知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。Bramanoli世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


“争続”といわれる程の争いになりがちな相続問題

「相続」は、人が死亡した時点で開始する遺産の承継のことです。
相続=争続とも言われますが、親子や兄弟姉妹など身近な関係でお金をめぐって争いになると非常に激しいバトルになりがちです。「お姉ちゃんは結婚した時の花嫁道具が私より高価だった」「弟は留学させてもらったのでお金が掛かっていた」など、30年も40年も前の不満が爆発するからです。

果てには数万円の価値しかない親の貴金属を生前に贈与されていたので返せというなど、争いの種は尽きません。

「うちにはたいして財産がないから争いなんて無関係」というのは間違いです。裁判所で遺産分割を争う事件の約3割が遺産額1,000万円以下です。遺産額には不動産の評価額も含まれるので、自宅不動産しかない場合が一番争いになるのです。

遺産はマイナスの財産も含まれる

遺産は、プラスの財産だけではなく、借金などマイナスの財産も含まれます。うっかりすると借金だけを引き継ぐハメになりかねません。プラスの財産よりマイナスの財産が多い場合は「相続放棄」をして一切の財産を引き継がないことを選択することもできます。

でも、相続放棄は原則として相続してから3ヶ月以内に申述する必要があるので、遺産の調査は早急に進めなくてはなりません。「四十九日が終わるまでは遺産の話はしない方がよい」という考えはもはや時代錯誤です。

相続人の範囲

法定相続人の範囲は、亡くなった方(「被相続人」といいます)にどのような親族がいるかによって変わってきます。配偶者は常に相続人になり、配偶者以外については第1順位が子ども、第2順位が親、第3順位が兄弟姉妹です。

パターン1
被相続人に妻と子ども2人がいる場合、相続人は妻と子ども2人です。

パターン2
被相続人に子どもがおらず、親族が妻と兄1人の場合は、相続人は妻と兄になります。

パターン3
被相続人に妻も子どももいない場合は両親が相続人になります。

妻の相続の場合

パターン2を見ると分かりますが、配偶者である妻は常に相続人になりますが、子どもがいない場合は妻だけが遺産を相続するのではなく、親や兄弟と共同で遺産を相続することになるのです。

また、内縁の夫婦など法律婚をしていないパートナー関係の場合は法定相続人になりません。
ずいぶん前に担当した事件ですが、子どもがいない夫婦で、夫が亡くなりました。遺産は自宅不動産だけでしたが、夫の兄弟は法定相続分を主張したため、妻は自宅不動産の価値の4分の1相当の金銭を兄弟たちに代償金として支払うことになりました。
もし夫が生前に、妻にすべての財産を相続させるという「遺言」を書いていれば、兄弟に支払う必要はありませんでした。夫は兄弟が相続人になることを知らなかったようです。子どもがいない夫婦はお互いに遺言を書いて配偶者が相続できるように準備が必要です。

代襲相続

相続人である子どもが、親より先に亡くなっている場合、その子どもの相続分はどうなるのでしょうか?

たとえば、被相続人には妻と子ども2人がいましたが、被相続人死亡より前に二男が亡くなっており二男には子どもが2人いる場合を考えましょう。この場合、妻と第1順位である長男は相続人になるのは当然ですが、二男が先に亡くなっている場合は二男の代わりに被相続人からすると孫にあたる二男の子どもらが相続人となります。この場合の孫を「代襲相続人(だいしゅうそうぞくにん)」と言います。孫も亡くなっており曾孫がいる場合でも代襲相続は生じます。

また、代襲相続は被相続人の兄弟が相続人の場合も発生します。
このように、相続人の範囲は妻、子、孫、親、兄弟、姪や甥など、親族関係によって幅広くなります。

相続の割合

民法で定められた相続分の割合は、相続人が誰かによって変わってきます。なお、相続人全員で遺産分割を行う場合は、法定相続分以外の分け方も可能です。以下では法定相続の割合を説明します。

パターン1
被相続人に妻と子ども2人がいる場合、妻が12、子どもらはそれぞれ1/4を相続します。妻が1/2で子どもは1/2を人数で分けるということです。

パターン2
被相続人に子どもがおらず、妻と兄1人がいる場合は、妻が3/4、兄が1/4です。兄弟が複数いる場合は、1/4を兄弟の人数で分けることになります。

パターン3
被相続人に子どもがおらず、妻と母親がいる場合は、妻が2/3、母親は1/3です。
両親が健在の場合は、父親と母親はそれぞれ1/6です。
兄弟より、母親がいる場合の方が妻の割合は少なくなります。
さきほどの代襲相続では、もともと相続すべきであった割合を、代襲相続人が相続することになります。

半血兄弟姉妹

「半血兄弟」とか「半血姉妹」って聞いたことがありますか? ちょっとおどろおどろしいですが、法律用語です。被相続人に配偶者や子、両親がおらず、兄弟のみが相続人になる場合で、たとえば父親が母親と死別したあとに再婚して母親違いの兄弟姉妹がいる場合、その兄弟姉妹は被相続人からみて父親という親の半分だけ同じ兄弟姉妹になる、それが「半血兄弟姉妹」です。

「半血兄弟姉妹」の相続分は1/2になるので、両親が同じ妹が2名、母親が違う妹が1名いる場合は、両親を同じくする妹が各2/5、父親だけ同じ妹が1/5を相続することになります。
このように、配偶者や子どもがいる場合は相続人はこれに限定されるのですが、特に子どもがいない場合は兄弟関係をすべて調べないと相続人を明らかにすることができません。そこで、相続の際には、被相続人の生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を取得して調べる必要があるのです。

争続のパターン

弁護士が相続に関わる場合というのは、

1、話合いができないほど揉めている場合
2、話をしたくない場合
3、遺産が多くてきっちりと手続を取りたい場合


です。

一番歓迎するのは3ですが、これにはほとんどお目にかかりません。
1の例は、仲の悪い兄弟姉妹が断然トップにきます。被相続人が一部の子どもにだけ有利な遺言書を残していたり、一部の孫を養子にしていたり、生前のお金の使い方が不自然だったりすると遺産分割は紛糾します。
2の例は、前妻の子どもや認知した子どもがいる場合です。感情的にあまり連絡を取りたくなかったり、法律に基づいて淡々と進めたい典型例です。

とすると、争続を回避するためには、遺言書の内容を公平にしたり、金額の多い少ないを設ける理由や、一部の孫だけを養子にする理由を遺言書のなかで説明することが有効です。生前のお金の使い方についてもノートを付けておくなどちょっとした工夫で残された子どもが争うことを予防できます。

微妙な問題である母親の違う子どもがいる場合も、遺言を作成することが有効です。
「遺言」は生前にしか準備できません。そして、人が亡くなる時期は予測できないのです。それが、相続の準備は早め早めが肝心な理由です。

ひとくちに「相続」と言っても、親族関係によって相続人が多岐にわたり、相続の割合も複雑です。わかったつもりになって進めると後で後悔することが多い手続なので、弁護士など専門家に相談しながら準備を進めていくことをお勧めします。

弁護士 中川 みち子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

平成17年10月に大阪弁護士会に登録する。平成21年8月にきらり法律事務所を立ち上げ現在に至る。

関連するキーワード


相続 弁護士 中川みち子

関連する投稿


“相続しない”という選択 「相続放棄」とは?【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #2】

“相続しない”という選択 「相続放棄」とは?【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #2】

「相続」と聞くと多額の財産が入ってくるイメージがありますが、そんな場合ばかりではありません。生前から借金があることが分かっていたり、遺品を整理していたら債務の存在が分かった時など、「相続したくない」場合も往々にしてあります。「相続」は人の死亡により勝手に始まってしまうため、知らない間に債務を相続していたなんてことにも


不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

不倫が離婚に与える影響とは?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#06】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。最近は不倫をスクープされた芸能人が謝罪をする場面をよく目にします。不貞行為は配偶者への裏切り行為、あってはならないことですが気持ちはコントロールできないこともありますよね。そこで離婚をする際に不貞行為がどう影響するのかお話しします。


離婚「子どもの親権」はどうなる?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#05】

離婚「子どもの親権」はどうなる?【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#05】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。離婚を考える時に一番問題になるのは子どものことではないでしょうか?一人で育てられるかな? 子どもの気持ちを傷つけないかな? など、心配は尽きませんね。そこで今回は子どもがいる夫婦の離婚で知っておくべきことをお話しします。


知っておきたい「離婚調停」の流れ【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#04】

知っておきたい「離婚調停」の流れ【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#04】

こんにちは弁護士の中川みち子です。皆さんは裁判所に行った事がありますか? 地方裁判所はいかめしい雰囲気がありますが、家族や夫婦、子どもの問題を取り扱う家庭裁判所は比較的入りやすいと思います。夫婦の問題や争いごとを赤裸々に話す相手である調停委員はどんな人たちなのか?他にはどんな人が関与するのか?今日はその疑問に答えます。


離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

離婚にまつわる「お金」の話【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#02】

こんにちは弁護士の中川みち子です。以前は結婚年数の短い20代~30代前半の離婚の相談が多かったですが、最近は40~50歳代が増えています。子育てにはお金が必要なので、我慢を続けて経済力をつけてから離婚するというケースです。離婚となるとお金の心配がつきまとうのは当然です。そこで今回は離婚にまつわるお金のお話しです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年6月 後半編(6/15~6/30)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
http://aboutviagra.info

читайте здесь proffitness.com.ua

buy amoxil