も認められつつある

このように世の中の流れに合わせ、ようやく認められつつあるのが「事実婚」です。

保険金の受け取りに関して例をあげると、これまでは、婚姻関係のない人を「指定代理請求人」にすることはできず、法律的に認められた配偶者にしか、請求の権利がなかったのですが、ともに生活しているパートナー、つまり事実婚の場合、署名横に「未入籍」と書けば、認められる保険会社が増えてきました。

また、パートナーの入院の手続きの際は、入籍していなくても、自分のことを「妻または夫「内縁」「未入籍」「未届け」と書けば問題はありません。

二人が同じ住所に住んでいるのなら、住民票の続柄欄に妻(未届け)、または夫(未届け)と記載すれば、事実婚が証明され、諸々の手続きがスムーズです。
「事実婚」を選択した場合でも、不便な状況が改善されつつあるのは嬉しいですね。

相手を責めるのではなく、自分の気持ちを伝える

さて、お悩みの本題ですが、Sさんの思いは、パートナーに伝えていますか。
Sさんの、「実家の名前が好き」「大切にしたい」という思いがあるなら、その気持ちをパートナーに一度話してみてください。

事実婚の良さや悪影響がないことをパートナーに伝えることで、理解が得られるかもしれません。(そのためにも情報収集は必要です)

夫婦は、常に考えや意識が一致しているとは限りません。むしろ、意見が違うことのほうが多いのです。話し合いの際の伝え方ですが、相手の考え方を否定したり、責めるのはタブー。また、「理解なんかしてもらえない」と決めつけたり、結果を恐れたりせずに、まずはSさんの気持ちを正直に伝えてくださいね。

もし、パートナーが反対するなら、その理由を聞いてみてください。
話し合うことで、パートナーの意見にも一理あり、と納得する場合もあります。思いを吐き出すことでスッキリして、相手に歩み寄れたり、妥協できることもあります。もしそうであれば、入籍を選択すればいいですし、納得できなければ、話し合いを続けます。

いちばん良くないのが、話し合いを避けて早々に諦めてしまうことです。意見の相違は「勝ち負け」ではありませんし、双方の意見が合わない場合でも、決して八方塞がりということはありません。

結婚したら、ライフイベントに合わせていろいろな出来事と問題がやってきます。人生はその連続だと言っても過言ではありません。出産すれば、子どもの育児方針、養育や教育について考え、その都度、夫婦で意見を出し合い、すり合わせます。
ポイントは、喧嘩に発展しないよう、穏やかに話し合うこと。これさえできれば、大抵の問題は乗り越えられるはずですよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #26】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

今の夫で本当に良かった? 結婚生活に疑問を持った時【幸せ夫婦コミュニケーション術 #87】

結婚を決めたときは、「一生この人を支えよう」と思っていた。でも長い年月が過ぎて周りを見ると、いろいろな女性が人生を楽しんでいる。「もしかして、私もああなれたかも……」なんて思い始めると、今の結婚に「これで良かったの?」と思う瞬間があるかもしれませんね。結婚生活に疑問を持ったときはどう向き合えば良いか、お話します。


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

DHCダイエット遺伝子検査キット座談会 体験者の本音トーク!<前半>

「遺伝子検査キットってそもそも何?」「なんだか怖いイメージ」「高そう…」など遺伝子検査キットに関する社会的認識はまだまだ低いのが現状です。そこで! DHCで働くダイエット遺伝子検査キットを体験したアラフォー女性たちにその使用感や活用方法などについて伺いました。日に日に痩せづらさを体感するのがアラフォー…そんな時にどうやらこのキットはとても有効のようなのです。座談会前半をお届けします。


DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

DHCの遺伝子検査はアラフォーダイエットの強い味方!体験者座談会<後半>

遺伝子検査と聞いてどんなイメージを持つでしょうか? 知らないことが多いので、「なんだか怖そう」などと思っていませんか。実は遺伝子検査はすごく簡単お手軽で、アラフォー女性であればぜひ実施していただきたいものなんです。今回はDHC遺伝子検査キットに携わる4人女性に集まっていただいて、実際にダイエット遺伝子検査を行った感想などについてお話を伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

Bramanoliで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

仕事のミスで空回り…焦りや落ち込む気持ちの整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#12】

昇進したり、転職したり、仕事で新しいことにチャレンジする時、ミスや遅延はつきものです。上手くいかないと焦ってしまって余計にまたミスをする、周囲からも白い目で見られる、落ち込む、またミスる…この連鎖を断ち切ってポジティブ思考になるにはどうしたらいいかお伝えします。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング