【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(7)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(7)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。そこで過去の辛い記憶が蘇る…。


第一話を読む
第二話を読む
第三話を読む
第四話を読む
第五話を読む
第六話を読む


 今日子は階段の欄干につかまりながら、スリッパを階段にこすり合わせるように昇っていった。屋上へ向かいながら、テレビドラマのワンシーンを思い出した。女刑事が赤いヒールをカンカンカンと鳴り響かせて階段を駆け上がり、容疑者を追い詰めていく。その勇ましい姿に比べて、レンタルのくすんだグレーのパジャマと、病院から借りた擦り切れたスリッパの自分はまるで天と地だ。私は不甲斐ない女だと今日子は悲しくなった。

 階段を昇り切った踊り場にあるドアのノブを回した。秋の夕刻の光が屋上に忍び寄るように鈍く光っている。屋上を覆うような高い柵を見上げると、柵の合間から夕焼けが見えた。

柵を飛び越えることが不可能だとわかると、弱々しく地面にしゃがんでしまった。

 昼下がりの午後、左耳たぶにほくろがある看護師に叱咤されてからベッドで泣いているうちに、いつの間にか眠ってしまった。病室に差し込んでくる光が眩しくて目が覚めると、急に怖くなって、慌てて病室を出た。だがたちまち途方に暮れて、病棟をあてどなく歩いているうちに、非常階段を昇って屋上にたどり着いたのだ。
 
体から力が沸いてこない。流産をしたという現実が再び今日子を襲った。子供を育てきれなかったお腹にぽっかり穴が開いたような空洞。怖かった。思わずお腹をおさえた。すると流産する前の江口との激しいやり取りが蘇ってきて、涙があふれてくる。

 ふと背後に人の気配がしたので、慌てて振り返った。一人の女性が屋上の端に立って、柵からじっと階下を見下ろしている。裸足のままだった。危険を感じた今日子は駆け寄って、「寒くないですか」と声をかけた。

今日子よりも少し若い女性だった。背は今日子よりも10センチぐらい低かった。うつろな目で首を横に振りながら、「高い柵ですね」とため息をつく。屋上にやってきた目的が自分と同じだとわかると、今日子はなんだかほっとした。

「そうですね」

と頷いたが、「でも簡単に死ねないですよ」とまっすぐにその女性を見つめた。「死んではいけないわ」と語気が強くなった。

「死にたいってわかるのね。あなたも、ひょっとして」
 
うつろな目が、猫のような鋭いまなざしに変わった、が、たちまち暗い表情を浮かべた。

「死にたくなって、ここに来た。でもこの柵じゃ無理」

 目の前の柵を超手でつかんで、何度も揺さぶりながら泣いている。今日子は思わず両手で抱きしめた。さっき病室で耳たぶにほくろのある看護師の前で泣いた自分を重ね合わせながら、一緒に号泣した。

「もっと苦しんでいる女性がいるのよ」

泣きじゃくる今日子の背中をさすりながら、看護師が言った言葉を思い出した。

「悲しいのはあなただけじゃないの。この病院には、あなたよりももっと辛く苦しい女性たちがこれまでたくさんいたの。あなたは事故で子供を失ったけど、自ら決めて産めなかった女性たちはもっともっと辛いの。あなたは、そんな女性たちよりもずっと恵まれているわ。だからこれからしっかり生きて」

 しっかりと生きて、と生きることに正義を掲げられても、その気になれないことだってある。5年前のあの時の今日子は、しっかり生きることへの反発から衝動的に、屋上へと向かっていったのだ。

言葉で「強く生きる」といっても、心は悲しみでいっぱいだ。悲しみの心をねじふせようとしても、どうにもならない苛立ちが今日子を駆り立てた。だが目の前で泣きじゃくっている女性は、看護師が言うように、産むことを諦めなければならなかったのだろう。人生の最悪なことが起こってしまった女性なのだ。

 でも可哀相だとは言いたくなかった。悲しみを比較することなどできないから。

「泣きたいだけ泣いていいよ」

と今日子は、さっき看護師がさすってくれたように、悲しみに打ちのめされて死にたくなっている女性の背中をさすり続けた。

時には、同じ苦しみを持っている者しか、分かち合うことができないこともある。一人一人の悲しみを全て想像できるほど、人は心の包容力が十分にあると言えないからだ。共有できる悲しみがある者同士が互いにぬくもりを感じ合うことは、実は幸せなことかもしれない。たった一人で孤独を抱えることよりもずっと。

 素足の女性の涙がパジャマに浸透すると、いつの間にか今日子はこの女性に感謝していた。悲しみを全身でぶつけてくるこの女性には、今日子に対する哀れみがなかったからだ。自分の悲しみに没頭している女性を、今日子は愛おしいと思った。このままずっと背中をさすり続けていたかった。

-つづく-


作家 夏目かをる



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連するキーワード


夏目かをる 恋愛小説

関連する投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(15)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(15)

いよいよ最終回。周囲の反対にあい望まれない出産を選択した千恵を見て今日子は何を思うのか。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(14)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(14)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。過去の自分の隠しておきたかった出来事を百合に告白し涙が止まらなくなる――。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(13)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。ミステリーだった過去からの手紙の理由が明らかになって安心する今日子だった。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(12)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。助けた妊婦は無事に出産できたが、身元不明だという。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(11)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(11)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子。思わぬことで妊婦を助けることに…。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://www.antibioticlistinfo.com/

книжный онлайн магазин