40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


近くのものが見えづらい。まさか老眼?

「スーパーのチラシが見えづらい。そう思って顔に近づけたらますます見えない。試しに遠ざけてみたら・・・。見えちゃいました。」

そんな経験も生きていれば誰もが通るものです。

「目が疲れる」原因は老眼、視力の低下や、目の筋力の低下、涙の分泌量が減ってしまうなど様々あります。

目が疲れると、目がショボショボしたり、痛く感じたり、かすんで見えたり。肩や首のこりを感じたり、頭痛や酷い場合だと吐き気へとつながることもあります。疲れを溜めこみすぎる前のケアが大切です。

そこで今回は、すぐできる目の疲れをとる方法をご紹介します。

疲れ目ケア1:〜つぼ押し〜

まずは、疲れ目をケアするためのつぼ押しの方法をご紹介します。
家事や仕事の合間やお風呂上がりにいつでも簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

【ツボその1】睛明(せいめい)
目と鼻の間。目が疲れてくると、よく無意識で押しているところです。
目を閉じて、両手の人さし指で鼻の方に向かって5回〜6回やさしく押してください。

もしも、場所がはっきりわからない場合は、ツボの周囲をやさしくマッサージするようにしてください。
眼球を押さないように、気をつけて行ってください。

【ツボその2】風池(ふうち)
髪の生え際のくぼみの部分。両手で側頭部を包み込むようにします。親指でツボを押さえて反対側の目に向かって持ち上げるようなイメージで5秒間ゆっくり押してください。5秒間押したら、そっと手を離します。

※ずっと目の奥がジンジンするような場合や目の疲れに不安を感じる場合は、一度眼科医に相談してくださいね。

疲れ目ケア2:〜目の体操〜

続いて、疲れ目をケアするための目の体操方法をご紹介します。目を動かす筋肉をしっかり使うことで目の疲れをとります。
眼球を上下左右に意識的に動かすのですが、今回お伝えするのは視点を固定して行う方法です。更年期症状としても多い、めまいのある方でもやりやすい内容です。

【目の体操】
ステップ 1
視点を一点に固定したまま、左右・上下に首を動かします。それぞれ5秒ずつ見つめます。

ステップ 2
視点を一点に固定したまま、円を描くようにゆっくりと首を2周ずつ動かします。

疲れ目を予防するために

誰にでも起こる「老眼」は、目のレンズの役目をしている水晶体が硬くなったり、目のピントを合わせる毛様体筋の働きが低下することで起きます。近くのものが見えにくいままで生活すると、目に負担がかかり疲れ目の原因にもなってしまいます。

老眼鏡のことを英語ではリーディンググラスというそうです。自分にあったリーディンググラスをうまく活用することは、疲れ目に効果的です。

目の周りの筋肉が緊張したり、血流が悪くなると目が疲れたと感じます。普段から、パソコンやスマートフォンに集中したあとは遠くを見るようにしたり、良い姿勢を心がけてみたり、できるだけ疲れ目になりにくい習慣を作りましょう。

その日の疲れはその日のうちに

ポイントは「その日の疲れはその日のうちに」です。

カラダに不調があると「寝て治そう・・」と思う人は多いと思いますが、大人になった私たちは意識的に自分でカラダをメンテナンスしないと、寝ても起きていても変わりません。それは、目も同じです。

日頃のメンテナンスが毎日を快適にしてくれます。ぜひ、試してみてください。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」以前と比べて何かが違う!と感じる事が増える女性にオススメなのが「体調日記」。毎日、どこか不具合を感じていて、なかなかスッキリ快適!とはいかない毎日…だからこそ、いち早く、体調の変化に気が付くために日記をぜひご活用ください!


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。Bramanoli的にこれは見逃せません!


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング