自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

自信がつく「うしろ姿」の作り方【更年期は人生が輝くチャンス #14】

鏡を見て、顔や表情、お腹など、見えるところを気にする女性は多いでしょう。しかし、実は人から1番見られる場所というのは、自分では見えない背中です。そこで、今回は今すぐできる自信がつく「うしろ姿」の作り方をお伝えします。


若々しさの秘訣は「うしろ姿」にあり

私たちは、自分の目に見えるところには気を使います。メイクをしたり、髪型を整えたり、お腹を引っ込めたり(笑)しかし、実は他人から1番見られている部分は自分からは目に見えない「背中」なのです。どんなにメイクや髪型をバッチリ決めて若々しく保とうとしても、背中が丸まっていたり猫背で下を向いて歩いているうしろ姿はおじいさん、おばあさんのようです。

背中をまっすぐ保つことができれば、気持ちも前向きになります。ある調査では、猫背の場合と美しい姿勢を保った場合と比べると、猫背の方が仕事の生産性が3割下がったという結果がありました。

姿勢一つでパフォーマンスにさえ差が出てくるのです。そこで、今回は「自信がつくうしろ姿の作り方」をお伝えします。

自信がつく姿勢をつくる2つのポイント

自信がつくうしろ姿のポイントは、骨盤の角度と筋肉です。

1、恥骨からおへそまでを床に対して垂直に起こします。
2、肩を後ろに引き下げます。

この時に、腰が反りすぎないようにしてください。

姿勢がキープできているかどうかは、背中下部を触るとわかります。足の付け根から軽く上半身を前に倒してみてください。

骨盤が後ろに倒れて猫背になっている場合は、中央に背骨が浮き出ます。
骨盤を起こした姿勢がキープできている場合は、背中の中央の背骨部分がくぼみ両脇に筋肉が浮き出ます。

スッキリした姿と筋トレ

骨盤を起こした状態は、もっさりしていたうしろ姿がスッキリ若々しく見えるだけでなく、腹筋と背筋を使っています。ということは、日常生活で骨盤を起こすだけでも筋トレになっているということです。

また、背中をまっすぐにしてキレイなうしろ姿をキープして生活すると肩や首がこりにくくなるという嬉しい効果もあります。

キレイの基準は細い太いではない

私は仕事柄、多くの女性たちと接する機会がありますが、その中でもよく耳にするのは「背中やお腹周りにお肉がついてきたので撃退したい!」という声。相談を受けると私は「撃退なんてもったいないです。とっておいてください!」と言います。「その代わり筋肉を使って体型をコントロールしましょう」と。
もちろん病気になるほどの贅肉は問題ですが、ほとんどの場合はそこまでではありません。

というのも、キレイかキレイでないかは細い・太いで判断されるものではないからです。

いつまでたっても「ダイエット」が花盛りであるように、“細い女性が美しい”という風潮がありますが、細くても自分の筋肉で体型をコントロールしていなければ貧相に見えてしまいます。肉付きが良くても、筋肉で自分の体型を支えている女性はかっこ良く見えるものです。

キレイかキレイでないかの指標は、自分の筋肉を使っていかに立体的に見せることができるかどうかではないでしょうか。

自信がつく「うしろ姿」は「健康寿命」も左右する

骨盤の角度1つでうしろ姿の見え方が変わります。骨盤を起こして過ごすと、お腹と背中の筋肉が鍛えられます。

自信がつくうしろ姿を選ぶか・選ばないかは自由ですが、選択はこの2択です。

この選択は小さなことのようですが、この小さなことの積み重ねが、「健康寿命」にも関わってきます。自分の足で歩いて、介護を受けず、自分の意思で生活することができる状態を「健康寿命」といいます。

骨盤を起こして自分の筋肉で支え若々しく見えるうしろ姿は、自分の意思で作ることができるます。そしてそんなうしろ姿は若々しい未来をもつくるのです。

NPO法人ちぇぶら代表理事 永田京子



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

ピラティスや産後ケアの指導者として活動する中で、40代の受講者たちの声を受け更年期を迎える女性をサポートする「ちぇぶら」を設立。

関連する投稿


「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「体調日記」をつけてみませんか?【更年期は人生が輝くチャンス #26】

「からだが疲れやすくなった」「何だか仕事がはかどらない」以前と比べて何かが違う!と感じる事が増える女性にオススメなのが「体調日記」。毎日、どこか不具合を感じていて、なかなかスッキリ快適!とはいかない毎日…だからこそ、いち早く、体調の変化に気が付くために日記をぜひご活用ください!


40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

40代「老眼かも?」 目の疲れをとるケア方法【更年期は人生が輝くチャンス #25】

誰にでも起こる「老眼」。近くが見えづらくなったと思い、遠ざけたら見えた…やっぱり老眼か!というショックもさることながら、見えにくさは目の疲れにもつながります。そこで、今回は、今すぐできる目の疲れをとるケア方法をご紹介します。


「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

「夏の冷え」に悩まないための足の指体操【更年期は人生が輝くチャンス #24】

健康への近道は「冷え」をなくすこと。「冷え」というと寒〜い冬を想像しますが、冷房が完備された現代の生活では、「夏の冷え」で体調を崩す方が増えています。そこで今回は、忙しい日々のなかでも今すぐできる足の指体操をお伝えします。


女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

女性のための”男性更年期”のお話【更年期は人生が輝くチャンス #23】

「まさか夫が?」今回は男性の更年期のお話です。更年期障害は女性だけに起ることではないのです。パートナーや周囲の人がなるかもしれない男性更年期について、気を付けなければいけないポイントや対処法とは?女性も知っておきたい男性の更年期についてご紹介します。


脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

脇腹ストレッチでストレス解消!【更年期は人生が輝くチャンス #22】

ストレスというと悪いイメージがあり、一般的にはできるだけ“なくそう”と言われています。しかし一方で、いいストレスの場合はカラダに「活」を入れたり集中力を高めたり、プラスの効果を生むという研究もあります。そこで、今回はストレスと上手に付き合うために、アラフォー女性にオススメのカラダのメンテナンス方法をご紹介します。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後 復帰したら居場所がなくなっていました…【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#15】

育休後、仕事に復帰したのはいいけれど、以前と同じようには当然働けませんよね。慣れ親しんだ職場なのに、居場所がないと感じてしまうこともあるでしょう。今回は、育休後の職場復帰に関するお悩みをロジカルに整理して解決します。


40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

40歳からが本気の恋… 男は74%女は29.6%が不倫する【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#16】

衝撃の数字が発表されました…うちのオットに限って…そう思っていたら…なんてことにならないようにしたいものです。40歳からが本気の恋とはいったいどういうことなのか?夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生に教えていただきましょう。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年8月 後半編(8/15~8/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

“ステップファミリー” 子連れ再婚で気を付けたいこと【幸せ夫婦コミュニケーション術 #78】

40代での再婚になると、どちらかが子連れであることも珍しくありません。血の繋がりがない人間が親となる家族は一般的にステップファミリーと呼ばれますが、最初は対応に戸惑うことも多いでしょう。幸せなステップファミリーになるには、何よりお互いの信頼が欠かせません。子連れでの再婚で気をつけたいことについて、お話します。


この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

この前が「5年前」の独身アラフォーが変えるべき5つのポイント【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #27】

「いつか結婚したい」「いい人がいれば結婚したい」そう思いながら、家と職場の往復。まだいける、まだまだいけるから大丈夫と思っていたらアラフォーでようやく重い腰を上げて婚活をしようかなと思ったあなた。 アラフォーにとって「5年前」は「この前」かもしれませんが、縁遠くなっている原因は5年前からアレが変わっていないからです。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング