食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。


貯蓄を増やすには3つの方法がある

新年度がスタートして約2か月。この2か月は、新生活に必要とする生活必需品を購入したり、ゴールデンウィークで出かけたりと、なにかと物入りだったのではないでしょうか。

ここで今一度、家計と向き合い、貯蓄ができるような家計管理をしていきましょう!

貯蓄を増やすには、3つの方法があります。

1、収入を増やす
2、支出を減らす
3、いまある貯蓄の利回りをあげる


この中で一番やりやすいのは「支出を減らす」だと思います。

しかし、支出を減らすといっても、やみくもに食事を削ったりするのはよくありません。

食事は体を作る源です。よく、ランチの時間にサラダとヨーグルトだけで済ませている人もいますが、栄養のバランスが崩れれば体調を崩してしまいます。結果的に仕事にも影響を及ぼしたり、医者にかかったりして家計にもマイナスになります。

また、食費を削るということは、今の食事を見直して食べたいものをガマンするという意味です。しかし、ダイエットをしている人のほとんどが、食べなければ痩せるとわかっていてもガマンしきれなくなって食べてしまうのです。

食費を削ると言っても、例えば毎日2本飲んでいたビールを1日1本にする・・・週の中で休肝日を作り、飲むのは週に4日にする・・・といったくらいの節約であれば、お財布にも身体にも優しい方法です。

しかし、極端に一週間切り詰めて、外食はやめてすべて自炊で過ごす・・・もやし、豆腐など安くて量がかさむ食材に偏る・・・お酒も一切やめる・・・などで1週間に1万円の支出で抑えたとしても、ストレスがたまって長続きさせることができないと思います。

一週間の目標をクリアしたからと8日目に散財してしまうようであれば元も子もありません。

食費を削って美味しいものを食べることをガマンしても、強い意志で誘惑に打ち勝ち、支出を減らして貯め続けることができるのであれば、もちろん理想です。

しかし、もしこの方法で本当にお金が貯まるのであれば、世の中にこれほどまでダイエット本が出版されていることはないでしょう。食費を削って支出を減らすことができる人は、強靭な意思を持ったごくごく一部の人だと思います。

短期的にとことん切り詰めて支出を減らすよりも、無理の無い長続きする節約の方が結果的にはより多くの支出を減らすことが出来るのです。

支出の理想のバランスは4:4:2

では無理のない節約とはどのような節約でしょうか?

具体的には現在の家計のバランスをチェックし、バランスの悪いところを修正していく方法です。
家計にはバランスが大切です。バランスを欠いて無駄な支出を見直さず必要なコストまでを削ることはおススメできません。支出を削るのであれば、支出の優先順位の低いもののコストから削っていってほしいと思います。

まずは自分たちが「何に」「いくら」使っているかを知り、手取り収入を10とした時にどのようなバランスになっているか表にしてみましょう。

支出には、毎月、銀行口座やクレジット―カードから引き落とされるようにしている「引き落とし支出」と、お財布から現金で払う「現金支出」があります。

ほかにも毎月ではないものの、旅行や家電の買い替えなど年間でかかる特別支出用や、将来のための貯蓄としてお金をとりわけます。

バランスが取れた健全な家計は、この3つの割合が

「引き落とし支出 4」:「現金支出 4」:「貯蓄 2」

になっていています。

1000件を超える家計診断を行いましたが、特にこだわりがないなら、この割合に近づけるように支出を見直すようアドバイスをさせていただいています。

例えばこの割合が「引き落とし支出5」:「現金支出4」:「貯蓄1」になっていたとすると、加入している保険や携帯のプランなど、毎月の引き落とし支出の中で見直せる支出がないかどうかを調べてみましょう。

「引き落とし支出」は、そもそもお金が自動的に引き落とされているため、お金を使っている感覚が薄いのです。そこを見直すことで、痛みを伴わないで支出を減らすことができるのでおススメです。一方、食費のような「現金支出」は、自分で支出を制限しないといけないので、痛みを伴う節約といえるでしょう。

まずは家計のバランスをチェックし、自分たちの理想の家計バランスに近づけていきましょう。

FP事務所アイプランニング代表 飯村久美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

これまでの家計診断は800世帯。セミナー回数は年間100回を超え、女性の幸せなマネーライフをサポートしている。

関連する投稿


お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

お給料が減った! 見直すべきは“お小遣い”ではなく“〇〇費”【簡単シンプル貯蓄術#3】

皆さんのご家庭は、お小遣い制ですか?シングルの方はお小遣いという項目を別にしていますか?あまり意識していないかもしれませんが、自分用に自由に使えているお金=お小遣いとして考えてみてくださいね。今回はそんなお小遣いを給料が下がったからと言って減らしてはいけません。というお話です。


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


投資信託選び方のポイント【ぐうたらさんでもお金が増える#03】

投資信託選び方のポイント【ぐうたらさんでもお金が増える#03】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。投資信託って聞いたことはあると思いますが、お金に詳しくない人は「私には関係ない話」って遠い世界のことのように思っていませんか? そんなことはないんです! 今回は投資信託の選び方のポイントをお伝えします。


お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

「お金が貯まらない…」そうお嘆きの方も多いことでしょう。それには明確に理由があるようです。新しく始まる連載は、お金にまつわるお悩みをファイナンシャルプランナー飯村久美さんがしっかり解決してくださいます。


【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

アラフォー世代が気になること上位に必ず入る「お金」の問題。子供の養育費がかさみ始めたり、親の介護も無視できない上に自分たちの将来の蓄えも準備しなきゃいけない私たちにプロが答えてくれています。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
http://babyforyou.org

cialis kaufen ohne rezept

http://baden-medservice.com