徹底小じわケア!目元のたるみ プリンと上がるマッサージ方法

徹底小じわケア!目元のたるみ プリンと上がるマッサージ方法

目は心の窓と言いうとおり、年齢が最も顕著にあらわれやすい部分といえば、目元ではないでしょうか。シミやしわ、たるみなどがあると、なんとなく見つめられるのが恥ずかしくなってしまいますね。そんな目元のトラブルをケアするスキンケアとマッサージ方法をご紹介します。


なぜ目の周りは老化しやすいの?

同じ皮膚でも、一番最初に老化があらわれるのは目元。

その理由はいくつかありますが、まず、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートだから。他の部分に比べ、皮脂腺が少ない為、環境や体調の変化ですぐに水分が蒸発してしまう傾向があります。

また、毎日アイメイクをしている人は、毎日リームバーなどでメイクを落としていると思いますが、そのリムーバーの洗浄力の強さや摩擦などで、皮膚のキメが荒れて乾燥の原因に。

十分なケアがなされないままだと、皮膚が更に薄くなり、真皮層までにダメージを与えてしまう場合もあり余計目元がダメージを受け、垂水の原因になってしまいます。
 
また、意外と忘れがちなのが、紫外線。紫外線が目や目の周りに刺激を与えると、皮膚のたるみにつながったり、目の疲れ、シミなどが発生しやすくなります。

そのほかには、寝不足や疲れなどもダイレクトに目元にあらわれてきます。このように、目の周りはデリケートな上に、老化によるたるみにつながりやすい原因がたくさんあるのです。

目元のたるみをぷるんと上げるツボ

目の周りをはじめ、顔には沢山のツボが集まっています。ツボは東洋医学では、気の通り道とも言われ、適切な方法で刺激を与えることで老廃物や毒素を排出し、新陳代謝を高めると言われています。

特に顔や目の周りのツボは、エイジングケアに高い効果を発揮してくれますので、覚えておくと良いですよ。

【目元のたるみをぷるんと上げるツボ】
印堂(いんどう):シワ、ハリ
頭維(すい):血行促進
晴明(せいめい):シワ、ハリ
太陽(太陽):シワ、シミ
球後(きゅうご):目の下のクマ、小ジワ
四白(しはく):シミ、シワ、むくみ、くすみ

目元のたるみに効くマッサージ方法

目の周りのツボの位置を抑えたら早速マッサージに入りましょう。

目の周りの皮膚は非常にデリケートなので、過度な摩擦ず、ツボを押す時は、力を入れ過ぎないように注意しましょう。特に四白、承泣などの目の真下にあるツボは、強く押しすぎることであざになってしまったり、目自体に痛みを感じることもあります。

【マッサージ方法】
両手で目を覆うようにし手の温かさで血行を促進させます。
目はつぶったままで、瞼の部分は擦らずにその周囲をゆっくりとマッサージしていきましょう。
基本は内側から外側の方向で手を動かしますが、ツボの部分は2~3秒ほど長めに押すようにすると効果的。

老廃物を流すように、内から外へとゆっくりと手を動かし、最後に首筋や鎖骨、脇の下の順にさすっていくと、更に効果が高まります。これはリンパ管が通る道筋で、この管を通って顔の老廃物が排せつされていきます。

マッサージをする際は、化粧用のオリーブオイルや100%の天然のキャリアオイルを使用すると滑りが良くなり、保湿効果もあるのでおすすめですよ。

目元のマッサージの効果はスキンケアでより高める

一度マッサージをしただけでずいぶんと目元が生き生きしてくるのを感じるでしょう。

たるみが改善するスピードには個人差があり、数回で劇的に改善する人もいれば、なかなか改善のスピードがゆっくりの方もいます。

大切なのは毎日継続して行うということで、焦りは禁物です。もともと顔がむくみやすい人や冷え性の人、代謝が悪い人は老廃物が多く、リンパの流れが滞っているケースがあります。

マッサージの効果を高めるコツとしては、よりリラックスした環境の中で、身体を温めながら行うということです。湯船につかりながらでもOKですし、夜寝る前でもいいでしょう。また、きちんとメイクを落とした清潔な肌の上で行って下さい。
 
メイク落としのオイルやクリームを使って洗顔がてら行う人もいますが、それはNG。たるみ改善どころか、老化を早める原因になります。特に目のまわりはデリケートなので、メイクの成分や化学成分が皮膚を傷つける恐れがあります。

清潔な肌の上で良質なオイルを使うということをしっかり守り、丁寧に行うことが、美への一番の近道です。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美は健康から。いつまでも自分らしくいるために。

関連する投稿


シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

シミと肝斑の違いとは? アラフォーからのシミケア方法【アラフォーから始める美肌作り#18】

アラフォーになり、肌の衰えを感じる人も多いと思いますが、なかでもシミや肝斑…「こんなところにこんな大きいのあった!?」といきなり出現するのがシミや肝斑です。いったいどうすればシミや肝斑に悩まされなくなるのか。ケア方法をスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんの教えていただきます。


まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

まぶたの痩せ… ハリのない目元が気になる時は【アラフォーから始める美肌作り#14】

年齢を重ねると重力に逆らえず肌はどんどん垂れてきて、膨らみはしぼんでいく…。でもしっかり浮腫みは出るのが憎らしい…。美しいハリのある目元を取り戻すにはどうしたらいいか、スキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに伺いました。


内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

内側から潤う♪ 40代しっとり肌作りのコツ【アラフォーから始める美肌作り#12】

毎日のスキンケアだけでは潤いがおいつかないのがアラフォーの肌…なぜそうなってしまうのか、どうしたら内側から潤うのか、内側から潤うとどんな風にいいのか、などについてスキンケアアドバイザーの松瀬詩保さんに教えていただきました。


かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

かずのすけの“しない美容” 掃除用の洗剤はそんなに悪くない

メイクVS最新科学!必要最小限で効率よくキレイになるには? 「しない美容」とはできるだけ手間を省いて必要最小限のスキンケアだけでお手入れしましょうという考え。『大人女子のための美肌図鑑』の著者で美容科学者・かずのすけさんの著書の一部をご紹介です!


目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

目の下のたるみ「ゴルゴライン」のケア方法【アラフォーから始める美肌作り#11】

「ゴルゴライン」ってご存知ですか?目の下のたるみがまるで、ゴルゴ13の目の下のシワのように見えることからつけられた名称です。これができると一気に老けて見えますよね。ゴルゴ線ができないように松瀬詩保さんにしっかり教えていただきましょう!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

人生100年時代、更年期は折り返し地点 メノポーズカウンセラーセッション!<第一回>【#FocusOn】

更年期の女性の悩みに寄り添い対策を共に考えてくれる“メノポーズカウンセラー”。人生100年時代といわれる現代において、更年期以降の人生はおよそ50年続きます。更年期をどう過ごすかが、その後の人生に大きく影響しそうです。そこで、更年期の女性に寄り添い悩みを共に解決してくれるメノポーズカウンセラーの3名に集まっていただいて、更年期とは? 更年期とどう向き合えばいいのか? などについて話をしていただきました。


宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【6月17日(月)~6月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年6月 後半編(6/15~6/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

更年期から取り組みたい「骨」を強くする体操【更年期は人生が輝くチャンス #48】

女性であれば誰でもリスクを持っている「骨粗しょう症」。どうして骨粗しょう症になってしまうのか? 今回は、からだの内側から私たちを支えている「骨」に焦点を当てて、骨を強くする方法や、体操によるケア方法をお伝えします。


おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

おひとり様の道を歩んでしまって本当に良いの!?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#36】

女性の生涯未婚率は14.06%。生涯未婚率とは50歳の時点で一度も結婚をしたいことがない人の割合です。つまり7人に1人は生涯独身ということです。男性にいたっては23.37%、4人に1人です。このままでは日本はおひとり様大国になってしまいます。そこで今回は夫婦仲相談所長の三松真由美さんにおひとり様人生を歩むということはどういうことか教えていただきます。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
aral supertronic longlife iii sae 5w-30

http://rbt.com.ua

http://rbt.com.ua