マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

「婚活するほど結婚したいわけじゃないけれど、ずっと独身でいるつもりもなかった」そんなアラフォーでずっと独身だった女性は真面目すぎる性格の方が多い。「今から婚活をしてもうまくいかないかも」と情報収集はするものの怖くなって動かない。自己完結しすぎて周りに助けを求めるのが苦手。そんな方がやるべきことをお伝えします。


「なんで独身なの?」などの嫌な質問対策ができている

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

当たり前のように結婚した人たち、あるいは結婚なんてまだまだ先のことと考えている若者は、残酷なことをサラッと聞く。

「なんでずっと独身なの?」
「今まで結婚したいとか思わなかったの?」

と。アラフォーともなると聞かれたくないこの手の質問にこれまで幾度も対応してきたでしょう。

アラフォーでご相談にいらっしゃる方々の多くは、婚活らしいことをやっておりません。過去には何かやっていたという方もいらっしゃいますが、現在進行形で何か活動をしていてうまくいかないから相談に来ているというわけではないのです。

そのうち結婚ぐらいしているであろう、と思っていたら世間の『普通』から取り残されていたというのです。「なんで独身?」と聞かれることに備えて、独身でいた理由を応えられるように準備している方は多い。

「私って長女だから甘え下手で、出会いを逃しているのよね」

と、一人で自己完結してしまう。アラフォーまで独身の女性はそんな方が多いです。

言い訳歴ン十年超え!アラフォー独身が語るイタイ「独身でいた理由」

アラフォー独身女性が語る「独身の理由」はわりと突っ込みどころ満載。

「長女だから」「女子高だったから」ってアラフォー世代だって兄弟の数は2人というところが多いから2~3人に1人はみんな長子。女子高育ちという理由だって、女子高でも結婚している人は過半数はいるでしょ。

しかし、30歳を超えた女性の私生活には誰も突っ込みを入れません。「長女で甘え下手だから」っていうなら「そう思っているんだな~」ぐらいでしょう。

ここであえて突っ込むよ。

「出会いがないから」 → じゃ、出会うための活動したの?
「いい男が居ないから」 → じゃ、いい男に選ばれる努力はしたの?
「草食系男子が増えたから」 → まずそうにみえてるんじゃないの?
「親のせいで」 → その年で親ですか?
「今の日本で結婚し子育てをするイメージが持てない」 → 国のせいですか?

自分では変えられない他人や環境のせいにして、被害者面。でも、そういっていれば自分は悪くないし、行動せずに済む。楽ですよね。

「●●したくない」はあるけど「●●したい」かがない人たち

結婚したいわけじゃないけれど、ずっと独身でいるつもりもなかった。そんな方たちで印象的なのがバッグが大きい人が多いということ。

よく出てくるのは折り畳み傘。

「雨が降ると怖いから」

と起こって欲しくないことに対して必死に備えてばかりいる。急な雨が降ることはありますよね。そんな時、コンビニに行けば500円ぐらいで傘は買えます。

そして、化粧ポーチの中にはたいした化粧品もなく、急にデートに誘われるとか起こって欲しい事の準備は何もしていない。

ネット婚活をおすすめして「ネットに写真を上げたくない。悪用されたくない」と何人からも言われました。もちろん、そういう可能性がゼロとは言わないけれども、あなたの写真で何ができるのでしょうか?婚活サイトに登録したことのリスクを見つけて、無駄にリスク回避しようとされるのですが、その危機管理の意識の高さはまるで鍵もかからないようなボロ屋にセコムをつけるようなもの。リスク管理が過剰品質なのです。

起こって欲しくないこと、失敗を避けることだけに一生懸命では一生独身の可能性の方が高いです。

未経験の「幸せ」より慣れ親しんだ予想できる「不幸」の環境が楽

失敗を避け続ける方は、真面目ないいこのまま大人になり、若い時にバカなことをやっていません。飲みすぎて終着駅までいっちゃったとか、言いすぎて友達に嫌われたとか、上司と大喧嘩したとか。しかしそんなバカなことから、「こういう場合はこのぐらいまではありかもしれないけれど、ここまでやるとアウト」というさじ加減などを学ぶことは多い。

やったことのないことに挑戦したら、失敗するのは当たり前。しかし、起こって欲しくないことを避け続ける人は失敗をしていない。

「この年で婚活パーティーに参加しても相手にされないって聞いたんですけど」

と情報を行動しない言い訳に転換してしまう。アラフォーが参加して相手にされないことは多いけれど、そういうものも耳年魔にならず身をもって経験して欲しい。

行動しなければ、変わりません。しかし予測できる不幸や孤独と未知の挑戦の向こうにある「幸せ」を天秤にかけて現状維持を選ぶアラフォー女性は多い。

行動の足枷になっているモノを手放せ

失敗を避けて「試す」ができないということは裏を返せば大失敗。未知に踏み込む勇気を奪う知識・備えは足かせでしかありません。

まずは、ご自分が「やりたい」より「やりたくない」ことを避けるタイプだと知ることから始めましょう。

いきなり出会い探しはハードルが高いかもしれません。それなら、起こって欲しくないことを避けるために、持っているものを手放してみませんか?いつも折り畳み傘を持っているならバッグから出しましょう。

部屋の中にも「家電が壊れた時の為に」と読みもしない取扱説明書を全部取っていることはないでしょうか?だいたいメーカーのHPに取りつかい説明書がアップされているから捨てても大丈夫です。

それから自己啓発本やスピリチュアル本を持たくさんもっていませんか?ページを開けばいい言葉がたくさん書いてあるかもしれませんが、それは今のあなたには毒かもしれませんよ。行動する勇気を奪う知識は、今は害でしかない。心理学を理解したって、リアルな社会で揉まれることを避けていたら人間関係は豊かになりません。

起こって欲しくないことを避けるために備えて持っていたグッズを処分する。そうすればきっと勇気が出せるはずです。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連するキーワード


菊乃 アラフォーの婚活

関連する投稿


バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

バレンタインは面倒!なんて言わずに… アラフォーもチョコで恋を実らせよう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #37】

いよいよこの時期がやってきました!そう、バレンタインデーです。「もう年だしバレンタインデーなんて面倒」と思っているあなた、もったいない!この手のイベントは積極的に利用しましょう!ではアラフォーはどんなチョコをプレゼントしたらいいのでしょうか?気になる彼氏未満の男性には何円ぐらいのチョコを上げたらいいのか迷っている方はぜひ読んで参考にしてください。


【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】婚活アプリも毛嫌いしないで使いこなすべし 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<最終回>

愛ある厳しさで大人気の恋愛婚活コンサルタント菊乃さん。インタビュー最終回は最近では当たり前になってきた婚活アプリについて。アプリを使った婚活の注意点などについてお伺いしました。


平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

平成生まれ VS 昭和生まれ “婚活価値観”の違い【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #36】

27歳の女性は婚活市場で最強だ。しかしそれは「若さ」だけが理由ではない。婚活という言葉が生まれたのは今から10年前。街コン、相席屋などのサービスに学生時代から触れている彼らは、出会いがないからサービスを使うわけではなく、便利だから使うのです。アラフォー男性も27歳女性を狙います。ライバルの特徴を知りましょう。


【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】アラフォー婚活はここに気をつけるべし! 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第二回>

恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でも、愛あるスパルタ指導が大人気です。今回は菊乃さんの元を訪れる迷える婚活女性たちについてお話を伺いました。第二回目です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング