親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

様々な情報があふれる昨今、子どもに早いうちからきちんと性教育をしたいと思う親が増えています。しかし実際どのようにいつから始めたらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきましょう!


Q.子どもにはきちんと性教育をしたいと思っています。何歳で何を教えるのが正しいのでしょうか?

5歳の男の子の母です。子どもには学校に頼ることなく、親からきちんと性教育を教えたいと思っています。いったい何歳でどの程度のことを教えたらいいのでしょうか? また、男の子の性教育は父親が行った方がいいのでしょうか?教えてください。

まずは三大欲求のうちの一つ「性」について丁寧に伝えること

現代を生きる我々は、日々流れてくる膨大な量の情報に翻弄されます。ニュースをみれば色々な事件の背景に性に関する問題が影響していることも多々あります。セクシャルハラスメント問題もいったいなぜここまで多いのでしょう? それは大人たちが性の健康、権利について根本的にわかっていないことが原因であり、その知識不足から出てくる言動が原因なのではないか? と感じます。

そして「性教育」というと「エロい」「いやらしい」「はずかしい」というイメージで嫌煙されがちですが、こう考えるとどうでしょう?

人間の3大欲求には「食欲・睡眠欲・性欲」とあり、「性欲」は単純にそのなかの一つの自然な欲求です。しかしあまりにも敬遠され公の場で語られることはなく、淫靡なものとして情報が隠されていると思いませんか? 食はものすごく細分化され専門的に掘り下げられて日々メディアでも大きく取り上げられる人気コンテンツです。睡眠についても「睡眠学」という分野ができ、書籍も多く出版されています。なんといっても人生の3分の1は眠っている時間といわれていますからね。

しかしやはり、自分が存在することに大きく関与している「性」は最も大切な生理的欲求であると思います。この「性の健康教育」を、子ども達が人生を歩むうえで大切なことと位置付けることがなにより大切です。ここがしっかりしていれば、言葉を丁寧に扱うことや、他者を思いやる気持ちを自然に育むことができます。

正しい性の健康教育をしっかり理解すれば、「自分が存在するだけですごいことなんだ」という自己肯定感を生むこともできます。

0歳からはじめる性の健康教育

質問者さんからは「何歳から?」とありますが、性の健康教育はある意味「生涯教育」でもあると思っています。性という字は「心」と「生きる」と書いてあるように肉体的なことだけではなく、精神的にも大きな影響を与え、両方を健康に育むことに繋がるのです。

よくお伝えするのが0歳から「教育」という言葉を使うのが正しいのか分かりませんが、「抱っこされていい気持ち」だと感じることや「おむつを変えるとすっきりする」「お風呂でキレイになると気持ちがいい」と思うことはすべて「快」になり、この快な出来事が「性」と深く結ばれているんです。人と触れ合うことを苦手とする人がいますが、もしかしたら幼少期に「人に触れたらダメなんだ!」と感じる出来事があり、強いトラウマが残っているケースなどがあります。

幼稚園くらいになったらやたらと「おしり、おっぱい」といいはじめたりしますよね。それは心理的な成長発達だったりします。大切な成長であり発達ですが、そういう発言をしていいのか悪いのかマナーなどについて教える必要があります。また、以前もここでお伝えしましたが、プライベートゾーンについても話していくことはとても大切です。

プライベートゾーンについてしっかり伝える

今回の質問者さんのお子様が5歳なので、プライベートゾーン(水着で隠れる部分)については男の子でも女の子でもしっかりとお伝えしていい時期です。保育園や幼稚園での着替えの際にふざけてしまうこともあるかもしれませんが、人のプライベートゾーンに触れてはいけないということをしっかり教えましょう。ここは大切な命を育む場所だということを絵本などを通して伝えることも効果的です。伝えづらい…と感じる方もいるかもしれませんが、あまり難しく考えずに「ここは大切な場所なんだよ」という形でもいいのです。

自分以外の人に触らせない、見せない、写真を撮らせない。自分も他の人のプライベートゾーンに触れない、見ない、写真を撮らない。この時によく「知らない人には触らせない」という親御さんがいらっしゃいますが、「知っている人でも触らせない」ということをお伝えください。性被害の多くには“少し”知っている人が含まれています。自分の体以上に大切なものなどないということをお風呂などで丁寧に伝えましょう。

特に男の子に性器をきれいに洗うことを教えられるのは小さな頃だけです。お父さんがお伝えすることができればいいですが、なかなか実践してくれないパパがいることは知っています(笑)なので、小さな頃に清潔を保つことの大切さや性器は不潔なものではないこと、不潔な手で触ってはいけないことなどについて丁寧に優しい言葉で伝えてみて下さい。性教育にかぎらず同性同士だから話しやすい事もありますので、どんどんお父さんも一緒に考えていってくれることができたらいいですね。思春期になって慌てて性について話そうなんてしても無理です。小さな時から性に限らずたくさんのコミュニケーションを育んでいきましょう。

お子さんの個性と家庭のスタンスで考える健康教育

お子さんがこれから成長していく中でお子さんの個性に合わせて性の健康教育をすることをお勧めします。例えば初潮が早そうなお嬢さんなら小学校3年生にはもう月経について知っているべきです。私がお勧めしているのはアクティブラーニングな性の健康教育です。その時に起きたニュースや身近な出来事。お子さんのお誕生日に妊娠中の写真を見せて「このおっきなお腹にあなたがいて、ママから生まれてきたんだよ」と伝えてあげる。そしてお子さんがどんな風に感じたかを語らえる時間をぜひ作ってもらいたいと思います。

そしてその日はパパはどんな風にしていたかを教えてあげる。これも立派な性の健康教育です。どんな風に語るか、そしてどんな言葉で届けたいか? それを保護者が考えることができればその子にあった性の健康教育を行うことがあできます。そして、小学校にあがり、中学校にあがり、いろいろな情報を持ち帰るときになんでも話せる親子関係があればどうでしょうか?

あまり気負わずに自然体で親子で性について語ることが、なによりの健康教育になること。そして「人権」という視点もぜひ忘れずに一緒に学んでいきましょう。以前もかきましたが、子どもを産むか産まないかを選択する権利が私たちに女性にあるということをしっかりと認識し、子どもたちにも伝えていきましょう。

子どもを通して保護者自身が新しく学ぶチャンスだと思っていろんな話をしてください。誠意ある言葉は内容は少し難しくても「あなたを愛している、大切に思っている」という思いで伝わります。ぜひたくさん、お子さんと話す機会を設けてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連するキーワード


やまがたてるえ 性教育

関連する投稿


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。


【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

【#FocusOn】性をポジティブに! “ジョイスティック”と“パワースポット” やまがたてるえさん×大貫詩織さん対談(第二回)

助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。助産師で思春期保険相談士のシオリーヌこと大貫詩織さん。それぞれアラフォーとアラサーのおふたりに、今の日本の性教育事情について対談していただきました。第二回目はオトナの女性が自分たちのカラダの事を知らなすぎる、ということと夫婦のパートナーシップについてです。


もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

もっともっと「自分を信頼」してほしい【幸せな妊活のススメ#7】

自分の人生は自分のもの。誰のものでもないし、他の人に強要されるものでもありません。まして、「他の人が○○だから」という理由で何かを決定するのは間違っています。「自分の人生を信頼する」ということについて助産師でありバースセラピストのやまがたさんにお話しいただきました。


【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

【#FocusOn】大人に伝えたい 性教育の現場から やまがたてるえさん×大貫詩織さん 助産師対談<第一回>

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働く大貫詩織さん。おふたりとも性教育の講演会を全国で行っています。そこでアラフォー世代代表としてやまがたさん、アラサー世代代表として大貫さんにお越しいただき、なぜ今、性教育が大切なのか、ということについてお話いただきました。


【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

【#FocusOn】性について普通に話せる社会にしたい「#なんでないの」福田和子さん インタビュー<第一回>

スウェーデンに留学して帰国後「#なんでないの」プロジェクトを立ち上げた福田和子さん。性への姿勢、お互いの関係の築き方、若者の声が反映される仕組みや若者への配慮など、日本との違いを実感し、「日本人ももっと知らなければ!」と強く感じて活動をはじめました。セックスをポジティブに捉え、性について普通に話せる社会にしたい、と熱く語る福田さん。第一回目は性先進国スウェーデンの性事情についてお話を伺いました。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期による関節痛の予防・改善方法【更年期は人生が輝くチャンス #42】

更年期症状で関節痛なることもあるってご存知ですか? 「手や手首がこわばる」「ひざが痛い」など、更年期には関節がこわばったり痛みに悩まされる方も多いのです。今回は、更年期によくある「関節痛」や間違いやすい病気、今すぐできる予防・改善などの対策ケア方法をお伝えします。


【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【#FocusOn】自分らしく生きたいと思うならまずは自分の呼吸を知ること 呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー<後半>

【呼吸整体師 森田愛子さんインタビュー】『養生思考を身につける』(ワニブックス)著者、呼吸整体師の森田愛子さん。呼吸の大切さに着目し、呼吸を整えれば健康になれる! と独自のメソッドを開発。カラダを動かしながら呼吸を自然に行う方法を多くの人に伝えています。インタビュー後半はなぜ森田さんが呼吸に着目したのか、自然に呼吸を行うにはどうしたらいいのか、などについてお伺いしました。


宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【3月18日(月)~3月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年3月 後半編(3/15~3/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング