夫の自慰行為 許す?許さない? 男の「セックス感」を知る(3)【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#6】

夫の自慰行為 許す?許さない? 男の「セックス感」を知る(3)【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#6】

セックスレス改善の前にまずは男のセックス感を知る。これはもっとも大切なコトです。そもそもセックスレスを改善したいと思っても、パートナーがどんなセックスを望んでいるのか分からないままでは改善できるわけがないのです!男性によって願望は様々…あなたのパートナーは果たしてどのタイプ?


“エッチのツボ”すなわちターンアウト地点を知る

男性のセックス観を探るべく、TENGAヘルスケアのマスターベションに関する調査結果をもとにお伝えしております。きれいなおねえさんの高品質動画が見たいオーバー30男性が多数存在するということがわかってきました。重要なのは、“エッチのツボ”を知ることですから、我々女性は相手が燃える動画やビデオのジャンルまで研究しておかねばなりません。このシチュエーションでセクシー脳に切り替わるという切り替えポイントです。

鉄道路線で線路をガシャンと分けるくらいはっきり切り替わる瞬間。英語ではターンアウトスイッチと言うので、ターンアウトセックスを知ることがセックスレス改善への1歩です(和製英語だ)。ただし、ざっくり知っておくくらいのレベルで充分なのです。

なぜざっくりでいいの?

夫婦ならだいたいターンアウト地点が分かるはず…と思いがちですが、実は妻には隠している場合もあります。「妻とはこんなこと絶対できない」「妻には隠して風俗でやっている」という男性も少なくないのです。浮気経験がある男性陣に話を聞くと、ボロボロ告白してくれます。「妻はこんなことする対象じゃないから浮気した」「妻はこんなことしてくれないから浮気してる」などなど言い分はもろもろあるでしょう。

「妻には見せないターンアウト地点」。興味津々です。私は男も女もミステリアスな部分を残しておくくらいがセクシースイッチが入りやすいと思うので、ざっくり“エッチのツボ”がわかったら細部まで調べる必要はないと思います。

それではいったい、浮気相手とはどんなことしてるの?? それは相手によって違うので妻の想像を超える世界でもあります。そんなことを妄想していると嫉妬心がうずまき、不細工な顔になってゆくのでやめてください。要は自分の夫のターンアウトを見つけられればいいので、一緒にネット動画を覗いたり、TSUTAYAの大人コーナーに強引に散歩に連れて行くくらいでよいでしょう。
屋外でのシーンに萌えている、全裸でなく一部着衣の女性に萌えている、痴漢系に萌えている、お縛りするのに萌えている、意地悪系に萌えている。ざっくり知っておくくらいでよいでしょう。

余談ですが、妻が求めると「寝かせてくれ」と背中を向けていびきをかく旦那さん。浮気相手とターンアウトしまくり、夜明けまでハッスルし浮気相手があきれて去っていった事例もあります。その女性はきれいなロングヘアで、旦那さんは髪の毛フェチでした。きれいな髪の毛を自分の頬で撫でたり、指に巻き付けることでターンアウトです。奥さんはもちろんベリーショート。つまり男性のターンアウトは簡単なもんでもあります。

マスターベーションを許す妻になれ

著書『モンスターワイフ』(講談社)で、夫のマスターベーションに嫉妬する妻のことを書きました。モンスター名は「ティッシュ嗅ぎ」です。「自分とはセックスレスなのに、一人でするなんてどういうことよ!」と嘆き、ゴミ箱にまるめたティッシュが捨ててあったらクンクンして「一人で出さずに私としてよ」と強要する妻です。ノンフィクションです。

しかし、男性のマスターベーション中にホルモン値調査(日本性機能学会発表済み)を見ると、男性ホルモンのテストステロンが射精までは上がり続けるという結果になっています。射精後、平均値まで戻ります。テストステロンが多い男性は仕事ができて、決断力が強く、リーダーになりやすく、健康体です。今や死語かもしれませんが「男らしい男」の王道なのです。

セックスレスだからと言って、マスターベーションを禁止するような心が狭い妻になってはいけません。とにかく射精することは大切な行為。妻ともしない、一人でもしないとなると、射精する機能が衰えるばかりか、テストステロン上昇の機会もなくなり、ますますセックスから遠ざかります。

もし将来「長いことしてないけど、死ぬ前に一回くらいしとくか」となった時に、勃起しないというシーンは大いに推定できます。セックスレスの夫こそ、マスターベーションはしなくてはなりません。(浮気はダメです。妻が不細工になります)セックスレスで悩んでいる期間だからこそ、夫のひとりエッチは大目に見て、むしろアダルトグラビアを目に見えるところに置いておくくらいの余裕をかましましょう。最近の週刊ポストは、女性から見るとかなり頭が痛い特集が満載で、おすすめです。私はいつもはさみで袋とじを開封しながら、男性の好きな画像をストックしています。世の奥様方に告ぐ。女性の裸とヘアを敵視せず、楽しく愛でて自分もターンアウトするくらいになってください。気持ちに余裕がない女に男性はエロスを感じません。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美

モンスターワイフ 幸せなふりはもうしない (講談社+α新書)

「もう一度、愛される妻になれる」作法を初公開! 女の魅力をなくした妻は一生、夫に抱かれない! カバン荒らし、携帯のぞき、アイドルへの嫉妬。自分自身を省みない妻の暴走が夫の愛を奪う!――妻たちの心に巣くうモンスター退治は容易ではありません。覚悟してください。そのかわり、毒にも薬にもならないキレイゴトなど、一行たりとも書かないことをお約束します。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#26】

Bramanoliでインタビューした中野信子さんの著書「不倫」を読み反論の余地なし! と断言する三松真由美先生。不倫願望が盛り上がるのはなぜなのか? 今回も夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の筆がスパークします!


美尻より崩れ尻、美乳より垂れ乳! 視点を替えるとセクシャルウェポンが増えてくる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】

美尻より崩れ尻、美乳より垂れ乳! 視点を替えるとセクシャルウェポンが増えてくる【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】

美尻より崩れ尻!? 美乳より垂れ乳!? それっていったい…アラフォーにどうやら朗報かもしれません! 夫婦仲相談所 所長 三松真由美さんの筆が今日も走ります!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
http://babyforyou.org

http://kls-agency.com.ua

start-sport.com.ua