「プチ別居」の“上手な”取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #80】

「プチ別居」の“上手な”取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #80】

NHKの番組でも取り上げられ、話題になった「プチ別居」。ストレスを溜めながら過ごすより、少しの期間離れて気持ちをリフレッシュするのが「プチ別居」ですが、やみくもに距離を取るだけでは逆に夫婦仲に亀裂が入ることも。コミュニケーションを続けることが成功する「プチ別居」の秘訣です。上手な取り入れ方について、ご紹介します。


結婚している夫婦が「別居」なんてしていいの?

「別居」と聞くと、仲が険悪な夫婦がとる道、と感じる女性も少なくないでしょう。そもそも、愛情があって一緒に暮らしている夫婦なら、別居なんて考えは浮かばないと思いますよね。

ですが、たとえ仲の良い夫婦であっても、長い期間同じ家に暮らし、顔を合わせて過ごしていれば何らかのストレスを抱えることは避けて通れません。

何かあればその都度夫婦で話し合って解決していくのが理想ではありますが、なかなかそうもいかない現実もありますよね。仕事で帰りの遅い夫に自分も家事や育児に追われていれば、ゆっくり胸の内を話す時間を取るのは難しいです。

ストレスを我慢しながら過ごすことは、夫婦にとっても愛情が薄れていく危険があります。

それならいっそのこと、少しの期間別々に過ごしてみよう、というのが「プチ別居」です。

お互いに自由な時間を持ち、ゆっくり息抜きする時間を作ることは、やり方さえ間違えなければ決して夫婦仲に影響するものではありません。

「でも、妻が家を出るなんて、世間的にどうなの?」と思う妻は多いでしょう。それは妻だけに問題がある場合。夫婦できちんと話し合って了解を得て、納得した上での「プチ別居」は、また元の家庭に戻ることが前提なので、後ろめたさを覚える必要はないと筆者は思います。

「プチ別居」の成功のカギは夫婦の話し合いにあり

しばらく家を出る、と言うと夫は「そんな勝手なことをするな」と怒るかもしれません。ですが、そもそも家を出たくなる理由は何なのでしょうか。

夫が話を聞いてくれない、自分ばかり家事も育児も負担が大きい、休日は夫が出かけても自分は家の用事ばかり。こんな状態を当然と夫が思っていて「家庭を放棄する気か」と怒るのなら、そんな夫にこそ離れたくなる原因があるといえます。

夫にはきっぱりと「今の状態じゃ精神的にもつらいから、しばらくひとりになりたい」と伝えましょう。家庭の状態が客観的に見てどうなのか、非があるのは妻だけなのか、夫にも考える時間が必要です。

「最近、私はこれだけのことをひとりでやっているの。疲れが溜まっている」
「私も仕事をしているし、負担が大きくてぐっすり眠れていない」
「肩こりや頭痛がひどくて静かなところで過ごしたい」

と、話すときの主語は「私」にするのがポイント。「あなたがこうしてくれないから」「あなたがこうだから」と夫を責めるような言い方になると、夫は素直に受け入れることが難しくなります。

やってはいけないのは、しっかりと気持ちを伝えないまま一方的に飛び出してしまうこと。出ていきたいという妻の考えが理解できないままでは、取り残された夫は何も変えられないし、また怒りから愛情が冷めていくきっかけにもなります。

「プチ別居」の成功のカギは、まず夫婦で話し合って離れる理由を夫に納得してもらうことです。夫も「それで楽になるなら」と思えるなら、しばらく家を空けることに罪悪感を覚えることはないでしょう。

愛情が消えないコツは「連絡の密度」

夫の納得も得られたところで、考えたいのが過ごす場所ですね。実家があるなら身を寄せるのも良いし、ビジネスホテルなどに連泊する方法もあります。

実家に帰るなら早めに連絡し、余計な心配をさせないようにしっかり事情を説明しましょう。子どもを連れて帰る場合は迎えてもらう準備も必要です。

夫とは、「どれくらい家を空けるか」を確認しておきます。お互いのスケジュールを把握し、負担にならない時期を選ぶのがベスト。たとえば夫の出張が重なる時期などがあれば、夫の負担も少なくてすみます。

そして、忘れてはいけないのが「プチ別居が終わったあと」のことです。ふたたび同じ家で暮らしていくことが前提なので、離れている期間であっても夫とは連絡を取り合うことを欠かさないことが「プチ別居」を成功させるコツ。

毎日1回でいいからLINEやメールで自分の様子を伝える。子どもが一緒なら写真を送る。「どう過ごしているか」がわかれば夫も安心するし、自分の様子も話しやすくなります。

相手を思いやる気持ちをもちながら「プチ別居」する

家にひとりでいる夫には、妻と離れたからこそ考えられることもあるでしょう。そんな時間だって、「プチ別居」で得られるメリットのひとつです。

気持ちをリフレッシュして、改めて夫婦で向き合える余裕を手に入れるのが「プチ別居」の目的です。気持ちが離れっぱなしになるようなやり方では、ふたたび家庭に戻ったあとも良い関係は築けません。

家を出る前に必ず夫と納得いくまで話し合うこと。離れている間も少しでいいのでコミュニケーションを絶やさないこと。夫婦としての絆をより強くする「プチ別居」は、相手を思いやる気持ちを忘れないことが成功の第一歩だと思います。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

同じ家で暮らしてはいるけど、過ごす部屋は違うしご飯も一緒に食べない。寝室も別だし、もちろんセックスなんてしない。こんな家庭内別居を選ぶことは、夫婦にとってどんな意味があるのでしょうか。もしどちらかが不倫したら、慰謝料を請求することは可能なの? 家庭内別居のメリットやデメリットについて、ご紹介します。


実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

結婚して何年も一緒に生活をしていても、ラブラブな夫婦でいたい、そう思いますよね。新鮮な気持ちを失わないコツは、夫への関心を忘れないことにあります。実際に幸せな関係を続けている妻に話を聞いてみると、“行動”の大切さを改めて実感。具体的にどんなコミュニケーションを取っているのか、ご紹介します。


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


頭皮をブラッシングしてデトックス! 幸せホルモンをたっぷり出しちゃおう

頭皮をブラッシングしてデトックス! 幸せホルモンをたっぷり出しちゃおう

毛髪診断士の本山典子さんにアラフォーの髪の毛の悩みについて相談したところ、驚きの情報が出てくるわ出てくるわ…。今までのヘアケアがどれだけダメダメだったか、正しいヘアケアをするとどんなにいいことがあるか、教えていただきました。すぐに始められることばかりできっとすぐにやりたくなりますよ!


【雨宮なおみの12星座占い】2019年1月 後半編(1/15~1/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年1月 後半編(1/15~1/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング