【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(2)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(2)

眠れない夜…大人の上質な恋愛小説はいかがですか? 第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く―


第一話を読む


扉を開けると、チャリンという鈴の音が響いた。

「あら、今日子。いらっしゃい」

カウンターの奥に立つマスターのノブミツがグラスを置いた。カウンターには艶のある白髪の背の高い奥村社長が座っていた。 50歳を少し過ぎた奥村は、紳士で誉れ高く、まさに“ロマンスグレー”の魅力的なミドルエイジだ。

「奥村社長、お久しぶりですね」
「今日子さん。相変わらず綺麗だね」
「ありがとうございます。隣に座っていいですか」
「どうぞ」

隣に座りながら、今日子はちらりと奥村の顔を覗いた。奥村は珍しく少し憔悴しているようだった。

「何を飲んでるんですか」
「シャンパンだよ。よかったら、今日子さんもどうぞ」
「いただきます」

ノブミツがシャンパングラスを置くと、奥村が注いでくれた。ラベルにはドンペリとある。

「ドンペリなんて5年ぶりかしら」
「しかも最高級クラスよ」
ノブミツがもったいないという素振りで、シャンパングラスを手に取る。今日子もグラスの縁の近くから香りを楽しんだ。

「『カフェ ソサエティ』では最高級のドンペリも置いているの」
「なわけないでしょ。うちは至って庶民的。優雅ぶっているけどね」
「では、奥村社長の持参」
「そうよ、やけ酒が最高級のドンペリだなんて。さすがは奥村さん」

ノブミツの皮肉に苦笑いの奥村が、ノブミツのグラスにもドンペリを注いでいく。そのしぐさは優雅で、やけ酒を飲んでいるようには見えなかった。

今日子はカウンターをはさんで飲んでいるノブミツと奥村の組み合わせが不思議でならなかった。ジェントルマンの奥村とノブミツは、30年前に二人がヨーロッパに旅行している間に知り合ったという旧知の仲で、ノブミツにとって奥村社長はゲイ以外の数少ない貴重な友だという。

「奥村さんでも、やけ酒飲みたくなる夜もあるんですね」
「そう…その通り。シャンパンがミスマッチだったな…。やけ酒にはバーボンがいいな」
「そうですね。ジンにしたら、アル中になっちゃうかも」
「あら、今日子さん」

ノブミツの目がパッと輝いた。

「『地球に落ちてきた男』をもじったのね。あの映画のラストでエイリアンのボウイはジンでアル中になった」

頷いた今日子が「あの映画のデビット・ボウイ、人間離れした美しさでしたね」とうっとりとした表情を浮かべた。すると奥村が

「監督はニコラス・ローグだね。『赤い影』は光と音と色の洪水のような映画だった」

奥村が映画通とわかると、いつの間にか映画の話題に花が咲いて、シャンパンがあっという間に開いてしまった。

「楽しいわね、奥村さん」
「ああ、失恋した男に見えないだろう」

奥村の憔悴の理由が失恋とは……失恋に最も遠い世界に住んでいるような風情の奥村の静謐な横顔は少し寂しげだった。

「奥村社長が失恋するくらいだから、あたしは今年100回以上失恋しそう」

おそらく失恋の相手は、奥村が交際していた28歳のインテリアデザイナーだろう。店で一度見かけたことがある。肩までかかるセミロングヘアに、清楚なイメージの女性は、ぎらぎらとした野心をひた隠しにしていると一目で今日子は見抜いた。だがロマンスグレーの奥村の恋は心から応援していた。

「インテリアデザイナーの勉強になるからと言って、奥村社長が国内外のあちらこちらの有名なホテルに連れて行って、素晴らしいインテリアを見させてあげたのに、他の男とできちゃった婚なんて、酷い女よね」

ノブミツが毒づいた。だが二股をかけられた挙句に捨てられた奥村は、ノブミツに同調するどころか、元恋人を庇った。

「僕も楽しかった。いい思い出になったよ。彼女がいい仕事をしてくれたら、僕も嬉しいよ」

奥村がシャンパンを飲み干した。憔悴していた奥村の目が、少し潤んでいた。やせ我慢をする男は愛おしい。やせ我慢には若い男性にない美学が潜んでいるから。

ジャケットからスマホを取り出した奥村が、「ちょっと失礼」と外へ出た。戻ってくると「会社から呼び出されたよ」とコートを抱えて支払いを済ませると、素早く出ていった。奥村のグラスを片付けながら、ノブミツがぽそりと呟く。

「10年前に奥さんを病気で亡くされて、5年経ってやっと彼女ができたら、失恋だなんて。愛する者が次々にいなくなる人っているのよね。でも奥村さんには幸せになってもらいたいわ。あんな素敵な人はそんなにいないからね」

今日子も深く頷いた。

「でもいい人に限って、悪女に捕まることが多いから。病気で亡くなった奥さまが悪女だとは思わないけど」
「あら」

 ノブミツが意外そうな顔をした。

「今日子って、案外男を見ているのね」
「来年は40歳ですから、それなりに」

と苦笑いすると

「でも男を見ている割には、今日子って、自分の男を見ていないわね」

と辛口パンチを食らった。いつもなら、ノブミツの毒舌をスルーできるのに、今夜は心に突き刺さってズキズキする。

「今日子、あんた、年下の男の前で気を張っているでしょ」。
「年下の男って、健太のことを言っているの」

去年の暮れに健太を『カフェ ソサエティ』に連れてくると、ノブミツは健太の頭のてっぺんからつま先までじろじろ見た。“男による男の品定め”からまるで健太を護るようにすぐさまテーブル席に共に移動した。

「年下って、刺激があっていいけど、疲れることもあるのよね。あたしなんかいつもよ」
「年上でも疲れることもあるわ」

今日子はバッグから転送された江口貴彦からの手紙を取り出してことのいきさつを打ち明けると、ノブミツは意外にも親身になってくれた。

「5年前の手紙……なんだかミステリアスね。もし気になるんだったら。ここで開封して。もし怖い内容なら、一緒に怖がってあげる」

「ありがとう」

ほっとしたものの、差出人の江口貴彦の名前が生々しくて、手紙を開封しようとするがイマイチ力が入らない。

「今夜は無理に開けなくてもいいわよ、今日子」

ノブミツが今日子の手をそっと握った。

「過去ってある日突然どっと押し寄せてくるものなの。そんなときは、通り過ぎるまで待っていた方がいいわよ」
「マスター…私…」

ふいに涙がどっと溢れてきた。この5年間泣いたことのないのに、涙はどうして予告せずに訪れるのだろう。バックからハンカチを取り出すと、それがまるで引き金になったのか次々と涙が溢れてくる。


「今日子はね、今日子って女はね、いつも戸惑っているの。戸惑いながら、必死に前を見ようとしているの。そんな飴細工のような繊細さと、乗り越えようとするパワーをわかってくれる男を見つけなさいよ」

ハンカチを握る今日子がこくんと頷くと、チャリンと鈴の音と同時に扉が開いた。

(つづく)


作家 夏目かをる



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ワーキングウーマン2万人以上の取材をもとに、恋愛、婚活、結婚をテーマにコラム、ルポ、小説など幅広く活動中。

関連するキーワード


夏目かをる 大人の恋愛小説

関連する投稿


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(8)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(8)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。そこで自分と同じような辛い体験をした女性に出会う。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(7)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(7)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。健太の浮気現場を見てしまい動揺した今日子は交通事故にあい病院に搬送されてしまう。そこで過去の辛い記憶が蘇る…。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(5)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(5)

第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。そして作家・氷室恭介のパーティ会場で健太の浮気相手を名乗る女性から健太が他にも年下の女性と付き合っていると聞かされる。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(4)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(4)

眠れない夜…大人の上質な恋愛小説はいかがですか? 第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く。この日、今日子は百合と共に作家・氷室恭介のパーティへと出かけて行った。


【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(3)

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(3)

眠れない夜…大人の上質な恋愛小説はいかがですか? 第二章、WEBメディアの編集長としてキャリアを積む独身・今日子は年下の彼氏・坂口健太との順調な恋愛を楽しんでいた。そんな時、5年前に別れた江口貴彦から手紙が届く―。動揺を隠せない今日子はノブミツのバーへ。優しいノブミツの言葉に今日子の目から涙が溢れてきた。


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。Bramanoli世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

あれ? 最近急に夫の体臭が気になるようになった。これってもしかして加齢臭? ニオイは、なかなか本人が気がつきにくいため周りも言い出すのが難しい問題ですね。特に男性は身体について加齢を指摘されるのを嫌がります。さり気なく言うなら、本人以外の話題で持ち出すのが吉。どう対処すれば良いか、おすすめの方法をご紹介します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング