“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


今や珍しくない“ステップファミリー”という家族の形

ひと昔前までは、子どもを連れて離婚した場合、その後は一生シングルを貫くという女性も多かったと思います。子どもを連れての再婚は、本人同士だけでなく子どもの意思もないと難しいため、踏み切るのはかなりの勇気がいることです。

ですが、晩婚化が進む現代では、30代後半や40代になってからの結婚が珍しくなくなりました。それにともない、バツイチ同士であったりどちらかに子どもがいたりするケースも増え、“ステップファミリー”という呼び方も一般的になりつつあります。

大人は自分で環境を作っていけますが、まだ独り立ちのできない子どもの場合、再婚は精神的にも大きな影響を受けます。「血のつながらない人間が親になる」ことは、子どもにとってあまりにも変化が大きすぎ、受け止められなければ家に寄り付かなくなったり非行に走ったりと、間違った道を選んでしまう可能性もあります。

子連れ同士の再婚では、まず考えなければいけないのは子どものことです。どんな点に注意して進めていけば良いのでしょうか。

子どもの戸惑いをきちんと受け止める

一番やってはいけないのは、「私が決めた相手なんだから、子どもは黙って従うべき」のように子どもの意思を無視することです。母親がそれで良くても、再婚相手と親密度が低ければ子どもは抵抗を示すでしょう。いきなり「この人が父親になるから」と言われて、素直に受け入れる子どもなどそういません。

自分には本当の父親がいることを、子どもが一番知っています。どんな理由があって離婚したにせよ、再婚相手は「失った父親の代わり」と子どもの目には映り、その現実になじんでいくのは相当の時間がかかるはずです。

まず何より、子どもの戸惑いを無視しないこと。再婚を考える男性がいるなら、気持ちが決まった段階から少しずつ子どもにも会わせるようにし、「いま私(母親)が親しくしているのはこの男性」という現実を子どもにも知ってもらうようにします。いきなり「父親になるのよ」のような紹介は、子どもの心が追いつかずにパニックを起こします。そんな痛みだけは、避けたいものです。

「本当の父親」以外の男性の存在に、子どもはどう接すれば良いか悩むでしょう。その戸惑いや葛藤を母親がしっかり見て感じて、受け止めてあげることこそ、子どもが安心する一番の姿。自分の気持ちを母親に理解してもらっていることの実感が、「本当の父親以外の男性」の存在を少しずつ受け入れていく扉を開きます。

「本当の父親」の話を避けない

再婚すれば、当然ですが相手の男性と一緒に暮らすことになります。これまで血を分けた父親としか暮らしてこなかった子どもなら、新しく家族になった男性をどうしても「本当の父親」と比べることもあります。

「これ、お父さんの好きなおかずだったね」など、食卓を見てふと口にすることもあるでしょう。女性からすれば血の気が引くような場面かもしれませんが、そんなときこそ「そうだね」と肯定してあげましょう。「そんなことどうでもいいでしょ」と子どもの言葉を否定してしまうと、ただ意見を言っただけの子どもの心は大きく傷つきます。

「本当の父親」がいるのに、それを拒否してしまうのは子どもの反抗心を呼びます。そうなると新しい父親となった再婚相手を父親と認めるのは難しくなり、溝が深まるだけです。

最初は「本当の父親」の話題を持ち出していた子どもも、再婚相手との暮らしが落ち着いてくれば自然と「新しい父親」の存在を受け入れられるようになります。そのためにも、「本当の父親」の話は避けないことが肝心です。子どもの素直な気持ちを無視しないようにしましょう。

時間をかけて絆を作り上げていく

初婚同士なら、本人の心がけ次第で結婚生活は良くなっていきますが、ステップファミリーの場合は子どもの気持ちをしっかり考えてあげることが、幸せな家庭を作るために欠かせません。

未成熟な子どもの心は揺れやすく、敏感です。籍を入れる前に何度も接触を繰り返して同じ時間を共有し、「一緒にいること」が不自然でなくなるような距離感になるのが理想ですが、それには時間がかかります。

信頼は一朝一夕で得られるものではありません。「新しい父親」は、すなわち「大切な母親の好きな人」であるわけで、子どもにとっても手を伸ばしたいと思える存在でなければ、本当の意味で家族になるのは難しいのです。

時間を惜しまず、子どもの気持ちを汲んでいくこと。そんな姿が子どもの葛藤を消していきます。幸せなステップファミリーは、子どもの意思を尊重してこそかなうものだということを、忘れずにいたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

「妻の意見を聞かない夫」にはどう対応する?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #92】

家族でお出かけするときも自分のやりたいことばかり優先して、何か言ってもまったく耳に入れてくれない。こんな夫についていくのは疲れますよね。妻の意見を聞かないのは、「自分が正しい」と無意識に思い込んでいるから。「妻」ではなく「一般的」な意見として話してみると、ミスを嫌う男性は関心を持ちます。どんな対応をすれば良いか、お話します。


もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

もう我慢できない!夫にストレスをわかってほしい時の伝え方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #91】

夫へのストレス、ずっと我慢してきたけどもう限界! 何とかしてわかって欲しいと思いますが、ネガティブな話をするときは冷静でいることが不可欠。ケンカにならず解決するには、「心の距離」を保ちましょう。伝わりやすい話し方を意識すれば、険悪な空気を防げます。どんな伝え方が良いか、お話します。


「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

「家庭内別居」のメリット・デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #90】

同じ家で暮らしてはいるけど、過ごす部屋は違うしご飯も一緒に食べない。寝室も別だし、もちろんセックスなんてしない。こんな家庭内別居を選ぶことは、夫婦にとってどんな意味があるのでしょうか。もしどちらかが不倫したら、慰謝料を請求することは可能なの? 家庭内別居のメリットやデメリットについて、ご紹介します。


実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

実録!ずっとラブラブ夫婦でいるための秘訣【幸せ夫婦コミュニケーション術 #89】

結婚して何年も一緒に生活をしていても、ラブラブな夫婦でいたい、そう思いますよね。新鮮な気持ちを失わないコツは、夫への関心を忘れないことにあります。実際に幸せな関係を続けている妻に話を聞いてみると、“行動”の大切さを改めて実感。具体的にどんなコミュニケーションを取っているのか、ご紹介します。


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】男性は大切な人のスーパーヒーローになりたいの 森田敦子さんインタビュー<最終回>

腟周りのケアの重要性を知り、「アンティーム オーガニック」というブランドをプロデュースする日本の植物療法士 第一人者の森田敦子さん。これまで腟まわりのケアがいかに大切かということについてインタビューしました。最終回は男女のコミュニケーションについてです。


頭皮をブラッシングしてデトックス! 幸せホルモンをたっぷり出しちゃおう

頭皮をブラッシングしてデトックス! 幸せホルモンをたっぷり出しちゃおう

毛髪診断士の本山典子さんにアラフォーの髪の毛の悩みについて相談したところ、驚きの情報が出てくるわ出てくるわ…。今までのヘアケアがどれだけダメダメだったか、正しいヘアケアをするとどんなにいいことがあるか、教えていただきました。すぐに始められることばかりできっとすぐにやりたくなりますよ!


【雨宮なおみの12星座占い】2019年1月 後半編(1/15~1/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年1月 後半編(1/15~1/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


意外と多いアラフォーで男性経験ナシ… 結婚するには?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

意外と多いアラフォーで男性経験ナシ… 結婚するには?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

異性との交際経験がないまま、アラフォーになってしまったという場合、婚活では不利だと思いますか? 「一度も男性とそういうことになってしまったことがないんですけど、これって変ですか?」というご質問を多々いただきます。今回は、一度も男性と交際経験がないアラフォー女性の実態と、婚活するうえでの対策をお伝えします。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング