生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

毎月の生理周期で気分にムラがある、体調が悪くなる。女性なら一度はこうした症状を感じたことがあるのではないでしょうか。アラフォーになるとホルモンバランスの変化から、急にPMS(月経前症候群)の症状が出る場合があります。今回は「吐き気」に悩まされる女性のお悩み相談です。


Q.たぶんPMSだと思うのですが、生理前の1週間くらいから吐き気などが酷いんです。どうしたら改善するでしょう

最近、生理前になると吐き気がします。結構酷くて、仕事を休まなければならないほど…。PMSの症状や考えられる病気、対処法など教えていただきたいです。

PMSの原因と背景

最近、PMS(月経前症候群)の方が増えているように思います。なので、質問者さんに共感する方も多いのではないでしょうか?まずはPMSについて正しく知ることが大切です。PMSの原因は子宮内膜を保持する「黄体ホルモン」が月経前に多く分泌されるからだと言われています。黄体ホルモンは子宮の内膜をふかふかにするだけでなく、体温を上げたり水分代謝にも影響をあたえるので浮腫やすくなったり、眠くなったり、頭痛や吐き気までも引き起こしてしまうケースもありします。

これは「黄体ホルモン」のバランスの変化によって自律神経のバランスが崩れてしまったり、脳内ホルモンのセロトニンやドーパミンにも影響を与えてしまっていることが原因だと言われています。女性ホルモンは一生でティースプーン1杯しか分泌されないのに女性のカラダに大きな影響を与えます。

女性のカラダに起きるこのようなホルモンバランスの変化は人類が誕生してから変わっていないはずなのに、なぜ近年トラブルで悩む女性が増えているのでしょうか?それは現代社会ならではの生活習慣の変化や人間関係のストレス、また一人の女性が経験する月経の回数が昭和初期にくらべて増えていることも原因のひとつかもしれません。なぜ昭和初期に比べて月経の回数が増えているかというとそれは出産を経験する人が少なくなっていること、出産しても1人や2人しか生まなくなっているからです。

また、PMSの症状に苦しむのは、几帳面だったり真面目だったりする方が多い傾向にあります。そしてアラフォー女性は女性ホルモンの減少により、ただでさえホルモンバランスが崩れているので、PMSの症状が出やすくなっているのです。

自分を大切にする習慣を自分で創ろう

現代に生きる女性たちは様々なストレスにさらされているからこそ、「自分を大切にする習慣」を持つことが大切です。この記事を読んでいる女性はまさに「自分を大切にしよう!」というアンテナが立っている人達だと思います。

今回のケースはまずは婦人科に受診すべきです。なぜかというと、“仕事を休まなければならないほど”というのは日常生活に支障をきたしているレベルです。毎月、毎月イレギュラーに休んでしまうことが重なれば仕事によっては影響がでてしまうでしょう。検診に行くことでPMS以外に子宮卵巣にトラブルが起きていないかなども知ることもできます。もしなにかトラブルがあった場合、早く知ることができれば問題を少しでも早く解決できます。

症状が強いときは西洋医学的なアプローチで改善をし、落ち着いてきたら自分を大切にケアするアプローチをしていきましょう。とても小さなことですが、たとえば毎日鏡を見たときに口角を上げると脳科学的には楽しいこと嬉しいことがあって笑顔になっている、と脳が錯覚しストレス軽減になると言われています。また温かいものやカフェインレスの飲み物を飲んで自律神経のバランスを崩さないようにすることもできます。

私が一番お勧めしているのは深呼吸。意識的に呼吸をすること、今たまっている嫌な気持ちを「はぁーーー」と出し切って、新しいエネルギーを吸うようにしっかりと腹式呼吸をすること。これも簡単にできる“自分を大切にする習慣”です。

“自分を知ること”も自分を大切にすること

PMSは文字通り月経の前に訪れる体調不良です。ですから、自分がいつ頃月経が来るかしっかり知っていることが大切です。自分の体調や月経リズムをぜひジャーナルとして残してほしいです。一言日記などを書いていただけると最高にいいです。沢山かける人はできたら書いてほしいと思います。

それが自分自身を知る目安になります。誰一人同じ人間はいませんよね。自分の体におこることも1か月前と今では全然違うはずです。ジャーナルをつけて比較することは自分を知る上でとても役に立つはずです。他人にキラキラのプライベートを見せるSNSをする前に、自分自身の体にきちんと目を向けて耳を傾けて自分を「知る」ことにコミットしていきましょう。きっと今のPMSの症状も改善していくはずです。ぜひできることから試していってくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

本当に子どもが欲しいのかわからない… その答えは“自分の中”に【幸せな妊活のススメ#3】

幸せな家族のステレオタイプの像に惑わされていませんか? 子どもがいた方が豊かな人生が送れると盲目的に信じてはいませんか? 周りなんて関係ない。自分の本当に幸せを自問自答してみてください。苦しい妊活に耐える必要はあるのでしょうか? 今一度立ち止まって、本当に子どもが欲しいのか? 考えてみてはどうでしょうか。


アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

妊活にはパートナーの存在が欠かせません。しかし、現実問題、ツライ妊活生活の中で、パートナーと険悪な状態になってしまう夫婦もたくさんいます。そもそもパートナーがいるから子どもが欲しいと思っているはずなのに、パートナーと険悪になってしまっては元も子もありませんよね。そこで、パートナーとの関係について、相手を傷つけるようなことを言ってしまわないようにするにはどうしたらいいか、そして言ってしまった時の対処法についてお伝えします。


パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも好き だけど“セルフプレジャー”も好き【アラフォーからの性教育#18】

パートナーとのセックスも順調!でもセルフプレジャーも好きという40代の女性。ご自身の性欲が異常なのではないかと心配されています。そこでそんなお悩みに助産師で看護師のやまがたてるえさんにお答えいただきます。


今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

今知りたいLGBT 子どもから「ゲイってなに?」と聞かれました どう答えれば?【アラフォーからの性教育#15】

子どもたちは日々、様々なシーンで色々な情報を得てきます。時には驚くようなフレーズを言葉にすることもあるでしょう。そんな時、それが言葉にしてはいけないものなら、なぜそうなのか伝えなければいけませんし、きちんとした情報を与えて理解しなければいけないことなら、それについて説明できる知識を親として持つことが大切です。


ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーでコンドームが使えない… 避妊はどうしたらよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#14】

ゴムアレルギーを発症すると当然のことながら、コンドームは使えませんよね。他に避妊の方法はいったいどんなものがあるのか?助産師でバースセラピストのやまがたさんに教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

「白髪」の生える場所別原因と対処法 【大人の「品」は 艶髪でつくられる #5】

1万5000人以上の髪の悩みを解決してきた美髪アドバイザーの田村マナさんが「顔よりも、体型よりも最も手をかけるべきは髪の美しさ。」として出版した大人のためのヘアケア本『大人の「品」は艶髪でつくられる』の一部をご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング