保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

共働き家庭が主流となった今の日本。現実問題、夫婦二人で収入を得ないと、生活するのは厳しいと感じつつも、本心は「妻には家にいて、家事育児に専念してほしい」と願う男性も、少なからず存在するようです。今回は子どもを預けて働き続けたいのに、夫の賛成が得られないと悩む妻からの相談です。


【お悩み】 仕事が好きで、0歳から子どもを保育園に預けて働いていますが、夫から「子どもが可哀想だ」と言われます……。

40歳の夫は、真面目なタイプで、安定した生活が送れそうだと思い、結婚を決めました。子どもを0歳から保育園に預けて働いていますが、夫からは「子どもが小さいうちは家で子育てしてほしい」と言われます。理由は「子どもが可哀相だから」だそうです。私は仕事が好きだし、社会とも接点を持ち続けたいので、会社を辞めたくありません。どうしたら夫を説得できるでしょうか。(Uさん・37歳)

ますます多様化する「家族形態」と「結婚観」

ご相談内容に入る前に……。

半世紀ほど前の日本は、「夫婦と子ども二人の4人家族」を標準家庭として掲げていました。また、義理の両親や親戚と同居する大家族も多く存在していました。
私が生まれた頃は、母の姪っ子が住み込みで手伝いに来ていたそうです。今はそんな光景はほとんど見られないですよね。

世帯主のご主人が一家の大黒柱として働き、生活費を稼ぎ、妻は家事と育児に専念し、家庭を守る、そんな役割分担の図式が当たり前のようにありました。

ところが、数十年の間に家族の形態は大きく変わりました。夫婦ふたりのみやひとり暮らしの家庭も多く、4人家族が標準家庭という概念は今では通用しなくなっています。

さらに、「子どもを産むか・産まないか」どころか「結婚するか・しないか」という選択肢まで出現し、日本の結婚観は、さらに変化を続けています。少子高齢化が進み、これからも変わっていくでしょう。家族の多様化とともに、ますます「自分らしさ」が求められる時代になったと感じています。

育児や教育方針は、結婚前のすり合わせが望ましい

やや話がそれてしまいましたが、本題のUさんのご相談に戻ります。

結婚後の夫婦の仕事のスタンス、育児、教育方針は大切なポイントです。

「出産後の就労について」(共働きか専業主婦か)
「おおまかな教育方針」(公立か私立かなど)

これは、結婚前に話し合っておきたい内容のひとつです。

というのも、結婚生活は、出産、進学、家族同士のつきあいなど、ライフイベントの連続なので、夫婦の考えが一致していれば、家族が病気になったときやトラブルが起きた時も、互いに協力しあい、相談しながら乗り越えることができるからです。
(結婚後に、夫が子どもを欲しがらない人だとわかり、トラブルに繋がったケースもあります)

二人の意見が食い違っていたり、納得していなかった場合は、ことあるごとに相手を責めたり文句を言ったりして、不満が蓄積しやすくなります。できるだけ、意見をすり合わせておくのが理想的です。

さて、Uさん夫妻がこれからどうしたらいいのかを考えてみましょう。

「説得しよう」という気持ちでいるとうまくいかない

Uさんのご主人は、保育園に預けて母親が働くことに抵抗がある、と感じています。
そして、Uさん自身は、仕事が好きで「子どもを預けて働きたい」と考えています。

考え方に相違があることがわかったので、これから話し合いが必要です。
人はみな、「自分の考え方が正しい」と思っています。自分の思いを聞き入れてほしいと、つい主張したくなるのですが、相手を「説得しよう」という気持ちでいると、うまくいきません。無理やりこちらの意見を通そうとやっきになると、夫婦関係に溝が入ってしまうので気をつけてくださいね。

夫婦は対等な関係です。上下関係でも主従関係でもありません。結婚生活には、多少の歩み寄りや妥協は必要ですが、我慢しながら仕方なくやるのと、納得したうえでやるのとでは違います。
私の相談のケースでは、「思いを伝えずに我慢している人」が多いのですが、これでは、不満が溜まる一方です。

我慢ではなく、納得の結論を出すための話し合いを

まずは、ご主人がどうして「保育園に預けると子どもが可哀想」だと思うのか聞いてみてください。
相手の考え方を改めようとするのではなく、相手の気持ちを理解しよう、というところからスタートです。

ご主人が「子どもが可哀想」だと思う根拠はなんでしょう。本当に子どもは可哀想なのかどうか、保育園のママ友に相談にのってもらうのもいいですね。そして、専業主婦の意見も聞いてみましょう。ホームパーティでご主人も交えながら、意見交換するのもいいと思います。頭の中で考えるよりも、実際の状況を知るほうがずっと現実的ですよ。

一方で、Uさん自身も、どうして「仕事を続けたい」と思うのか、そう思うのはなぜなのか、穏やかに伝えてください。「仕事が好きで、社会とも接点を持ち続けたい」というUさんの想いはご主人にちゃんと伝わっていますか。

お互いに納得して出した結論なら、夫婦間にわだかまりはありません。Uさん夫婦が心地いいと思える家族の基準を、ぜひふたりで一緒に作り上げてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。


家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

「女性は家事ができて当然」なんて言われると、うんざりしませんか? 性別に関係なく、苦手なものは苦手だしできればやりたくない、と思うのは決して間違いではありません。とはいえ、やらなくちゃいけないのは変わらない。そんなときは、「家事代行サービス」を利用しましょう。気軽にお願いできる使い方について、ご紹介します。


アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

アラフォーの妊活は“夫婦二人三脚” パートナーと良い関係を保つには【幸せな妊活のススメ#2】

妊活にはパートナーの存在が欠かせません。しかし、現実問題、ツライ妊活生活の中で、パートナーと険悪な状態になってしまう夫婦もたくさんいます。そもそもパートナーがいるから子どもが欲しいと思っているはずなのに、パートナーと険悪になってしまっては元も子もありませんよね。そこで、パートナーとの関係について、相手を傷つけるようなことを言ってしまわないようにするにはどうしたらいいか、そして言ってしまった時の対処法についてお伝えします。


最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

最近話題の「夫源病(ふげんびょう)」とは? 特徴と対処法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #81】

「夫源病」という言葉を聞いたことはありませんか? 夫が原因で起こる体調不良で、夫と一緒に居ると頭痛がしたり動悸が激しくなったり、ひどくなるとうつ病まで引き起こすことがあります。夫がいないときは平気なのに、夫がいると途端に発症する身体の不調、「夫源病」についてご紹介します。


オバサン化速度を鈍化する方法「セックスレスこそ“勝負下着デイ”」を設ける【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#17】

オバサン化速度を鈍化する方法「セックスレスこそ“勝負下着デイ”」を設ける【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#17】

勝負下着持っていますか?結婚して何年も経ち、生活に追われるようになるとついつい楽な方へ楽な方へ流れてしまって、勝負下着の存在なんて忘れてしまった…そんな人も多いのではないでしょうか。しかしそれこそがオバサン化の証であると三松真由美先生は警鐘を鳴らします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

【GU】ワッフルニットワンピースがおしゃれかわいい♡絶対ゲットしたい♪

GUのワッフルニットワンピースはもうゲットしましたか。 着心地バツグンで可愛くて、お安いなんで嬉しいですよね。 GUの人気承認はすぐに品薄になってしまいますので、お早めのご購入を!


最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

最新医学で“セクシー脳”は蘇るのか⁉【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#20】

今回は医学的にセクシー脳を蘇らせることはできるのか? というお話。夫婦仲相談所、所長として恋愛・夫婦仲コメンテーターとして多数の講演・テレビ出演、大活躍中の、三松真由美先生に教えていただきます。


女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

女性の“ミッドライフ・クライシス” 「中年の危機」の乗り越え方【更年期は人生が輝くチャンス #31】

アラフォーを迎えて「私の人生は、これでよかったんだろうか…」なんて不安に感じている方はいらっしゃいませんか? 今回はアラフォー世代に訪れる心の変化を掘り下げます。心、カラダ、人生の焦りを感じる 中年の危機(ミッドライフ・クライシス)とは? またその乗り越え方をご紹介します。


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング
https://karter-kiev.net

https://start-sport.com.ua

ka4alka.com.ua/tabletirovannie/stanozolol