セックスに淡泊な夫… 私から誘ってばかりで辛い【夫婦問題お悩み相談室 #13】

セックスに淡泊な夫… 私から誘ってばかりで辛い【夫婦問題お悩み相談室 #13】

夫婦問題カウンセラーの私のところに寄せられる相談で、「妊活」や「セックスレス」に関するご相談が最近とても多くなりました。誰にでも話せる内容ではないので表面化していないだけで、案外多くの女性が一人悶々と悩み苦しんでいるのかもしれませんね。今回は、そんなセックスレスの悩みをもつ妻からの相談です。


【お悩み】 セックスレスになってしまいました。私は性欲があるのに、夫からは誘われないので辛いです。浮気はしたくありません。

39歳の主婦です。結婚当初からあまり夫とはセックスがなかったのですが、子どもが生まれてから、ますますなくなってしまいました。今は一か月に一度あればいい方です。それも私から誘うばかりで夫から誘われることはありません…。私はもっとセックスしたいなと思っているのですが、浮気はしたくありません。どうしたら夫が積極的にセックスをするようになるでしょうか?(Bさん・39歳)

「セックス」や「妊活」で悩む妻が増えている!?

ひと昔前に比べ、だいぶオープンになってきたとはいえ、日本では、まだまだ性に関する話題はタブー視されています。誰にも相談できないと一人モヤモヤと悩んでいる女性は意外と多いのではないしょうか。最近、カウンセラーである私のところに寄せられる相談も、「妊活」や「セックスレス」など、性に関する内容が増えています。

Bさんのお悩みを整理してみます。
「性欲があるのに、夫が応じてくれない。浮気はしたくないがどうしたらいいでしょうか」という内容です。性欲があるのにセックスレス状態で満たされない。もっと、夫が積極的になってくれたらいいのに、と望んでいます。自分の性欲を満たすための浮気はしたくない、と考えているBさんですが、その心の奥にある本音について探ってみましょう。

「セックスレス」の定義とは?

そもそも「セックスレス」とはなんでしょう。一般的なセックスレスの定義は、「特殊な事情が認められないにも関わらず、カップルの合意した性交、あるいはセクシャル・コンタクトが1ヶ月以上なく、その後も長期に渡ることが予想される場合」(日本性科学会)とあります。

セックスの頻度は各家庭によって異なり、何年もの間、セックスレスの夫婦もいます。私の過去のご相談で、お付き合いから結婚後5年もの間、一度も肉体関係がないという方がいらっしゃいました。夫婦の一方に不満があるのなら問題となるのですが、こちらの場合は、夫婦関係として成り立っていたのです。ご相談者は、「我が家はこれでいいけれど、よそと比べておかしいのでしょうか」と不安を感じてのご相談でした。

これは特殊なケースかもしれませんが、このような例もあり、夫婦によってセックスに対する解釈や捉え方は異なります。レスだからといって、悪いわけでも間違いでもないないのです。

Bさん夫婦の場合は、一ヶ月に一度程度は性交渉があるので、セックスレスと断定しなくてもいいのではないでしょうか。ご主人は、Bさんからの誘いを拒否するのではなく、応じているのですから、望みはあると思います。

「浮気はしたくない」に隠された本当の気持ちとは

「浮気はしたくない」というBさん。その言葉の奥にある、Bさんの本当の思いとはなんでしょう。性欲があるので、他の男性と関係を持ちたいけれど、不倫によって家庭を壊したくない、ということでしょうか。この辺りは、詳しくお話を聞いてみないとわかりませんが、いまの結婚生活は壊したくない。つまり、ご主人ともっと仲良くしたい、そして、ご主人にもっと愛されたい。ご主人に抱かれたいというのが、Bさんの本心ではないでしょうか。

それができなくて「寂しい」のではないかと思います。ご主人への思いがあるとしたら、その気持ちをもっともっと大切にしたいですよね。

夫が大切にしてくれないからと、他に目を向けるのではなく、「夫からもっと愛されたい」という自分の気持ちを大切にして、アクションしてほしいと思います。

「夫は大切な人」と自覚して、コミュニケーションをとる

夫婦関係はやはり、コミュニケーションが基本です。

何も聞かずに「夫は淡白」「セックスレス」と結論づけるのは、一人よがりかもしれません。まずはBさんの「寂しい」気持ちを伝えてみてください。そして、夫が考える「セックス」とは何か。どんなセックスを望んでいるのかリサーチしてみることも大切です。男性からはなかなか言いだせないことなので、ご主人が言いやすい雰囲気づくりを心がけてくださいね。

また、ご主人が積極的になれないのは、別の理由があるのかもしれません。仕事のストレス、体調不良、環境、メンタル面などが影響していることもあります。思い当たるフシはありませんか。二人の話合いの中で、こちらも確認できるといいですね。

多くの情報を得ることで視野が広がります。今はネットからも性やセックスに関する情報が得られますし、専門のカウンセラーも大勢います。
Bさんの本心である「夫は大切な人だ」ということを認め、夫婦で情報を共有し、夫婦間のコミュニケーション力を高めてみてください。お互いの気持ちを確認して歩み寄ることで、これからの関係性と展開が変わってくると思いますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?


セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

セックスレス解消に美髪は効果あり⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー

もはや社会現象ともいえるセックスレス問題。多くの家庭で多くの夫婦がこの問題に直面していることでしょう…そんなセックスレスに美髪がどう関係するのか⁉ 夫婦仲相談所所長 三松真由美先生にお話を伺いました。


保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

保育園に預けることを夫が反対 妻は家事育児に専念しなきゃダメ?【夫婦問題お悩み相談室 #15】

共働き家庭が主流となった今の日本。現実問題、夫婦二人で収入を得ないと、生活するのは厳しいと感じつつも、本心は「妻には家にいて、家事育児に専念してほしい」と願う男性も、少なからず存在するようです。今回は子どもを預けて働き続けたいのに、夫の賛成が得られないと悩む妻からの相談です。


子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

昔と違い今は人生100年時代。子どもが独立した後もまだまだ人生は続きます。そのせいか、熟年世代の離婚も増加傾向にありますが、そう簡単には決断できず、離婚に不安を抱えている妻が多いのも事実です。今回の相談者もその一人。熟年世代の離婚について考えます。


夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

夫が抱いてくれない…女として終わってしまったの?【大人の恋 悩める女たち #2】

アラフォーになっても恋の悩みは尽きませんよね…【大人の恋に悩める女たち】は“大人”だからこその恋に悩む女性たちの声を聞き、どう解決したのかを紹介する企画です。今、もしも大人だからこその恋に悩んでいるのなら…ここにそのヒントがあるかもしれません。第二回目は社会問題にもなっている「セックスレス」に悩んでいたAさん(44歳)


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

人生100年時代 中高年・シニアのセックス事情【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#8】

前回より人生100年時代の性への向き合い方について三松先生にお話いただいたいておりますが、今回はより踏み込んで40~79歳のセックス事情とシニア、高齢者セックスについて語っていただきます。「もうセックスしなくてもいいや」と思っている皆様。アラフォーでセックスを諦めてしまって本当にいいのでしょうか?


「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

「ポジティブ心理学」を知っていますか?【幸福度を高める ポジティブ心理学#1】

どうやったら今よりもっと幸せを感じられるようになれるのでしょう。お金がたくさんあったら?あと5kg痩せたら?結婚できたら?いえいえ実は毎日の行動次第で人は幸福な人生を手に入れることができるのです。


知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。Bramanoli世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング