いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

いや~なセクハラ上司は“ロジカル”に対処すべし!【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#10】

職場にいるセクハラ気味の上司や苦手な相手。できれば、距離をとりたくても共に仕事をしなければいけに相手だと困りますよね。上手な距離感でうまくお付き合いしていくにはどうしたらいいか、ロジかわ思考で解決します。


【お悩み】セクハラ気味の上司に困っています・・・

男性上司がセクハラ気味で困ります。あまりあからさまではないのですが、打ち合わせや話をするときの距離間が異常に近かったり、ご飯に行って親睦を深めようとやたら誘ってきます。私もあちらも独身なので勘違いされては嫌だから断っているのですが、断り続けるのもなあと思ったり。ボディタッチや卑猥なことを言われたりするわけではないので、あまりハッキリ言うこともできず…。どうしたらいいでしょうか。(Kさん・38歳)

「ハラスメント」と感じたら・・・

職場の人とは、一緒に過ごす時間も長いので、できればストレスなく円滑なお付き合いができるといいですよね。

しかし、一度セクハラ⁉・・・と感じてしまうと途端にストレスを感じます。セクハラとは“セクシャルハラスメント”の略ですが、ハラスメントとは、嫌がらせや相手を不快にさせる行動のことです。セクハラ以外にも、パワハラ、マタハラなど、今では30種類以上のハラスメントが存在します。

ハラスメントは、相手の意思に関わらず、ご自身が不快に思われるかどうかです。相手からしては「そんなつもりはなかった」でも、過度なストレスを感じたり、業務に支障がでる場合は、速やかに会社や外部機関などに相談をしましょう。

個人で悩んだままでは問題は解決はしません。泣き寝入りするお話もよくききますが、個人だけでなく会社の問題でもあるので、我慢をせずに相談することも大事です。

しかし、まだそこまでのストレスを感じているわけではない、自分でまず対処ができないかと思っている、できればおおごとにせず上手に人間関係をつくっていけないかと思っている、という方はぜひご参考にしてください。

考えすぎずに「事実」だけを抜き取る

どうしても、一度「セクハラ」だと思うと、ついイヤなほうに想像が働きますよね。感受性が高く、想像力が豊かな女性は、一つの事象にいろいろと想像を膨らませてしまいがちです。

ですが、想像をしてもいいことはありません。いろんなことを考えすぎて次第に顔を合わせるだけでストレスになる、ということもあります。相手の発言や行動で気になることは、事実だけを抜き取ってください。

例えば、「話すときに距離が近い」というのも、”なんとなく近い感じがしてイヤ”や、”私に気があってわざとしているのかも”と思うのではなく、具体的にどのくらい近いのか、例えば、接触するレベルなのか、顔の距離ではなく香水やたばこ、体臭等が気になって近く感じてしまったのか、客観的にみてください。また、自分以外の方と接する距離とどう違うのか観察をしてメモをしておくのもおすすめです。

事実だけをみていると自分の考えすぎかな?思い込みだったかな?ということもありますし、やはり他の人と比べても対応が違うと感じた場合は解決するときの材料になります。

不快だなという感覚は自然におきるものなので、そこから感情的にならず冷静に事実を分析してみましょう。

時間で切り分ける対応

相手の行動や発言で、苦手だなと思ったり、できれば少し距離を置きたいと思っていても、相手が積極的だと困りますよね。Kさんの上司のように、食事に何度も誘ってこられると、断ってばかりだとご自身が気まずいと思ったり、仕事がやりづらくなるお気持ちもわかります。

そこで、時間でわりきった対応をすると決めてみてはいかがでしょうか。

就業時間内と就業時間外でわけて考えてみましょう。例えば、「親睦を深めるために食事」ということですが、食事以外でも就業時間内に交流をはかることはできます。朝の挨拶や、社内にいるときは雑談などをして普通に接します。しかし、就業時間外でお誘いいただいたら、そこは笑顔できっぱりとお断りをします。

何度も誘われる場合は、

「2人で食事に行って周囲に変な誤解されるのを避けています。他部署で上司と2人で食事をしたことがセクハラと噂されているみたいです」

とお伝えしてみましょう。

他の事例をつかって、2人で食事をすることがセクハラ行為になると植えつけるのです。また、どうしてもという場合は、他の同僚をまきこみ複数名で食事に行ったり、ランチ時間を有効に使うのはいかがでしょうか。

気を付けることは、嫌悪感をいだくと相手を避けがちになりますが、仕事中は他の方と同じように「普通」に接することを意識してみてください。「仕事のお付き合いは仕事時間のみ!」と割り切っていくと、ご自身も罪悪感を感じず、少し楽になると思います。

誤解をされないために 「言葉」で伝える

セクハラ気味の上司も、Kさんが魅力的な女性だからこそ、あわよくば・・・という下心はあるかもしれません。そこまでではなくても人として素敵だからこそ親睦を深めたいと思われるのでしょう。

そして、Kさんだけでなく誰もがいい人間関係をつくりたいと思い、「イヤなことでも断らない」という傾向はあります。とくに日本はその風習が強い傾向にあります。ですが、そこは、はっきりとイヤなことはイヤだとお伝えすることも大切です。

言葉できちんと伝えなければ、嫌がっていると気づきません。とくに男性は。

伝えるときに、感情でイヤといったり、曖昧にするのではなく、ロジカルにお伝えすることがポイントです。

事実や説得力ある伝え方であれば相手にも伝わります。

また、伝えた後、挨拶や雑談などをして普通に接しましょう。その方を拒否したり、すべてを嫌っているのではなく、具体的にこの部分を変えてほしいとお伝えするのです。攻撃的になってしまっては、上手な距離感はとれません。

ぜひ、ご自身が働きやすい職場環境をつくってください。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


会社の飲み会 行かなきゃダメですか?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#14】

会社の飲み会 行かなきゃダメですか?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#14】

会社の人と、プライベートまで付き合う必要性はあると思いますか?コミュニケーションを円滑にとることは大事だと言われますが、できれば職場の人間とは適度な距離を置きたいという方も多くいらっしゃるでしょう。今回は、このように考える時にどのようなコミュニケーションをとっていけばいいのかロジかわ思考でお答えします。


39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

39歳 「転職」すべきか悩んでいます…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#13】

せっかく好きな仕事につけたのに、人間関係でストレスを感じる。転職理由の多くは、「人間関係の悩み」というデータがあります。上手に気持ちを切り替えるにはどうしたらいいか。転職する前にできることはなにか?ロジかわ思考でお悩みを解決します!


“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

“デキる風”から“デキる”に変わる! 部下を育てる魔法の言葉【“ロジかわ”で世渡り上手に!#12】

会社の後輩に、用件を指示出ししているのに伝わらない・・・。自分の伝え方が悪いのか、それとも相手の受け取り能力の問題なのか。円滑なコミュニケーションをとるために、少しロジカルに考えて話し方を工夫すると劇的に変わります。明日からすぐに実践できる方法をご紹介します!


反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

反抗期の娘とコミュニケーションをとる方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#11】

何でも話をしてくれた娘が反抗期に入り、態度がかわり戸惑ってしまう・・・お子様を持つお母さんはその接し方に悩みますよね。 今回は、反抗期の子どもとのコミュニケーションについてどのように接するといいのか、ロジかわ思考で解決します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月20日(月)~8月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

養育費をケチる夫… 夫婦で子育ての価値観が違う時は?【夫婦問題お悩み相談室 #22】

子どもがいると、育児・教育方針などで、夫婦間で考え方がぶつかることがあります。そんなときは、どうしたらいいのでしょう。我が子を思う気持ちは同じでも、考え方は人それぞれです。今回は、子どもにかけるお金に関して、夫婦で子育ての価値観が異なるケースについて取り上げました。


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

吉田羊さんがカバー「40歳からのゼクシィ Premier」で大人の結婚式を

ゼクシィの姉妹版『ゼクシィ Premier (プレミア)』のAUTUMN 2018(2018年8月23日発売)に「読者の声から生まれた 40歳からのゼクシPremier」が別冊付録として登場。表紙は女優の吉田羊さん。Bramanoli的にこれは見逃せません!


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
www.proffitness.com.ua

http://www.ka4alka.com.ua

www.kover-samolet.com.ua/kovry/kovry-iz-viskozy/