愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

ストレスが溜まっているのか愚痴ばっかり言っている人、いますよね。そういう自分自身もしらずしらず愚痴を言っている時がある…。永遠、愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないですよね。そんな愚痴ばかり言う人の対処法を国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきます。


愚痴が言えるのはエネルギーが余っている証拠

人間ですから、文句もあるし、不満もある、怒りもある。愚痴が生まれるのは、精一杯全力で生きているからこそ。そもそも本当に深刻な問題を抱えていたり、大変な思いをしている時は、消耗しきってしまっていて愚痴をいう余裕さえないはずです。

愚痴がだせるということは、エネルギーが余っている証拠。だからこそ、それを愚痴として発信してエネルギーを消費してしまうのはちょっともったいないと思います。私は自分自身、いつも「ちょっと幸せな情報」を渡せる人でいたいと考えています。「ここが楽しかった!美味しかった!役に立った!」という小さな情報です。

たくさんの人に役立つような情報ではなくても、それを見てくれたたったひとりが、「よかった!」と思ってくれるようなこと。SNSでのシェアでもよいと思います。 発信できるエネルギーを、別のところへ使ってみたら素敵だなと感じます。

愚痴を“言う時“の3つのポイント

私はどちらかというと前向きでポジティブなほうですが、それでも気持ちがのらないことや落ち込むこと、愚痴を言いたくなることもあります。ただネガティブな自分がいけないかというと、そうではないと思います。私の夫は救命救急の医師をしていますが、救急医は「最悪の状態を想定して物事を進める」そうです。ネガティブに「もしこうなったら…?」と考えることで、細かなことを見落とすことが少なくなる。“慎重に考えられる”という利点を生かして仕事をしているわけです。

私たちも、ポジティブがいい、ネガティブがダメというものではなく、重要なのは自分の中のバランスです。もし、ネガティブな自分が現れたとしても、むしろ利点と考えて生かすことで、変わった景色が見えてくると思います。「愚痴・不満」と「意見」の境界線は、とても微妙なものです。同じようなことを言っても、「愚痴ばかり」と言われてしまう人もいれば「意見」と取ってもらえる人もいます。

その差はやはり「伝えかた」です。ポイントは3つあります。

ポイント1:前置きをすること
いきなりダラダラと愚痴を言いはじめては「この話は愚痴なのか?」「いつ終わるのだろう?」と相手も思ってしまいます。話しはじめる前に、「とってもイヤなことがあったんだけど聞いてくれる?」など前置きをしてから話すことが大切です。

ポイント2:暗く話さないこと
愚痴でも笑い話にして、ネタとして話してしまえば、相手も「大変だったね!」と明るく聞けます。

ポイント3:時間を決めて話すこと
短くスパッと話してしまうことです。2,3分、長くても5分程度なら、たとえ愚痴でも相手も聞けるものです。結婚式等のスピーチと同じで、長くなると私たちは集中力を持って聞けなくなり飽きてしまいます。「いつまで文句?」と、あなたに非がなくても、あなたまで良くないイメージになってしまいます。

愚痴を“聞くとき“の3つのポイント

「相手が愚痴ばかり・・・」ということは、あなたが聞き上手、あいづち上手なのだと思います。あなたが話を聞いてくれるという安心感。信頼感と心地よさに甘えてしまっているのかもしれません。テニスのラリーと同じで、思いがけない方向からボールがきたら、続けられないものです。つまり、“続けられないような返事をしてみる”のはどうでしょうか。

まずは、同調しないこと。ただ、“同調しない”というのは、非難したり反対意見を言うことではありません。 ポイントは3つあります。

ポイント1:話を切りかえてみる
「ところで」「そういえば」「私も聞いて欲しいことがあるんだけど」と言って、切りかえる言葉を使って、別の話を切り出す。

ポイント2:ポジティブに返す
「でも、もしかしたらこんな風に思ってくれたのかもしれないよ」「頑張ったんだね!すごい!」と、なんでもポジティブに返してしまうこと。ポジティブなパワーとは強くて、何でもポジティブに返されてしまうと、愚痴を続けにくくなってきます。

ポイント3:にっこりと聞き流す
これは、愚痴だけではなく、悪口を言う人に対しても使えます。

友人のスタイリストは、心ない陰口を言われたとき(それも本人にわざと聞こえるように)、言い返すでもなく、何も聞こえなかったかのように凛として少しニコッと笑って流しました。本当は聞こえていて、内心とても傷つきイヤな気持ちになったことでしょう。でもそれでも、言い返すでもなく、不愉快な表情を浮かべることもなく、涼しい顔でサラッと流したのです。その後、悪口を言った人のほうが、なんだか後味が悪いように肩身を狭くしていました。

もっと心地よさに目を向けて

大人の私たちは、自分自身の「心地よさ」にもっともっと目を向けてよいと思います。なんだかちょっと合わないな…と思うときは、さりげなく距離を置いてみることも大人の手段のひとつです。少し距離を置いてみることで、関係性に変化があり、その結果、愚痴がなくなった、ということもあるかもしれません。

現代を生きる大人の私たちは、仕事や家族や子どもや趣味や自分の時間ととても忙しいです。どれも大切で愛おしい一瞬を、愚痴で埋めてしまってはもったいないと思いませんか? 「愚痴が生まれないためには?」と、自分と改めて向き合ってみる時間を作って考えてみましょう。一瞬一瞬を本気で生きるためにも、愚痴が生まれる時間もないほど、情熱的に毎日を過ごしていきたいものですね。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


【Bramanoli 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

【Bramanoli 新春特別企画】マンネリ夫婦の「今年はセックスレス解消にトライ!」

マンネリ夫婦の重い課題…セックスレス問題。気にはなっているものの、そのまま放置してしまってるアラフォー夫婦は多いのではないでしょうか。セックスレス解消は簡単なことではありませんが、今年は少しずつ意識することから始めてみませんか?


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング