夫が定年退職したら? 夫原病や熟年離婚について 【夫婦問題お悩み相談室 #23】

夫が定年退職したら? 夫原病や熟年離婚について 【夫婦問題お悩み相談室 #23】

人生50年時代から人生100年時代へ。人生が長くなり、子育てが終わったあとも結婚生活は続きます。夫婦二人きりの生活となる熟年世代ならではの悩みが生じ、とくに妻からの愚痴や不満の声が多く聞かれます。今回は、夫が定年退職後の暮らしに不安を感じている妻からの相談です。


【お悩み】友達が少なく趣味もない夫。定年退職後に夫が一日中家にいる生活は絶えられそうにありません。熟年離婚まで考えてしまいます。どうしたらいいでしょうか。

13歳年上の夫は現在、54歳です。私は友人と食事したり、旅行に行ったり、一人でヨガなどを楽しんでいますが、夫は友達はいないし、まったくの無趣味…。今は仕事で忙しく、土日も不在がちなので気になりませんが、このまま定年を迎えて一日中家にいるかと思うとゾッとします。その時に向けて熟年離婚の準備をすべきか、はたまた夫を変えることはできるのでしょうか…。(Kさん・41歳)

夫がストレス!「夫原病」で体調を崩す妻

今年3月、タレント・上沼恵美子さん(62歳)が、自身がMCを務める番組「怪傑えみちゃんねる」で、「夫源病」を発症していたことを明らかにしました。

「夫源病」とは、夫が原因となって、妻の体や心が不調になる病気のこと。医学的な病名ではありませんが、夫の存在や言動によって妻がストレスを生じ、自律神経やホルモンのバランスを崩し、めまい、動悸、頭痛、不眠などの症状が現れるそうです。

あるサイトでは、「夫源病」の原因となる夫の特徴を以下のように紹介していました。

●人前では愛想がいいが、家では不機嫌
●上から目線で話をする
●家事に手は出さないが口は出す
●妻や子どもを養ってきたという自負が強い
●ありがとうやごめんなさいのセリフはほとんどない
●妻の予定や行動をよくチェックする
●仕事関係以外の交友や趣味が少ない
●妻が一人で外出するのを嫌がる
●家事の手伝いや子育てを自慢する
●車のハンドルを握ると性格が一変する

(出典:石蔵医師監修 eo健康『体調不良は夫のせい?夫が妻を病気にする「夫源病」』)

そして「夫原病」になるタイプの妻は、几帳面で責任感が強い。世間体を気にする。我慢強く弱音を吐かない。よい妻であろうとする。といった特徴があるそうです。

上沼さんのご主人も退職後は家にいることが多く、妻の外出先についてきたり、細かいことにダメ出しするなど、夫の言動にストレスを感じていたそうです。

Kさんも、夫が定年退職後、「夫原病」になるのではないかと、今から心配しているような内容だと感じました。

女性は敏感で勘のいい生き物

夫婦問題カウンセリングを行う私のところにも、「夫の行動」「夫の仕草」「夫の言動」が気になって仕方がないと話す熟年女性からの相談が少なくありません。
子育て期を終えた熟年世代になると、相手の行動が気になったり目障りに感じたり、不快に感じることが多いようです。

女性は「敏感」で「勘」のいい生き物です。
これは、子どもを産み育てるために必要な女性特有の特徴で、子どもの顔色や体温の変化にいち早く気付くように私たち女性はできています。確かに、妻の容姿や周囲の変化にいち早く気づく男性は、女性ほど多くありませんよね。一般的に妻の言動に対しても寛容な気がします。

私は、常々「熟年世代の女性は、むしろ鈍感でいい」と思っているのですが、せっかくの勘の良さと敏感さがプラスの方向に活かされないのが困ったところです。

Kさんは、趣味もなく友人もいない夫のことを今から心配しています。

夫の食事の用意をしなければならない。
自分の時間がなくなる。
夫に干渉される。拘束される。


など、夫の退職後、それまでの自由な生活ができなくなるのではないかと不安に感じているのだと思います。
ですが、定年後の生活はまだ始まってもいません。何年も先の話ですし、ちょっぴり心配し過ぎなのではないでしょうか?
いずれにしても、「熟年離婚に向けての準備」について考えるのは時期尚早です。

将来をあれこれ心配するより、どうすれば、Kさんの不安が減少するのか、一緒に考えてみましょう。

結婚の形態に「決まり」はない

人は往々にして思い込むところがありますが、夫のことを「こんな人」「こうなるに違いない」と決めつけているところはありませんか。

将来は未知数ですから、ご主人が無趣味かどうか、まだわかりません。もしかしたら、現役のいまは時間がなくてできないだけかもしれませんよ。

また、ひと昔前、当たり前とされていた「結婚の形」はいまや当たり前でなくなり、「別居婚」「通い婚」「事実婚」「同性婚」など、婚姻形態も多様化しました。
夫婦二人にとって心地いい生活を選択していい時代なのです。パートナーが病気だったり介護が必要でない限り、「食事の支度をしなければならない」「一緒にいなくてはならない」ということはありません。

よほど危険で生活に支障が出るなら問題ですが、そうでなければ、夫婦が互いに依存しすぎず、それぞれが自立した暮らしを目指してもいいのではないでしょうか。誰も咎める人はいないと思います。

互いに自立し、支え合える関係を目指す

私の周囲は、定年後も異業種交流会や趣味の場で新たな出会いを楽しみ、仲間づくりをしながら、交友を広げている方が多いのですが、皆さん刺激を受けて見た目も心も若々しく前向きな方が多いという印象を受けています。

ご主人任せにするのではなく、Kさんもアンテナをはって、さまざまな情報を収集してみてください。情報通の知り合いや先輩主婦に聞いてみるのもお勧めです。

具体的に話さないと気づかないのが男性です。Kさんが不安に感じていることを気負いなく正直に話し、情報を共有して、ご主人と一緒に将来について考えてみるのもいいかもしれませんね。

まだまだ時間があるのがKさんの強みです。人生100年時代。将来を決めつける必要はありませんし、ご主人の交友関係は今からでも作れますよ。
お互いのいいところは尊重し、足りないところは補い合いながら、夫婦で応援し支え合える関係を目指してくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング