“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #79】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


今や珍しくない“ステップファミリー”という家族の形

ひと昔前までは、子どもを連れて離婚した場合、その後は一生シングルを貫くという女性も多かったと思います。子どもを連れての再婚は、本人同士だけでなく子どもの意思もないと難しいため、踏み切るのはかなりの勇気がいることです。

ですが、晩婚化が進む現代では、30代後半や40代になってからの結婚が珍しくなくなりました。それにともない、バツイチ同士であったりどちらかに子どもがいたりするケースも増え、“ステップファミリー”という呼び方も一般的になりつつあります。

大人は自分で環境を作っていけますが、まだ独り立ちのできない子どもの場合、再婚は精神的にも大きな影響を受けます。「血のつながらない人間が親になる」ことは、子どもにとってあまりにも変化が大きすぎ、受け止められなければ家に寄り付かなくなったり非行に走ったりと、間違った道を選んでしまう可能性もあります。

子連れ同士の再婚では、まず考えなければいけないのは子どものことです。どんな点に注意して進めていけば良いのでしょうか。

子どもの戸惑いをきちんと受け止める

一番やってはいけないのは、「私が決めた相手なんだから、子どもは黙って従うべき」のように子どもの意思を無視することです。母親がそれで良くても、再婚相手と親密度が低ければ子どもは抵抗を示すでしょう。いきなり「この人が父親になるから」と言われて、素直に受け入れる子どもなどそういません。

自分には本当の父親がいることを、子どもが一番知っています。どんな理由があって離婚したにせよ、再婚相手は「失った父親の代わり」と子どもの目には映り、その現実になじんでいくのは相当の時間がかかるはずです。

まず何より、子どもの戸惑いを無視しないこと。再婚を考える男性がいるなら、気持ちが決まった段階から少しずつ子どもにも会わせるようにし、「いま私(母親)が親しくしているのはこの男性」という現実を子どもにも知ってもらうようにします。いきなり「父親になるのよ」のような紹介は、子どもの心が追いつかずにパニックを起こします。そんな痛みだけは、避けたいものです。

「本当の父親」以外の男性の存在に、子どもはどう接すれば良いか悩むでしょう。その戸惑いや葛藤を母親がしっかり見て感じて、受け止めてあげることこそ、子どもが安心する一番の姿。自分の気持ちを母親に理解してもらっていることの実感が、「本当の父親以外の男性」の存在を少しずつ受け入れていく扉を開きます。

「本当の父親」の話を避けない

再婚すれば、当然ですが相手の男性と一緒に暮らすことになります。これまで血を分けた父親としか暮らしてこなかった子どもなら、新しく家族になった男性をどうしても「本当の父親」と比べることもあります。

「これ、お父さんの好きなおかずだったね」など、食卓を見てふと口にすることもあるでしょう。女性からすれば血の気が引くような場面かもしれませんが、そんなときこそ「そうだね」と肯定してあげましょう。「そんなことどうでもいいでしょ」と子どもの言葉を否定してしまうと、ただ意見を言っただけの子どもの心は大きく傷つきます。

「本当の父親」がいるのに、それを拒否してしまうのは子どもの反抗心を呼びます。そうなると新しい父親となった再婚相手を父親と認めるのは難しくなり、溝が深まるだけです。

最初は「本当の父親」の話題を持ち出していた子どもも、再婚相手との暮らしが落ち着いてくれば自然と「新しい父親」の存在を受け入れられるようになります。そのためにも、「本当の父親」の話は避けないことが肝心です。子どもの素直な気持ちを無視しないようにしましょう。

時間をかけて絆を作り上げていく

初婚同士なら、本人の心がけ次第で結婚生活は良くなっていきますが、ステップファミリーの場合は子どもの気持ちをしっかり考えてあげることが、幸せな家庭を作るために欠かせません。

未成熟な子どもの心は揺れやすく、敏感です。籍を入れる前に何度も接触を繰り返して同じ時間を共有し、「一緒にいること」が不自然でなくなるような距離感になるのが理想ですが、それには時間がかかります。

信頼は一朝一夕で得られるものではありません。「新しい父親」は、すなわち「大切な母親の好きな人」であるわけで、子どもにとっても手を伸ばしたいと思える存在でなければ、本当の意味で家族になるのは難しいのです。

時間を惜しまず、子どもの気持ちを汲んでいくこと。そんな姿が子どもの葛藤を消していきます。幸せなステップファミリーは、子どもの意思を尊重してこそかなうものだということを、忘れずにいたいですね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連する投稿


実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

そんなつもりはなかったのに、ふいに訪れた出会いに心が揺れてしまう。夫以外の男性に関心を向ける瞬間も、長い結婚生活ではあるかもしれません。でも、本当に不倫に走ってしまうのはまた別の話。多くの妻が安易に流されずに踏みとどまっています。実際に不倫に走りそうになった瞬間にはどんなものがあるか、エピソードをご紹介します。


浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

浮気予備軍になっている夫の特徴【幸せ夫婦コミュニケーション術 #85】

「うちの夫なんて、イケメンでもないしお金もないし、浮気なんて無理!」と決めつけていませんか? イケメンじゃなくてもお小遣いが少なくても、好かれる可能性がないなんて誰にもわかりません。油断していれば、夫の心は別の女性になびいてしまうこともあります。さて、“浮気予備軍”になっている夫にはどんな特徴があるのでしょうか?ご紹介します。


家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

先月、はあちゅうさんが発表し、話題となった「事実婚」。婚姻届を出さずに婚姻関係を結ぶ事実婚には、形にこだわらず自分たちの意思だけで自由に関係を楽しむメリットがある一方で、家族なのに法律に守ってもらえないなどのデメリットもあります。事実婚とは一体どんなものなのか、お話します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

「結婚」と「性欲」は別腹 『オンナの天秤』で測るのは無理【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#22】

結婚しない=セックスしない、ではもちろんありませんが、それ以上に深い意味がありそうです!夫婦仲相談所所長の三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年11月 後半編(11/15~11/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

【GU】スウェットプルオーバー 990円のプチプラで優秀スウェット

GUのスウェットプルオーバーはもうチェックしましたか? 990円なのに生地もしっかりしていて、裏起毛♪ これからの寒い冬に欠かせない一枚になりそうな予感ですよ! プチプラなので、一度試してみる価値ありそうです。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング