産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

歯と出産には関係があるのでしょうか? 今回は二人目出産後、歯が弱くなったと感じている40歳の方からのお悩みに助産師でバースコーディネーターのやまがたてるえさんにお答えいただきます。


Q.二人目を出産後、歯が弱くなった気がします。関係あるのでしょうか?

一人目の時は感じませんでしたが、39歳で二人目を出産後、歯が弱くなった気がします。歯茎は腫れるし、歯磨きをしていても小さな虫歯が見つかります。やっぱり出産すると歯が弱るのでしょうか?

妊娠・出産という命の育みからの体の変化

二人の育児がお忙しい中、大切なご自身の体のことへ質問をありがとうございます。今日はご自身の体のなかで大切な口の中の健康について、ご質問にお答えしますね。お子様たちのご年齢が書かれていなかったのですが、まだ未就園児のお子様が二人いたら、本当に毎日がバタバタしていて、3食の食事と家のことでアッという間に時間がすぎていき、倒れるように眠り、夜中に夜泣きで起きて授乳…、そんな毎日なのではないでしょうか?

妊娠出産という命の大きな育みで、母体からは沢山のエネルギーが奪われます。それ以外にも体にはさまざまな変化が起きてきます。妊娠中に女性ホルモンのバランスの変化で虫歯ができやすい傾向になるともいわれています。(妊娠中の歯科検診が重要なのはこのことも理由の一つです)

特に二人目出産後に体の変化を強く感じるのも、加齢による女性のカラダの変化も重なっているからかもしれません。本当に驚くような変化が出てきますよね。今回の歯が弱くなったように感じるということもその一つです。もしかしたらすでに妊娠中にできた虫歯が症状をだしてきたのかもしれませんね。

自分の時間を意識してみる

私自身も二人の娘たちが成長していくなかで、長女が幼稚園になるまでは毎日必死の出来事の連続でした。そんな中で自分をメンテナンスする時間って本当にありませんでした。そもそもその当時誰もそういうことを教えてくれなかったというのが現実です。今こうしてこの記事を読むのもほんの数分の隙間時間だと思います。ですがほんの数分の「自分時間」をぜひ意識してとるようにしてみて下さい。

たとえば、これは子どもさんの虫歯予防で必ずお話しをしていることですが、何か召し上がったあとにお水や糖分の入っていないお茶などをのみ、口の中をすっきりさせることを意識してみてください。そして土日すこしでも自分時間がとれるようなら、デンタルフロスを使ってケアをしてみるなど、小さな自分ケアを習慣にしていきましょう。お勧めは「白湯をのむこと」です。ぜひ試して見てくださいね。

小さな日常生活の行動にフォーカス。特に食事!

子育て中のママたちに行ってほしい事の一つに食事の時間を大切にする。ということがあります。食事を作る際に栄養素について考える方は多いと思いますが、もっともやってほしいことは「噛むことを意識する」ことなんです。

毎日に追われて急いで食べていませんか? また、忙しいからつまんで食べてあわてて飲み込んで、さっき食べたから子どものご飯を先に食べさせて、そうこうしているうちにお風呂の時間に…寝かしつけが終わって、パートナーが帰ってきてお腹がすいて一口二口つまんで・・・と、とにかくあわただしい中で自分がよく噛んで食べるコトなんて意識しませんよね。

実は咀嚼することで唾液の分泌が増え虫歯が予防されるんです。また、味見をしたり、子どもが残したものを食べちゃうことも多々ありますよね。そうすると量はたくさんではなないけれど食事回数も増えます。そうすると長い時間口の中の状態が虫歯になりやすい環境になってしまいます。一度自分がどのくらいの回数噛んで食事をしているか確かめてみて下さい。意外と少ないと思います。しっかり咀嚼すると虫歯予防になるだけでなく、消化吸収もよくなり、子育てママの健やかな体づくりにも役立ちます。また、最近は託児室付きや保育士さんのいる歯科医院も増えてきています。定期健診を定期的に受けてお口の健康を保っていきましょう!

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

女性ホルモンのバランスの崩れと共に生理が不順になる女性も多いそうです。このまま閉経してしまうの…? となかば恐怖に感じている人も多いかもしれません。それを踏まえて


5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

今回は知らない人が聞いたら少しびっくりしてしまうかもしれません。が、幼少期の自慰行為は男女問わずあるんです。しかし親としてそんな場所を発見してしまったら少なからずショックを受けると思います。そこで今回も助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんにお話を伺いました。


セックスすると痛い… 病気でしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#7】

セックスすると痛い… 病気でしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#7】

アラフォーからの性教育第7回目は「最近、夫とセックスするのに痛みを感じるようになった」というお悩みです。年齢を重ねたらしょうがないことなのか…それとも、なにか別に原因があるのか…? 助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


母子家庭 小5息子の性教育 どうしたら?【アラフォーからの性教育 Q&A#6】

母子家庭 小5息子の性教育 どうしたら?【アラフォーからの性教育 Q&A#6】

アラフォーからの性教育第6回目はシングルマザーとして息子を育てるママから、男の子の性教育をどうしたらいい? というお悩みです。3人に1人が離婚しているという現代、シングルマザーも増えています。母と父、両方の顔をもたなければいけないママのシビアなお悩みに助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんにお答えいただきます。


出産してから尿漏れするように… 改善法を知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#5】

出産してから尿漏れするように… 改善法を知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#5】

アラフォーからの性教育第5回目は出産してから尿漏れするようになった…と悩んでいる女性です。自宅ケアなど病院に行かずに治すことはできるのでしょうか? 助産師でありバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

あれ? 最近急に夫の体臭が気になるようになった。これってもしかして加齢臭? ニオイは、なかなか本人が気がつきにくいため周りも言い出すのが難しい問題ですね。特に男性は身体について加齢を指摘されるのを嫌がります。さり気なく言うなら、本人以外の話題で持ち出すのが吉。どう対処すれば良いか、おすすめの方法をご紹介します。


セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

もはや社会現象ともいえるセックスレス問題。多くの家庭で多くの夫婦がこの問題に直面していることでしょう…そんなセックスレスに美髪がどう関係するのか⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美先生にお話を伺いました。


美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#5】

美肌のプロ直伝! 効果的な「日焼け止め」の使い方【アラフォーから始める美肌作り#5】

一年中しっかり日焼け止め対策をしている優秀なアラフォー女性も多いと思いますが、実は季節や場所によって使い分けた方がいいってご存知ですか? 漫然と同じ日焼け止めをつけていればいい…という簡単はものではないようです。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング