共働きのワンオペ育児… 夫婦間に起きる摩擦をスマートに解決する方法【幸福度を高める ポジティブ心理学#3】

共働きのワンオペ育児… 夫婦間に起きる摩擦をスマートに解決する方法【幸福度を高める ポジティブ心理学#3】

あんなに大好きだった大切な人でも、夫になり父親になりずっと一緒に生活を共にしているとギスギスした空気になることもありますよね…。特に「なんで自分ばっかり仕事に家事に育児に頑張らなきゃいけないの!」そんな風に思ってしまったらなおさらです。そこでそんな空気を変える方法をご紹介します。


相手を責める気持ちに気づく

日中の忙しい仕事が終わったら、今度は子供の幼稚園や塾の送り迎え、家に帰れば夕飯の支度に子供達のお風呂入れ。やっと子供を寝かしつけたら、食器の片付け、アイロンかけ・・・。ワーキングマザーの稼働時間は長く、座る時間もありません。

そんなとき夫が遅い時間に仕事から帰り、「あー疲れたー」と言ってソファーに座り、テレビを見ながらビールを飲みはじめたら・・・。

頭の中でつぶやきが始まります。

「私も疲れてるのに。どうして分かってくれないの?」
「どうしてもう少し早く帰ってくれないの?」
「どうして家事や育児を手伝ってくれないの?」

こんな風に、相手を責める気持ちが湧いてきて、心の中で「どうして〜なの?」と、繰り返し考えてしまうことがありませんか?

心の中で相手を責めてばかりいると、眉間にしわがより、相手の嫌なところが余計に見えてきてしまいます。しかし、その批判的な問いかけに、ちゃんとした答えはあるのでしょうか?

それは“疑問系”ですが、責める気持ちがぐるぐる回っているだけなのです。もし、そんな心のつぶやきに気づいたら、気持ちを切り替えるチャンスです。

疑問を解決するための建設的な問いに変えてみましょう。

「この状況をどうしたらいい方向に変えられるか?」という前向きな方向に考えをシフトするのです。 
例えば、「どうして分かってくれないの?」という問いを前向きにシフトしてみると、こんな問いが思い浮かぶかもしれません。

「どうしてそんなに疲れているのかな?」
「どんな風に伝えたら、こちらの状況を分かってもらえるかな?」

まず、相手がどうして疲れているのか、こちらからも耳を傾けてみましょう。そして自分の気持ちや状況を伝えないで分かってもらおうとしている自分にも気づいて、相手に理解してもらう方法を考えてみましょう。

感謝したいことをリストアップする

感謝の気持ちを持つことは、ネガティブな気持ちを切り替えるのに一番効きます。そもそも、「私ってかわいそう!」「私ばっかり損してる」という自分を哀れに思う気持ちがあるから、助けてくれない誰かを批判したい気持ちが湧いてくるのです。

「私って、なんて恵まれてるんだろう!」「ありがたいなー」と思っているときには誰かを責めたり恨んだりする気になりません。

感謝する対象は、目の前の相手でなくても構いません。「今、感謝できることってなんだろう?」と2、3個思いつくように考えてみましょう。

それはシンプルに「ご飯が食べられること」や「戦争のない国で生活できていること」「家族がいること」など、たくさんあるはずです。そんなことを考えていると、いつの間にかイライラが減っているのではないでしょうか?

相手も「わたしと同じ」と考える

インドのパーリ語で「メッター・バーバナー」と言われる、慈悲の心を育む瞑想があります。心の中で、自分自身や他の誰かを思って幸せになりますようにと祈る瞑想です。
相手を思いながら

「この人はわたしと同じように、心と体を持っている」
「この人はわたしと同じように、気持ちや考えを持っている」
「この人はわたしと同じように、苦しみや痛みを感じたことがある」

・・・と、自分と同じように悩み苦しむことがある事に気付き、共感し、思いやりの心で相手の立場に立ってみます。
そして、

「この人が幸せになりますように」

と祈ります。
非科学的な感じがするかもしれませんが、相手を思いやっているとき、あなたの心は安らぎ脳の活動も変化して脳疲労が軽くなっているのです。
相手を思いやることで、自分のイライラがなくなり疲れも取れるなんて素敵ですよね。

会話を増やす

うまくいっている夫婦は、うまくいかない夫婦に比べて、一緒にいて話す時間が週に5時間多いという研究結果があります。まずは、毎日5分ずつでも相手を理解しようという気持ちで話を聴く時間を作ってみましょう。相手が話す様子がなければ、何か行動したことに対して認めて、感謝の気持ちを表しましょう。

「窓を開けてくれてありがとう!」
「早く帰ってきてくれてありがとう!」
「いつもお仕事頑張ってくれて、ありがとう!」

2人でソファに座ったり、乾杯したり、ニュースについて語ったり。同じ時間を共有するときっと会話が増えるはずです。
会話が増えると、お互いの考えていることが伝わりやすくなり、誤解が生じにくくなるのです。そして、絆が深まり支え合う気持ちが強くなり良いことづくめです。ぜひ、相手に対してイライラや不満が溜まっているな、と感じる時こそ、相手の幸せを祈り、些細なことに感謝する気持ちを持ち、話を聞いてみてくださいね。それが結果的にあなた自身の幸福度を高めることになるのですから。

株式会社マインドフルヘルス代表山下あきこ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

医学博士、脳神経内科・内科医師。2016年に健康習慣を身につけるサービスを提供したいと考え、株式会社マインドフルヘルスを設立。

関連する投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他人のことが気になってしょうがない時は…【幸福度を高める ポジティブ心理学#15】

他の人が気になってしょうがないってことはありませんか? 同僚やママ友がどんなことを考えているのか、どんな生活を送っているのか、知ったところで別にどうということはないけれどワイドショー的に気になっちゃう! けれどそれに疲れる自分もいる…どうしたら気にならなくなるのか、脳神経内科医の山下先生に教えていただきました。


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
swiss-apo.net

subscribe.ru

org.km.ua