私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


何事もやりすぎないことが肝心

たとえば、夫の会社の人たちが自宅に来たとき。「こいつ、料理が下手でさ~。昨日のシチューも肉が固くて……」とみんなの目の前で馬鹿にされて、良い気分がする妻はいませんよね。

夫にとっては「ただの冗談」であっても、それで済まされないのが人の気持ち。「ムカつく!」「最低!」と怒りが湧くと、何とかしてやり返したいと思うのも無理はありません。

ですが、気をつけたいのは「極端な行動に走らないこと」。料理を馬鹿にされたからと、それから一切キッチンに立たなくなる、お皿を全部捨ててしまうなど、やりすぎると自分も窮屈な思いをすることになります。

「そこまでしなくても……」と妻の怒りにうんざりして夫が謝罪することをやめてしまえば、本当に夫婦仲は悪化してしまいます。なんとか「仕返ししたい」「ギャフンと言わせたい!」と思ったとしてもまずは落ち着いて、自分の立場を忘れずに“お灸をすえる”程度のものにした方が、その後のふたりの関係にも悪影響が残りにくくなります。

素直に反省してもらいたいなら「尾を引かない方法」がベスト!

そもそも目的は「夫にも嫌な思いを味あわせる」のではなく、「自分がされたことの痛みを知ってもらう」ことが本来の目的です。

例えば、お皿を捨ててしまうなどあからさまに怒りを表してしまうと、後でまた買い揃えるためにお金がかかったり買いに行く時間を作ることになったり、気まずい時間がいつまでも続きます。尾を引くような復讐は、その後もケンカになったときなどに顔を出しやすく、「あのときもこうだった」など余計な怒りが戻ることにもなりかねません。

そうならないためにも、自分のしたことを素直に反省してもらい、「ひどいことを言ってごめん」と謝る気持ちを引き出すための方法をまずは考えたいですね。

そんなときにオススメの“お灸をすえる”方法をご紹介します。

【方法その1】食事系の手を抜いてみる

たとえば、料理を馬鹿にされたなら、次の日のお弁当は冷凍食品だけを少し入れ、白ごはんには梅干しだけ、のような手抜き弁当を持たせてみるのはいかがでしょうか。

いつものようにおかずがいっぱいの愛妻弁当を期待していた夫は会社で蓋を開けて恥をかくかもしれませんが、まさに自業自得。

「今日の弁当は何だ!」と言われたら、

「だって、私の料理は下手なんでしょう? 頑張っても美味しくないんだったら、あれでもいいじゃない」

と自分の発言のせいであることをはっきり伝えます。

「そんなつもりはなかった」と返されたら、「あんな風に言われて、すごく傷ついたんだけど」とこちらの気持ちを知ってもらいます。愛情があるからこそ作っているのだということを、改めて夫に考えてもらいましょう。

【方法その2】夫の家事負担を増やしてみる

怒りをアピールする方法としては、

・洗濯物は夫のだけ洗わない
・片付けは自分のものだけ
・夫の使った食器は洗わない

などで夫の負担を増やしてみるのもアリです。

いつもはやってくれるのに、自分のものだけ避けられていたら夫は怒りますよね。「俺のぶんもやれよ!」と言われたら「自分でやってよ」と突き放せば、夫はどうして妻がこんなに怒っているのかを考えます。

普段、妻のほうが家事の負担が大きければ、やらされてみることで夫も大変さを理解するきっかけにもなるでしょう。怒りの深さがわかれば、自分のしたことの軽率さに思い至るはずです。

【方法その3】「プチ贅沢」なら夫にバレずに復讐できる

あからさまなことをしたくないときは、

・高級ランチを食べに行く
・高くて手が出せなかったものを買う
・行きたかったエステを楽しむ

など、自分だけの「プチ贅沢」を楽しむのもオススメです。

夫の目が届かないところでの贅沢は、普段なら罪悪感があってできないことも、夫に非があるときは話が別。好きなことをしてストレスを発散させましょう。

ですが、あまりにも高い買い物をしてしまうと、バレてしまう上に「無駄使いするな」と責められてしまいます。万が一バレても「あなたのせいでしょ」と言われて夫が黙るしかない程度の範囲で済ませるのがポイントです。

夫のプライドを傷つけるような方法はNG!

夫に一番やってはいけないのは、プライドを傷つけることです。

・夫が大事にしているコレクションを黙って捨てる
・「あんたみたいな男と結婚するんじゃなかった」と罵倒する
・子どもに「お父さんは最低」と悪口を吹き込む

など、行き過ぎた仕打ちは夫が受ける傷も深く、「自分のせいだ」では納得できない怒りを夫が抱えることになります。

こちらは「自業自得でしょ」と思っても、逆の立場ならどうでしょうか。反省の気持ちを超える怒りは決して前向きな行動を生みません。

あくまでも夫に自分のしたことを省みてもらうのが目的です。度が過ぎるやり方は夫婦の絆まで壊します。怒りや悲しみを夫に理解してもらうことは大切ですが、「夫も苦しめばいい」ではなく、「二度と言われたくない」「二度と繰り返したくない」という気持ちをまずは伝えることが肝心なのです。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

実録:不倫のサイン あなたの夫は大丈夫?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #98】

不倫なんて、我が家には縁のない話。そう思っていたのに、最近夫にあやしい行動が目立つ。不倫をしているとどこか違和感のある態度が出るようになり、それがきっかけで不倫に気がついた、という妻も多くいます。そこでどんな夫の態度がサインとなったのか、実際に不倫され気が付いた妻の声をご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング