生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

生理前に吐き気… PMS(月経前症候群)の対処法が知りたい【アラフォーからの性教育#17】

毎月の生理周期で気分にムラがある、体調が悪くなる。女性なら一度はこうした症状を感じたことがあるのではないでしょうか。アラフォーになるとホルモンバランスの変化から、急にPMS(月経前症候群)の症状が出る場合があります。今回は「吐き気」に悩まされる女性のお悩み相談です。


Q.たぶんPMSだと思うのですが、生理前の1週間くらいから吐き気などが酷いんです。どうしたら改善するでしょう

最近、生理前になると吐き気がします。結構酷くて、仕事を休まなければならないほど…。PMSの症状や考えられる病気、対処法など教えていただきたいです。

PMSの原因と背景

最近、PMS(月経前症候群)の方が増えているように思います。なので、質問者さんに共感する方も多いのではないでしょうか?まずはPMSについて正しく知ることが大切です。PMSの原因は子宮内膜を保持する「黄体ホルモン」が月経前に多く分泌されるからだと言われています。黄体ホルモンは子宮の内膜をふかふかにするだけでなく、体温を上げたり水分代謝にも影響をあたえるので浮腫やすくなったり、眠くなったり、頭痛や吐き気までも引き起こしてしまうケースもありします。

これは「黄体ホルモン」のバランスの変化によって自律神経のバランスが崩れてしまったり、脳内ホルモンのセロトニンやドーパミンにも影響を与えてしまっていることが原因だと言われています。女性ホルモンは一生でティースプーン1杯しか分泌されないのに女性のカラダに大きな影響を与えます。

女性のカラダに起きるこのようなホルモンバランスの変化は人類が誕生してから変わっていないはずなのに、なぜ近年トラブルで悩む女性が増えているのでしょうか?それは現代社会ならではの生活習慣の変化や人間関係のストレス、また一人の女性が経験する月経の回数が昭和初期にくらべて増えていることも原因のひとつかもしれません。なぜ昭和初期に比べて月経の回数が増えているかというとそれは出産を経験する人が少なくなっていること、出産しても1人や2人しか生まなくなっているからです。

また、PMSの症状に苦しむのは、几帳面だったり真面目だったりする方が多い傾向にあります。そしてアラフォー女性は女性ホルモンの減少により、ただでさえホルモンバランスが崩れているので、PMSの症状が出やすくなっているのです。

自分を大切にする習慣を自分で創ろう

現代に生きる女性たちは様々なストレスにさらされているからこそ、「自分を大切にする習慣」を持つことが大切です。この記事を読んでいる女性はまさに「自分を大切にしよう!」というアンテナが立っている人達だと思います。

今回のケースはまずは婦人科に受診すべきです。なぜかというと、“仕事を休まなければならないほど”というのは日常生活に支障をきたしているレベルです。毎月、毎月イレギュラーに休んでしまうことが重なれば仕事によっては影響がでてしまうでしょう。検診に行くことでPMS以外に子宮卵巣にトラブルが起きていないかなども知ることもできます。もしなにかトラブルがあった場合、早く知ることができれば問題を少しでも早く解決できます。

症状が強いときは西洋医学的なアプローチで改善をし、落ち着いてきたら自分を大切にケアするアプローチをしていきましょう。とても小さなことですが、たとえば毎日鏡を見たときに口角を上げると脳科学的には楽しいこと嬉しいことがあって笑顔になっている、と脳が錯覚しストレス軽減になると言われています。また温かいものやカフェインレスの飲み物を飲んで自律神経のバランスを崩さないようにすることもできます。

私が一番お勧めしているのは深呼吸。意識的に呼吸をすること、今たまっている嫌な気持ちを「はぁーーー」と出し切って、新しいエネルギーを吸うようにしっかりと腹式呼吸をすること。これも簡単にできる“自分を大切にする習慣”です。

“自分を知ること”も自分を大切にすること

PMSは文字通り月経の前に訪れる体調不良です。ですから、自分がいつ頃月経が来るかしっかり知っていることが大切です。自分の体調や月経リズムをぜひジャーナルとして残してほしいです。一言日記などを書いていただけると最高にいいです。沢山かける人はできたら書いてほしいと思います。

それが自分自身を知る目安になります。誰一人同じ人間はいませんよね。自分の体におこることも1か月前と今では全然違うはずです。ジャーナルをつけて比較することは自分を知る上でとても役に立つはずです。他人にキラキラのプライベートを見せるSNSをする前に、自分自身の体にきちんと目を向けて耳を傾けて自分を「知る」ことにコミットしていきましょう。きっと今のPMSの症状も改善していくはずです。ぜひできることから試していってくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

妊活中、友達の妊娠報告に焦りを感じます…【幸せな妊活のススメ#6】

同年代で妊活に励む仲間は時に励まし合い、悩みや愚痴が言えるかけがえのない存在でもあります。しかし、誰かが自分より先に妊娠という希望を叶えた時…どんな気持ちになるでしょうか? 逆に自分が妊娠した時には友人は…? 妊活仲間との距離の取り方やコミュニケーション法について教えていただきます。


家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

家族や友人に妊活について話すべき?【幸せな妊活のススメ#5】

自分たちが妊活をしているという事実をどこまで誰に話すべきか。親や兄弟との関係性においても様々なはずですよね。また、友人にはどの範囲まで伝えるべきか、など、色々悩むと思います。今回はそんな妊活にまつわる人間関係について、助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング