マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

マジメすぎ!失敗しないように生きてきてずっと独身【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #25】

「婚活するほど結婚したいわけじゃないけれど、ずっと独身でいるつもりもなかった」そんなアラフォーでずっと独身だった女性は真面目すぎる性格の方が多い。「今から婚活をしてもうまくいかないかも」と情報収集はするものの怖くなって動かない。自己完結しすぎて周りに助けを求めるのが苦手。そんな方がやるべきことをお伝えします。


「なんで独身なの?」などの嫌な質問対策ができている

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

当たり前のように結婚した人たち、あるいは結婚なんてまだまだ先のことと考えている若者は、残酷なことをサラッと聞く。

「なんでずっと独身なの?」
「今まで結婚したいとか思わなかったの?」

と。アラフォーともなると聞かれたくないこの手の質問にこれまで幾度も対応してきたでしょう。

アラフォーでご相談にいらっしゃる方々の多くは、婚活らしいことをやっておりません。過去には何かやっていたという方もいらっしゃいますが、現在進行形で何か活動をしていてうまくいかないから相談に来ているというわけではないのです。

そのうち結婚ぐらいしているであろう、と思っていたら世間の『普通』から取り残されていたというのです。「なんで独身?」と聞かれることに備えて、独身でいた理由を応えられるように準備している方は多い。

「私って長女だから甘え下手で、出会いを逃しているのよね」

と、一人で自己完結してしまう。アラフォーまで独身の女性はそんな方が多いです。

言い訳歴ン十年超え!アラフォー独身が語るイタイ「独身でいた理由」

アラフォー独身女性が語る「独身の理由」はわりと突っ込みどころ満載。

「長女だから」「女子高だったから」ってアラフォー世代だって兄弟の数は2人というところが多いから2~3人に1人はみんな長子。女子高育ちという理由だって、女子高でも結婚している人は過半数はいるでしょ。

しかし、30歳を超えた女性の私生活には誰も突っ込みを入れません。「長女で甘え下手だから」っていうなら「そう思っているんだな~」ぐらいでしょう。

ここであえて突っ込むよ。

「出会いがないから」 → じゃ、出会うための活動したの?
「いい男が居ないから」 → じゃ、いい男に選ばれる努力はしたの?
「草食系男子が増えたから」 → まずそうにみえてるんじゃないの?
「親のせいで」 → その年で親ですか?
「今の日本で結婚し子育てをするイメージが持てない」 → 国のせいですか?

自分では変えられない他人や環境のせいにして、被害者面。でも、そういっていれば自分は悪くないし、行動せずに済む。楽ですよね。

「●●したくない」はあるけど「●●したい」かがない人たち

結婚したいわけじゃないけれど、ずっと独身でいるつもりもなかった。そんな方たちで印象的なのがバッグが大きい人が多いということ。

よく出てくるのは折り畳み傘。

「雨が降ると怖いから」

と起こって欲しくないことに対して必死に備えてばかりいる。急な雨が降ることはありますよね。そんな時、コンビニに行けば500円ぐらいで傘は買えます。

そして、化粧ポーチの中にはたいした化粧品もなく、急にデートに誘われるとか起こって欲しい事の準備は何もしていない。

ネット婚活をおすすめして「ネットに写真を上げたくない。悪用されたくない」と何人からも言われました。もちろん、そういう可能性がゼロとは言わないけれども、あなたの写真で何ができるのでしょうか?婚活サイトに登録したことのリスクを見つけて、無駄にリスク回避しようとされるのですが、その危機管理の意識の高さはまるで鍵もかからないようなボロ屋にセコムをつけるようなもの。リスク管理が過剰品質なのです。

起こって欲しくないこと、失敗を避けることだけに一生懸命では一生独身の可能性の方が高いです。

未経験の「幸せ」より慣れ親しんだ予想できる「不幸」の環境が楽

失敗を避け続ける方は、真面目ないいこのまま大人になり、若い時にバカなことをやっていません。飲みすぎて終着駅までいっちゃったとか、言いすぎて友達に嫌われたとか、上司と大喧嘩したとか。しかしそんなバカなことから、「こういう場合はこのぐらいまではありかもしれないけれど、ここまでやるとアウト」というさじ加減などを学ぶことは多い。

やったことのないことに挑戦したら、失敗するのは当たり前。しかし、起こって欲しくないことを避け続ける人は失敗をしていない。

「この年で婚活パーティーに参加しても相手にされないって聞いたんですけど」

と情報を行動しない言い訳に転換してしまう。アラフォーが参加して相手にされないことは多いけれど、そういうものも耳年魔にならず身をもって経験して欲しい。

行動しなければ、変わりません。しかし予測できる不幸や孤独と未知の挑戦の向こうにある「幸せ」を天秤にかけて現状維持を選ぶアラフォー女性は多い。

行動の足枷になっているモノを手放せ

失敗を避けて「試す」ができないということは裏を返せば大失敗。未知に踏み込む勇気を奪う知識・備えは足かせでしかありません。

まずは、ご自分が「やりたい」より「やりたくない」ことを避けるタイプだと知ることから始めましょう。

いきなり出会い探しはハードルが高いかもしれません。それなら、起こって欲しくないことを避けるために、持っているものを手放してみませんか?いつも折り畳み傘を持っているならバッグから出しましょう。

部屋の中にも「家電が壊れた時の為に」と読みもしない取扱説明書を全部取っていることはないでしょうか?だいたいメーカーのHPに取りつかい説明書がアップされているから捨てても大丈夫です。

それから自己啓発本やスピリチュアル本を持たくさんもっていませんか?ページを開けばいい言葉がたくさん書いてあるかもしれませんが、それは今のあなたには毒かもしれませんよ。行動する勇気を奪う知識は、今は害でしかない。心理学を理解したって、リアルな社会で揉まれることを避けていたら人間関係は豊かになりません。

起こって欲しくないことを避けるために備えて持っていたグッズを処分する。そうすればきっと勇気が出せるはずです。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連するキーワード


菊乃 アラフォーの婚活

関連する投稿


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

アラフォーで結婚した人が “見直した条件” とは?【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #33】

ご結婚されたアラフォーの方々のお話を聞くと「昔の私ならば絶対に選ばない男性と結婚しました。見落とさなくてよかった」なんてことをよく聞くのです。 以前は「ナシ」にしていたけれど、彼のことを知っていくうちにいい人だと思えてきたというのです。かつてならば「ナシ」にしていたのはいったいどんな理由からなのでしょうか?


傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

傷つきたくない… 「うまくいかなそう」で出会いを進めない妄想癖【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #32】

アラフォーの婚活は長引きがち。そして、ダラダラやってしまう方が多いのです。ちょっと婚活サービスを使ってみたけれど、どの人もピンと来なくて出会ってみようという気持ちになれないとか。こんな状態ではいつまでも結婚できないと頭では分かっているけれど、気持ちがついていかない方へ、大切なコトをお伝えします。


今すぐその「地雷男」から離れるべし!【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #31】

今すぐその「地雷男」から離れるべし!【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #31】

婚活女性を見ていると「普通の男性に出会いたい」といいながら見る目がない方が多い。遊び人に遊ばれているのに気がつかないとか、少々スペックがいいダメ男、コミュニケーション力があって一緒にいると楽しいカス男に貴重な時間を使っている女性が多いのがとても残念。今回はすぐに離れるべき男性の特徴をご紹介します。


それ10年前のメイク? 秒速で変えて! イタイアラフォーメイク【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #30】

それ10年前のメイク? 秒速で変えて! イタイアラフォーメイク【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #30】

「婚活がうまくいかないです」そうご相談に来るほとんどのアラフォー女性にお伝えしていることが、メイクの改善です。「え?ちゃんとやってますけど」と多くの女性は自分のメイクがアウトだと気が付いていません。そりゃ、そうですよ!30歳を超えた女性のお化粧って誰か指摘できます?自分で気付くしかないんです。今回はありがちなアラフォーNGメイクについて解説します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング