40代妊娠希望「妊活の前に」考えて感じて欲しいこと【幸せな妊活のススメ#1】

40代妊娠希望「妊活の前に」考えて感じて欲しいこと【幸せな妊活のススメ#1】

自然妊娠しないので産婦人科へ行って妊活を始める。そして、妊活をスタートしたらすぐに妊娠する。そんな風に思っていませんか?そもそも結婚したら子どもを産むのが当然なのでしょうか?出産することが誰にとっても悦びなのでしょうか?妊活をスタートする前に考えて欲しいことについてお話します。


妊娠をゴールにしない妊活を始めてみませんか?

アラフォー世代の妊活って、暗いイバラの道が待っている感じがしませんか?妊娠する前から怖い…なんて思っている人もいるかもしれません。

そもそも、「絶対妊娠しなくてはいけない」「結婚したら子どもを育てる“べき!”」と思い込んだり、決めつけたりしていたりしませんか? なぜパートナーと出会い結婚したのでしょうか? 

少数派かもしれませんが結婚していないけれど、パートナーとの間にお子さんを授かることを望み、妊活しているケースもあるかもしれませんね。

ここで質問です。

「なぜあなたはパートナーとの間に子どもを授かりたいと思ったのですか?」

あなたはなんて答えますか?ここが重要なキーワードになってきます。

ここに「〇〇さんが産んだから」や「孫を両親に見せたい」など、他人軸になっているようならば、もっとこの「なぜ子どもを授かりたいと思ったのか」という想いを深く考えてほしいと思います。

あなたは本当に妊娠したいのでしょうか? 妊娠したくないという気持ちは隠れていないでしょうか?

多くの女性が「不妊治療」という形で妊娠できるようにメディカルサポートを受けていることは事実です。必要なサポートを受けるコトはとても大切なことだと思いますが、妊娠がゴールになってしまっていてその後のことを考えていないと、育児に深く悩んでしまう場合もあります。パートナーシップが上手くいかなくなるケースもあるでしょう。もちろん授からないというケースだってあります。

その時に、人生を振り返ってみて「この時間を愛おしく感じる」思い出になっていてほしいと思います。よく、【過去と他人は変えられない】といいますが、必死になって自分を追い込みながら貪欲にがむしゃらに妊活するのではなく、自分らしく、そして心地よく。そしてパートナーとの関係性を何よりも大切に過ごし妊活することで、ますます貴女の人生が豊かになってほしい、と心から思っています。だからこそ、妊娠をゴールにしない妊活をススメたいと思い、これからメッセージを書かせていただきたいと思います。

自分の体を慈しみ愛し大切にしながら“妊活をする”と決める

妊活の前に…自分に優しくしていますか? まずはここを問いかけながら、自分の体を愛するためにメンテナンスやメディカルチェックを受けてみることをお勧めします。自分の体を知ることは妊活の第一歩でもあります。

産婦人科を受診するのは苦手だ、という人も多いでしょう。ですが、そこには私たち女性が自分の女性性について何らか気持ちの上で蓋をしていることもあったりするかもしれません。受診する前に自分の体を愛するように入浴時にしっかりと自分のデリケートゾーンに触れてほしいと思います。そして愛する自分自身の体を大切にしながら妊活をする、と決めてメディカルチェックを受けてくださいね。安心して大丈夫です。

日本の内診台って独特なんです。ほかの国にはないカーテンがあるんです。あの台に乗った時に大きく深呼吸して、もしカーテンの裏で先生が何をしているか不安になるようなら一言「カーテンを開けて先生とお話ししながら診察を受けてもいいですか?」と伝えてみて下さいね。

あくまでもポジティブに。多くがエコー診察で「画面をみてください」と声をかけられると思います。また採血などでホルモンバランスのチェックをすると思います。子宮卵巣は月経周期に合わせて変化をしているので、その繊細な動きをぜひご自身もエコーでご覧になってくださいね。

妊娠可能なカラダのコンディションなのか、サポートが具体的にどのくらい必要なのか相談しながら、自分自身もいろんな情報にアンテナを伸ばしていきましょう。

最も大切なパートナーとのこと

最初の質問である

「なぜあなたはパートナーとの間に子どもを授かりたいと思ったのでしょうか?」

というところで「パートナーとますます幸せになりたい」「どうしてもパートナーとの間に子どもがほしい」などの気持ちが溢れてきた時に、パートナーとの今の関係性をもう一度見つめてほしいと思います。

今、自分がこんなにもパートナーとの間に子どもを望んでいることを、パートナーはきちんと理解していますか?受け止めていますか?

パートナーのなかには、もしかしたら「子どもはいらない」と思っているケースも良くあります。もしそうならば、とことんデートをしてください(笑)なによりも大切なのはおふたりが「幸せな心地」を感じて心豊かであること。そして、妊活する前にパートナーと夜が明けるまでたくさん語り合える関係性であると、子どもが生まれた後も良いコミュニケーションがとれることでしょう。もし授からなかったとしてもそれだけ真剣に語り合えるパートナーとの人生が待っていると思ったらどうでしょうか?

年を重ねるコトへの不安なんか消えちゃいますよね。

深いパートナーシップを築き、自分への愛を感じ人生を豊かにするために妊活をするのだ、と思って妊活を楽しんでもらえればと思います。心から応援しています。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】“カラダ学”で正しい知識を得てほしい  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<最終回>

あなたは自分のカラダについて正しい知識をもっていると思いますか? 『あなたも知らない女のカラダ』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さんは不妊治療専門クリニックの先生でもあります。インタビュー最終回は船曳さんが思う子どもを持つということ、パートナーとの関係についてお話を伺いました。


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】一刻も早い卵子凍結を勧めたい 産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第一回>

“卵子凍結”についてあなたはどんな印象を持っていますか? 女性のカラダについて様々な角度から書かれた『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』。産婦人科専門医の立場から船曳美也子さんが女性が知っておきたいカラダの仕組みについて教えてくれます。そこで今回は著者の船曳美也子さんにどうして産婦人科医になったのか、不妊治療クリニックに勤めるなかで感じていることについてお話を伺いました。


あなたは読んだ? 2018年版 Bramanoli 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

あなたは読んだ? 2018年版 Bramanoli 反響のあった記事ランキング【ベスト5】

今日は2018年大晦日。Bramanoliでは今年も様々な記事を公開してきました。中でも今年反響の大きかった記事を厳選してご紹介! Bramanoliの読者の皆さんにどうしても読んでいただきたい!まだ読んでいない方はぜひ読んでくださいね。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
www.swiss-apo.net

politrada.com

budlux.in.ua