超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#9】

超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#9】

人生100年時代。果たしていつまで人間の三大欲求「食欲」「睡眠欲」「性欲」を満たし続けることができるのか? すずね所長こと、三松真由美先生にあつく語っていただきます!


セックスの土台さえあれば、何歳でもできます

セックスレス改善のカウンセリングをしていると「いったい何歳までできるものですか」「夫婦は何歳までするのが平均ですか」「そろそろ卒業するほうがいいですか」などと尋ねられることがよくあります。

わたしの回答

「何歳までできるかの平均値なんてありません! やらなきゃいけない義務もありません!」

追伸「セックスの定義を替えれば何歳でもできます」


健康状態や体力にもよりますし、セクシャルデザイアーは人によってバラバラ。男性側が求めても女性側がしたくない場合もあるし、その逆もあります。

「”死ぬまでセックス”がスタンダードなんだから、やろうよ」と夫に言い寄られても妻は更年期症状がひどくてそれどころではない、というすれ違い夫婦が圧倒的多数なのも現状です。二人の健康とセクシャルデザイアーを考慮して、現時点はできないけれど来年は復活しようとか、連休に時間を取ってしてみようとか、のびしろを多くとるのが理想です。

そして、年齢や体力に応じてセックスの内容を自由自在に替えることができる頭の柔らかさこそ、我が国の40代以上のカップルに必要なことではないでしょうか。もちろん両者とも「もうしたくない」のであれば締めてよし。ただ、ふとしたきっかけでセクシー脳が再起動したり、挿入はいやだけれど素肌にタッチはして欲しい、など気持ちの変化を感じたらどうしますか。それを放置してはいけません。性衝動の復活を相手に伝えることは、これからのオバフォー世代には必要なことです。

そうです、いかなるときも臨機応変に対応できる「セックスの土台」を夫婦で構築しておくことがポイントになります。性欲曲線は株価のように変動する摩訶不思議なものですから、片方だけが悶々と悩むシーンも少なからず。片方だけの不満は夫婦関係のほころびに通ず。

10年後にセックスしている自分を想像できるか⁉

オバフォー世代では感じることが少ない「老い」をオバフィフ世代は身体全体で感じるようになることも覚悟してください。「セックスくらいいつでもできる」とたかをくくっていたら、いざ求められた時にカチコチに萎縮して痛くてたまらず、途中断念。そして復活不能と思い込んで卒業宣言する女性をたくさん見てきました。

『婦人公論』の性の終焉に関する手記を読むと、そこはかとない寂しさが伝わってきます。私の相談所に来られるオバフィフ世代からはこんな発言が出てきています。「もう女として終わってしまいました」「死ぬまでにもう一度だけ男性と抱き合いたかった」「30代でセックスレス、20年何もありません。でもこのまま女の悦びを思い出すことなく死ぬなんて寂しい」・・・・といった無念の思いが呪詛のように語られているのです。

性に関して老いはネガティブなことではない、と言っても、聞く耳持ちません。身体とともにセクシー脳も固まってしまい、リカバリーする力がみなぎってこないのです。アラフォーの皆さまには、そうならぬよう、性器官と、セクシャルなことを考える頭をいまのうちにメンテナンスしておいてください。コンサル界や自己啓発界でアファメーションという言葉があります。これはセックス界でも使い倒して欲しいくらいです。肯定的な言葉を常に意識しておく。

「わたしは10年後も健康できれいで、セックスできるイケてる人生を送ってるわ」ですね。

フランス人に学ぶ「一生セックス」

高齢化進行中の我が国、老人ホームでの恋愛トラブルや介護しているおじいちゃんにセクシーなことをされた介護士さんの話題など目にします。シニアになると性の欲求はなくなるなんて思ってはいけないことがわかります。日本ではシニアがエッチなことを色ボケと言って、はしたない印象ですが、アムールの国フランスシニアが聞いたら怒ります。

フランスに限らず、ラテン系のお国は男女関係を非常に大切にとらえています。フランスにフューチャリングするのは『セックス・アンド・ザ・シックスティーズ』というフランスの心理学者マリードさんが書いた熟年の性の本のオビを私が書いた経緯があるからです。

マリードさんは65歳以上でセックスをすることが快楽の源であると回答した人が12%だったのに、「そうありたいと感じている」人が36%もいると気づきました。若い頃には感じることができなかった穏やかな官能を語るフランスのシックスティーズ世代。高齢期を美しく彩るものとなる「セックス」をたかだか40代であきらめてはいけないということが、解明されました。次回は80代になってセックスを復活させたカップル事例をもとに「いくつまでセックスできるか問題」を考えてみたいと思います。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

セックス・アンド・ザ・シックスティーズ

著者 マリー・ド・エヌゼル 心理学者、心理療法士、作家。英語教師を務めた後に大学に戻り、 臨床心理学・精神分析学を学ぶ。1975年から心理学者としてキャリアを開始。 1986年に当時のフランス大統領フランソワ・ミッテランの勧めにより、 フランス最初の緩和ケアチームに参加。人々の生を見つめ、 幸福な老いについて考えるようになった。 ロベール・ラフォン社から刊行された代表的な著作に、 『死にゆく人たちと共にいて』(邦訳:白水社刊)、 『La chaleur du cœur empêche nos corps de rouiller(熱い心があれば体は衰えない)』、 『Nous voulons tous mourir dans la dignité(みんな人間らしく死にたい)』がある。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

「面倒くさい」がセックスレスの理由ってどういうこと?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#31】

“セックスが面倒くさい”これが理由でセックスレスの夫婦も多いでしょう。いったいなぜ面倒くさいのか、めんどくさくなくなる方法は? ネガティブなセックス観を変える方法は? 人間の歴史は“面倒くさい”を乗り越えた歴史だった!? 夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきました。


セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

セックスレスの本質を“医学書”から紐解いてみると…【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#30】

夫婦仲の専門家 三松真由美さんの連載! 漠然とセックスレスにお悩みの方も多いでしょう。そんな時には、セックスレスの本質を医学書という観点から調べてみてはいかがでしょうか。今回は医学書に学ぶ正しいセックスについて、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんにお話しいただきました。


PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

PTAが出会いの場!? 新語「キスだけ不倫」じわじわ増加中【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#29】

「キスだけ不倫」なんて聞き捨てならない新語が登場した今回の記事。PTAが出会いの場になっているなんて、さらに聞き捨てなりませんね…いったいどういうことなのでしょうか? すずね所長こと三松真由美さんのオトナ夫婦の寝室事情 29回目は『PTA不倫』についてです。


悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

悩めるセックスレス “性欲がない”と決めつけないで!【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#28】

セックスレスが普通になった。年齢を重ねるうちに性欲がなくなった、と感じている女性も多いのではないでしょうか。ですが、実はそんなことはないのかもしれません。忙しい日々の生活の中で無意識のうちにセクシースイッチをオフにしちゃっているのかも…そんなオフスイッチをオンにする方法を夫婦仲相談所所長 三松真由美さんが教えてくれます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

作家・桂望実さんインタビュー とにかく忙しい40代、ジタバタしているけど余裕がある50代 <後半>【#FocusOn】

新刊『オーディションから逃げられない』が発売中の桂望実さん。ドラマ・映画化された『県庁の星』や『嫌な女』の原作者でありベストセラー作家です。そんな桂さんが新たに書いた小説の主人公は40代の女性。夫と娘を持ちパン屋を経営するがむしゃらにひたむきに生きる主人公に自分を重ねるアラフォー女性は多いでしょう。桂さんに小説についてお話を伺たった後半です。


夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

夫婦の究極のコミュニケーションは“セックス”。一体それはなぜなのか?なぜセックスをしていると夫婦関係が良好になるのか。セックスレスではなくセックスがある方がいい理由とは?これまで数万組の夫婦の悩みに答えてきた、夫婦仲相談所所長の三松真由美さんが解説してくれます。


更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

更年期あるある「動悸・息切れ」の予防や改善、対策方法 【更年期は人生が輝くチャンス #44】

その動悸・息切れ更年期かもしれません!最近、階段を上るだけでも息切れがする…そんな症状にお悩みなら更年期を疑うべき?更年期の専門家ちぇぶら代表の永田京子さんに動悸・息切れが更年期にどう関係があるのか、どうしたら改善するのか対処法も教えていただきました。


家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

家族はチーム パパが“アウェイ感”を感じているかも ファザーリング・ジャパン安藤哲也さんインタビュー<最終>【#FocusOn】

これさえ読めば夫がイクメンに!?ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんに夫を“イクメンにする方法”をインタビューした最終回。夫をフラリーマンにさせない方法やセックスレスにならないためのコミュニケーション術も教えてもらいました。笑っている父親を増やしたいという安藤さん。父親が笑顔なら妻も子どもも笑顔になる!


2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年4月 後半編(4/15~4/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。4月前半の運勢のポイントを要チェックです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://karter-kiev.net

http://www.antibioticlistinfo.com/

https://start-sport.com.ua