“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


セクハラやパワハラを我慢していませんか?

遅くまで会社に残って仕事をしていたら、他に誰もいないオフィスで上司が「おつかれさま」と肩をもんできた。数日後、また同じ上司が異常に近づいてきて話しかけたり体に触ったりしてくる。される側は嫌な気持ちが続き、恐怖すら感じるかもしれません。社会の風潮でセクハラは以前よりはなくなってきているとは思いますが、まだまだ存在しています。

また、新しい職場で上司にわからないことを聞いたら「そのくらい自分で考えろ」と言って教えてもらえないなんて話もよく聞きます。
毎日長い時間を過ごす職場でハラスメントにあっていたら、心が次第に疲れていきます。仕事にも集中できなくなり、将来への希望も持てなくなるでしょう。
慣れない職場や、厳しい上司が相手だとなかなか自分の意見が言いづらいものです。そして「全てを受け入れて我慢するタイプ」の人もいます。相手がどう思うかを重視しすぎて断ることができない人は、問題を抱え込んでしまい心身を病んでしまうかもしれないので注意が必要です。

これは不満があったらどんどん言おうという事ではなく、自分の心の声に向きあって必要なことは伝える勇気が大事だということです。あなたの人生はあなたのものです。周りを気遣うあまりに、自分を犠牲にしていないか立ち止まる時間を持ちましょう。

事実を書き出してみる

もし職場で辛いことがあるなら、事実を書き出してみましょう。「書く」ということが健康や幸せに影響を与えることが研究で明らかになっています。辛かった経験を詳しく書き、自分の感情や考えについても思いつくだけ書き出す事を、1日15分以上3日間続けたところ、病院に行く回数が減って落ちこみや苦悩することが減ったというのです。

さらに、免疫力が高まり学業や仕事の成績も上がったそうです。

考え続けている悩みを言葉に書き記すと、ぼんやりとしたイメージだったものが一つの話として整理されます。そして、その経験の全体像や構成が見え、対処しやすくなるのです。また、その経験が解決できるものなら解決法を見つけやすくなります。その経験が1回きりで終わったことならば、繰り返し思い出して自分を苦しめている自分に気づき、目の前の事に意識を向けようという気持ちが芽生えるかもしれません。

支援してくれる人を探す

弱音を吐いてはいけないと思っていませんか?人にはそれぞれのキャパシティーがあり、同じ経験をなんとも思わない人もいれば、胃潰瘍やうつ病になる人もいます。あなたの周りに、話を聞いてくれる人はいますか?家族や友人、同僚、公的な相談の機関でも、自分の味方になってくれる人を探して話してみましょう。

もし理解してもらえなくても、そこで諦めず別の人を探してみましょう。きっと理解してくれる人はいます。人に話をすることで、はまり込んでいた思考から一旦抜け出し客観的に自分をみられるようになり、少し楽になります。また、話した相手の新たな視点から解決策が見つかることもあります。

ネガティブな出来事をチャンスに変えてやる!と決意する

私には二人の子どもがいます。一人目の産休のあと、復帰してわりとすぐに2回目の妊娠を職場で告げたとき「もうできたの?」「また休むの?」「本当に困るなあ」などといわれたり、聞こえるように陰口を言われることもありました。続けて長期の休暇を取ることになり職場には負担をかけましたし、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

しかし後になって、私のようにマタニティハラスメントで嫌な思いをして辛い立場になっている女性がたくさんいるのを知り、復帰後、病院のハラスメント委員長として職員向けの啓蒙活動をする事につながりました。

他にもパワハラで体調を崩して会社を辞めた人が、職場のストレス対策に特化した会社に転職して大活躍!ということもあります。つらい経験は強みになります。自分自身が病気を経験し克服したので看護師を目指すという人も少なくありません。

いつかこの経験を活かしてやろうという逆転発想で人生の荒波を乗りこえ、幸せな人生を手に入れましょう。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


子どもの“反抗期”どう乗り切ればいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#9】

子どもの“反抗期”どう乗り切ればいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#9】

子どもの反抗期。誰もが通る道だとわかってはいるものの、反抗的な態度をとられると腹が立つものですよね。思わず怒鳴ったり時には手が出てしまったり…結局どう接するのが正解なのでしょうか?子供の反抗期をどうとらえて、どう乗り切ればいいのかポジティブ心理学の視点から教えていただきます。


私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

私を裏切った夫…「復讐したい」と思ってしまった時の対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #83】

家事について文句を言われた、友達夫婦の前で馬鹿にされた、浮気された……など、夫に対して怒りの炎が燃え上がるときも長い夫婦生活のなかではあるでしょう。「復讐したい!」と頭に血が上りますが、やりすぎると修復不可能な傷を負う羽目にもなります。そこで、夫への怒りはどう対処すれば良いのか、お話します。


年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

年下社員の「上から目線」はどう対処する?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


40代婚活 うまくいかない時の心の整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#8】

40代婚活 うまくいかない時の心の整え方【幸福度を高める ポジティブ心理学#8】

同世代はほとんど結婚していて肩身が狭い…婚活を頑張っているのだけど結果がでない。このまま一生独身なのかと思うと怖くてしょうがない。けれどこんな風に怯えながら生活するのは嫌ですよね。どうしたら前向きに生き生きと日々を送ることができるかポジティブ心理学の視点から教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング