【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第一回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第一回目です。


卵子が老化するなんて知らなかった!

―42歳で不妊治療を始められたと聞いて本当に驚きました!それまで治療しようとは思わなかったのでしょうか?

それが…私、卵子が老化するって知らなかったんです。34歳から婦人科検診を1年に2回、受けていて、病気にならないようには気をつけていたんです。それでホルモン値が正常で子宮や卵巣に問題がなくて、健康だったら自然に妊娠するって思ってたんですよね。本当に“のんき”でした。診てくれていたドクターからも特に何も言われなかったですし…でもドクターにとってみたら子どもを望んでいるのなら、年齢を重ねたら卵子が老化するなんて常識で、知らないなんて思ってもないですよね(笑)

―もしかしたらそうかもしれないですね。

私、婦人科の先生って3つの分野に分かれると思うんです。女性特有の疾患を治療する先生と出産を手助けしてくれる先生、そして不妊治療をしてくれる妊活専門の先生。それぞれ知識はあるけど専門分野が違うから、自分のところにきた目的以外の事は診療時間も限られていますし、病気でないかぎり質問がなければ基本的に言いません。それを卵子が老化すると知った時に痛感しました。

―本に書かれていましたが堤幸彦監督が不妊治療のドクターを紹介してくれたそうですね。

はい。堤幸彦監督と役者仲間が集まって話をしていた時、私がなかなか子宝に恵まれないことが話題にのぼって、「もう40歳過ぎてるのになに悠長なこと言ってる!」って(笑)その仲間で舞台を予定していたこともあって、「早く産まないと!」ってなったんです。その流れから堤監督の高校の同級生が不妊クリニックの先生だったので、紹介してもらいました。そこで現実を突きつけられました。主治医の神野先生に「僕の経験上、42歳を過ぎたら卵子は3か月で4歳年を取るくらい老化のスピードが増します」って言われたんです!

―え! 3か月で4歳年を取るんですか⁉ 老化するのは知っていましたが、そんな速度だとは…驚きです。

ほんとですよね。37歳から老化が始まって、42歳になったらまたグンとそのスピードが上がる…。それで、無知だった自分自身に腹が立ちました。主人も「子どもは授かりもんだから」なんて言っていたので、その現実を知って驚いたと思います。

ご主人の男性不妊が発覚!精子の運動率は10%さらに5%まで減少…

色々な考え方があると思いますが、神野先生は、今までタイミング法を試した40歳からの不妊治療は、人工授精のステップを省いて体外受精から始める、っていう先生なんです。理由はさっき言ったように、どんどん卵子が老化してしまうから時間との闘いなわけです。それで体外受精するのに夫の精子を調べたら、男性不妊だったんです! 精子の運動率は10%…それがのちに5%まで下がっちゃうんですけど…。それまで妊活していて、生理がくると主人に「ごめんね。早く帰ってきてもらったのに」なんて言ってたんですけど、妊娠しない原因の半分はあなただったんですか!って(笑)

―ご主人ショックだったでしょうね…

いや! それが違うんです。私もねショックだろうなって思ってたんです。だからそっとしておこう、それについては触れないようにしよう、って思ってたんです。で、今回、本を書くにあたって初めて聞いてみたんです。「あの時どんなことを思ってたの?」って。そしたら「ただビックリした」って(笑)ショックを受けてると思って、気遣っていたのにビックリしてただけだったんですよー。それでね、私、改めて思ったんです。苦しい妊活を一緒に乗り越えて主人のことはなんでも分かってる、分かり合えてるって思ってたけど大間違いだなって。おごってたなって。だって、32歳の時から付き合っている主人の気持ちを結局4年間も勘違いして過ごしてきたんですよ。だからね、やっぱり“わかっているはず”“わかっているだろう”は絶対ダメで、ちゃんと伝えることが大切なんだって思いました。これも妊活をしたことで知ることができた大切な教訓です。

―妊活は女性にとってすごく体に負担がかかることで、大変なことです。加藤さんは覚悟をもって妊活に臨まれたと思うのですが、ご主人の方はいかがだったんでしょうか?

うーん。不妊クリニックへ行く前は「貴子が欲しいなら欲しい…」とかその程度で。なんか子どもができるってことが漠然としすぎていてわからなかったみたいですよ。だから「は?なにそれ?私が欲しいから欲しいって、それじゃあ意欲的には欲しくないわけ?」って、この温度差で喧嘩したこともありました(笑)でもね、すごいんですよ。1人目が産まれたとたん「さあ2人目の妊活をしよう!」って(笑)ずいぶん変わりましたよ。

大変な思いをして一人目を出産。さらに二人目の妊活へ

―それも驚きました。3度の流産など辛い経験をしてやっと出産をして、さらに子育てもしなきゃいけないのに、また2人目に挑戦しようと思う気持ちが本当にすごいなあって。

主人も私も姉妹がいてすごく仲が良いんですね。お互い今でも助け合っているし。だからやっぱり兄弟はつくってあげたかった。それに、私たちは高齢出産だし長男を一人にしたくないっていう気持ちがすごく強かったんです。

―40代特有のホルモンバランスの崩れもあるなか、出産をするとさらに女性ホルモンが急降下して体調が悪くなりますよね…本当にすごい覚悟だと思います。

私、42歳を過ぎた時から「あー今日は体調いい!」っていう日は一日もないですよ(笑)でもね、年齢に囚われずに考えてみたんです「もし私が若かったらどうするだろう?」って。そうしたら迷わずトライするなって思ったんです。それを年齢のせいにして、トライしないのはやっぱり後悔するなって。それで頑張ることにしました。

でもね、私、一人目の出産後、手の骨が曲がっちゃったんですよ!

―え⁉ 骨が曲がるって…どういうことですか?

産後、開いた骨盤を閉じるためにカラダ全体がギューっと絞られていくんですよね。人によるみたいなんですけど、私はその閉じていく過程で身体全体の関節が締めつけられて手首の骨が曲がっちゃったんです(笑)もう痛くて痛くて…一時は手がまったく動かなくなっちゃって。なにが大変かって、オムツが替えられないんです。さらに抱っこするから腱鞘炎にもなるし…。でもそんな時に、先輩ママさんたちがね、「大丈夫!授乳が終わったら落ち着くから」と、いろいろ教えてくれたんです。

ある先輩ママさんが「子どもはあっという間に大きくなっちゃうのよ。今しかできないことを楽しめるか楽しめないかはあなた次第!楽しもうと思えば楽しめる!」って言ってくれたんです。それでね、「あーそういえば色んな経験してきたけど、どんなに大変なことも一生続いてはいないなあ」って思ったんです。それで「今を楽しもう!」って強く思えるようになりました。高齢出産のいいところってそういうところかもしれないですね。友人たちが、ママとして大先輩になるから、色んなお話が耳に入ってくるんです。

―卵子の老化を知らず妊活を始めてみたらご主人が男性不妊…さらに辛い3度の流産を経て、一人目の男の子を出産した加藤貴子さん。第二回に続きます。

文/和氣恵子


加藤 貴子 女優
アイドルグループのメンバーとしてデビュー。TBSの昼ドラマ愛の劇場の「温泉へ行こう」シリーズのヒロインを演じ人気者に。
2013年結婚。2014年第一子、2017年第二子を出産。2018年3月に自身の妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)を出版。


42歳で、「子どもがほしい」と踏み込んだ不妊治療の世界。男性不妊、流産、不育症――。起こった全てを「〇」に変えるための、心の処方箋。
不妊治療を経て、44歳、46歳で出産した、女優・加藤貴子が伝えたい、妊活クライシスにならないための「小さな習慣」。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連する投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

愛ある厳しさで大人気の恋愛婚活コンサルタント菊乃さん。インタビュー最終回は最近では当たり前になってきた婚活アプリについて。アプリを使った婚活の注意点などについてお伺いしました。


【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でも、愛あるスパルタ指導が大人気です。今回は菊乃さんの元を訪れる迷える婚活女性たちについてお話を伺いました。第二回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
укладка ламината цена

моторное масло gm

масло в коробку