更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期は大人のゆらぎ 40代からはじめるケア方法

更年期障害は、基本的には45歳から55歳の、閉経を挟んだ10年間に起きる障害のことを言います。ですが、最近では「若年性更年期障害」と言って、30代後半から40代前半の女性にも更年期障害が起きることが多いと言います。40代を過ぎたらいつ訪れるか分からない、この更年期障害に向けて日常でできる対策をご紹介します。


現在の食生活を見直してみましょう

まず、更年期障害は女性ホルモンの乱れによって起こる、身体の不調です。全身の機能の全てを統括する自律神経系統などが大きく左右され、さまざまな身体の変化が現れてきます。

そんな時には、まずは栄養バランスの取れた食事をはじめ、毎日の軽い運動やストレッチ、ストレスを溜めないなどの生活習慣を整えることで症状を軽くすることができます。

まずは、食事。
女性は40代を過ぎた頃から次第に女性ホルモンであるエストロゲン(黄体ホルモン)の分泌が減少し始め、やがて閉経を迎えます。

ですから、食事にはこの「エストロゲン」と同様の働きをすると言われている「イソフラボン」を含む、大豆製品や豆腐、また納豆などを毎日の食事に取り入れるとよいでしょう。

また、血流が滞りがちで冷え性という人は、卵巣の働きが弱くなっている可能性があります。卵巣が弱れば、女性ホルモンもスムーズに分泌されません。その為、血流を促し身体を温める食材も、40代からの食事にはお勧めです。

血流を促すために必要な栄養素は、良質なタンパク質を含んだ食事です。血液をサラサラにする成分として有名な「EPA」「DHA」を豊富に含む、赤身の魚などで補給するとより効果的でしょう。

また、身体を温めるには「ショウガ」に含まれる「ジンゲオール」という成分も有効です。毎日無理なく、ショウガを取り入れるにはお味噌汁に入れたり、冷奴に薬味として添えたりすると良いでしょう。

毎日、少しの運動を取り入れる

更年期世代になったら、毎日の生活の中に少しでよいので無理のない程度の運動を取り入れるようにしましょう。

前述の通り、血液の巡りは更年期障害と切っても切れない関係があります。ですから、身体を動かすことによって硬くなった体をほぐし、血液の循環をよくすることが必要です。
その為には、「ウォーキング」や「水泳(水中歩行で可)」、「軽いジョギング」などの「有酸素運動」が有効だと言われています。

有酸素運動とは、瞬発的に筋肉に過度の負荷をかけるような「短距離走」や「筋肉トレーニング」などではなく、ゆっくりと息があがらない程度にできる運動のことです。有酸素運動には、呼吸器や循環器の機能を整えるほか、加齢によって乱れがちになる自律神経を安定される効果もあるとのこと。

もちろん、「絶対に毎日やるぞ!」と、自分の心に負荷をかけてしまうようなことは逆効果です。天候が悪い日や、体調が万全でない日には家の中で軽いストレッチをするだけでも効果があるでしょう。

なによりも「無理せず、続けられる」ような軽い運動から始めるのが良いでしょう。

心を整える

働いている女性、また主婦として子育てや家事に追われている女性・・・私たちの生活は日々、忙しく、そしてそれに伴ってストレスも抱えがちです。

女性の身体はとても繊細にできています。少しのストレスでも、過敏にホルモン分泌などに異常が出てきてしまいます。特に、家庭を持つお母さんなどは家事、育児などでなかなかひとりでゆっくりとできる時間を持てない人も多いと思います。

ですが、そんな生活をずっと続けていると自分でも気がつかないうちにストレスが溜まっていき、心の病となって現れてしまう場合もありえます。

そんな時には、少しの時間を見つけて、ひとりでゆっくりと何も考えないひと時を過ごすのも大切です。また、ひとりになれない人は、たまにはいつもとは違う場所を歩いてみる、足をふみいれたことのないお店に入ってみるなどするだけでも、気持ちが少しリフレッシュされるでしょう。

アロマの香りで心身ともにリラックス

就寝まえには灯を落としてアロマなどを楽しむのも良いでしょう。自律神経を整えるのに有効なアロマは、以下のようなものがあります。

「ラベンダー」「カモミール」・・・気分を落ち着かせたい方に
「ゼラニウム」「グレープフルーツ」・・・気持ちをリフレッシュさせたい方に

香りは女性の心も磨いてくれるもの。手軽に気分転換したいな、という時にはこうした「香り」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

もう40代?いえいえ、まだ40代!

「もう40代だから・・・」と、身体の不調を年齢のせいにしがちです。

ですが、60代になっても。70代になっても素敵でイキイキとしている女性はたくさんいます。「更年期」は「これからもっと輝くための、女性としての休憩の期間」ととらえてみるといいかもしれません。

この時期には、無理をせず自分自身をいたわりながらこれからの素敵な年齢を刻むために、無理をせずにゆっくりとした時間を過ごしていきましょう。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

美容が大好き。体の中からキレイになるために腸内美活推進中!

関連する投稿


「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

「のぼせ・ホットフラッシュ」を軽くする日常ケア【更年期は人生が輝くチャンス #39】

ホットフラッシュとは? 夏でもないのに滝のような汗をかく、突然体がカーッと熱くなるというホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)の症状は、更年期中の女性の6割が経験すると言われています。今日は、そんな更年期の代表的な症状ホットフラッシュの予防法、対策とケア方法をお伝えします。


「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「疲れやすい」「やる気が出ない」心と体のケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #38】

「ぐっすり眠ったのに疲れが取れない」「昼間なのに、眠くてやる気が出ない」。これの症状はもしかしたら更年期によるものかもしれません。今回は、「疲れやすい」「やる気が出ない」ときにオススメの心とカラダのケア方法をお届けします。


40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

40代からの「もの忘れ」「記憶力低下」予防トレーニング!【更年期は人生が輝くチャンス #37】

「忘れないようにと書いたメモの行方が分からない」「うっかりミスが増えた」「一体私はこの部屋に、何を取りに来たんだっけ?」。そんな経験はありませんか? 実は、「記憶力の低下」や「もの忘れ」は、女性ホルモンの低下によって増加することがわかっています。今回は、更年期によくあるこれらの症状について、予防・改善するトレーニング方法をお伝えします!


更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

更年期あるある 知覚異常!? 「手足のしびれ」の予防・ケア体操【更年期は人生が輝くチャンス #36】

「手に力が入らない」「肌がピリピリする」「最近手や足がしびれるようになった」思う通りに動かないカラダにショックを受ける方も少なくない更年期。一体、わたしのカラダはどうなっちゃているの?!今回は、更年期症状の1つ「知覚の異常」についてです。かんたんな対策ケア方法もあるので、ぜひ実践してみてください。


更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

更年期あるある 胸やけ・胃腸の不調 ケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #35】

若いときはもりもり食べてもへっちゃらだったのに、この頃は食欲があまりなくなってきた。そんなことはありませんか? 更年期に、食欲が減ってしまったり、胸やけや胃腸の不調で悩む方も少なくありません。今回は、更年期によくある食欲不振や、胃腸の不調のケア方法についてお伝えします!


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

お客様に“楽しんでもらう”ために! おみせ支援マスター&店主 赤羽スマイルの対談 [後半]【おみせ支援マスターになろう】

“おみせ支援マスター”の三浦桜子さんと赤羽で“大衆ビストロ Lit”を営む高野翔さん。三浦さんが「このお店を盛り上げたい!」と、紹介したタブレットの導入を決めた高野さんはこれからどんな風にお店を盛り上げていくのでしょうか。三浦さんの活動も併せてご紹介です。


宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【2月18日(月)~2月24日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】卵子凍結をおすすめしている理由  産婦人科専門医 船曳美也子さんインタビュー<第二回>

『あなたも知らない女のカラダ 希望を叶える性の話』著者 産婦人科専門医 船曳美也子さん。この本を読むといかに自分が自分のカラダについて知らないか、ということがよく分かります。第一回目のインタビューで船曳さんは将来子どもが欲しいと思っているなら一刻も早い卵子凍結をすすめる、とお話されました。それはいったいなぜなのか? インタビュー二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2019年2月 後半編(2/15~2/28)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング