40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


近くのものが見えづらい。まさか老眼?

「スーパーのチラシが見えづらい。そう思って顔に近づけたらますます見えない。試しに遠ざけてみたら・・・。見えちゃいました。」

そんな経験も生きていれば誰もが通るものです。

「目が疲れる」原因は老眼、視力の低下や、目の筋力の低下、涙の分泌量が減ってしまうなど様々あります。

目が疲れると、目がショボショボしたり、痛く感じたり、かすんで見えたり。肩や首のこりを感じたり、頭痛や酷い場合だと吐き気へとつながることもあります。疲れを溜めこみすぎる前のケアが大切です。

そこで今回は、すぐできる目の疲れをとる方法をご紹介します。

疲れ目ケア1:〜つぼ押し〜

まずは、疲れ目をケアするためのつぼ押しの方法をご紹介します。
家事や仕事の合間やお風呂上がりにいつでも簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

【ツボその1】睛明(せいめい)
目と鼻の間。目が疲れてくると、よく無意識で押しているところです。
目を閉じて、両手の人さし指で鼻の方に向かって5回〜6回やさしく押してください。

もしも、場所がはっきりわからない場合は、ツボの周囲をやさしくマッサージするようにしてください。
眼球を押さないように、気をつけて行ってください。

【ツボその2】風池(ふうち)
髪の生え際のくぼみの部分。両手で側頭部を包み込むようにします。親指でツボを押さえて反対側の目に向かって持ち上げるようなイメージで5秒間ゆっくり押してください。5秒間押したら、そっと手を離します。

※ずっと目の奥がジンジンするような場合や目の疲れに不安を感じる場合は、一度眼科医に相談してくださいね。

疲れ目ケア2:〜目の体操〜

続いて、疲れ目をケアするための目の体操方法をご紹介します。目を動かす筋肉をしっかり使うことで目の疲れをとります。
眼球を上下左右に意識的に動かすのですが、今回お伝えするのは視点を固定して行う方法です。更年期症状としても多い、めまいのある方でもやりやすい内容です。

【目の体操】
ステップ 1
視点を一点に固定したまま、左右・上下に首を動かします。それぞれ5秒ずつ見つめます。

ステップ 2
視点を一点に固定したまま、円を描くようにゆっくりと首を2周ずつ動かします。

疲れ目を予防するために

誰にでも起こる「老眼」は、目のレンズの役目をしている水晶体が硬くなったり、目のピントを合わせる毛様体筋の働きが低下することで起きます。近くのものが見えにくいままで生活すると、目に負担がかかり疲れ目の原因にもなってしまいます。

老眼鏡のことを英語ではリーディンググラスというそうです。自分にあったリーディンググラスをうまく活用することは、疲れ目に効果的です。

目の周りの筋肉が緊張したり、血流が悪くなると目が疲れたと感じます。普段から、パソコンやスマートフォンに集中したあとは遠くを見るようにしたり、良い姿勢を心がけてみたり、できるだけ疲れ目になりにくい習慣を作りましょう。

その日の疲れはその日のうちに

ポイントは「その日の疲れはその日のうちに」です。

カラダに不調があると「寝て治そう・・」と思う人は多いと思いますが、大人になった私たちは意識的に自分でカラダをメンテナンスしないと、寝ても起きていても変わりません。それは、目も同じです。

日頃のメンテナンスが毎日を快適にしてくれます。ぜひ、試してみてください。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

更年期の「不安・気分の落ち込み・うつ」の予防&ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #34】

不安になったり、気分が落ち込んでうつうつとしたり、涙もろくなったり、外に出ることや人に会うことが億劫と感じたり・・・。特にこれという理由がないのにどうして? と思うことはありませんか。今回は、更年期によくある心の不調や改善方法を紹介します。


【#FocusOn】「人生100年時代!心と体と向き合って楽しんで生きていこう」永田京子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】「人生100年時代!心と体と向き合って楽しんで生きていこう」永田京子さんインタビュー<後半>

Bramanoliで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー後半です。


【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「更年期の苦しみから女性を解放したい!」NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子さんインタビュー<前半>

Bramanoliで【更年期は人生が輝くチャンス】を連載中のNPO法人ちぇぶら代表理事の永田京子さん。今回は永田さんに「なぜ更年期をサポートするNPOを立ち上げたのか」、「世界と日本の更年期に関する常識の違い」、などについてお話を伺いしました。インタビュー前半です。


40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

40代知っておきたい 閉経までの月経パターン【更年期は人生が輝くチャンス #33】

「少しづつ生理周期がばらついてきた」「3週間しか経っていないのに生理がきて不安」など40代になると徐々に乱れ始めます。女性にとって、健康状態を把握する1つのバロメーターでもあった生理周期が更年期には乱れてきてしまうのです。ここではよくある閉経までの月経パターンについてや、更年期の月経不順と間違いやすい病気について紹介します。


気になる「白髪、薄毛」を予防 頭皮の血流アップ法【更年期は人生が輝くチャンス #32】

気になる「白髪、薄毛」を予防 頭皮の血流アップ法【更年期は人生が輝くチャンス #32】

年齢とともに気になる「白髪や薄毛」。そんな白髪を改善したら、いつのまにかカラダの不調が軽くなり、顔まで引き締まり、心も軽やかになっていた! となったらとてもいいですよね。今回は、「白髪や薄毛」を予防するための、頭皮の血流を良くする方法をお伝えします。カラダも快適になりますので、ぜひ試してみてくださいね。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング