40代女性の “かまってちゃん”と“察してちゃん”の対処法 【自立美人のススメ#05】

40代女性の “かまってちゃん”と“察してちゃん”の対処法 【自立美人のススメ#05】

「いやいや40にもなってかまってちゃん・察してちゃんなんてありえないでしょ」なんて思っているそこのあなた、実はその行動もそうかもしれませんよ…。コミュニケーション講師の吉井奈々さんにズバッときっていただきます。人の振り見て我が振り直せ。


勝手に察して期待してるんじゃないわよ

男性から 「女性ってなんで急に怒り出すんですかね」とか 「かまってアピールが半端なくて疲れます」のような相談をよく受けます。女性の「私をかまって!」「私の気持ちを察して!」という 「かまってちゃん(カマ子)」と「察してちゃん(サシ子)」が、男性を疲れさせているんですね。

「それって若い子の話でしょ?私はそんなことないわよ」と思うかもしれませんが、知らないうちにかまってちゃん察してちゃんになっている40代女性って多いんですよ。かまってちゃん察してちゃん女性の多くは、自分以外の相手に対して「○○さんはきっとこうするハズだから…」「○○さんはこう思っているハズだから…」と相手に言葉や行動で確認せずに、自分で勝手に相手の気持ちを察しようとしています。

そして、相手に対しても「私がこんなに考えているんだから相手もこうしてくれるハズよね」とか「私がこれだけやってあげているんだから相手もこれくらいしてくれるハズよね」と、自分の気持ちを相手が察してくれることを期待してしまうんです。

その結果、相手が自分の思ったようなリアクションをしてくれないと勝手に落ち込んだり怒り出したりしてしまう…。ですがね、残念ながら、相手の気持ちを察しようとしても、完璧に察することなんて無理なんです。

大事なのは“あなたが何を考えているか”しっかり言葉に出して伝えること

「きっとこう思っているはず」と思い込んでいることは、本当は間違っていることってとても多いの。相手だってあなたがはっきり言ってくれなければ何をして欲しいと思っているかなんてわからないんです。思い当たる節があったら、あなたもかまってちゃん察してちゃん予備軍です。もし、自分もかまってちゃん察してちゃんかもしれない!と思ったら、“相手は他人”と呪文のように繰り返し、“感情や希望はちゃんと伝える”ということを認識し直すことが重要です。

どれだけ一緒にいようと、どれだけあなたが相手のことを好きだろうと、相手の気持が全部わかるなんてことは絶対にありえない。だからこそ相手を察するよりも、自分の思っていることを相手にしっかりと伝えることの方が重要なのです。

見返りを求めない“思いやり”ならOK

もちろん、相手の持ちを察してあげることは相手への思いやりですから、悪いことではありません。おもてなしやホスピタリティという観点からとても大切です。ただそれは見返りのない思いやり。見返りを求めると、とたんにそれはおかしくなります。

「私は相手の気持ちを察することができているわ」と思っている人ほど、相手も自分のことをわかってくれているはずだと、勝手に期待したり、勝手に心配したり、勝手に怒ったりしてしまう。その結果 「○○○だったからあなたはこう思っているんでしょう!」「せっかく○○○したのに、なんであなたはコレをしてくれないの?」のように、「なんで私をかまってくれないのかしら!」という言葉を相手にかけてしまい、結果的に相手から「面倒くさい女だな」と思われてしまうんです。

もし、自分の状況を変えたいと思うのであればぜひ「相手は他人なので完璧に察することなんてできない」ということを頭に入れて、察するのではなく相手がどう思っているのかを確認してくださいね。

かまってちゃん察してちゃんに “共感” は要注意!

もしあなたのまわりにかまってちゃんと察してちゃんがいたとしたら、どのようにコミュニケーションを取ればいいのかについてお話ししますね。正直言って、かまってちゃん察してちゃんはエンドレスです。もしあなたがかまって察してタイプの人とも付き合えるというのなら、どんどんコミュニケーションをとっていきましょう。

そうしたらもうあなたから離れなくなります。でももし「面倒臭い…」と思うのであれば、まずは下手な共感をしないこと。これが一番です。共感は最強のコミュニケーションです。 仲良くなりたい場合、共感はすごく大切で最強のコミュニケーションになります。なので、かまって察してにちょっとでも共感してしまうと、どんどん相手との距離が近くなり、ずっとあなたの元から離れなくなります。

なので、距離感を上手にとることを心がけてみてくださいね。学生時代までは仲良しこよしでみんな一緒が当たり前でしたが、大人になったら違います。相手との心の距離を上手に取れる人が大人の自立美人です。かまってちゃんと察してちゃんへの下手な気遣いは自分のストレスを溜めてしまう原因になりますからね。心の距離を取ること、深入りしないこと。 また、相手が相手のペースで来るのであれば、自分も自分のペースを崩さないこと。 それが素敵な自立美人への第一歩です。

コミュニケーション講師 吉井奈々



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

元男性。10代から水商売・ショービジネスの経営にも携わり、結婚を期に水商売を卒業し、現在はコミュニケーション講師として活躍。

関連する投稿


なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #27】

なんでも私を頼る夫 自立させるにはどうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #27】

何事も表裏一体。見方によって、よくなったり悪くなったりします。結婚生活でもそんな思考の連続ではないでしょうか。今回は「夫にもっとしっかりしてほしい」。そんな悩みをもつ妻からの相談です。


あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

あなたが幸せになれない本当の理由 【自立美人のススメ#07】

「幸せになりたい!」そう思うのはみんな同じ。そして某映画ではありませんが、誰にでも幸せになる権利があります。幸せになりたいと願っているのになぜか思い通りにならない…そんな人は自分に理由があるのかもしれません。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


夫婦関係 “上司と部下”になってない? 居心地のよい関係の作り方【自立美人のススメ#06】

夫婦関係 “上司と部下”になってない? 居心地のよい関係の作り方【自立美人のススメ#06】

夫婦関係が上司と部下ってどういうこと⁉と思われた方。読み進めていただくと、「なるほど…」と納得してしまうかもしれません。それってかなり危険信号。コミュニケーション講師の吉井奈々さんに解説していただきましょう。


認められたい?まずは自分が相手を認めること!【自立美人のススメ#04】

認められたい?まずは自分が相手を認めること!【自立美人のススメ#04】

「私は誰からも認められてないし、求められてもいない」そう感じることほど辛いことはないですよね。でもそんな気持ちになってしまうことも正直あります。でも、これは自分の意識ひとつで変えられることです。その方法を吉井奈々さんに教えていただきましょう!


あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

「自分らしく生きる」ってどういうことだと思いますか? 自分を大切にするということと、社会の中で自分“らしさ”を大切にするということはイコールなのでしょうか? 大人の女性として求められる素養とはいったいどんなことだと思いますか?


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

この街を一緒に盛り上げたい おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイル対談 [前半]【おみせ支援マスターになろう】

おみせ支援マスターとして数々のお店を盛り上げているベテラン支援マスターの三浦桜子さん。そんな三浦さんが最近活動しているエリアはおしゃれなカフェやカジュアル居酒屋が駅前に立ち並ぶ “赤羽”。今回は三浦さんと、三浦さんの紹介でサービスを導入された「大衆ビストロ Lit」の店主 高野翔さんのお二人にお話を聞きました。


彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

彼と会ってもセックスだけ… これって付き合ってるって言える? 【オトナの幸せ恋愛心理術 #17】

会ってもセックスだけなんて寂しい…彼の気持ちがわからない、遊ばれてるだけ?アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
best-cooler.reviews/best-fishing-coolers-and-insulated-fish-bags-for-your-amazing-fishing/

винстрол цена

www.webterra.com.ua/prodvijenie-sajta/