42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

42歳 生理不順です… もしかして閉経?【アラフォーからの性教育 Q&A#9】

女性ホルモンのバランスの崩れと共に生理が不順になる女性も多いそうです。このまま閉経してしまうの…? となかば恐怖に感じている人も多いかもしれません。それを踏まえて


Q:最近生理がどんどん不順になってきてしまっています。このまま閉経してしまうのではないかと不安です。

【お悩み】
ストレスのせいなのか加齢のせいなのかわからないのですが、最近どんどん生理が不順になってしまっています。まだ42歳のなのにこのまま閉経してしまうのかと心配です…。42歳で閉経することってあるのでしょうか? またこれって更年期なのでしょうか?

女性ホルモンの波を知ることで見えてくる自分の変化

42歳。私も同じアラフォー女性として同じような経験があります。すべての女性がこんな風に自分の月経(生理)の変化を見つめる時期にちょうど入るサインなんです。なによりも、こうやって自分自身の変化に疑問をもったり、不安になれるってそれだけ自分のことを見つめているという結果ですよね。気が付いて主体的に女性ホルモンについて知っていくことで、自分の変化を丁寧に見つけるようになれます。素晴らしい質問をありがとうございます。

第一回目にも書かせていただいたように、女性ホルモンには波があります。一つは小さな波として、毎月毎月訪れる月経の波と大きな生まれてから人生を閉じる時までにあるホルモンの波です。

今、月経サイクルが長くなって来たり、経血が少なくなったり、逆に1か月で2回も月経がきてナプキンにかぶれてしまった、2か月以上月経がない…などの変化が起こったのは大きなホルモンの波が下り坂になってきたよ。というお知らせの一つでもあります。

基礎体温を測っているとそのホルモンの波の把握がよりシンプルにわかりやすくなったりもします。自分の体の声のような形で月経の変化が自分の変化を教えてくれるのです。

閉経って怖いこと?答えはNO!change of lifeの人生のシフトチェンジ!

大きなホルモンの波の低下はどんな女性にだって訪れるものです。そして、閉経の平均年齢は50歳。その前後5年の期間のことを更年期といいます。どんな女性にも訪れるモノです。「更年期=具合が悪く、辛く苦しそう、大変そう」というイメージがあるかもしれませんが、英語では「change of life」といいます。日本でも「更年期」を「幸年期」に変えたほうがいいと思います。ちょっと気をつけなきゃいけないのは「幸せ」という字も一本足りないと「辛い」になってしまいます。

実はそのイメージや一本足りないって、「知識や経験」だったりするのかな、と思っています。閉経や更年期は体を今まで健康にするようにサポートしていた女性ホルモンが減少することで「未病から病気」へ傾きやすくなる傾向にありますが、それを知っていると知らないでは大きく違います。

怖がらず、自分の体をしっかりと知りながら、人生を楽しむためのシフトチェンジのチャンスが訪れたと思ってみましょう!

かかりつけ婦人科との出会いを楽しむ

以前の記事でも婦人科への敷居の高さをたびたび書いておりますが、自分の体のことを知るために、ぜひ婦人科を受診することを恐れないでください。自分の体のことを知っていきることはプラスの効果がたくさんあります。特に、このホルモンバランスっていうのは目に見えるモノではないです。

逆に採血をするとわかることがあります。ホルモンの波の時期もありますから、採血時期で多少ホルモンの数値的には変化があるかもしれませんが、今の自分のホルモン状態を知って、必要があればホルモンをサポートしてもらう治療もありますし、漢方薬などの治療もあります。

また、平行して自分の人生のために自分でエクササイズや栄養面などで出来るケアももちろんあります。

病院にかかりたくないから、自分で出来るコトだけ…、と必死になる前に、いったん「今、どんな状況?」と把握することがスタートになります。またがん検診にいかれてなかったりしたら、なおさら一度この機会にチェックしてみてくださいね!

最近は女性専門外来やアロマを取り入れた診察をされている先生など、先生たちも女性たちの健康のためにたくさんの角度からサポートをしてくださっています。

病院受診の際は自分の最終月経の日の把握や、もし可能であれば基礎体温表などもあるとより月経リズムが先生にも共有しやすいです。体温を測って自分自身が自分のことを把握できるという長所もあります。妊活おわったからもういいや~。ではなく、習慣として月経リズムが気がかりな時はぜひトライしてみて下さいね。

人生100年時代の今、QOL(クオリティーオブライフ)を考えたときに、閉経前後に婦人科をリラックスした気持ちで受診することが当たりまえという文化がこれからの日本には必要だと思います。

ぜひ素敵な婦人科医との出会いを探してみてくださいね。

助産師・バースセラピストやまがたてるえ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

等身大の母から伝える「いのち・こころ・からだ」をテーマとした講演、お話し会や、雑誌などがメディアにも取り上げられている。

関連する投稿


“LGBT” 友人が同性愛をカミングアウト どう接すればいい?【アラフォーからの性教育 Q&A#

“LGBT” 友人が同性愛をカミングアウト どう接すればいい?【アラフォーからの性教育 Q&A#

性的マイノリティの方々の情報が世の中に出てくるようになりました。しかし、LGBTの友人がいるという方は少ないのではないでしょうか?告白することはとても勇気がいることです。勇気をもって伝えてくれた友人にどう接すればいいか。変な偏見を持つことなく、友人として大切に関係を育みたいですよね。そんなヒントを教えていただきます。


親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

親から子への性教育 何歳で何を教えればよいでしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#12】

様々な情報があふれる昨今、子どもに早いうちからきちんと性教育をしたいと思う親が増えています。しかし実際どのようにいつから始めたらいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきましょう!


産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

産後、歯が弱くなったかも… 出産と歯の関係とは?【アラフォーからの性教育 Q&A#10】

歯と出産には関係があるのでしょうか? 今回は二人目出産後、歯が弱くなったと感じている40歳の方からのお悩みに助産師でバースコーディネーターのやまがたてるえさんにお答えいただきます。


5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

5歳の娘が? 「子どもの自慰行為」の対応法が知りたい【アラフォーからの性教育 Q&A#8】

今回は知らない人が聞いたら少しびっくりしてしまうかもしれません。が、幼少期の自慰行為は男女問わずあるんです。しかし親としてそんな場所を発見してしまったら少なからずショックを受けると思います。そこで今回も助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんにお話を伺いました。


セックスすると痛い… 病気でしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#7】

セックスすると痛い… 病気でしょうか【アラフォーからの性教育 Q&A#7】

アラフォーからの性教育第7回目は「最近、夫とセックスするのに痛みを感じるようになった」というお悩みです。年齢を重ねたらしょうがないことなのか…それとも、なにか別に原因があるのか…? 助産師でバースセラピストのやまがたてるえさんに教えていただきます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


そもそも「遺言」とは? その効力や書き方について【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #3】

そもそも「遺言」とは? その効力や書き方について【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #3】

こんにちは。弁護士の中川みち子です。♯1と♯2で相続や相続放棄についてお話しましたが、主に民法で定められた法定相続の内容でした。今日は、「遺言」を作成して法定相続と異なる人や割合で遺産を分ける場合についてお話します。


「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

「いつか結婚はしたい」と祈るだけ 運命の人を信じて待つラフォー【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #23】

いつか結婚したいけれど、男性と出会う機会をつくろうとしないままアラフォーになった女性達。理由を探っていくと「婚活するのはガツガツしていてイタイって思われそう」「この年で婚歴ナシって何かあるっておもわれそう」と周りを気にしてばかり。自分のことなのに周りにばかり振り回される自分の軸がない女性達の実態と打開策をまとめました。


宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月18日(月)~6月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

浮気夫に復讐したい! 仕返し方法ばかり考えてしまいます【夫婦問題お悩み相談室 #17】

夫が浮気…ショックですよね。復讐したくなる気持ちすごくわかります。ですが、本当にそれでいい結果を生むのでしょうか?人生はまだまだ続きます。自分の本当の気持ちに向き合って、いい人生を歩むにはどうしたらいいか、お話したいと思います。


嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

嫁姑問題 夫に理解してもらうには?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #75】

あれこれと家庭のことに口を出しては、干渉してくる姑。何とかしたいと思っても、角が立つことを考えると強いことは言いにくいですよね。こんなときこそ夫を頼りたいのに、我関せずの夫は何もしてくれない……。夫の無関心を止めるには、協力が必要という意識を持たせることが必要です。嫁姑問題に夫を向き合わせる方法についてお話します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング