“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

“ポジティブ心理学”で職場の困ったコミュニケーションを解決!【幸福度を高める ポジティブ心理学#4】

会社で理不尽なことをされたり、心ない言葉で傷つけられたりしたとき、どんな風に対処していますか?今回はそんな嫌な思いをした時に、ポジティブ心理学を使って気持ちを切り替える方法をお伝えします。


セクハラやパワハラを我慢していませんか?

遅くまで会社に残って仕事をしていたら、他に誰もいないオフィスで上司が「おつかれさま」と肩をもんできた。数日後、また同じ上司が異常に近づいてきて話しかけたり体に触ったりしてくる。される側は嫌な気持ちが続き、恐怖すら感じるかもしれません。社会の風潮でセクハラは以前よりはなくなってきているとは思いますが、まだまだ存在しています。

また、新しい職場で上司にわからないことを聞いたら「そのくらい自分で考えろ」と言って教えてもらえないなんて話もよく聞きます。
毎日長い時間を過ごす職場でハラスメントにあっていたら、心が次第に疲れていきます。仕事にも集中できなくなり、将来への希望も持てなくなるでしょう。
慣れない職場や、厳しい上司が相手だとなかなか自分の意見が言いづらいものです。そして「全てを受け入れて我慢するタイプ」の人もいます。相手がどう思うかを重視しすぎて断ることができない人は、問題を抱え込んでしまい心身を病んでしまうかもしれないので注意が必要です。

これは不満があったらどんどん言おうという事ではなく、自分の心の声に向きあって必要なことは伝える勇気が大事だということです。あなたの人生はあなたのものです。周りを気遣うあまりに、自分を犠牲にしていないか立ち止まる時間を持ちましょう。

事実を書き出してみる

もし職場で辛いことがあるなら、事実を書き出してみましょう。「書く」ということが健康や幸せに影響を与えることが研究で明らかになっています。辛かった経験を詳しく書き、自分の感情や考えについても思いつくだけ書き出す事を、1日15分以上3日間続けたところ、病院に行く回数が減って落ちこみや苦悩することが減ったというのです。

さらに、免疫力が高まり学業や仕事の成績も上がったそうです。

考え続けている悩みを言葉に書き記すと、ぼんやりとしたイメージだったものが一つの話として整理されます。そして、その経験の全体像や構成が見え、対処しやすくなるのです。また、その経験が解決できるものなら解決法を見つけやすくなります。その経験が1回きりで終わったことならば、繰り返し思い出して自分を苦しめている自分に気づき、目の前の事に意識を向けようという気持ちが芽生えるかもしれません。

支援してくれる人を探す

弱音を吐いてはいけないと思っていませんか?人にはそれぞれのキャパシティーがあり、同じ経験をなんとも思わない人もいれば、胃潰瘍やうつ病になる人もいます。あなたの周りに、話を聞いてくれる人はいますか?家族や友人、同僚、公的な相談の機関でも、自分の味方になってくれる人を探して話してみましょう。

もし理解してもらえなくても、そこで諦めず別の人を探してみましょう。きっと理解してくれる人はいます。人に話をすることで、はまり込んでいた思考から一旦抜け出し客観的に自分をみられるようになり、少し楽になります。また、話した相手の新たな視点から解決策が見つかることもあります。

ネガティブな出来事をチャンスに変えてやる!と決意する

私には二人の子どもがいます。一人目の産休のあと、復帰してわりとすぐに2回目の妊娠を職場で告げたとき「もうできたの?」「また休むの?」「本当に困るなあ」などといわれたり、聞こえるように陰口を言われることもありました。続けて長期の休暇を取ることになり職場には負担をかけましたし、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

しかし後になって、私のようにマタニティハラスメントで嫌な思いをして辛い立場になっている女性がたくさんいるのを知り、復帰後、病院のハラスメント委員長として職員向けの啓蒙活動をする事につながりました。

他にもパワハラで体調を崩して会社を辞めた人が、職場のストレス対策に特化した会社に転職して大活躍!ということもあります。つらい経験は強みになります。自分自身が病気を経験し克服したので看護師を目指すという人も少なくありません。

いつかこの経験を活かしてやろうという逆転発想で人生の荒波を乗りこえ、幸せな人生を手に入れましょう。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

もうやめて!! 子どもたちの前で妻に暴言を吐く夫【夫婦問題お悩み相談室 #31】

「感情の動物」の代表的な代名詞はたいてい「女性」ですが、男性でも感情的な人は存在します。感情的に怒ったり暴言を吐いてしまう夫に対して、妻はどのように接したらいいのでしょうか? 一緒に考えてみましょう。


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

【Bramanoli 新春特別企画】帰省先や身内の集まりでイラッときた時に読むべき5選

年末年始、帰省先で久しぶりに会う身内や友人。久しぶりに会うと話に花が咲きますよね。ただ、聞かれたくないことを聞かれることも…。たまにしか合わない人とのコミュニケーションでつい、「イラ!」っとしたときはこんな記事を読んでみては?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング