家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


「家事は女の仕事」は時代遅れ!?

日本では、昔から「家事は女の仕事」とする風潮が強く、結婚や出産後もずっと女性が家事をするもの、と考える人が多いように感じます。

ですが、すべての女性が家事を得意とするわけではありませんよね。「どうしても段取り良く掃除するのが苦手」と悩んだり、「料理の腕が上達しない」とキッチンに立つのが苦痛になったり、向き不向きがあるのは当然のことです。

かといって、夫に任せてみても結果は同じ。共働きならそもそも家事に割ける時間は限られているし、きちんとできないことにストレスが溜まります。

毎日頭を悩ませてまで、家事を考える必要があるのでしょうか。努力したけどうまくいかない、どうしても時間が作れない、でも「女だから」しなくちゃいけない……。こんな矛盾に苦しむのは、時間がもったいないし健やかな生活ではありません。

そこで発想を転換して、家事が苦手なら得意な人に任せてしまいましょう。家事のプロが代わりにやってくれる「家事代行サービス」なら、煩わしさから解放されます。

「ほかの人に家のことを任せるなんて」と罪悪感が湧くかもしれませんが、ストレスを溜めながら無理にがんばるより、プロにお願いしてしまうほうが実は無駄がなく効率的なこと。

家を綺麗に保ち、穏やかな気持ちで過ごせることは、日々の活力につながります。「家事は女の仕事」ではなく、「家事はプロに任せても良い時代」と考えましょう。

「家事代行サービス」は忙しい家庭にこそ最適!

家事代行サービスの特徴は、以下の通り。

・研修を受けた「家事のプロ」が来てくれる
・掃除や買い物の代行から、料理の作りおきなどもお願いできる
・料金は定期利用や都度利用で選べる
・必要な道具は会社で揃えてくれるところがほとんど
・インターネットやアプリから予約も簡単


など、質の高いサービスを受けられます。

たとえば、「キッチンの汚れが目立ってきたけど、掃除する時間が作れないし大変そう」「お風呂にカビが生えてきて掃除したいけど、何から始めればいいの?」と手を出すのが気が引けるとき、ダスキンの「」というサービスなら、キッチンと浴室の掃除を一緒にお願いすることができます。

道具をこちらで揃える必要がなく、料金は4週間に1回の利用で18,360円から。定期的にお願いすることで、いつも清潔に保っておけますね。

さらに「」という家事代行サービスなら、1週間に1回の利用で1時間あたり2,190円。こちらでは料理の代行もやっているので、当日の夕食と作りおきのおかずまでお願いすることができます。

利用したいときは、電話だけでなくインターネットや専用のアプリから簡単に予約できる会社も多く、空いた時間にすぐ見積もりを取れるのは便利ですね。

「残業が続いてトイレの掃除ができていない」「家族の布団を干したいけど、時間がない」など、忙しい家庭にこそ家事代行サービスは最適です。時間がない中で適当に済ませてしまい、いつまでもスッキリしない部屋で過ごすより、プロに任せれば段違いに生活は整います。

「家事代行サービス」で家族の時間を大切にできる

「休日に家族でお出かけしたいけど、家事が溜まっているから無理かな…」と悩むことはありませんか? 特に共働きだと、家族が揃って休める日は大切に過ごしたいですね。

家事代行サービスを使えば、お出かけしている間に家事をお願いすることができます。キッチンの掃除から庭のお手入れまで、帰宅したらピカピカになっているなんて、嬉しいですよね。

「家事を人に頼むなんて、夫がいい顔をしないかも」と悩むかもしれませんが、苦手なことを無理にがんばることが、本当に家庭のためになるのでしょうか。夫が代わりにやってくれるなら良いですが、そうでないなら負担はいずれどちらかが負います。ストレスを感じながら過ごすより、いっそプロの手にお任せするほうが、ずっと心身ともに健康的な生活を送れるのではないでしょうか。

また、休みの日は自分の勉強に時間を使いたい、リフレッシュのためにエステに行きたいなど、やりたいことがある女性もいるでしょう。そんなときに苦手な家事に時間を費やしてしまうのは、もったいないですよね。

限られた時間を有意義に使うことは、決して間違いではありません。「女性だから」家事を優先しなければならないのではなく、仕事や趣味など、自分のために過ごすことだって大切なこと。そうすることで幸せな気持ちになり、笑顔が増え家族に優しくできるならみんなハッピーですよね!

「家事は女の仕事」ではなく、現代は「家事はプロに任せても良い」時代です。家事を放棄するのが目的ではなく、より効率的に、より楽しく日々を過ごすために家事代行サービスはあります。

家事を代行してもらうことに、罪悪感を持つ必要はありません。その時間を家族や自分のために使い、より充実した毎日になることが、何より幸せな家庭生活を続けることに繋がるのです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング