仲良しだったママ友に避けられている気がします…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

仲良しだったママ友に避けられている気がします…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

仲良くしていた人から、最近避けられていると感じたり、以前と関係が変わったという経験はありませんか。職場、家族、地域、様々なコミュニティで人との交流が生まれます。楽しいこともあれば人間関係に悩むこともあるでしょう。今回は、ママ友との上手な付き合い方について、ロジかわ流でお悩みを解決します。


【お悩み】仲良しだったママ友に避けられている気がします…どうしたらいいでしょうか?

以前は何でも話してくれてしょっちゅうランチに行ったり子連れで遊んだりしていたママ友から避けられている気がします…。特に悪いことをした記憶はないのですが、どうしたらいでしょうか? 直接聞くのもなんだか怖い気がして聞けません…。(42歳 Oさん)

環境の変化に大きく影響されるママ友という関係性

“勘違いかもしれないけど、避けられているかも・・・”ビミョーな間合いでも、察する能力が高い女性は、相手の状況を空気で読んでしまうことがあります。具体的になにか言われたわけではないのに、避けられている感覚。とくに、せっかく仲良くなったママ友に「嫌われたのかな・・・」と思うとショックですよね。

ご相談いただいたOさんは、“悪いことをした記憶がない”つまり原因がわからないから余計に悩んでいらっしゃると思います。

お二人の共通点はお子さん以外にどんなことがあるでしょうか。

ママ友が学生時代の友人や、職場の同僚と少し違うのは、生活環境の違うことが多く、また、変化が激しいことです。共通点や属するコミュニティが多いと相手の状況を把握できますが、ママ友だとなかなかそうもいきません。例えば、親の介護で忙しくなったり、子どもの成長にともない、塾や習い事が増え、経済状況が変わっていたとします。

すると、今までのようにランチができなくなったり、多忙で断られるということがおきます。またこれまでは「ランチに行きましょう」という誘いは普通にお互いし合っていたことだったのに、状況が変わってどちらか一方が行けなくなった場合、「私は忙しくて行けないのに、この人は余裕があって羨ましい!」と相手の受け取り方が変わってしまったりもします。要するにOさんが原因でそうなっているかどうかは分からないのです。

ママ友との関係性・距離感を考える

Oさんは、以前のような関係に戻りたいと悩んでいらっしゃると思いますが、ぜひ一つ「関係性」について考えてみてください。ママ友の関係ってどんなものでしょうか? 子どもが同じクラスで子ども同士が仲の良いお母さん? PTAや習い事などで一緒になった方? そしてそのママ友と将来お付き合いする長さはどれくらいだと思いますか。

仕事の上司は転職しない限り長いお付き合いをする関係ですよね。悩みがあったら解決をしないと長い間苦しむかもしれません。しかし、ママ友との距離感を一度考えてみてください。その方とは、1年間だけのお付き合いか、あるいは小学校の期間だけのお付き合いかもしれません。そうなると、“絶対に”関係を修復させたがいいのか、悩みを解決させたほうがいいのか。もしかしたら、そっとしておくのも一つの解決方法かもしれません。

義理の両親との関係性であれば、離婚しない限り切っても切れないですし、向き合うことも必要です。が、ママ友は? いろんな人との関係性を比較をして、どれだけ重要な存在かを考えてみてください。悩むと、目の前のことでいっぱいになりますがその関係性だけがすべてではありません。もっと大事なものに目を向けると、それが重要な悩みではないということがわかり、心が軽くなるはずです。

悩むときは紙に書き出してみる

それでも悩んだ時は、頭を整理するために紙に書き出すことをおすすめします。どんなときに避けられると感じたのか。自分の感情ではなく、「事実」を書き出してみてください。

例えば、「LINEをしているときに夫や子供の愚痴をこぼすと返信が返ってこなかった」や「複数のママ友とダイエットの話をすると口数が減る」など。書きだすことで、どんなパターンのときに避けられたのか、見えてくることがあると思います。

向き合って話すきっかけがあればいいですが、まずはご自身でふりかえってみてください。パターンがつかめると、これからどうしたらいいか対策もわかります。

ママ友とのお悩みは夫に相談しないほうがイイ⁉

最後に、ママ友や職場の人間関係など、一番身近にいる夫に話をしたくなりますよね。

ですが、相談することはあまりおすすめしません。それは、「空気感」や「なんとなくそう思った」は男性にはなかなか分かってもらえないからです。そして、話をすれば男性は解決策を提示したくなります。

どうしても話をしたいと思ったら、「解決策はなくてもいいから、少し話を聞いてほしんだけど」と前置きをして、話してすっきりしたら「聞いてくれてありがとう」と伝えてみてください。ロジかわ流マインドを持って、上手に人とのお付き合いを工夫してみてくださいね。

ロジかわ会 代表 山本 なつみ



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

働く女性のコミュニティ「ロジかわ会」を運営。20代~60代と幅広い層の女性が参加し、多くの働く女性から好評を得ている。

関連する投稿


どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

どうする? 「無神経な同僚」とのコミュニケーション【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#20】

自分が気にしていることを平気で人前で言われたり、ストレートに物事を言われると傷つきますよね。無神経だなと思う人と普段どのようにお付き合いしていけばいいのか、その接し方について3つご紹介します。


自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を上手に伝える方法【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#19】

自分の意見を伝えることで、「相手はどうおもうだろう」「不快感を与えるかもしれない・・・」と相手に気を遣い意見がうまく言えないという経験をされた方も多いのではないでしょうか。これは、「共感力」の高い女性脳が強く影響しているからです。今回は、上手に自分の意見を伝えるコツをご紹介します。


話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

話がまとまらない人へ ロジカルな話し方・ロジカル思考トレーニング法【“ロジかわ”で世渡り上手に!#18】

相手に自分の気持ちを伝えたいのに、うまく伝わらない・・・自分でも話が整理できていなかったり、相手の顔が怪訝そうだと、せっかくのコミュニケーションが嫌になりますよね。日々の会話を論理的に工夫をするだけで上手に話すことができます。ロジカルシンキングな「話し方」についてロジかわ流の解決法についてお話します。


職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場にいる「気が合わない相手」…どう付き合う?【“ロジかわ”で世渡り上手に!#17】

職場には自分とは価値観も考え方も異なる様々なタイプの人が働いています。当然、苦手なタイプの人もいますよね。年下の女性社員から高圧的な態度や上から目線…困りますね。さて、どんな相手とも上手にお付き合いするためにはどのようにコミュニケーションをとればいいのか、ロジかわ(ロジカルでかわいい)思考でお伝えします!


41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

41歳のキャリア転職 面接でどんな話をすべき?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#16】

転職があたり前となった時代、キャリアを見直すタイミングが人生で何度か訪れると思います。しかし、数回のことだからこそ面接でどう話していいかわからないのは当然ですよね。今回は、面接対策をロジカルに考えて解説します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫… 家計が安定しません どうしたらいい?【夫婦問題お悩み相談室 #39】

転職を繰り返す夫のせいで生活が安定しない。夫にひとつのところに安定して勤めて欲しいと願う妻は多いでしょう。いったいどうしたら働き続けてくれるのか?夫婦問題カウンセラーの渡辺里佳さんに聞きました。


若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

若く見えるから大丈夫?「自称童顔」「昔のモテ経験」は手放そう【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #44】

実年齢を言うと「ウソ~、そんな年に見えない!」と言われる。同年代より体力にも自信がある。独身だし気持ちも若い! だから婚活だって余裕でしょ! いえいえ、その自信が婚活の足を引っ張ります。美人でモテた過去の経験が手放せない女性ほど婚活は苦戦するのです。


宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月20日(月)~5月26日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


理由もなく不安…  それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

理由もなく不安… それ、更年期が原因かもしれません【更年期は人生が輝くチャンス #46】

特に理由もないのに、なんだか漠然と不安…そんなことが更年期には起こります。でも大丈夫。その理由が更年期だとわかればきちんと対処することができます。ではなぜ更年期は漠然と不安になるのか? 対処法について更年期の専門家NPO法人ちぇぶら代表の永田京子さんに教えていただきました。


水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

水谷さるころさんへのインタビュー後半!イラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーのさるころさんの著書『結婚さえできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)はご自身の結婚・離婚・事実婚の経験を基に描かれたコミックエッセイです。インタビューではさるころさんの結婚観、家族感、人生観を伺いました。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://babyforyou.org

https://baly.com.ua

https://start-sport.com.ua