“性欲がない”は錯覚! 40代のオバサン化を予防する方法【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#18】

“性欲がない”は錯覚! 40代のオバサン化を予防する方法【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#18】

ananのセックスレス特集は発売のたびに話題になりますよね。そのananセックスレス特集をチェックすることでオバサン化を予防できるとのこと。さて、その理由とは⁉ 夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきます。


自分が抱かれたい男性、抱きたい男性の傾向を把握する

年齢やライフスタイルに応じた雑誌、ウェブで情報をとるのは当然のこと。しかし、自分の年齢がターゲットになっていない雑誌などもぜひ読んで欲しいのです。アラフォー・オバフォー世代になっても「anan」を勉強のために開きましょう。

ananのセックス特集、最新号の表紙はAAAのメインボーカル西島隆弘。ニッシーがセクシーボディを披露しています。オバサン化を防止するにはセクシー脳を鍛えることを怠ってはいけません。男性がグラビアやアダルト動画を鑑賞してビックンするのであれば、女性も自分好みの男性の裸体と“その時の顔”を眺めてビックンする時間帯が必要です。またセックス特集には、セックスに関するアンケート結果が掲載されているので「へえ、こんなにセックスが好きな女性が多いんだ」と世間を知ることもできます。

今、旬な男性(20代が多いけれど)のセックスを想像できるベッド写真があることでセクシー脳を鍛えるのと同時に、マスターベーションの動機も提供してくれます。好みのタレントやアーティストでなくとも、万人受けのイケメンの裸体ですので、どうにでも想像可能です。マスターベーションに関してはまた後日、解説いたします。

ananのセックス特集の表紙は歴代、向井理、生田斗真、松坂桃李、玉森裕太などなど「オバフォーが抱きたい男性」のオンパレードです。余談ですが1983年のananセックス特集表紙はヒロミ・ゴーです。

最新セックス特集のニッシーのポージングを眺めるに、まさにセックスのビフォー&最中&アフターの美しい画像を連写式で並べています。動画と違い、動きかたと息遣い、最中ボイスは自分好みに妄想可能です。エアセックスにはもってこいなのです。

「うちには息子がいるから若いイケメンではセクシースイッチがはいらない」

という方もおられます。そうであれば、自分はどんなタイプの異性とそうなりたいか、抱かれたいか、抱きたいかを自己分析してください。これは自己の理想の性対象を知る上で避けてはならない大人の儀式です。

そんなことを想像したこともないかたにセックス特集は、きっときっかけを与えてくれると思います。

セックスアンケート結果を見て、危機感を持とう

ananのセックスアンケートで気になる結果をふたつピックアップします。

「自分のセックスに自信がありますか」で「あまりない」が半数に上ります。

そして、「自分の性欲は強いほうだと思いますか」では

・強い  37% 
・やや強い44%

と、強いとやや強いで合計8割です。

これが、オバフォー世代より少し年下anan世代の調査結果です。これがアラフォー・オバフォーになってくると「セックスに自信がある」割合は下落すると予想できます。

性器官とセクシー脳のメンテナンスをしないまま、セックスレスをやり過ごして年月が過ぎているのですから、ボディラインとお肌の老化とともに自信は崩れ落ちるのが一般的です。それなのに、ああ、それなのに。性欲はどうなるか想像できますか?anan世代ですら8割が鼻息荒いのです。

年齢を重ねると女性ホルモンは減少の一途をたどり、逆に男性ホルモンであるテストステロンは残ります。悶々とするのに夫はスルー。むしろ夫はED気味で誘うことすらしてくれない…。そして、更年期症状が現れはじめて老化を実感する。閉経を目前に「このまま恋もせずに、夫と抱き合うこともなくおばあちゃんになるのか…」というあがき感が芽生えてきます。

最後にひと花咲かせたいと思うオバフォーが出てきても不思議ではありません。
セックスに自信がないのに、性の欲求が最後に大暴れをする時期が来るということに危機感をもっておいてください。

“性の欲求がない”はズバリ錯覚!

性の欲求が微塵もない。子供を生んだと同時に消え去ったという女性がいるのも事実です。しかし私はそれは錯覚だと考えています。セックスにむとんちゃくなパートナーのせいか、オッサン化・オバサン化によりセックスの循環が途絶えたせいか、原因はひとそれぞれです。16話に書いた「50代で突然再燃した女性のエピソード」を他人事と思ってはいけません。再燃のきっかけはなんであれ、消え去ったと思い込んでいた”女の性”が、腹の奥底でジリリとくすぶっていただけだった事例は後を絶ちません。

そんな危機意識を自覚するためにもananに限らず、女性誌のセックス特集、ウェブメディアのセックスコラムは興味がなくても読むべし!

オバサン化の予防は、興味がないジャンルにも好奇心を持とう、ということなのです。



夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

“性欲がない”と決めつけないで! ○○○○スイッチを探せば世界が変わる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

Bramanoliでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング