“相続しない”という選択 「相続放棄」とは?【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #2】

“相続しない”という選択 「相続放棄」とは?【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #2】

「相続」と聞くと多額の財産が入ってくるイメージがありますが、そんな場合ばかりではありません。生前から借金があることが分かっていたり、遺品を整理していたら債務の存在が分かった時など、「相続したくない」場合も往々にしてあります。「相続」は人の死亡により勝手に始まってしまうため、知らない間に債務を相続していたなんてことにも


相続放棄とは遺産を承継しないこと

「相続」は、人が死亡した時点で開始する遺産の承継のことだと第一回目でで説明しました。被相続人の妻や子どもは相続人であると民法で決まっているので、遺産がマイナスであろうがプラスであろうが、死亡したときに遺産を承継してしまいます。

ここで、「マイナスなので引継ぎたくなーい!」と言えるのが「相続放棄」です。家庭裁判所に申立てをすることで相続人とならないことを選択できます。「相続放棄」は、借金だけ引き継がないとか、いらない不動産だけ引き継がないという取捨選択はできず、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継がないという一択のみです。

家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出するという手続を経て完了します。もっとも、遺産の一部を売ったり、使ってしまったりという相続を承認するような行動を起こした時は相続放棄ができなくなるため、被相続人に借金があるときは安易に遺産を動かしてはいけません。

相続放棄した方が良い場合

被相続人に借金があり、プラスの財産より明らかに借金の方が多額である場合は相続放棄を選択します。また、借金はあるけれど不動産などプラスの財産の方が多く、母親や兄弟などが不動産を承継する代わりに借金は払っていくという場合、自分は不動産も借金も引き継がないと相続人の間で約束しても、お金を貸している人は相続人であるかぎりあなたにも支払いを請求できます。

よく、「財産はもらわず、『相続放棄』したの」とおっしゃる方がいますが、相続人の間だけで取得する財産を「なし」と決めただけでは相続放棄したことにならないのでご注意下さい。

財産を相続しない場合で、被相続人に債務がある場合は、念のために相続放棄の手続をした方がよいでしょう。

相続放棄できる期間

相続放棄できるのは、相続人が相続の開始があったことを知った時から3カ月です。この期間を「熟慮期間」といいます。親族が亡くなってから葬儀や法要、各種手続きに追われていると3カ月なんてあっという間です。もし、3カ月では相続放棄をした方がよいかどうか判断つかないのであれば、家庭裁判所の手続を経て相続放棄の熟慮期間を延長することもできます。

実際に多いのは、親族が亡くなってから3カ月経過したあと、多額の借金があることが分かったので相続放棄したいが可能かという相談です。

判例では、熟慮期間は「相続人が相続財産の全部もしくが一部の存在を認識した時」から進むとしているので、相続人がプラスの財産もマイナスの財産も何も相続するものがないと信じ、それが相当であった場合は借金を知った時から3ヵ月を過ぎた時点での相続放棄も可能になります。

相続放棄の方法

被相続人が最後に住んでいた住所地の家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出することで放棄ができます。その際、自分が相続人であり、被相続人が亡くなったということを明らかにする戸籍や住民票などが必要です。

「相続放棄の申述書」を提出したあと、家庭裁判所から本人が提出したものかどうかの問い合わせがあり、間違いないと判断した場合は「相続放棄申述受理通知書」が届きます。借金の取立ての連絡があれば、債権者にこの通知書のコピーを送れば取立は止まります。

相続放棄申述受理の効果

相続放棄の申述が受理されれば、相続放棄は確定的に認められるかというとそうではありません。家庭裁判所は、「相続放棄の申述書」を受け取ると、書類に問題がなければ受理するのが実務です。そうすると、「被相続人の死亡を知ったのが今から3ヶ月以内だ」と書類に記載して申述をすると受理される可能性が高いです。嘘であってもです。

これに債権者が納得できない場合は、相続放棄した相続人に訴訟を提起して支払を求めることになります。残念ながら、「相続放棄申述受理通知書」は万能ではないのです。そのため、親族が亡くなった時には債務がないかをできるだけ確認しましょう。督促状が来ているのに無視するなんてことはしないように。

相続人は移っていく

被相続人の配偶者や子どもが相続放棄した場合、両親や兄弟が相続人となります。つまり、相続の順位に従い相続人が移っていくのです。ということは、債権者は第1順位の相続人が相続放棄をした場合、第2順位の相続人に対して支払いを請求できるのです。そのため、相続放棄を行った場合は、次の順位の相続人に相続放棄したことを連絡するのが親切です。

相続放棄したら保険金はどうなる?

相続放棄したら何も財産を得られないという訳でもありません。被相続人が生命保険を掛けていて、受取人が指定されている場合は、相続放棄をしていても受取人は保険金を受け取れる場合がほとんどです。これは、死亡保険金は被保険者の死亡の時に、受取人に発生するもので遺産ではないと考えられているからです。但し、相続ではなくても相続税の対象にはなりますので、相続税の申告が必要かどうかを税理士に相談しましょう。

また、遺族年金は被相続人によって生計を維持されていた配偶者や子供が受給できる権利を持っているため、相続放棄をして相続人でなくなったとしても取得できます。未支給年金や、葬祭費なども相続放棄をしても受け取ることができるとされています。

相続人がいなくなってしまったら?

法定相続人が全員相続放棄をした場合、相続人はいなくなります。そういう場合はたいてい借金しか残っていないのですが、借金に満たない金額の財産、特に不動産などが残っている場合があります。これがやっかいです。

ある程度価値のある財産が残っている場合、債権者が「相続財産管理人」の選任を家庭裁判所に申立てて、その人が財産をお金に変えて債権者に配分することになります。もっとも、相続財産管理人の選任申立には費用がかかるためそれほど行われていないのが現状です。

限定承認とは?

被相続人の遺産がプラスなのかマイナスなのか微妙な場合は、相続人が相続財産を得た範囲で相続債務を引き継ぐという「限定承認」の申述をすることもできます。この手続は相続放棄と同じく家庭裁判所に申し立てるのですが、相続人全員で行う必要があります。ここが、個別に手続ができる相続放棄と異なります。

また、相続放棄は申立が受理されれば手続が終わるのに対し、限定承認は相続財産と相続債務を調べるために公に周知させる手続をとったり、申し出のあった債務を弁済するなどの清算手続をとることになります。相続人が法律に則って清算手続を行うのは難しい面がありますので、その場合は弁護士に相談して下さい。

もちろん、限定承認を考えている場合も3カ月で結論が出せない場合は熟慮期間を延長できます。

このように、相続人には、遺産を承継する「単純承認」、遺産を承継しない「相続放棄」、相続財産の範囲で相続債務を負担する「限定承認」の3つの選択があります。いずれも相続を知った時から3カ月以内に決断をする必要があり、何の手続も取らなければ単純に遺産を相続したことになります。

親に対して財産や債務の話を聞き出すのはなかなか骨が折れますが、相続で借金を背負ってしまわないよう、借金の話や誰かの保証人になっていないかをきっちり聞き取っておくことも重要ですね。

弁護士 中川 みち子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

平成17年10月に大阪弁護士会に登録する。平成21年8月にきらり法律事務所を立ち上げ現在に至る。

関連する投稿


知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。Bramanoli世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。最近は不倫をスクープされた芸能人が謝罪をする場面をよく目にします。不貞行為は配偶者への裏切り行為、あってはならないことですが気持ちはコントロールできないこともありますよね。そこで離婚をする際に不貞行為がどう影響するのかお話しします。


離婚「子どもの親権」はどうなる?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#05】

離婚「子どもの親権」はどうなる?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#05】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。離婚を考える時に一番問題になるのは子どものことではないでしょうか?一人で育てられるかな? 子どもの気持ちを傷つけないかな? など、心配は尽きませんね。そこで今回は子どもがいる夫婦の離婚で知っておくべきことをお話しします。


知っておきたい「離婚調停」の流れ【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#04】

知っておきたい「離婚調停」の流れ【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#04】

こんにちは弁護士の中川みち子です。皆さんは裁判所に行った事がありますか? 地方裁判所はいかめしい雰囲気がありますが、家族や夫婦、子どもの問題を取り扱う家庭裁判所は比較的入りやすいと思います。夫婦の問題や争いごとを赤裸々に話す相手である調停委員はどんな人たちなのか?他にはどんな人が関与するのか?今日はその疑問に答えます。


離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

こんにちは弁護士の中川みち子です。以前は結婚年数の短い20代~30代前半の離婚の相談が多かったですが、最近は40~50歳代が増えています。子育てにはお金が必要なので、我慢を続けて経済力をつけてから離婚するというケースです。離婚となるとお金の心配がつきまとうのは当然です。そこで今回は離婚にまつわるお金のお話しです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング