「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

先月、はあちゅうさんが発表し、話題となった「事実婚」。婚姻届を出さずに婚姻関係を結ぶ事実婚には、形にこだわらず自分たちの意思だけで自由に関係を楽しむメリットがある一方で、家族なのに法律に守ってもらえないなどのデメリットもあります。事実婚とは一体どんなものなのか、お話します。


婚姻届がいらない「事実婚」

まず、「事実婚」とは

・婚姻届を出さない(新しい戸籍を作らない)
・ふたりの姓はそれぞれ変わらない
・必ずしも同居する必要がない


など、主に「ふたりの意思だけで婚姻関係を結ぶこと」を指します。

「銀行口座やクレジットカードの名義を変更する手間がない」「住民票を同じにしていれば家族と認められるケースが多い」など、一般的な結婚(法律婚)に比べて煩雑な手続きがないことが事実婚のメリットです。

また、夫婦別姓が認められていない日本で、夫の姓を名乗りたくないという妻にも事実婚は有効です。

「結婚したい=一緒にいたい」というふたりの気持ちを、よりシンプルにしてくれるのが事実婚。法律に縛られないということは、逆にそれだけふたりの意思が婚姻関係を続けるには重要となり、お互いを大切にしようとする姿勢も強くなる、といいます。

「事実婚」と認められるために必要なもの

ですが、婚姻届を出さない事実婚は、どうやってふたりが婚姻関係にあることを証明すれば良いのでしょうか。

第三者から見て事実婚のふたりだと理解してもらうためには、契約書や誓約書が有効です。

・いつから事実婚となったか
・いつから同居しているか(生計をともにしているか)
・不貞行為があった場合の慰謝料


これらは、慰謝料以外は法律婚であれば婚姻届に書く内容と同じです。どこにいつから住んでいるか、ふたりがどんな意思で一緒に住んでいるかを客観的に証明するものとしてふたりで作成しておけば、口で説明するより認めてもらいやすくなります。

また、契約書や誓約書だけでなく、住民票もわかりやすい証明のひとつです。

事実婚として同居を始める場合、男性を世帯主とするなら女性の続柄を「妻(見届)」と記載します。

同一世帯の続柄は、行政サービスや保険などで重視される点です。婚姻届を出していなくても、「妻」として同じ家に住んでいることがわかれば、ふたりの関係が事実婚であることが認めらやすくなります。

「事実婚」のデメリットは法に関することにある

まだまだ法律婚が一般的な婚姻の方法とされている日本では、事実婚と言われてもピンとこない人も多いでしょう。

「籍は入れていないけど夫婦」と聞くと、「何か問題でもあるのかしら」「無責任な関係」と思われることも多く、特に年配の人たちには受け入れづらい形でもあります。

人に理解されにくいことに加え、事実婚の大きなデメリットは子どもが産まれたときにもあります。

本来、入籍している夫婦でなければ、たとえ血がつながっていてもふたりの間に産まれた子どもは「非嫡出子」となり、男性の子どもと認めてもらうには、家庭裁判所の許可を得なければなりません。

また、どちらかが亡くなったときも、事実婚であるパートナーは民法上の相続人とはならないので、あらかじめ遺言書を作っておくなどの準備も必要です。

所得税の配偶者控除が受けられなかったり、生命保険の受取人として認めてもらいづらかったりなど、法律婚であれば受けられる夫婦のメリットが事実婚では適用されない場合があるのです。

法律に縛られないことは、自由である反面、恩恵も受け取れないことをしっかり認識しておく必要があります。

「事実婚」は離婚のハードルが低いというメリットも

一方で、事実婚は「離婚したくなったときもお互いの意思だけで済む」というメリットがあります。婚姻届を出さないので、離婚届も必要ないのですね。

もちろん、どんな形であれ一度夫婦となったなら、最期まで添い遂げるのが理想ではありますが、性格の不一致や相手の浮気などで離婚したくなることもあるでしょう。

他に好きな人ができた場合、法律婚であれば、先に夫婦関係を壊した有責配偶者は、相手が了承しないと離婚することは難しいですが、事実婚はふたりの意思さえ合致すれば離婚できます。調停や裁判を起こすようなこともなく、ふたりの気持ちで決めることができるので、新しい人生を歩みたくなったときによりスムーズに動けます。

かといって、決して無責任に関係を解消できるということではありません。住民票を同じにしていて家族と認められている場合などは、相手の浮気が原因で事実婚を解消せざるを得ないときは慰謝料の請求が認められることもあります。

法律婚では、夫婦関係が破綻していることを証明する必要があったり、煩雑な手続きが必要であったり、離婚することは精神的にも大きなダメージを負いやすいのが現実です。

事実婚は、法律に従わなくて良い場面があるぶん、法律婚より身軽になりやすいというのはメリットのひとつです。

「事実婚」であっても結婚に変わりはない

事実婚であれ法律婚であれ、婚姻関係を結ぶことに変わりはありません。

婚姻届を出さないから気軽にできる、というものではなく、出さないからこそお互いが責任を持って夫婦生活に向き合う姿勢が求められます。

法律婚と事実婚。

どちらが良いと決めつけるのではなく、結婚で人生をより豊かなものにするという基本的な考えを忘れずにいたいものですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


夫婦 ひろたかおり 事実婚

関連する投稿


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテムを販売するTENGAの女性向けブランド“iroha”。女性のセルプレジャーアイテムについても徐々にではありますが、認知されつつあります。そんななか、irohaでは新商品発売を記念して記念イベントが開催されました。その模様をリポートします。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

【#FocusOn】豪華女優陣勢揃い!映画『食べる女』出演・壇蜜さんインタビュー/後半

豪華女優陣の共演も話題の『食べる女』。夫に不倫の末、別居されシングルマザーとして生きるツヤコを演じた壇蜜さんに夫婦の在り方やセックスレス問題についてお話を伺ったインタビューの後半をお楽しみください。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング