保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

共働き家庭が主流となった今の日本。現実問題、夫婦二人で収入を得ないと、生活するのは厳しいと感じつつも、本心は「妻には家にいて、家事育児に専念してほしい」と願う男性も、少なからず存在するようです。今回は子どもを預けて働き続けたいのに、夫の賛成が得られないと悩む妻からの相談です。


【お悩み】 仕事が好きで、0歳から子どもを保育園に預けて働いていますが、夫から「子どもが可哀想だ」と言われます……。

40歳の夫は、真面目なタイプで、安定した生活が送れそうだと思い、結婚を決めました。子どもを0歳から保育園に預けて働いていますが、夫からは「子どもが小さいうちは家で子育てしてほしい」と言われます。理由は「子どもが可哀相だから」だそうです。私は仕事が好きだし、社会とも接点を持ち続けたいので、会社を辞めたくありません。どうしたら夫を説得できるでしょうか。(Uさん・37歳)

ますます多様化する「家族形態」と「結婚観」

ご相談内容に入る前に……。

半世紀ほど前の日本は、「夫婦と子ども二人の4人家族」を標準家庭として掲げていました。また、義理の両親や親戚と同居する大家族も多く存在していました。
私が生まれた頃は、母の姪っ子が住み込みで手伝いに来ていたそうです。今はそんな光景はほとんど見られないですよね。

世帯主のご主人が一家の大黒柱として働き、生活費を稼ぎ、妻は家事と育児に専念し、家庭を守る、そんな役割分担の図式が当たり前のようにありました。

ところが、数十年の間に家族の形態は大きく変わりました。夫婦ふたりのみやひとり暮らしの家庭も多く、4人家族が標準家庭という概念は今では通用しなくなっています。

さらに、「子どもを産むか・産まないか」どころか「結婚するか・しないか」という選択肢まで出現し、日本の結婚観は、さらに変化を続けています。少子高齢化が進み、これからも変わっていくでしょう。家族の多様化とともに、ますます「自分らしさ」が求められる時代になったと感じています。

育児や教育方針は、結婚前のすり合わせが望ましい

やや話がそれてしまいましたが、本題のUさんのご相談に戻ります。

結婚後の夫婦の仕事のスタンス、育児、教育方針は大切なポイントです。

「出産後の就労について」(共働きか専業主婦か)
「おおまかな教育方針」(公立か私立かなど)

これは、結婚前に話し合っておきたい内容のひとつです。

というのも、結婚生活は、出産、進学、家族同士のつきあいなど、ライフイベントの連続なので、夫婦の考えが一致していれば、家族が病気になったときやトラブルが起きた時も、互いに協力しあい、相談しながら乗り越えることができるからです。
(結婚後に、夫が子どもを欲しがらない人だとわかり、トラブルに繋がったケースもあります)

二人の意見が食い違っていたり、納得していなかった場合は、ことあるごとに相手を責めたり文句を言ったりして、不満が蓄積しやすくなります。できるだけ、意見をすり合わせておくのが理想的です。

さて、Uさん夫妻がこれからどうしたらいいのかを考えてみましょう。

「説得しよう」という気持ちでいるとうまくいかない

Uさんのご主人は、保育園に預けて母親が働くことに抵抗がある、と感じています。
そして、Uさん自身は、仕事が好きで「子どもを預けて働きたい」と考えています。

考え方に相違があることがわかったので、これから話し合いが必要です。
人はみな、「自分の考え方が正しい」と思っています。自分の思いを聞き入れてほしいと、つい主張したくなるのですが、相手を「説得しよう」という気持ちでいると、うまくいきません。無理やりこちらの意見を通そうとやっきになると、夫婦関係に溝が入ってしまうので気をつけてくださいね。

夫婦は対等な関係です。上下関係でも主従関係でもありません。結婚生活には、多少の歩み寄りや妥協は必要ですが、我慢しながら仕方なくやるのと、納得したうえでやるのとでは違います。
私の相談のケースでは、「思いを伝えずに我慢している人」が多いのですが、これでは、不満が溜まる一方です。

我慢ではなく、納得の結論を出すための話し合いを

まずは、ご主人がどうして「保育園に預けると子どもが可哀想」だと思うのか聞いてみてください。
相手の考え方を改めようとするのではなく、相手の気持ちを理解しよう、というところからスタートです。

ご主人が「子どもが可哀想」だと思う根拠はなんでしょう。本当に子どもは可哀想なのかどうか、保育園のママ友に相談にのってもらうのもいいですね。そして、専業主婦の意見も聞いてみましょう。ホームパーティでご主人も交えながら、意見交換するのもいいと思います。頭の中で考えるよりも、実際の状況を知るほうがずっと現実的ですよ。

一方で、Uさん自身も、どうして「仕事を続けたい」と思うのか、そう思うのはなぜなのか、穏やかに伝えてください。「仕事が好きで、社会とも接点を持ち続けたい」というUさんの想いはご主人にちゃんと伝わっていますか。

お互いに納得して出した結論なら、夫婦間にわだかまりはありません。Uさん夫婦が心地いいと思える家族の基準を、ぜひふたりで一緒に作り上げてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

大事なことをLINEで送ってくる夫【夫婦問題お悩み相談室 #36】

“目の前にいるのに夫がLINEで会話をしてくる”そんなお悩みが増えています。たわいもないコトならともかく、大切なコトであればあるほど、話し合いでケンカになりたくないからとLINEを使ってしまう。そんな夫に、きちんと目を見て話し合いをしてもらう方法を夫婦カウンセラーの渡辺里佳さんに教えてもらいます。


夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

夫婦の数だけ幸せがある 隣の芝はいつだって青い【幸せ夫婦コミュニケーション術 #100】

【夫婦のカタチを考える】他の夫婦や家庭を“羨ましい”と思ってしまうことありませんか?立派な家や車を持っている、夫がイクメン、高給取り、子どもが良い子… ですが、それは本当にあなたの幸せなのでしょうか? 他人にばかり目を向けて羨むのではなく、自分の夫や子どもへ目を向けて幸せを感じてみませんか。


人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

人生100年時代 夫婦で考えておきたい心構え【幸せ夫婦コミュニケーション術 #99】

【人生100年時代の夫婦の在り方】これからの時代、人生は100年と言われています。子どもが60歳で巣立ったとして、そこからの40年を夫婦ふたりで過ごすとして、どんな心構えでいたらいればいいのでしょう。幸せ夫婦コミュニケーションコラムニストひろたかおりさんに教えていただきました。


夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

夫が助けてくれない… 家事育児に忙しい妻 VS テレビ見るだけ夫【夫婦問題お悩み相談室 #35】

【夫婦問題カウンセラー・渡辺里佳の“夫婦問題”お悩み相談室!】夫が助けてくれない問題。家事に育児にパートに…毎日忙しい妻と、それを助けようとしない夫。妻が「ちょっとは労ってよ!」と言えば、夫は「お互い様でしょ」と、まったく相手にしない…。どうしたら妻の気持ちをわかってもらえるのか夫婦問題カウンセラーの方に相談しました。


家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担のコツ 稼ぎをタテに家事をしない夫の攻略法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #97】

家事分担について悩んでいる妻は多いと思います。妻が専業主婦であったりパート勤務であったり、またフルタイムで働いている場合でも、収入に差があることを持ち出して「俺のほうが稼いでいるんだし」と家事を放棄する夫。しかし、共同生活者なのですがから家事を分担するのは専業主婦であっても当然です。家事分担を嫌がり家事を放棄する夫には、「あなたのため」と意識を向けさせるのが効果的です。そこでどんなやり方が良いかご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。


未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

未婚女性のアラフォーセックスクライシスについて【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#34】

アラフォークライシスはセックスにも影響を及ぼします。今回は特に未婚女性のアラフォーセックスクライシスについてセックスレス問題の大家、すずね所長こと三松真由美先生に語っていただきました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://start-sport.com.ua

>ka4alka-ua.com