“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

“大人になる=我慢する” と思っていませんか?【“心のマナー”メソッド#07】

大人になるってどういうことでしょうか。感情を外に出さないよう我慢したり、その場が和むよう取り繕ったり、ケンカになるぐらいなら何も言わない、など、大人になるイコール我慢できる人、だと思っていませんか?本当の意味で“大人になる”とはどういうことなのか、大網理沙さんに教えていただきます。


大人の女性を構成するのに欠かせないもの

“大人”の定義として年齢で計るということがまずできますね。「何歳からが大人だと思いますか?」と、講演で質問をすると、多くの学生が「20歳」「社会人になったら」「仕事をするようになったら」と答えます。現在の日本では20歳で成人式があり、それが大人へのひとつの節目だと考えられています。

ですが、20歳の誕生日を迎えたからと言って急に大人になれるわけではないように、「大人になる」というのは、じわじわとなっていくものではないかと思います。 私が、「大人の女性」を構成するのに欠かせないと思うものが、“ライフスタイルに軸があること”と“生き方に基盤があること”です。そして、具体的にいうとさらに3つあります。

人に対しても自分に対してもバランスをとることができること

まず1つめは、「バランスをとれること」。誰かと比較して落ち込む、失敗して落ち込むことってありますよね。そして、大人になればなるほど、自分以外のことでも悩まなければいけなくなってきます。

そこで、気持ちを立て直す方法、奮い立たせる技など、自分なりの処方箋を持って自分自身の心のバランスをとれることがとても大切です。そして、時には誰になんと言われても無我夢中で没頭したり、時には優しい笑顔で相手の話に耳を傾けられたり、一見、相反するようなことを偏り過ぎずにすることができること。人に対してバランスがとれるというのはとても大切なことです。

贅沢な時間を持って自分で自分を輝かすことができる女性

2つめは、「贅沢な時間の過ごし方ができること」です。贅沢というのは、お金をかけることではなく、過ごし方の濃密度のことです。私が暮らすアメリカはFarms(=農園)が人気です。夏だとブルーベリー、ラズベリー、ピーチ、秋になると、とうもろこしやカボチャが収穫でき、週末はファミリーやカップルで賑わいます。日本以上に日差しの強いアメリカで日焼け止めは欠かせませんが、時には青空の下、日差しをめいっぱい浴びて過ごすことも贅沢な過ごし方だと感じています。

バースデーに素敵なレストランでお祝いすることも贅沢な時間ですし、家族一緒に過ごせる何気ない時間も贅沢。好きなだけ自分の仕事や趣味に没頭できる時間も贅沢です。そんな1分1秒を贅沢な時間にして、自分を自分で輝かすことができる女性。自分をきちんと、ときめかせられる人こそ、素敵な大人の女性だと思います。

一さじのスパイスをもっていること

3つめは、「スパイスを持っていること」です。私は、日本の礼法の講師資格を所持していますが、80代の恩師はどんなに暑い猛暑の日でも、涼しげに着物を凛と着こなしています。恩師は言います。「暑いのよ、とっても。でもね、涼しそうに着るのよ。見た人が涼を感じるように着るの」と。

そう語る恩師の横顔は、思わず心を引き込まれるような美しさでした。それこそが、粋であり色気であり、魅せるということなのだと感じました。私たち日本人は、親しみやすさを重視します。可愛いもの、柔らかいものを好む傾向があります。私もそういうものも好きなのですが、年齢を重ねた大人の女性には、もうひとつスパイスが必要だと感じます。

料理も隠し味があるとグッと味が引き立つように、私たち大人の女性も、そんな隠し味を持ちたいものです。目が離せなくなる、心をつかまれるような美しさ。それは、生き方から漂う迫力のようなもので、「これだ!」と思うものを持って生きる覚悟を決めた潔さの中にうまれる美しさだと感じます。

自由な大人になりたいのなら自由を掴みに行く勇気が必要

自分らしくいつも自由でいたい。ですが大人になると、好きなことだけをしていればいい、というわけにはいかないシーンもでてきます。例えば、アメリカは車社会です。日本と違って鉄道が発達していないので、基本的に移動は車です。車が運転できないと子どもの幼稚園の送り迎えもできないですし、スーパーに買い物にも行けません。

それに、日本のように郵便の再配達のシステムが発達していないので、不在だった場合は郵便局まで運転して、自分で取りにいかなくてはいけません。つまり、運転できないと、日常生活が不自由になってしまうのです。私は車の運転がとっても苦手です。完全なペーパードライバーで、免許を取った20代の頃から一度も運転していませんでした。ただアメリカではそれではやっていけません。

大学生があふれる教習所に、イチから習う気持ちでほぼ毎日、仕事の合間に通いました。教官に注意され励まされた数カ月…それでもまだまだ残念ながら苦手の域をでません。「30歳を過ぎたら苦手なことに取り組むのではなく、得意なことを伸ばしていく」それが私のモットーで、著書にもそう書いています。

言葉どおり、30歳を過ぎた頃から、得意なこと、好きなことに全力を注いできました。しかし、苦手なことに挑戦しないといけない時期がきてしまったのです。我慢をしなくてすむように過ごすには、自由に動ける羽根が必要だと、いつも感じます。今の私にはそれが車の運転が自由にできることですし、それは、言葉にも時間にもお金にもいえることだと思います。自由になれたらなぁと思っていても、願っているだけでは残念ながらなれません。なので、自由を掴みにいく「少しの勇気」が必要なのです。

価値観をアップデートしていくことが大切

30歳を過ぎた頃から、私たちの価値観は完成されつつあります。今まで頑張ってきた経験、培ってきた恋愛や人間関係、たくさんの人が自分に残してくれたもの、言葉、風景、香り、味、思い出。そういうものの積み重ねで、今の私たちの価値観はできあがっています。価値観は揺るがない基盤を持ったうえで、アップデートしていくことが重要だと感じます。時間は流れ、自分の立場も変わっていく。だからこそ、同じままでいようとせず、新しい風を取り込もうとする気持ちを忘れないこと。

その方法として私のおすすめは、旅にでることです。旅といっても遠出をすることでなく、日帰りでも1時間でも。 私は1時間でも時間ができたときは、美術館へ行くことにしています。舞台や映画と違って、時間の制約もなく、ふらっとひとりで行くことができる身軽さがあります。考えごとをしたいときは美術館へ行って考えます。それは、癒しというより、何かを掴みにいこうとする「小さな冒険をする」イメージです。

たとえば、旅は出発する前からすでにはじまっていて、旅に持っていきたいもの、何を着るか、何を見るか、何を味わうか、何に触れるか、何を大切にしたいか。それにはもう、自分自身の人生が凝縮されて詰まっているといってもいいくらいです。自分の生き方が改めて見えてくるチャンスだと感じます。「子どもがいるからなかなか難しい…」という人は、むしろ子ども目線で組み立ててみてください。尊敬する社長は「子どもに何を残したいかを考えることで、自分の人生の大切なものが見えてくる」と言っていて、私はその意見にとても共感しています。

大人になる素晴らしさは“すべて自分で選べる”ということ

大人と子どもの違いは、与えられた羽根で飛ぶのか、自分で掴んだ羽根で飛ぶのかの差なのかもしれません。大人になるということは、「すべて自分で選べる」ということ。自由には常に覚悟と責任と孤独がつきまといます。

それを背負うと決心したとき、本当の意味で私たちは大人になれるのかもしれません。「30代になってから仕事が格段と面白くなった!」という話をよく聞きますが、まったく同じことを私も思います。私自身、20代は仕事を楽しむ余裕がまったくなく、目の前のことで精一杯。常に全力疾走して、バタンと倒れて、よろよろ起き上がって、痛い足を抑えて走る…というような日々だった気がします。

ですが、30歳を過ぎた頃から、見えている景色が変わってきました。少しずつやり方がわかり、時間の配分、進め方、面白さがわかってくる。 大人になる良さは、「まだ見えていない景色を見られること」。これはそこに行ったときにしかわからない、大人になったときにしかわからない楽しさであり素晴らしさだと思います。世間一般でいう、「大人」になってから私もだいぶ経ちますが、「まだまだ、まだまだ、これから新しい景色と出会いたい!」と思いながら過ごしています。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

愚痴ばかり言う人の対処法 【“心のマナー”メソッド#08】

ストレスが溜まっているのか愚痴ばっかり言っている人、いますよね。そういう自分自身もしらずしらず愚痴を言っている時がある…。永遠、愚痴を聞かされる方はたまったものじゃないですよね。そんな愚痴ばかり言う人の対処法を国際基準マナー講師の大網理紗さんに教えていただきます。


“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

“言いづらいこと”を伝える時の言葉選びと心配り【“心のマナー”メソッド#06】

言いづらいことを伝えるのは勇気がいりますし、嫌われたどうしよう…と心配になりますよね。逆に「嫌われてもいい、どう思われてもいい」と無作法に相手に言葉を投げかけることも決していいことではありません。大人の女性はだからこそ、心のマナーをもって、人とコミュニケーションを持つことを大切にしたいですね。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング