話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


話がうまくまとまらず、主人との会話も楽しめません・・・

【お悩み】私は話をしているとだいたい、「で、結局何が言いたいの?」と言われてしまいます。主人からは「結論から話して」と毎回言われるので話すのが嫌になります。気を付けていても、ついつい思ったことをダラダラ話してしまっていて、自分でも「あれ?何の話してたんだっけ…」と、情けなくなることもしばしば。上手にまとめて話す方法が知りたいです。(Sさん/39歳)

「話す」目的は、男女でとらえ方が違う?!

話すことが好きな女性は、何でも話したくなりますよね。

「会社でこんなことがあったの!」
「近所に新しいお店がオープンしたみたい」
「義母のことで相談したいんだけど・・・」

共感してほしい心理が働き、その日に起きた出来事や自分の感じたことを早く伝えたく、つい親しい人には頭の中で思いついたことをポンポンと話してしまいがちです。女性同士では「分かる!分かる!」となりますが、いざ一番話を聞いてほしいパートナーに話すとなぜかしっくりきません。実は、女性と男性はこの”話す”ということに関する捉え方が大きく違うのです。

男性は、「話す」目的は「用件を伝える」手段だと考える傾向があります。女性は「話す」ことは「共感」だったり、そもそもおしゃべりそのものが「ストレス発散」になります。すると、男性に一日の出来事や、あなたがどう感じているかを伝えても、なぜこの話を聞かされているのかわからずにイライラされることがあるのです。

話す相手やシーンにあわせて、話し方をかえれば、聴く人もストレスなく、話す人も気持ちよく話すことができます。ぜひ、ちょっとだけロジカルに考えて話をしてみましょう。

ロジカルに話すポイント:最初に「話す目的」を伝える!

「結論から話しましょう」とビジネスシーンや国語の授業で言われたことがあるとは思いますが、頭でわかっていても日常なかなかそうはならないですよね。話がまとまっていないときには、相手にまず、なぜ話をしようと思ったのか話す目的を伝えてみてください。

「ちょっと、話を聞いてほしいけどいいかな?雑談なんだけど・・・」
「あなたがどう思うか相談してもいい?」

と本題に入る前に、前置きをいれるだけです。

最初にそう伝えるだけでも相手のイライラが解消されます。ゴールが見えない話に付き合わされる相手は聞いている間に不満がつのります。この話はいつまで続くのだろう・・・自分に何を求められているかよくわからない・・・となるので、話す目的が「雑談」なのか、「相談」なのか、お互いに共通の認識があるだけでもスッキリします。

自分でもオチがわからなければ、「結論はないんだけど・・・」と言っておくと相手も心構えができます。話を聞いてほしいだけの雑談は、自分の心理状態を伝えたり、多少ダラダラとお話をしても面白いものです。無理に結論を最初にまとめ、手短に話しても感情の共感は難しいので「聞いてほしいこと」を伝えればよいのです。

そのときは、話を聞いてもらった後は、「話を聞いてくれてありがとう!」とお伝えしましょう。今回は、「話を聞くだけでよかったんだ」と相手にもわかるので、また次から話すときにもスムーズに会話がすすみます。

ロジカル思考トレーニング方法:4行日記をつけてみよう!

私たちは、起承転結のストーリー型の話し方に慣れています。ですが、この話し方だと時系列で登場人物や付随する情報をふくみ、どうしても話が長くなってしまいます。

相手に分かりやすく伝えるためには、短く要点をまとめた話し方ができるようになるとよいです。おすすめは、「4行日記」を書くことです。1日5分で簡単にはじめられます。4行日記とは、言葉通り4行で完結させる日記のことです。構成は「事実」「気づき」「教訓」「宣言」の項目で書きます。

例えば、
「事実」:今日、カレーを作った。
「気づき」:分量をはからずに感覚でつくると味が安定しない。
「教訓」:慣れてきた時こそ、基本に忠実になる
「宣言」:カレーの水はきちんと計っていれる

項目通りに、1行で書くだけです。この日記をかくと、目標や目的が明確になったり、論理的思考力を身につけることができます。そしてポジティブに考えられるなどメリットがたくさんあると言われています。最初から頭の中で話を整理して話すことは難しいです。4行日記は、スマホのアプリ等にもあるので、是非書き出してまとめるトレーニングからはじめてみましょう!

会話はキャッチボール

一方的に話すのは、会話とは言いません。相手がいて、双方のキャッチボールがあってコミュニケーションが成立します。
聴く人の立場も考えて、分かりやすい話し方を心がけてみてください。話下手でも、トレーニングをすれば必ず話上手になります。

話を「聞いてほしいだけ」なのか「解決したい」のか、分別しながら話し方を工夫してみましょう。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月27日(月)~6月2日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング