超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#9】

超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#9】

人生100年時代。果たしていつまで人間の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」を満たし続けることができるのか? すずね所長こと、三松真由美先生にあつく語っていただきます!


セックスの土台さえあれば、何歳でもできます

セックスレス改善のカウンセリングをしていると「いったい何歳までできるものですか」「夫婦は何歳までするのが平均ですか」「そろそろ卒業するほうがいいですか」などと尋ねられることがよくあります。

わたしの回答

「何歳までできるかの平均値なんてありません! やらなきゃいけない義務もありません!」

追伸「セックスの定義を替えれば何歳でもできます」


健康状態や体力にもよりますし、セクシャルデザイアーは人によってバラバラ。男性側が求めても女性側がしたくない場合もあるし、その逆もあります。

「”死ぬまでセックス”がスタンダードなんだから、やろうよ」と夫に言い寄られても妻は更年期症状がひどくてそれどころではない、というすれ違い夫婦が圧倒的多数なのも現状です。二人の健康とセクシャルデザイアーを考慮して、現時点はできないけれど来年は復活しようとか、連休に時間を取ってしてみようとか、のびしろを多くとるのが理想です。

そして、年齢や体力に応じてセックスの内容を自由自在に替えることができる頭の柔らかさこそ、我が国の40代以上のカップルに必要なことではないでしょうか。もちろん両者とも「もうしたくない」のであれば締めてよし。ただ、ふとしたきっかけでセクシー脳が再起動したり、挿入はいやだけれど素肌にタッチはして欲しい、など気持ちの変化を感じたらどうしますか。それを放置してはいけません。性衝動の復活を相手に伝えることは、これからのオバフォー世代には必要なことです。

そうです、いかなるときも臨機応変に対応できる「セックスの土台」を夫婦で構築しておくことがポイントになります。性欲曲線は株価のように変動する摩訶不思議なものですから、片方だけが悶々と悩むシーンも少なからず。片方だけの不満は夫婦関係のほころびに通ず。

10年後にセックスしている自分を想像できるか⁉

オバフォー世代では感じることが少ない「老い」をオバフィフ世代は身体全体で感じるようになることも覚悟してください。「セックスくらいいつでもできる」とたかをくくっていたら、いざ求められた時にカチコチに萎縮して痛くてたまらず、途中断念。そして復活不能と思い込んで卒業宣言する女性をたくさん見てきました。

『婦人公論』の性の終焉に関する手記を読むと、そこはかとない寂しさが伝わってきます。私の相談所に来られるオバフィフ世代からはこんな発言が出てきています。「もう女として終わってしまいました」「死ぬまでにもう一度だけ男性と抱き合いたかった」「30代でセックスレス、20年何もありません。でもこのまま女の悦びを思い出すことなく死ぬなんて寂しい」・・・・といった無念の思いが呪詛のように語られているのです。

性に関して老いはネガティブなことではない、と言っても、聞く耳持ちません。身体とともにセクシー脳も固まってしまい、リカバリーする力がみなぎってこないのです。アラフォーの皆さまには、そうならぬよう、性器官と、セクシャルなことを考える頭をいまのうちにメンテナンスしておいてください。コンサル界や自己啓発界でアファメーションという言葉があります。これはセックス界でも使い倒して欲しいくらいです。肯定的な言葉を常に意識しておく。

「わたしは10年後も健康できれいで、セックスできるイケてる人生を送ってるわ」ですね。

フランス人に学ぶ「一生セックス」

高齢化進行中の我が国、老人ホームでの恋愛トラブルや介護しているおじいちゃんにセクシーなことをされた介護士さんの話題など目にします。シニアになると性の欲求はなくなるなんて思ってはいけないことがわかります。日本ではシニアがエッチなことを色ボケと言って、はしたない印象ですが、アムールの国フランスシニアが聞いたら怒ります。

フランスに限らず、ラテン系のお国は男女関係を非常に大切にとらえています。フランスにフューチャリングするのは『セックス・アンド・ザ・シックスティーズ』というフランスの心理学者マリードさんが書いた熟年の性の本のオビを私が書いた経緯があるからです。

マリードさんは65歳以上でセックスをすることが快楽の源であると回答した人が12%だったのに、「そうありたいと感じている」人が36%もいると気づきました。若い頃には感じることができなかった穏やかな官能を語るフランスのシックスティーズ世代。高齢期を美しく彩るものとなる「セックス」をたかだか40代であきらめてはいけないということが、解明されました。次回は80代になってセックスを復活させたカップル事例をもとに「いくつまでセックスできるか問題」を考えてみたいと思います。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

セックス・アンド・ザ・シックスティーズ

著者 マリー・ド・エヌゼル 心理学者、心理療法士、作家。英語教師を務めた後に大学に戻り、 臨床心理学・精神分析学を学ぶ。1975年から心理学者としてキャリアを開始。 1986年に当時のフランス大統領フランソワ・ミッテランの勧めにより、 フランス最初の緩和ケアチームに参加。人々の生を見つめ、 幸福な老いについて考えるようになった。 ロベール・ラフォン社から刊行された代表的な著作に、 『死にゆく人たちと共にいて』(邦訳:白水社刊)、 『La chaleur du cœur empêche nos corps de rouiller(熱い心があれば体は衰えない)』、 『Nous voulons tous mourir dans la dignité(みんな人間らしく死にたい)』がある。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

“女性の性欲” 40代から強くなるというのはただの噂??【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#11】

大人気連載、すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情。今回は我々アラフォー女性の“性欲”についてのお話です。年齢を重ねると性欲はなくなる?いやむしろ閉経前は性欲が増すの?1万組以上の夫婦のセックス事情を聞いてきた三松先生に教えていただきましょう!


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#10】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?


セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

もはや社会現象ともいえるセックスレス問題。多くの家庭で多くの夫婦がこの問題に直面していることでしょう…そんなセックスレスに美髪がどう関係するのか⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美先生にお話を伺いました。


40代でも “幸せ顔” になるには美容液よりダンゼン〇〇〇〇! 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

40代でも “幸せ顔” になるには美容液よりダンゼン〇〇〇〇! 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

セックスが高級美容液より美しい幸せ顔にしてくれる!? 聞き捨てなりませんが、内容を読むと深く納得です…。やっぱり愛し愛されるって本当に大切なことですね。


ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

ラブラブ夫婦は寝室で何をしているのか? 40代からのセックス観【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

「幸せな夜の夫婦生活」とはいったいなんでしょう? やはり愛ある“感じる”セックスを“定期的”にすること? 必ず挿入しなきゃダメ? すずね所長の見解は少し違うようです。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


そもそも「遺言」とは? その効力や書き方について【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #3】

そもそも「遺言」とは? その効力や書き方について【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #3】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。♯1と♯2で相続や相続放棄についてお話しましたが、主に民法で定められた法定相続の内容でした。今日は、「遺言」を作成して法定相続と異なる人や割合で遺産を分ける場合についてお話します。


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング