保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

共働き家庭が主流となった今の日本。現実問題、夫婦二人で収入を得ないと、生活するのは厳しいと感じつつも、本心は「妻には家にいて、家事育児に専念してほしい」と願う男性も、少なからず存在するようです。今回は子どもを預けて働き続けたいのに、夫の賛成が得られないと悩む妻からの相談です。


【お悩み】 仕事が好きで、0歳から子どもを保育園に預けて働いていますが、夫から「子どもが可哀想だ」と言われます……。

40歳の夫は、真面目なタイプで、安定した生活が送れそうだと思い、結婚を決めました。子どもを0歳から保育園に預けて働いていますが、夫からは「子どもが小さいうちは家で子育てしてほしい」と言われます。理由は「子どもが可哀相だから」だそうです。私は仕事が好きだし、社会とも接点を持ち続けたいので、会社を辞めたくありません。どうしたら夫を説得できるでしょうか。(Uさん・37歳)

ますます多様化する「家族形態」と「結婚観」

ご相談内容に入る前に……。

半世紀ほど前の日本は、「夫婦と子ども二人の4人家族」を標準家庭として掲げていました。また、義理の両親や親戚と同居する大家族も多く存在していました。
私が生まれた頃は、母の姪っ子が住み込みで手伝いに来ていたそうです。今はそんな光景はほとんど見られないですよね。

世帯主のご主人が一家の大黒柱として働き、生活費を稼ぎ、妻は家事と育児に専念し、家庭を守る、そんな役割分担の図式が当たり前のようにありました。

ところが、数十年の間に家族の形態は大きく変わりました。夫婦ふたりのみやひとり暮らしの家庭も多く、4人家族が標準家庭という概念は今では通用しなくなっています。

さらに、「子どもを産むか・産まないか」どころか「結婚するか・しないか」という選択肢まで出現し、日本の結婚観は、さらに変化を続けています。少子高齢化が進み、これからも変わっていくでしょう。家族の多様化とともに、ますます「自分らしさ」が求められる時代になったと感じています。

育児や教育方針は、結婚前のすり合わせが望ましい

やや話がそれてしまいましたが、本題のUさんのご相談に戻ります。

結婚後の夫婦の仕事のスタンス、育児、教育方針は大切なポイントです。

「出産後の就労について」(共働きか専業主婦か)
「おおまかな教育方針」(公立か私立かなど)

これは、結婚前に話し合っておきたい内容のひとつです。

というのも、結婚生活は、出産、進学、家族同士のつきあいなど、ライフイベントの連続なので、夫婦の考えが一致していれば、家族が病気になったときやトラブルが起きた時も、互いに協力しあい、相談しながら乗り越えることができるからです。
(結婚後に、夫が子どもを欲しがらない人だとわかり、トラブルに繋がったケースもあります)

二人の意見が食い違っていたり、納得していなかった場合は、ことあるごとに相手を責めたり文句を言ったりして、不満が蓄積しやすくなります。できるだけ、意見をすり合わせておくのが理想的です。

さて、Uさん夫妻がこれからどうしたらいいのかを考えてみましょう。

「説得しよう」という気持ちでいるとうまくいかない

Uさんのご主人は、保育園に預けて母親が働くことに抵抗がある、と感じています。
そして、Uさん自身は、仕事が好きで「子どもを預けて働きたい」と考えています。

考え方に相違があることがわかったので、これから話し合いが必要です。
人はみな、「自分の考え方が正しい」と思っています。自分の思いを聞き入れてほしいと、つい主張したくなるのですが、相手を「説得しよう」という気持ちでいると、うまくいきません。無理やりこちらの意見を通そうとやっきになると、夫婦関係に溝が入ってしまうので気をつけてくださいね。

夫婦は対等な関係です。上下関係でも主従関係でもありません。結婚生活には、多少の歩み寄りや妥協は必要ですが、我慢しながら仕方なくやるのと、納得したうえでやるのとでは違います。
私の相談のケースでは、「思いを伝えずに我慢している人」が多いのですが、これでは、不満が溜まる一方です。

我慢ではなく、納得の結論を出すための話し合いを

まずは、ご主人がどうして「保育園に預けると子どもが可哀想」だと思うのか聞いてみてください。
相手の考え方を改めようとするのではなく、相手の気持ちを理解しよう、というところからスタートです。

ご主人が「子どもが可哀想」だと思う根拠はなんでしょう。本当に子どもは可哀想なのかどうか、保育園のママ友に相談にのってもらうのもいいですね。そして、専業主婦の意見も聞いてみましょう。ホームパーティでご主人も交えながら、意見交換するのもいいと思います。頭の中で考えるよりも、実際の状況を知るほうがずっと現実的ですよ。

一方で、Uさん自身も、どうして「仕事を続けたい」と思うのか、そう思うのはなぜなのか、穏やかに伝えてください。「仕事が好きで、社会とも接点を持ち続けたい」というUさんの想いはご主人にちゃんと伝わっていますか。

お互いに納得して出した結論なら、夫婦間にわだかまりはありません。Uさん夫婦が心地いいと思える家族の基準を、ぜひふたりで一緒に作り上げてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://karter-kiev.net

https://start-sport.com.ua

>ka4alka-ua.com