38歳独身 婚活でボロボロに疲れた私に訪れたチャンス…【大人の恋 悩める女たち #3】

38歳独身 婚活でボロボロに疲れた私に訪れたチャンス…【大人の恋 悩める女たち #3】

アラフォーになっても恋の悩みは尽きませんよね…【大人の恋に悩める女たち】は“大人”だからこその恋に悩む女性たちの声を聞き、どう解決したのかを紹介する企画です。今、もしも大人だからこその恋に悩んでいるのなら…ここにそのヒントがあるかもしれません。第三回目は38歳にして、いまだ独身。結婚を夢見るKさんのお話です。


小さい頃から夢はお嫁さん。素敵な王子様と恋愛結婚しているはずだった

どうしてこうなっちゃったのか…20代の頃はそれなりに恋愛もして、24歳の頃かな?プロポーズらしきこともされたんですけど、その時は彼が派遣社員だったこともあって将来が見えないし嫌だな、と思って断ったんです。

私は母親がバリキャリで一人っ子の鍵っ子だったので、すごく寂しい思いをして育ちました。なので夢は専業主婦。旦那様を助けて美味しい食事を作って、子どもの帰りを待って手作りお菓子を焼いてあげる…そんな結婚をするのが小さい頃からの夢でした。派遣社員の彼じゃそんな生活は絶対無理ですもんね。

その彼とお別れした後はふたりの人とお付き合いしました。

ひとりは私が派遣社員として勤めていた会社の上司で5つ年上。すごくかっこよくて頼りになって最高の彼でした。この人と結婚したい!と思って、お弁当を作って持って行ったりもしていたんですけど…なんと二股をかけられていて。突然「別れてくれ」って言われ嫌だって泣いてすがっても「もう無理、本当にごめん」って理由を聞いても答えてくれなくて。そしたら、別れた翌月に違う部署の女性社員と結婚したんです。本当に悔しかったですね…。私たちが付き合っていたことは同じ部署の人たちは知っていたので、いたたまれなくなって別のところに移動してもらうように派遣会社に頼みました。

その次に付き合った彼は友達の紹介でした。私が30歳で彼は3つ年下だったんですけど、なんか頼りなくて…これは私の王子様じゃない、って。前の彼と比べちゃったんだと思います。紹介してくれた友達には悪いなと思ったのですが、4か月で別れちゃいました。

年下の子たちとの合コンでは馬鹿にされ婚活パーティでは勘違い男たちに言い寄られ

職場の出会いや友達の紹介は色々としがらみがあるので、今度は色々な合コンに参加しました。でも…30歳を過ぎてからは実年齢を言うと「もっと若いかと思った!」と言われるようになったんです。はじめは誉め言葉だと思っていたんですが、違うんですよね。「なんだ、ババアか」って意味なんですよ。年齢を言ったとたん敬語になってよそよそしい態度を取られたり、LINE交換しても既読スルー、年下の子たちの合コンに参加した時は私だけ外されたグループLINEが作られていました。さすがにメンタルやられましたね…。そこからもう合コンに参加するのはやめました。

その後は、友達と一緒に婚活パーティや街コンに行ってみました。でも、いるのは「俺イケてるよね?」という空気をまとった勘違い男ばっかり…。そもそも婚活パーティとか街コンって、女性と“そういう関係”になりたいだけで、本気で結婚したい男なんてそうそういないんですよ。わかってはいましたが、それでもめげずに1年くらい色んなところに参加しました。そしたらある時、一緒に活動していた友人が友だちの紹介で出会った彼と付き合って半年でスピード婚をしたのです。なんかもう一気にやる気が失せてすべての婚活をやめちゃいました。

そうこうしているうちに、寂しくてつい派遣先の上司と不倫関係に…。もしかしたら奥さんと別れて結婚してくれるかも?なんて淡い思いを抱いてました。そしたらなんと奥さんが妊娠。セックスレスとか言ってたけど、真っ赤な嘘。しっかり妊活してたんですよね。もう悔しくて悔しくて。不倫がばれて奥さんから慰謝料でも請求されたら最悪だし、なによりその時点で私は36歳。産めるリミットが迫っていました。自分の子供が早くほしい、こんなことしている場合じゃない!と速攻で別れました。

時間がない!思い切って結婚相談所に登録

手っ取り早く条件がよい人と結婚したい!と思って結婚相談所に登録しました。月々の出費はイタイですけど、実家暮らしだしまあいいかな、と思って。そこの相談所は自分で検索して相手に申し込むこともできるし、毎月、相談所の方からの紹介もあります。でも正直、相談所の紹介者はみんな私の理想の年収より低いし、容姿も悪い…なので、自分で見つけた良いな、と思う相手に自分から申し込んで会うことにしました。

そうしたら…皆さん会ってはくれるんですけど、二回目には繋がらないんです。半年間で50人くらいには会いました。誰も二回目に続かない。最初の10人ぐらいまでは“見る目ないなぁ”思っていましたが、50人にもなってくると、“自分はダメな人間なんだ”とか“女として終わってるんだ”とか挙句の果てには“私ってもしかしてクサイ?”とかまで思ってしまって、どんどん悪い妄想ばかりが膨らんでいきました…。完全に自信喪失です。結婚相談所は休会することにしました。

自分の本当の価値観がまったく分かっていなかった

もう本当にどうしたらいいんだろう…私と同じアラフォー女性はどんな婚活をしているんだろう?と思ってとにかくネットで情報収集をしまくりました。婚活セミナーや魅力アップ講座、異業種交流会…。どれも参加費が高額な上に“意識高い系”のキラキラ女子向け。もう若い子の間に混ざる自信はありません。もっと私に合うものはないかなと、探している時にふと見つけたのが、してくれるという「」っていうでした。

タロットカードを引いてメールを送るだけで良かったので手軽だし、藁にもすがる思いで相談してみたんです。に書かれていたのは衝撃的な内容でした…。

「あなたは少し勘違いしているようです。とても自分に自信がおありのようですが、あなたの年齢は38歳。そして非正規社員、さらに実家暮らしです。若い時は美しさで男性がよってきたかと思いますが、今はそうではありません。それをご自身で痛感して結婚相談所に登録しているはずなのになぜ若い時の感覚のまま、男性とお会いしているのですか? さらに、あなたは専業主婦になって夫に尽くす妻になりたいと仰っていますが本当にそうですか? あなたはとても活発でいらっしゃって、仕事もよくお出来になるようです。結婚するからという理由で契約社員を続けているのなら、今すぐ正社員になるべきです。あなたが本当に望んでいることは仕事で活躍し認められることです。そして、その上で自分にも刺激をくれるパートナーと出会い、ともに働きながら協力し合って家庭を築いていくことなのです。そして、あなたがお会いしてきた高学歴で高収入の男性たちは、あなたが“尽くす妻になるアピール”をしてもあなたのそういった本質を見抜いて、『この人は違うな』と一回会っただけで終わりになるんです」

…本当に驚きました…。

今までそんなこと考えたことはありませんでした。でも…言われてみたら私は仕事が好きで、上司たちもすごく評価してくれて「正社員試験を受けてみないか」と言ってくれたところも多かったんです。でも私は専業主婦になるつもりでしたし、そうなった時に退職するのは推薦してくれた上司にも申し訳ないと思って辞退していました。

それに、まだバリバリ働いている母親の代わりに家事をやっていることもあって、時間をあまり仕事にとられたくないなって思っていました。…でもよく考えたら父も母も自由に外食したりして私の作った料理を食べることも減っています。家事だって週末みんなでまとめてやればいいことだし…。私なにやってるんだろう?って思いました。自分が感じていた寂しさを子どもに感じさせたくないから専業主婦って…子どももいないのに本当にバカみたいですよね。

それで、もうこれは全部今までの価値観を変えよう!自分のやりたいようにやってみよう!と思って、まず、一人暮らしをすることにしました。父も母もすんなりOKしてくれました。そりゃそうですよね。38歳の女ですから。十分すぎるほど大人です(笑) 正社員試験にも合格して正社員になりました。任される範囲も増えて毎日が楽しくて充実しています。初めての一人暮らしも、自分好みのもので部屋が整っていくのもすごく嬉しくて。それで毎日が充実しすぎて結婚相談所のことを忘れていました(笑)

ある日、相談所から「そろそろ再開しませんか。Kさんに是非ご紹介したい人がいます」と電話がかかってきました。結婚が目標ではなくなったのでもう退会しようかなとも思ったのですが、せっかくなのでもう一度頑張ってみようかな。と、相談所の人が送ってくれた人の中から自分の仕事と同じ業種の同い年の男性と会ってみることにしたんです。

信じられない! 出会って4か月でプロポーズ

彼と初めて会った時は仕事の話ばかりしていました(笑) 彼は「こんなお見合い初めて」って笑っていました。そりゃそうですよね。結婚が目的で会うんですから、普通はどんな家庭にしたい、とかどんな趣味がある、とか親の話とか…以前はそういう話をしていましたが、今は仕事が楽しいのでつい仕事の話をしてしまったんですね。

とにかく時間があっという間に過ぎてしまって、さよならする時は「もし結婚相手として連絡がこなかったとしても、この人とは友だちとして連絡を取り合いたいな」なんて思っていました。そのくらいフィーリングが合うなって思ったんです。でも、仕事の話ばかりしてしまったし、どうせ二回目はないだろうなって半分諦めていました。そうしたら、その日の夜に来週末も会いたいっていう連絡が入ったんです。もうすごく嬉しかったです!

2回目に会った時、また私が仕事の話をしだしたら「今日は仕事の話じゃなくて、どんな家庭にしたいかとか、結婚に繋がる話をしませんか?」って、彼の方から話し始めてくれました。
彼はシングルマザーのお母さまに育てられて、母親が大変な思いをしているのを見ていたので離婚は絶対にしたくないと言いました。そして子どもが欲しい、と。働く母親のことを尊敬していたので楽しく仕事をする女性が好きで、結婚しても仕事は続けて欲しい。家事全般は小さなころからしていたので、嫌いじゃないから協力して支え合って、自分たちなりの家庭をつくっていきたいと話してくれました。

私はそういう価値観の男性に初めて会ったのですごくビックリしました。そして話を聞いているうちに、それってすごくいいな!って思ったんです。それで正直に

「私は鍵っ子の一人っ子ですごく寂しい思いをしたので、専業主婦になって子どもの帰りを待つような母親になりたいって思っていました。それでずっと派遣社員という選択をしていたんです。でも今、仕事がすごく楽しくて。思えば私も母親のことを今でもずっと尊敬しているんです。結婚しても出産しても仕事をしていて、しかもすごく楽しそうでいいなあすごいなあって。けれど、“私もああなりたい”って思う気持ちに、まだいもしない“子どもに寂しい思いをさせたくない”っていう理由で蓋をしてきたんです。でも今ははっきりとわかります。私は仕事が好きだしずっと続けていきたいです。子どもは寂しい思いをするかもしれないけど、働く母親を尊敬し、好きでいてくれるって思います。事実、私がそうですから」

と、答えました。そしたら彼がニッコリして「良かった」って。結婚相談所はふたりがお付き合いを決めたらそこで退会します。彼から「一緒に退会しませんか」と申し出があり、ふたりで一緒に退会してお付き合いを始めました。それからは毎週末一緒に過ごしました。

彼は本当に家事全般が得意で、特に料理が上手で私は食べて片付けるのが専門になりました(笑) そんな風に3か月ほど楽しく過ごしていた私の誕生日に彼がプロポーズしてくれたんです。もう本当に本当に嬉しくて!すぐにOKしました。今は来年の2月に行う結婚式に向けて準備をしているところです。

正直早すぎるんじゃないかな? 大丈夫かな? って怖くなったりもします。一緒に暮らし始めたら色んな嫌なことが見えてくるんじゃないかなって。でも最初に彼が話してくれた結婚観を信じて、私も自分の本当の価値観を大事にしながら彼と人生を歩んでいきたいと思います。

あの時、特に期待もせず送ったには私にとっての「気づき」がたくさんありました。あの時もし、メールを送っていなかったら彼とは出会えていなかった。結婚もできなかったかもしれません…。本当に心の底から感謝の気持ちでいっぱいです! ありがとうございました。