褒められても喜べない… 自分に自信が持てない時は?【幸福度を高める ポジティブ心理学#6】

褒められても喜べない… 自分に自信が持てない時は?【幸福度を高める ポジティブ心理学#6】

褒め言葉を素直に受け取れずについつい謙遜してしまう…そういう人も多いでしょう。ただし、謙遜しているからと言ってそれが本心ではなかったりしますよね。ですが、なかには本当に自分に自信がなくて、その誉め言葉を「嘘」だと思ってしまう人もいるのです。そんな状況から抜け出すためにはどうしたらいいかポジティブ心理学でお伝えします。


セルフイメージが低いとうまくいかないことを引き寄せる

“自分に自信がない人”を言い換えると“セルフイメージが低い人”です。例えば、「私には才能がない」「頭が悪い」「意志が弱い」そんなイメージを自分に対して持ち、本当にそうだと思い込んでいるのです。

そして、そんな風に思い込んでいる時に人から褒められても、「こんな私を褒めるなんて、嘘に決まっている」「私のことを何か勘違いしている」と思ってしまうので喜ぶことができません。

逆にセルフイメージが高い人は、私はできると信じて建設的に前に進むことができるので、チャレンジし続けることができ、結果的に成功に近づくことができます。また、自分に自信があると明るく快活な話し方になります。それが、表情や姿勢、行動にも表れるようになり、周囲から好感を持たれ信頼に繋がります。そして、自然と良い人脈やチャンスが集まるようにもなるのです。

一方セルフイメージが低いと、チャンスがあっても「私にはできない」「今は良くてもそのうち失敗する」と考えてしまい、上手くいきません。さらに、たとえ周囲に支えてくれる人がいても信頼することができないので、せっかくの好意を素直に受け取れず、「あなたはいいよね、でも私はどうせ」という気持ちを抱いて、人間関係に亀裂が入ってしまうことさえあります。

このように、セルフイメージが低いと予想よりはるかに人生に負のスパイラルをもたらすのです。

これまでの経験がセルフイメージの高さをきめる

ではセルフイメージはどのようにして決まるのでしょうか。それは、幼少期にまでさかのぼります。幼い頃、多くの大人や友達に愛されて褒められた経験がある人は自然とセルフイメージが高くなっています。

そして、「いつも誰かが私を応援してくれている」と考えるようになり、他人への信頼感も高まります。セルフイメージの低い人は、幼少期にひどく怒られたことやみんなに笑われたこと、バカにされたこと、孤独で寂しかった経験が記憶に刻み込まれていて、自分はそのように扱われるような人間だと思い込んでしまっていることがあるのです。

ですが、それらはすべて過去の経験に基づいたあなたの思い込みにすぎないのです。経験はこれからも積み重なっていきます。思い込みに気付いたら新しい経験と考え方を増やして、セルフイメージを書き換えていくことができるのです。

周りからの評価があなたの価値を決めているわけではないことに気づき、あなたには誰も持っていない素晴らしい価値があることを、あなた自身が認めることからまずは始めてみてください。

心のつぶやきに気づく

人は1日に数え切れないほど、頭の中でつぶやきを繰り返しています。
「あ、またできなかった」「私には無理よね」
こんなつぶやきは、セルフイメージを下げていきます。自分の頭でつぶやいた言葉は脳裏に刻み込まれ、つぶやいた通りの人間になるように無意識に行動するようになります。

まずは、どんなつぶやきをしているか好奇心を持って観察してみましょう。ネガティブなつぶやきに気付いたら、それを客観的な言葉に置き換えてみます。
「またできなかった」というつぶやきに気付いたら「またできなかったとつぶやいている」
「私には無理」とつぶやいていることに気付いたら、「私には無理とつぶやいている」という具合です。

自分がその考え方にどっぷりハマっていることに気付いたとき、私たちはその考えから少し距離をとることができるようになるのです。

そして今度は、その言葉を前向きな質問に変える練習をしてみましょう。
「またできなかった」→「どうしたらできる?」
「私には無理」→「誰か協力をしてくれる人はいるかな?」

答えはひとつではありません。つぶやきをちょっとだけ前向きに変えてみる。うまくいくための方法を探し、物事を違う方向からも見るようにすると、あたらしいつぶやきが生まれて自分を否定する言葉が少しずつ減ります。

小さな成功、小さな長所をたくさん見つける

失敗したりガッカリしたりすると、自分を否定するような考えが浮かびがちです。そんなとき結果だけでなく、経過を見るように心がけると、“うまくいかなかった”と思っていた出来事のなかにも成功を見出す事ができます。努力した自分、工夫した自分、何かにチャレンジした自分をしっかり認めてあげましょう。

失敗した分だけ成長もあるはずです。何かを学んで成長した自分を喜ぶ事もできるのではないでしょうか。

失敗した自分を認めるのは、ダメな自分でもいいやと思う事ではありません。具体的に何をしてどんなところが成長したのかに気づく事なのです。小さな成功にたくさん気づき、その度に自分を褒めてあげるとセルフイメージを上げていく事ができるのです。

毎日3つずつ、今日良かったことを書いていくのもいい方法です。無理やりにでも3つ見つけているうちに、小さな成功を見つけるのが上手になっていきます。 自分の小さな長所を見つけていくのもいい方法です。鏡を見るときどんなところに目が行くでしょうか。シミ、シワ、白髪が新しく見つかると、ついついそこにばかり目がいってしまいます。そんなときは、鏡に向かってとびきりの笑顔を作ってみましょう。

自分の顔をみつめて、好きなところを見つけてみます。笑顔、髪のツヤ、鼻の形など少しでもいいと思うところを褒めてあげてください。とくに気にいるところがなくても「かわいいね!」と声かけをしてあげると気分が上がります。

自分の事が好き、自分はかわいいと素直に認めてあげましょう。自分以上に自分を大切にしてくれる人はいません。もっともっと認めて、可愛がってあげるべきなのです。この世の中、厳しく叱ったり辛いことを言ったりする人は十分いるのですから。

自分を高めてくれる人と一緒にいる

あなたがよく関わる人は、自分自身で選んでいます。よほどの事情がない限り、連絡を取り合う相手というのはあなた自身が返事をして関わる意思を表している相手です。自分を振り回す人、一緒にいるとやる気がそがれてしまう人、不安になるような事を言う人と付き合い続けていませんか?

その人に会った後、あなたの気分はどうなっているでしょうか?もし、会った後に気持ちが重たく感じる人なら思い切って距離を置いてみてください。

一緒にいるとワクワクする人はいますか?将来を明るく思い描ける人はいますか?そんな人が思い当たるなら、できるだけ一緒にいる時間を増やして仲良くなりましょう。自分の価値を認めてくれる人がそばにいると、自分でも気づかなかった自分の良さに改めて気づき、さらに自分を好きになります。誰かの批判をして盛り上がるのではなく、お互いの未来や家族や社会をよくする事について語り会える人はあなたの人生をより良いものにしてくれる人です。

付き合う人の言葉もあなたの脳に刻み込まれ、セルフイメージを作り上げていくことになるのです。  

今回は、自分に自信を持って生きるためのセルフイメージアップの秘訣をご紹介しました。まずはひとつずつ、取り入れてみてくださいね。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


他人の愚痴を聞くのは正直しんどい…【幸福度を高める ポジティブ心理学#11】

他人の愚痴を聞くのは正直しんどい…【幸福度を高める ポジティブ心理学#11】

上司からの愚痴、姑からの愚痴、友人やママ友からの愚痴…。愚痴はマイナスエネルギーが満載です。人間だから愚痴をこぼしたくなるのはわかるけれどずっと聞いていると、こっちまで気持ちが暗くなったり、イライラしたり、しんどくなってしてしまいますよね。他人の気持ちに自分の気持ちが引っ張られてしまう時はどうしたらいいのでしょうか?


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


子どもの“反抗期”どう乗り切ればいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#9】

子どもの“反抗期”どう乗り切ればいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#9】

子どもの反抗期。誰もが通る道だとわかってはいるものの、反抗的な態度をとられると腹が立つものですよね。思わず怒鳴ったり時には手が出てしまったり…結局どう接するのが正解なのでしょうか?子供の反抗期をどうとらえて、どう乗り切ればいいのかポジティブ心理学の視点から教えていただきます。


40代婚活 うまくいかない時の心の整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#8】

40代婚活 うまくいかない時の心の整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#8】

同世代はほとんど結婚していて肩身が狭い…婚活を頑張っているのだけど結果がでない。このまま一生独身なのかと思うと怖くてしょうがない。けれどこんな風に怯えながら生活するのは嫌ですよね。どうしたら前向きに生き生きと日々を送ることができるかポジティブ心理学の視点から教えていただきます。


妊活の焦り… 毎月落ち込む気持ちをどうコントロールすればいい? 【幸福度を高める ポジティブ心理学#7】

妊活の焦り… 毎月落ち込む気持ちをどうコントロールすればいい? 【幸福度を高める ポジティブ心理学#7】

今回は妊活が思うようにいかず、不安で焦ってしまっている状態から前向きになるための方法を教えていただきます。同じような悩みを抱えているのアラフォー女性は多いのではないでしょうか?ぜひポジティブ心理学で前向きな思考を手に入れてくださいね。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング