離婚されるかも!モンスター妻になっていませんか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #71】

離婚されるかも!モンスター妻になっていませんか?【幸せ夫婦コミュニケーション術 #71】

ある日突然夫から「もうお前とはやっていけない!」と離婚を言い渡された。私、何も悪いことをしていないのにどうして!? なんていう妻が増えています。夫を尊重せず自分のことばかり優先させているんですね。夫が何も言わないのをいいことに好き勝手していると、いきなりしっぺ返しをくらうかもしれません。あなたは大丈夫ですか?


モンスター妻の特徴

それではモンスター妻とは具体的にどんな女性を指すのか見ていきましょう。

・夫に文句や愚痴ばかり言う
・料理や家事などはいつも適当
・お金の使い方が荒い
・休日は自分の用事が優先
・夫の家族の悪口を言う
・いつも不機嫌でまともに会話しない
・セックスを拒否
・夫や子どもに感情的な言葉をぶつける

いかがでしょうか? モンスター妻とは、夫や子どもなど家族を大切にせず、常に自分の満足中心で生きている女性のこと。上に挙げた特徴以外にも、「言葉使いが汚い」「上から目線で物を言う」など、人間性を疑ってしまうような振る舞いが目立ちます。

こんな妻と一緒に過ごすことは、夫にとって拷問のようなものです。子どもにも良い影響があるはずがなく、さっさと離婚して離れたくなるのは当然。ですが、当のモンスター妻本人は自分に非があるとは思わず、突然の離婚宣告にパニックになります。

そのときになって反省しても、後の祭り。モンスター妻には、家族に見捨てられる結末しかありません。

自分のことしか考えないモンスター妻

モンスター妻は、何より自分が大事。自分が満足することばかり考えているので、家族である夫や子どものことを気にかけることはないし、邪魔をするなら容赦なく怒りをぶつけます。

そこには、「アタシは自由にして当然」という傲慢さが根を張っています。妻なんだから夫のお金を使うのは自由だし、母親なんだから自分の機嫌を損ねる子どもを怒鳴りつけるのも正しいこと。

夫を尊重する言葉もなく、子どもを愛する姿勢もない。それより大切なのは自分のこと。

それが、モンスター妻の実態です。

モンスター妻は自分も不幸にする

モンスター妻と過ごしていても、家族は誰も幸せにはなれません。常に嫌味や文句にさらされ、お金の心配もし、汚い部屋のままを強制されるのは、誰だって耐えがたいことです。

ところが、モンスター妻は家族のストレスが理解できません。「どうして? 私の好きにして何が悪いの?」こんな考えで生きているので、家族の抱える不満や痛みは届かないのです。

夫からすれば、モンスター妻には何を言っても無駄。「家事くらいまともにやれよ」と注意したところで、モンスター妻から返ってくるのは反省の言葉ではなく自分への嫌味の嵐。子どもにはもっと汚い言葉をぶつけます。

そして選択するのが離婚。まともになる見込みがない以上、離れることを考えるのは当然です。

モンスター妻はそうやって家族を失います。離婚したくないと言っても、裁判になれば確実に負けます。心に傷を負わせれば慰謝料の請求も拒否することはできません。自分の好きに使える時間やお金、空間だけではなく、すべての人が去っていく不幸を抱えることになるのです。

モンスター妻にならないためには

夫が働くのを当然とする妻は多いですが、そう考えるなら家事や育児を妻がこなすことも当たり前となります。しかしそうではなく、家庭は夫婦を中心に家族の協力があって成り立つものです。仕事も家のことも、本来は夫婦で話し合って負担が偏らないようにするのが正しいあり方です。

夫から「いつもありがとう」と言われたら、どんな気持ちがしますか? 自分のがんばりが認められていると思えば嬉しくなるはずです。だから仕事も家のこともまた力を尽くしていこうと思います。

それは夫も同じ。「稼ぎが悪いんだから」「役に立たないんだから」ばかり言われていれば、自信も失うし愛情も消えます。逆に、「遅くまでお疲れさま」「がんばってくれてありがとう」の言葉があれば、明日へのやる気が満ちてくるのです。

誰だって、自分の存在が大事にされていないと感じるのは悲しく辛いものです。自分が相手をそう扱えば、相手からも同じ扱いが返ってきます。反対に、相手の気持ちを尊重する姿勢を見せれば、相手も自分を大事にしようとする意思が芽生えます。

結婚生活は自分で選んだ道です。そこには夫を愛する気持ちが確かにあったはず。お互いに愛情を確認しあっていた幸せな時間を、もう一度思い出してください。

自分自身を愛してあげる

忘れてはいけないのは、夫の前に自分自身をしっかり愛してあげることです。それは好き勝手に振る舞うのではなく、自分の本当の気持ちを知ること、強さも弱さも受け入れて「これが私」と知ることです。

自分を信じてあげることが、夫への信頼、夫からの信頼につながります。愛情を受け止めるには器が必要ですが、その器も自分を愛する気持ちから作られます。

夫を大切にできないのは、自分を大切にできないことと同じ。不幸な結末を迎えないためには、自分への愛情を他人に求めるのではなく、まず自分自身で満たしてあげることを考えてみてくださいね。

幸せ夫婦コラムニスト ひろた かおり



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「自分の人生は自分で決める」がモットー。難病の自分を支えてくれた夫との生活が幸せに続くように、と強く心に誓い日々を生きる。

関連するキーワード


モンスター妻 離婚

関連する投稿


「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「子供が成人したら離婚する」彼の言葉を信じていい?【オトナの幸せ恋愛心理術 #18】

「不倫相手の言葉を信じていい?」別居をしていて離婚協議中だというから付き合ったのに、子どもが成人するまでは離婚しないと言い出した! 子どもはまだ8歳。彼の言葉を信じて12年待った方がいいの? 不倫相手との恋の悩みに、心理カウンセラーの鹿屋由佳さんに答えていただきました。


モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

モラハラ夫と離婚したい! スムーズに別れるには?【夫婦問題お悩み相談室 #37】

“モラルハラスメント”略して“モラハラ”という言葉が一般的になりました。「うちも、もしかして…」と感じている妻も多いのではないでしょうか。本当に苦しくて離婚したいと思っていても“モラハラ夫”と離婚するには相当の勇気と覚悟がいると思います。そこでスムーズにモラハラ夫と離婚する方法を夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに教えていただきました。


夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

夫から「好きな人ができた 離婚したい」と言われたら?【夫婦問題お悩み相談室 #20】

いつどうなるかわからないのが結婚生活。ごく普通に幸せに暮らしていたのに、ある日突然、パートナーから離婚宣言されることもあります。今回は、突然、夫から離婚を言い渡された妻からの相談です。ある日パートナーから「好きな人がいる」「離婚したい」と言われたら、あなたはどうしますか?


アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

アラフォーで離婚 その後はどうなる? 【離婚を考えた時知っておくべき知識 #8】

離婚の決断というと、これまで続いた結婚生活を終わりにすることと捉えがちです。しかし、妻にとってはこれから夫と決別し新しい人生を進むための始まりでもあります。そこで離婚の決断前後で起こること、妻が押さえておきたい大事なポイントをご紹介します。


子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

子どもが巣立ったら熟年離婚を考えています【夫婦問題お悩み相談室 #14】

昔と違い今は人生100年時代。子どもが独立した後もまだまだ人生は続きます。そのせいか、熟年世代の離婚も増加傾向にありますが、そう簡単には決断できず、離婚に不安を抱えている妻が多いのも事実です。今回の相談者もその一人。熟年世代の離婚について考えます。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

東神奈川「三国屋酒店」手作り料理が絶妙な昭和9年創業の酒店【中沢文子の女・酒場巡礼#10】

昔、酒店の店先に立ちながら酒を飲むことを「角打ち」といい、北九州発祥といわれてます。現在でもこの形式で飲める酒店があり、東神奈川にある昭和9年創業の「三国屋酒店」もその1つ。現在も、店内で販売されている酒や手作り料理を座りながら楽しむことができます。アットホームな雰囲気で、女性客が気軽に飲むことができます。


バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

バツイチの私、プロポーズされましたが事実婚を望んでいます【オトナの幸せ恋愛心理術 #19】

“事実婚”という言葉がメディアでも多く取り上げられるようになりました。実際、一度離婚を経験すると法律婚をすることに抵抗を持つ人も多いようです。パートナーが法律婚を望んでいる場合、なぜ事実婚がいいのか、というメリットについて正しく伝え気持ちを分かってもらう必要があります。恋愛カウンセラーの鹿屋由佳さんに聞きました。


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
pillsbank.org

unicat.nlb.by

budlux.in.ua