綺麗でいるのを面倒くさがるのは子供おばさんの証【脱・子供おばさん!#03】

綺麗でいるのを面倒くさがるのは子供おばさんの証【脱・子供おばさん!#03】

子供おばさん連載3回目は、「綺麗でいることを面倒くさがるのは子供おばさんの証」という、ちょっと耳の痛いお話。綺麗は諦めたくないけど、日々の生活に追われてついつい手抜きをしてしまう…なんてことありますよね。でも子供おばさんになりたくないなら、ちょっと頑張ることも必要かもしれません。


綺麗でいるのは面倒くさい?

綺麗でいることを面倒くさがっている人は、「子供おばさん」になってしまっています。一方、綺麗にしていた方が、幸せになれます。なぜなら、一緒にいる人をいい気分にさせられるし、自分が得することも多いからです。

例えば、デートはもちろんのこと、友達とご飯に行くときでも、相手がオシャレをして来てくれると、「今日は楽しみにして来てくれたんだな」って嬉しくなりませんか? 逆に、パジャマのようなだらしない格好で来られたら、一緒に歩くのも恥ずかしかったり、「私のことをどうでもいいと思っているんだ」とがっかりしてしまったりしませんか?

つまり、オシャレをするというのは、“相手に対する思いやり”でもあるんですよね。素敵な人と一緒にいると、自分もいい気分になりますしね。

そして綺麗にしていると、自分も得をするものです。それは、自分を大切にしている人は、人にも「この人は大切に扱わなくてはいけない人なんだ」と思わせることができるからです。
綺麗な格好をしていると、それだけでも「自分を大切にしている人」だと判断されやすくなります。だから、オシャレはしておいた方がいいのです。何よりも、自分だって、お気に入りの服を着たり、新しく買った靴を履いたりすると、気分が上がりますしね。

「綺麗でいる=身だしなみを整える」ということ

それは高級なブランド品で身を固めろ、なんてことを言っているわけではありません。そんなことよりも、“身だしなみ”が大切です。

ある程度の年齢になったら、スッピンで出歩くのではなく、それなりにお化粧をした方がいいですし、洋服も高級品でなくていいので、清潔感があることが重要です。今はプチプラでも高見えする服は色々とありますし、むしろ高級品でない分、流行を追うような冒険がしやすいというメリットもありますしね。

また、靴も綺麗にしておくことは大切です。ナンパ師が遊べそうな女性を選ぶとき、靴を見てボロボロだと「イケる!」と思うそうです。靴にまで気持ちが行き届いていないと、だらしがない人だと判断され、軽く見られやすくなってしまうようです。

髪の毛のお手入れも大切です。たとえ安物の服を着ていようと、それなりに髪を綺麗にしていると、「きちんと手入れしている人」と思われやすいと思います。意外と髪にお金をかける人がそんなに多くないので、他の人とオシャレに差をつけるポイントになることもあります。
黒髪も素敵ですが、ちょっと明るめの色にすると柔らかなイメージになりますし、白髪が目立つようになると老けて見えてしまうので、少なくとも白髪染めはした方がいいでしょう。自分に似合う髪型にしてくれる美容師さんを見つけておくと、強い味方になってくれますよ。

綺麗でいることは、自分のために大切なこと

年齢に伴う体の老化は仕方がありません。顔にはシワやシミ、たるみは出てくるし、体は痩せにくくなってくるし、女性ホルモンによる体調の変化も出てくるものです。

ただ、そのときに諦めてしまうと、どんどん自分を誇れなくなってしまうんですよね。「もう、歳だからいっか!」というのは、自分が色々なことに諦めてしまうきっかけになってしまいます。例えば、まだ独身で恋をしたいのに、「こんなに太った私のことを、いいと言ってくれる人はいないのではないか」と、前に進めなくなってしまったり…。

別に太っていても、そういう体型が好きな人もいるので、悪くないと思うんです。でも、自分が“今の自分”を気にいっていなくて、コンプレックスを抱いてしまうくらいなのであれば、ダイエットはした方がいいかもしれません。

誰もが、「今から“自分”を止めて、“他の人”になります!」なんてことはできません。ずっと“自分”と付き合っていかなくてはいけないのです。だからこそ、やはり“自分が好きな自分”でいた方がいいですよね。

「もう若くないし!」と諦めたところで、まだまだ人生は長く続きます。だったら、自分が誇れる状態で日々を過ごした方が幸せですよね。一般的な価値観に合わせてダイエットなどをする必要はありません。ですが、自分が「OK」だと思える自分ではいたいですよね。

見た目だけではなく、心も綺麗でいることが大事!

もちろん見た目だけではなく、心も綺麗でいることが大切です。特に30歳を過ぎてくると、どんどん「若さ」というメッキがはがれていき、その人の内面が外見に顕著に表れてきます。

シワができやすくなっているので、普段の表情がシワとなって表れてきます。普段から怒っている人は、眉間にシワがくっきり刻まれてしまうでしょう。逆にいつもニコニコしている人は、笑いジワができて、それがチャーミングに見えることでしょう。

「もう歳だから…」という諦めの気持ちが、だらしがない体型や服装につながることもあるものです。なので、まずは「内面を磨くことが重要」なのかもしれません。そうすれば自然と、一緒に過ごす相手のためにも綺麗でいようと思うでしょうし、自分自身も「気持ちよく日々を過ごしたい」と外見磨きを頑張ることになるかもしれません。

日々、幸せに過ごすためにも、外見も心も綺麗に磨いて、子供おばさんから抜け出しましょう!

コラムニスト・ひかり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。

関連する投稿


自分を認められない子供おばさん【脱・子供おばさん!#06】

自分を認められない子供おばさん【脱・子供おばさん!#06】

子供おばさんもいよいよ最終回!自分で自分を認められないって悲しいことですよね…。世界にたった一人の自分。誰も認めてくれなくったって自分はしっかり自分を認めてあげましょう!


人を許さず恨み続けるのは、子供おばさん【脱・子供おばさん!#05】

人を許さず恨み続けるのは、子供おばさん【脱・子供おばさん!#05】

人をいつまでも許さずに恨み続けるということは自分自身にとってもしんどいことですよね…。できればそんな感情は手放したいものです。


「昔はモテたのよ」“過去ばかり振り返る”のは子供おばさん 【脱・子供おばさん!#04】

「昔はモテたのよ」“過去ばかり振り返る”のは子供おばさん 【脱・子供おばさん!#04】

子供おばさん第4回目は過去の栄光にすがる女性のお話…。「いるいるー!」なんて盛り上がって我が身を省みれば案外自分もやっちゃってるかも⁉子供おばさんにならないように、気を付けたいものです。


独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

独身の子供おばさんがやりがちな、あるある行動とは?【脱・子供おばさん!#02】

第一回目で子供おばさんとはどんな人かご紹介しました。第二回目の今回は子供おばさんのなかでも特に“独身”の方に多い、あるある行動についてご紹介します。


気になる!子供おばさんってなあに?【脱・子供おばさん!#01】

気になる!子供おばさんってなあに?【脱・子供おばさん!#01】

“子供おばさん”ってご存知ですか? なんだか耳にしたことがある…という方もいらっしゃるのではないでしょうか? “子供おばさん”とはコラムニスト・ひかりさんが提唱するある共通の特徴を持つ女性たちのこと。それでは具体的にどんな女性が“子供おばさん”なのか見ていきましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。


高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

高級な化粧品を使わずに美肌になる方法 皮膚科医 山﨑まいこさんインタビュー<後半>【#FocusOn】

40代になり、今までのスキンケアでは肌の状態がキープできない…なんてお悩み、ありますよね。老化した肌を美肌にするにはラグジュアリー化粧品を使わなきゃいけないのではないかと考えがちですが、そんなことはないようです。『まいこ ホリスティック スキン クリニック』院長の山﨑まいこさんに教えていただきました。


今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本   【心をうるおす大人の絵本 # 09】

今日は一日家から出ない!そんな日に遠くへ連れて行ってくれる絵本 【心をうるおす大人の絵本 # 09】

【絵本コーディネーター・東條知美の大人の絵本シリーズ】しとしと雨が続く、そんな季節は一日中家でまったりしていたい…そんな時、家にいながら旅気分を味合わせてくれる絵本を絵本コーディネーター東條知美さんがピックアップ! 世界はどこまでも広がっていくのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
avto-poliv.com.ua

www.start-sport.com.ua

3kovra.com.ua/kovrolin/kovrolin-s-vysokim-vorsom/