隠し事は絶対ダメ? 夫婦は何でも話さないといけないのでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #24】

隠し事は絶対ダメ? 夫婦は何でも話さないといけないのでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #24】

結婚して夫婦になると、他人同士の間柄から一番近しい関係になります。あなたのお宅では、夫婦で何でも話し合っていますか?「夫婦になったら、すべてをオープンにしないといけないの?」「結婚したら夫婦の関係はどうなるの?」そんな疑問にお答えします。


【お悩み】夫は、私にすべてを話すよう強要します。でも私は、すべてを話す必要はないと思っています。夫婦になったら、なんでも包み隠さず話さなくてはいけないのでしょうか?

夫はなんでも私に話したがります。だからなのか、私にもすべて話すように求めます。私は夫といえども他人だし、何もかも話す必要はないと思っています。夫にそう伝えると「言えないようなやましいことがあるのか」と言われます。基本的に聞かれたことは答えますが、それでも言いたくないことはあります。私の方がおかしいのでしょうか? (Iさん・41歳)

話すことに焦点をあてず、問題の本質を考える

ふたりが一緒になるとき、こんな話し合いをする夫婦がいます。

【パターン1】
「信頼関係があるから、お互いに詮索しあうのはやめようね」と言って、お互いに探り合わないように約束する。

【パターン2】
「結婚したら隠し事はやめて、何でも言おうね」と言って、すべて何でも話し合うことにする。

こうした決めごとに、「良い・悪い」や「正しい・間違い」はありませんし、結婚したら、「こうすべき」「こうあらねば」という縛りはありません。
ふたりで話し合って決めたルールなら、それを実践すればいいだけなのですが、たとえルールや決まりを作っても、環境や関係の変化によって、守り続けることができるかどうかはわかりません。人の心は変わりますし、相手の心を縛ることもできませんよね。ルールや約束に縛られると、関係が気まずくなることがあります。環境や状況に合わせて、臨機応変に対応する柔軟さを持ちたいものです。

夫婦は隠し事をしないで、すべて話すべきというのがご主人の考えのようですが、私個人の感想は、夫婦だからといって、包み隠さずすべてを話さなくてはいけないとは思いません。そうすることで幸せに向かうのならいいのですが、そうとは限らないケースもあるからです。

もちろん、なんでも話し合えるのが理想ですが、それは信頼関係があってこそ。

そもそも無口な人とおしゃべりな人と、個人差もあります。「話すのは苦手」という人にとっては、話すこと自体が苦痛かもしれません。

今回、“なんでも包み隠さず話す”ということに焦点が当たっていますが、問題は、そこにあるのではなく、別なところにありそうです。

ご主人の本当の気持ちとは…

それでは、ご主人の気持ちを探ってみましょう。

なぜ、ご主人は、妻に何でも話すよう求めるのでしょうか?
ご主人はなぜ、「やましいことでもあるのか」と言うのでしょう?

パートナーのことを全面的に信用していれば、「やましいことがあるのか」という言葉は出てきません。信頼関係があれば、相手のことを詮索する必要がないからです。

往々にして、妻は夫のすべてを知りたがり、おしゃべりな傾向にあるのですが、Iさんの場合は、ちょっと違うようです。
もしかしたら、ご主人はIさんのことが心配なのかもしれません。または、寂しく感じているのかも…。ご主人の気持ちの推測にすぎませんが、妻に隠し事をされているような気がして、もっともっと夫婦で話し合いたいと思っているのかもしれません。

ご主人は、Iさんのことが心配で「すべてを知っておきたい」のではないでしょうか。でも、素直に言えないところがあって、刺々しい言い方になっているのかもしれません。
少なくとも、奥さまに関心を寄せていることは間違いないですよね。

夫婦ふたりで居心地のいい関係を創る

夫婦というのは本当に難しい関係です。赤の他人ではあるのですが、他人とも親子とも異なる特別な関係です。夫婦になってふたりの距離が縮まるからこそ、他人同士では得られない信頼関係を得られるのかもしれないですね。

夫婦は上下関係ではなく対等な関係です。

「夫のいうことを聞く」「言いなりになる」「相手に従う」これらは、すべて、対等な関係ではありません。

お互いの良さを認め、補い合って、居心地のいい関係をふたりで創り上げていってほしいと思います。

信頼関係があれば、すべての問題はクリア

Iさんが、ご主人にすべて話したくない理由も考えてみましょう。
なぜ言いたくないのでしょうか?なぜすべてを話さなくていいと思うのか?再確認してみると自分の気持ちが見えてきます。

夫婦は他人同士なので、気遣いが必要です。そして言い方や伝え方も大きく影響します。
「すべて話してほしい」という夫からの提案に対して、「話す必要はない」とバッサリ反論すると、相手はムキになります。ザワザワした負の感情が湧いてきて攻撃的になります。

夫婦で、「話せ」「話さない」の問答が続いても、解決しないどころか、感情的な言い合いになってしまいます。自分の考えを主張して、相手をコントロールしようとすると、どうしても無理が生じてしまうのです。

Iさんがご主人の気持ちに寄り添い、不安な気持ちを汲んであげることできっとご主人も変わってくるはずです。
そのためには、Iさん自身が自信を持って、ゆったりと接してくださいね。
夫婦間の絆が深まれば、自然とパートナーの話に耳を傾けたくなり、こちらからも話をしたくなりますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

一人目を産んでから5年間セックスレス【夫婦問題お悩み相談室 #38】

セックスを再開したいのに夫からの誘いはなし。自分からはどう誘えばいいか分からない。そんなお悩みをお持ちの妻たちも多いことでしょう。そこで多くの夫婦問題を解決してきた、夫婦問題カウンセラー渡辺里佳さんにセックスレス解消法を教えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング