夫が会社を辞めて起業すると言い出した! 不安です【夫婦問題お悩み相談室 #12】

夫が会社を辞めて起業すると言い出した! 不安です【夫婦問題お悩み相談室 #12】

会社員、フリーランス、在宅勤務など、働き方が多様化している今、やりたい夢や希望に向かって起業する人が増えています。そしてそんな時代だからこそ生まれる夫婦間の悩みも増加傾向にあるようです。夫に「会社を辞めて起業したい」と言われたら、あなたならどうしますか?


【お悩み】 夫が会社を辞めて、起業すると言い出しました。これから教育費がかかるし、老後も心配です。応援したいのですが不安で仕方ありません。

夫が14年勤めた安定した会社を辞めて、起業すると言い出しました。「起業して社長になる」というと聞こえはいいのですが、まだ小学生の子どもがいてまだまだこれから教育費もかかるし、私たちの老後のことも考えると、心から応援できない自分がいます。夫は仕事ができない人ではない、とわかっているのですがやっぱり不安です。この気持ちをどうしたらいいでしょうか。(Nさん・39歳)

何が正解で何が間違いか、先が読めない時代

将来のことを考えると、「心からご主人を応援することができない」「気持ちの整理ができない」と、悩んでいらっしゃるんですね。確かに、これからかかる教育費や生活のことを考えると、心配は尽きませんよね。

では、シミュレーションしてみましょう。

もし、ご主人が起業をあきらめ、今の会社に勤め続けるとします。二人でとことん話し合い、納得の結論を出した結果ならいいのですが、問題は、ご主人が納得していない場合です。不安でいっぱいのNさんのために、ご主人が妥協し、仕方なく会社勤めを続け、本当の自分を生きていないとしたら…、ご主人は不満が蓄積しいつか爆発しないとも限りません。「あの時、妻に反対されたから」と不機嫌になるかもしれません。

脅すわけではありませんが、たとえいま経済的に安定していても、この状況がいつまでも続くという保証はありません。また、定年まで勤め上げたとしても、その先も長い人生が続きます。生涯現役を目指し、定年後の働き方を模索している人も増えています。

何が正解で何が間違いなのか、先が読めないのが今の世の中です。だからこそ不安も増長してしまうのでしょう。

挑戦する気持ちは、パッション&エネルギー

私は、キャリアカウンセリングの専門家ではないので、具体的なアドバイスはできませんが、感じていることはあります。

私くらいの年令になると、「やりたいことがある!」「どうしてもやりたい!」と強く思う熱い気持は、とても貴重だと感じています。それだけの強い想いは、エネルギーそのものだからです。つまり情熱=パッションですよね。人生はたった一度きりしかないので、そのエネルギーは、やはり大切にしたいと思うのです。

自分が好きなこと、やろうと決めたことは、頑張りがききます。傍から見て辛そうに思えることでも、本人にとってはさほど“苦”とは感じずに続けられる力があります。それが、その人にとっての個性と才能なのかもしれません。

起業したからといって、失敗すると決まったわけではありません。もしかしたら、思わぬ大成功を収めるかもしれません。(もちろん仕事内容の精査は必要ですし、やってみなければわからないので、こちらも保証はできませんが)

夫婦は「運命共同体」!?

夫婦は、基本的に「運命共同体」です。

多くの家庭では、夫婦は、ひとつ屋根の下に暮らし、同じような食事をし、同じライフスタイルを歩みます。「基本的に」と書いたのは、最近は夫婦の形態が多様化しているので、一概に、夫婦は一心同体で、運命も共に生きよう、と声高に言えなくなってきた家族関係・社会風潮があるからです。

今は人生が長くなり、“長生きリスク”もあります。病気や事故、震災があるかもしれません。そんな背景から、これからの結婚は、誰かに頼って生きるのではなく、自立した者同士、互いにリスクに備えながら生きていかなければならない新たな段階に突入した感があります。

夫だけでなく、妻もまた自分の人生を歩んでいく主役です。今は子育てで忙しくても、いずれ子どもは巣立ちます。人生の転換期のいま、妻・母という役割だけでなく、Nさん自身の人生についても、ご主人と一緒に話し合う機会になればと思います。

幸せな結婚生活の秘訣は、コミュニケーション

気持ちを閉じ込めたままでは、いつか歪みを生んでしまうので、お互いの思いを確認する作業はとても大切です。

そして、最終的には「覚悟」なのだと思います。
覚悟とは、夫を「信じるか信じないか」。あなたが「決めるか決めないか」の決断です。私の周囲を見渡してみても、覚悟のある人は違います。「私はこれで生きる」と決め、揺らがない強さがあります。二人の絆が強ければ、たとえ失敗しても立ち直れる強さが備わっているようです。
不安は不安を生むので考えだしたらきりがありません。思い込みが不安を膨らませていることもあります。Nさんは、ご主人のことを仕事ができる人だと信じていますし、応援したい気持ちもあります。その感覚に偽りはないのではないでしょうか? 幸せな結婚生活の秘訣は、コミュニケーションを取ることです。Nさんの不安な気持ちを伝え、ご主人の思いも聞いてみてください。理解を深めることで不安が解消されるかもしれませんよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

セックスレスの不満を照れずに伝える方法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #95】

何となく機会を逃していたら、いつの間にかセックスレスに。そんな夫婦も多いと思います。抱き合いたいなと思うけど、露骨に誘うと欲求不満と思われそうだし、夫にプレッシャーをかけるのもイヤ。そんなときは、小さなスキンシップを重ねてふたりでその気になれるような流れを作りましょう。どんな方法があるか、ご紹介します。


このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

このままでは仮面夫婦… 夫を嫌いになりそうな時に確認したいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #94】

夫婦の危機? ケンカをするのも気まずくなるのが嫌だし、夫に反発することがあっても結局黙ってしまう。そんなことを繰り返しているうちに、どんどん夫のことを愛せなくなってしまいます。関心がなくなると、待っているのは仮面夫婦です。夫に対して嫌悪感を持つ前に、今の状態の改善を考えましょう。まずは自分が変わることが、夫婦の絆を取り戻す第一歩になります。


女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫をする理由は「性欲」か「愛」どっち? 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#27】

女性が不倫する理由とは? 男性は「好きと言う感情がなくてもセックスできる」と言いますが、女性はどうなのでしょうか? 個人差があるので一概には言えないと思いますが夫婦仲相談所 所長の三松真由美先生に教えていただきました。


もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

もうしたくない!! 夫との夜の営みが苦痛です…【夫婦問題お悩み相談室 #32】

結婚生活の悩みとして「セックスレス問題」が取り上げられることの多い昨今ですが、必ずしも「セックスレス」に不満を持つ人ばかりではありません。中には、セックスが苦痛で仕方ないというケースもあるのです。その理由とは? 解決策は? 一緒に最善策を探ってみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

やさしい気持ちになりたい夜 心がじんわりあたたまる絵本を【心をうるおす大人の絵本 # 05】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第五回目はやさしい気持ちになりたい夜に読みたい心がじんわりあたたまる絵本です。


自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

自己中心的な夫に気を使う日々 ほとほと疲れました【夫婦問題お悩み相談室#33】

結婚するとそれまで別々に生活していた他人同士が、ひとつ屋根の下で暮らし始めます。もしもまったく違うライフスタイルで生活してきたふたりがそれぞれ自分勝手に自由気ままに暮らしていたら共同生活は難しいですよね。今回は、自己中心的な夫との暮らしを嘆く妻からのご相談です。


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
代理母

代理母出産

niko auto business