勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

勝手に家族の写真をSNSにアップする夫…【夫婦問題お悩み相談室 #10】

今の世の中、スマホが欠かせない存在となり、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSも盛んですよね。とても楽しくてためになる情報も満載ですが、SNSに抵抗感を持つ人がいるのも事実です。今回は、夫が家族写真をSNSにアップするのをやめてほしいと願う妻からの相談です。


【お悩み】フェイスブックやインスタなどに無断で家族の写真をアップする夫。私はSNSが好きではありません。どうしたらやめてもらえますか。

夫は、フェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSが大好きです。自分一人で楽しむならいいのですが、知らない間に私や家族の写真を撮ってあげているんです。写真を撮るのはいいのですが、いつも私の許可なくアップしています。正直、私はSNSが好きではないし、恥ずかしい気持ちもあります。夫は「お前の友だちとは繫がってないし、見られてないんだからいいじゃん」と聞く耳をもってくれません。そもそもそういう問題ではないと思うんですが…。どうしたらいいでしょうか。(Gさん・39歳)

ここ数年で大きく変化したネットの世界

時代は変わりました。今の世の中、すべての情報がインターネットに集約され、何をするにも、パソコンやスマホが欠かせない存在となりました。
連絡を取り合う大切なコミュニケーションツールであり、地図や交通案内、店舗や会社情報をはじめとする、あらゆる情報を必要な時に瞬時に手に入れることができます。

フェイスブック、インスタ、ツイッターなどのSNS も盛んで、今は動画も主流になっているようです。よりリアルに双方向性の交流ができるようになり、世の中の変化の速さには驚くばかりです。
ほんの数十年前、まったくネットがない時代を過ごした私には、まるで別の星に住んでいるような隔世の感があります。

こうした流れになんとかついていこうと、私もSNSを利用していますが、コラムの告知やカウンセリングの案内、セミナーランチ会などの宣伝など、SNSは確かに便利なツールです。遠く離れていても、繋がっている人の近況がわかり、親近感が得られるのも魅力です。

なぜSNSが嫌なのか、自分の気持ちを分析する

さて、Gさんは、なぜSNSが嫌なのでしょうか。何がどう嫌なのか、自分の気持ちを分析することから始めてみましょう。

Gさんが、SNSが好きではない理由としてあげているのがこちらです。

「写真を撮るのはいいのですが、いつも私の許可なくアップしています。正直、私はSNSが好きではないし、恥ずかしい気持ちもあります」。

自分や家族の写真がネット上であがり、見られるのが恥ずかしいとのことですが、恥ずかしさをクリアすれば大丈夫なのでしょうか。
それとも、ご主人が、許可なく勝手に写真をアップする行為に対して抵抗があるのでしょうか。Gさんの許可を得て、事前に把握していればアップはOKなのでしょうか。
それとも、何かほかに抵抗を感じる理由があるのでしょうか。

SNSがなぜ、どのように嫌なのか、自分の本当の気持ちを再確認してみてください。

文面からは詳しい情報が伝わらないのと同じように、ご主人にもGさんの本当の思いが伝わっていない可能性があります。
自分の気持ちを整理することで、ご主人に思いが伝えやすくなりますよ。

インターネットは危険と隣り合わせ

ポチッとクリックするだけで、あっという間に世界中に発信されるSNSの世界。たとえ、きちんと管理規制され、閲覧できる人を限定したとしても、家族の写真や個人情報などをどこの誰が見ているかわかりません。何が起こるかわからないのがネットの世界です。

私は、仕事で幼稚園の取材をしていますが、今は、子どもを危険から守るために、幼稚園のH.Pのイベント写真も、パスワード無しでは閲覧することができません。また、個人情報の管理も厳しく、他人には安易に知られないシステムが構築されています。
考え方は人それぞれ異なり、保護者のなかには、「我が子をもっと知ってほしい! 見てほしい!」と積極的に誌面掲載や公開を望む方がいる一方で、「絶対に顔出しはNG!」「スナップ写真もお断り!」と、ガードの堅い慎重な方もいます。

子どもの人権を守るのも親の役目です。
想像以上に影響力があることを、利用する側も意識する必要があります。便利なだけでなく個人情報漏洩などの危険とも隣り合わせであることを知っておきたいものです。
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」で、何事も行き過ぎはよくない、と私も感じていますが、Gさんはどのようにお考えですか?

このあたりについて、ご主人とは情報共有できているでしょうか。

自分の気持ちや考えを丁寧に説明する

夫婦間では、「伝え方」がとても大切です。
心は見えないので、コミュニケーションが必要になるのですが、自分の気持ちや考えを言語化しても、こちらが思うように伝わっているとは限りません。むしろ、ほとんど伝わっていないと認識しておいた方がよさそうです。

単に「いやだから」「やめてほしい」と言うだけでは、残念ながら相手に伝わりません。こちらの考えを知ってもらうには、根拠と具体性が必要です。とくに男性は、気持ちを察するということが苦手なので、噛んで含めるように、丁寧に説明する必要があります。

パートナーの言動に違和感があったり、嫌な思いをしている場合は、その思いを相手に伝える作業が必要です。避けている限り、現状は何も変わらないからです。

さきほど、「SNSが嫌い」な自分の気持ちを分析しました。それを言語化して、Gさんが嫌だと感じる根拠と理由をパートナーに具体的に伝えてみてください。ポイントは決して感情的にならないことです。
「やめてほしい」と頑なに主張すると、反発される可能性大です。ご主人なりの理由があると思いますので、ご主人の思いも受け止めてあげてほしいと思います。ご主人がSNSが好きなのは、写真をアップする事で反応があるのが嬉しいのかもしれませんね。または、家族の思い出記録として残しておきたいのかも……。
いずれにしても、そんなに妻や子どもの写真をアップしたがるなんて、家族のことが大好きなんですね。

「我が子の安全」を第一優先に考えたテーマを設けると、話しやすいかもしれませんね。また、「この条件なら大丈夫」「ここまでならOK」、回数や期限、プライバシー設定などの妥協ラインを視野に入れておくと、不満が残りにくい穏やかな話合いができますよ。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連するキーワード


家族 写真 SNS

関連する投稿


夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

夫婦のマンネリ解消法!「夫と親友」になってみる【幸せ夫婦コミュニケーション術 #68】

結婚まではラブラブだった夫との関係。結婚生活が長くなると、慣れもあってつい関係をないがしろにしていませんか? 趣味が合わなかったり会話がつまらないと感じると、関心を向けることを止めてしまいがち。愛情まで失ってしまう前に、夫を親友にすることで前よりもっとラブラブな関係を目指しましょう!


夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫が「男性更年期」かも? 本人に言うべきでしょうか【夫婦問題お悩み相談室 #9】

夫のイライラした態度や言動。近くで見ているこちらもイライラしますよね。しかしアラフォー世代は、夫も妻も加齢やホルモンバランスの崩れによる身体の不調が起こりがち。健康な身体を維持するためのメンテも欠かせません。今回は夫の体調を心配するアラフォー妻からのご相談です。


40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にBramanoliで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。


産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

産後クライシス… 妻の本音 夫の本音 【幸せ夫婦コミュニケーション術 #64】

子どもが産まれてから、夫との仲がギクシャク。こっちは赤ちゃんのお世話で大変なのに、全然助けてくれない……。産後クライシスは、夫とのすれ違いが発展して夫婦仲が冷え切ってしまうこと。それを防ぐには、夫のほうにも妻にはわからない苦しみがあることを考える姿勢が重要です。どうすれば夫と気持ちを通わせられるのか、お話します。


「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「やっぱり男って結局、若い子がいいの?」年の差婚に対する男のホンネとは?【神崎桃子の恋愛指南 #26】

「結局男って若い子が好きなんでしょう!」なんて憤慨している40代女性の皆様。果たして本当にそうなのでしょうか? 体験型恋愛コラムニストの神崎桃子さんが新年からしっかりその辺の事情について語ってくださいました!


こちらもチェック!
Recommended by

オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

知っておきたい “相続”の基本【弁護士が教えるかしこい相続相談所 #1】

40代は仕事が忙しく子どももまだ手がかかる年代ですが親の介護問題も迫ってきます。目の前のことで精一杯だと思いますが、親が亡くなったあとのことを考えておく最後のチャンスでもあります。亡くなったあとに相続で揉めることはとても悲しいことです。。Bramanoli世代の貴女だから知っておくべき相続のことをお伝えします。


何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

何でも口出ししてくる… 母親と大人として対等に付き合うには?【人間関係に悩んだら…“ロジかわ”で世渡り上手に!#5】

自分のことを心配して接する母親に、悩んだりストレスを感じることはありませんか。母親の愛情の現れだと十分にわかるからこそ、ないがしろにできず、負の感情をいだく自分にも罪悪感を覚え関係性について悩むことも。今回は、母親とどのように接していけばいいのかロジカルに解決します。


宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【5月21日(月)~5月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

「つみたてNISA」と「NISA」の違い【ぐうたらさんでもお金が増える♯08】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。これまで、積立投資がなぜいいのか、積立投資を始めるなら「つみたてNISA」がお得、ということで、前回はその始め方について詳しくお話ししました。でも人によっては、つみたてで無い方がいいこともあります。そこで今回は、つみたてNISAと普通のNISAの違いについて、お話ししていきます。


夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

夫の「加齢臭」上手な対策法【幸せ夫婦コミュニケーション術 #73】

あれ? 最近急に夫の体臭が気になるようになった。これってもしかして加齢臭? ニオイは、なかなか本人が気がつきにくいため周りも言い出すのが難しい問題ですね。特に男性は身体について加齢を指摘されるのを嫌がります。さり気なく言うなら、本人以外の話題で持ち出すのが吉。どう対処すれば良いか、おすすめの方法をご紹介します。










よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング