どうしよう!女性ホルモンが減っていく?いつまでも女性らしくいるために今、出来ること

どうしよう!女性ホルモンが減っていく?いつまでも女性らしくいるために今、出来ること

女性ホルモンは、私たちが女性らしく健康的に生きていくうえで非常に重要なもの。しかし、女性ホルモンは35歳をピークに徐々に減っていき、また40代にはいると女性ホルモンの乱れが起きることも。そこで、女性ホルモンを整えるための食材をいくつかご紹介します。日々の食生活に取り入れてみてくださいね。


女性ホルモンに関わる成分といえばやっぱりイソフラボン

女性ホルモンに深くかかわる成分といえば、やはり「イソフラボン」でしょう。女性ホルモン関係の情報を集めていると、まず真っ先にこれが目に付くと思います。

イソフラボンが女性ホルモンに深く関わっていると言われているのは、そのかたちにあります。イソフラボンは、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」と似ているのです。

「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は、女性らしさにとても重要なホルモン。生理が終わり、排卵にかけて分泌されるホルモンで、卵胞の成熟を促します。また、お肌のツヤが良くなったり、精神のバランスを整えたりする役割も持っています。

イソフラボンが多く含まれている食品と言えば「大豆」。この大豆を使った食品を積極的に摂ると、女性ホルモンのバランスを整える助けになりますので、積極的に取り入れていきたいですね。

イソフラボンが含まれている大豆製品とは

イソフラボンが含まれている大豆製品として代表的なものは、皆さんよくご存知の、「お豆腐」「納豆」「豆乳」。普段の食生活でも取り入れやすいですよね。

そのほかには、油揚げ、お味噌、おから、きなこ、お醤油なども大豆製品です。

中でも、大豆イソフラボンが多く含まれているのは「木綿豆腐」。1丁に約42㎎のイソフラボンが含まれています。毎日少しずつ摂取していきたいですよね。

イソフラボン以外の亜鉛や鉄分もあわせて摂りましょう

実は、この女性ホルモンのバランスを整えるには、大豆製品だけを食べていればいいというわけではありません。

それ以外にも体によい成分、たとえば亜鉛や鉄分などを積極的にとっていく必要があります。亜鉛は女性ホルモンの生成に非常に深く関わりますし、鉄分は血と密接な関係にあります。

また女性は男性に比べて鉄欠乏性貧血になる人が多いので、この症状を治すためにも鉄分の接種は必須です。

亜鉛は、カキなどの海の食材によく含まれています。対して鉄分は、動物のレバーなどに大量にふくまれています。どちらもクセが強い食べ物ではありますが、カキは炊き込みご飯などに、レバーはハンバーグなどにまぜることで美味しく食べることができるでしょう。

バランスのよい食生活を心がける

食事をする際は、「食材」だけでなく、「食事そのもの」を見直すことも必要です。大豆や亜鉛、鉄分が体によいからといって、それだけをとっていくのはよくありませんね。

たとえば、肌の調子を整えるビタミンCや,免疫力を高めるビタミンAなどがあります。これらは人の肌を整え、美しくし、肌トラブルをよく防いでくれます。女性ホルモンを整えることを目的としつつ、これらも積極的に取り入れていくことで、体全体の栄養バランスが整ってきます。

専門家のなかには、「大豆イソフラボンの摂取は70ミリグラム前後(40~45ミリグラムとする説もあります)が目安」としている人や、「栄養バランスがとれた食事を守ることは、大豆イソフラボンだけをとるよりももっと大切だ」と考える人もいます。

このように、女性ホルモンを整えるためには、「単品摂取」ではいけないのです。

できる範囲で「食事」「運動」「睡眠」のバランスを

前述したとおり、女性ホルモンを整える食べ物としては、大豆製品やカキ、レバーなどがありますが、これはあくまで一例にすぎません。

これ以外にもビタミンB群を取ったり、ビタミンEや食物繊維を取ったりすることが必要。私たちの体というのは、「何か一つを摂取していればいい」というようには作られていないからです。

また、これにあわせて、睡眠時間をしっかり確保したり、適度な運動を生活に組み込んだりすることもとても大切です。

女性ホルモンを考えるうえでは、「食事」「運動」「睡眠」のバランスがとても重要なのです。

とはいえ、忙しくてなかなかそうも言ってられない…という方も多いと思います。毎日、規則正しい生活をすることは現代では難しくなっています。「こうしなければならない」と思うと、出来なかった自分を責めてしまいがちになってしまい、逆効果になることも。

正しい方法を知っていることが重要で、「出来ないときもある。」と認めることももっと重要。完璧にできなくても、出来るときにできる限り行うことが大切です。

自分らしく自分のペースで。いつまでも女性らしくキラキラ輝いていたいですね♪



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

きっちです。
皆の恋バナが好きなこじらせ系女子です。

関連する投稿


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

年齢が出やすい「首のシワ」「デコルテ」のケア【アラフォーから始める美肌作り#10】

首にシワがあると老けて見えますよね…ですが、一度できたシワをなくすことはできるのでしょうか?スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきましょう。


薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

薄くなったかも… 40代の生え際&おでこのエイジングケア「はだぎわ美容液」

40代になって「生え際」が気になり始める人は多いのではないでしょうか。年齢からくるお肌のたるみと一緒に、生え際と頭皮も一緒にケア出来たら…。そんなお悩みにぴったりな美容液があります!Bramanoli編集部で実際に使ってみました。


“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

“指一本”で簡単♪ 女性ホルモンアップのツボ!【更年期は人生が輝くチャンス #21】

40代半ばからグンと低下していく女性ホルモン。生きていれば誰もが起こるカラダの変化ですが、果たして私たちにできる対策方法はあるのでしょうか。そこで今回はいつでもどこでも指1本で行える、更年期の体調がグッと良くなるツボをご紹介します!


今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

今こそ知っておきたいライフサイクルと女性ホルモン【アラフォーからの性教育 Q&A#1】

そもそも女性ホルモンってなに? 女性のカラダが女の子から大人になるのに関係あるの? 生理と女性ホルモンの関係とは? アラフォーは女性ホルモンってどういう状態になっているの? 助産師のやまがたてるえさんに“アラフォー女性からの性教育”として優しく丁寧に時に笑いを交えながら教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://kinder-style.com.ua

cialis 10mg preise

www.jaamboo.com.ua