「苦手な人・嫌いな人」の克服方法とは? 【“心のマナー”メソッド#02】

「苦手な人・嫌いな人」の克服方法とは? 【“心のマナー”メソッド#02】

苦手な人、嫌いな人とコミュニケーションを取らなければいけない時、ちょっと憂鬱な気分になりますよね…。でもそんな時、心のマナーをもって接すればちょっと楽になるかもしれません。そんな心のマナーのポイントを国際基準マナー講師 大網理紗さんに教えていただきます。


▶この記事をBramanoliのアプリでサクサク読もう♡ コスメから大人の恋愛事情まで…

苦手な人、嫌いな人に歩み寄る勇気を持つ

私は現在の仕事をする前、世界の王室や皇室、政府要人といったVIPの方々の接遇をしてきました。VIPというと自分とは関係ないすごい人の様に思ってしまうかもしれませんよね。ですが、VIP接遇の部署に配属された初日、支配人から

「VIPはVery Important Personの略。つまりとても大切な人という意味。自分が相手を大切だと思えば、その瞬間からその人はもうVIPなのだ」

と言われました。つまり、“自分が相手に対してどう思うかが、人間関係に大きく影響を与える”という意味です。私たちは苦手な人をつい避けようとしがちです。しかし、自分から近づく努力をしてみることが大切です。例えば、自分から挨拶してみるとか、出張や旅行でちょっとしたお土産を買って渡してみるとか。そんな風に歩み寄る勇気が大切なのです。

尊敬できなくても尊重する

Getty logo

私が教えている「国際基準マナー」に「相手の国や地方の文化や宗教、慣習を尊重する」という心得があります。 例えば、日本にはチップの習慣はありませんが、欧米などチップの習慣がある国へ行った時には私たち日本人もそれに合わせてチップを支払います。

それと同じように、自分と合わない、受け入れられないものに対しても、尊重するという気持ちが大切だと思います。私の好きな本『いのちのかぞえかた』 小山薫堂 著 (千倉書房)によると、私たちは生涯5万人もの人に出会いますが、その内名前を覚えるのは3000人、さらに顔と名前を一致させられるのは 300人。そして友達と呼べる人はたった30人。親友ともなると3人だそうです。

私たちは一生のうちに、たくさんの人と出会いすれ違っていきますが、本当の意味でご縁のある人はごくわずかだということです。そういう意味で、大好きな人でも大嫌いな人でも、今こうして一緒に過ごせることはとても意味のあることなのではないでしょうか。

まず嫌いな相手でも認めてみるところから、はじめてみるといいと思います。

キーワードは「尊敬できなくても尊重する」ということです。

どんな人にも平等に接する秘訣は○○○

私は学生時代ずっと児童養護施設でボランティアをしていました。そこで、すべての子どもたちに自分の子どもと同じように、分け隔てなく大きな愛情を注ぐ女性職員の方と出会って感動しました。私もすべての人に平等に対等に接することができる愛情深い女性にいつかなれたらいいなと思いますが、それはすぐにできることではないなと感じています。

私は「一般社団法人100年先のこどもたちへ」という団体を設立し、代表理事として活動していますが設立のきっかけは、子どもを出産した直後、大量出血で危篤になったことです。 その際に母から、私の祖母が出産したときは戦時中だったこと、東京は空襲で危ないからと疎開していた先の農家の2階で出産したことを聞きました。

現在私は何の問題もなく、健康で元気に過ごしていますが、もし私が祖母と同じような状況で出産していたら死んでしまっていたんだなと思ったら、少し大げさかもしれませんが、この100年の間に会ったことのないたくさんの人達が、日本を平和にして環境を整え、医療を発展させてきてくれたおかげで、私は今生きることができているんだと思いました。実際、統計的に見ても、100年前は10万人中400人の妊婦さんが亡くなっていたそうですが、現在は3人まで下がっているそうです。

毎日の忙しさに追われていると、どうしても目の前のことしか見えなくなり考えられなくなってしまいますが、もっと大きく広い視野を持つことがとても大切だと思います。短いスパンで物事を見るのでなく、長い目で先を見つめてみることで、深い愛情を持ってすべての人に接することができる人間に近づいていけるのではないかと思います。

嫌な経験も財産として誰かのために役立てようという意識

Getty logo

たとえば仕事でも「良い職場」と思える環境に出会える人は本当に幸せなことで、普段の生活の中に、合わない人や苦手な人がいるのは当たり前だと思います。ただ人間は社会に出ると学校や仕事、子どものためになど、どうしても関わらないといけない、うまく立ち回らないといけない場面にたくさん出会います。

自分でどれだけ気をつけていても、人と人が関わると揉め事は避けて通れないものです。特に女性の多い環境では、人間関係のトラブルが起こりがちです。私自身も、今までさまざまな職場で働いてきて、ストレスで重い胃炎になったり蕁麻疹が出てしまったこともあります。

どうしても嫌なら頑張りすぎないことも大切です。ただ大変な思いをする経験をしたとき、愚痴や不満を言って終わらせるのではなく「いつか友人や後輩たちに“こうしたらいいよ”と教えてあげられるようになろう」と思うことです。そうすればあなたが経験したその嫌な思いも誰かの役に立てる日がくるのです。そう考えるととても素晴らしいですよね。大切なのは、「その経験を財産として誰かのために役立てること」だと思います。

どうぞ、嫌いな人苦手な人がいるということを負い目に感じるのではなく、その経験すらも自分の人生を豊かにする一つだと考えて日々を過ごしてみてくださいね。

リサ・コミュニケーションズ代表 大網理紗



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

話し方&国際基準マナーのスクールRiSA Communicationsを設立。国際基準マナー講師。

関連する投稿


今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

今年の夏のテーマは “ワガママ宣言”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#9】

あなたが何かを言ったり行動したりする時に“周囲の視線”を気にしてはいませんか?私たちはついつい周りにどう思われるか、ということを基準にした言動をしがちです。ですが、“それは本当のあなた”なのでしょうか?アトランタ在住の国際基準マナー講師の大網理紗さんはもっと自由に身軽に解放的に、周囲の視線を気にせず生きてもいいのではないか、と言います。今年の夏のテーマは“ワガママ宣言”。そんな自分になってみませんか?


小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

小さな選択の積み重ねが自分の人生を創る【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#8】

私たちは朝起きてから夜眠るまで、小さな選択を繰り返します。着ていく服は? メイクの色は? 朝ご飯は? 何の仕事から取り掛かる? ランチは? 誰とのアポを優先する? …小さな選択すべてが一日をつくり、自分自身を創り上げます。ですが、その“小さな選択”に私たちは敏感でしょうか? 選択にきちんと向き合っているでしょうか? 国際基準マナー講師の大網理紗さんがアトランタから発信するエッセイ第8回目です。


傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

傷つくのを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言えますか?【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#5】

アトランタ在住の国際基準マナー講師 大網理紗さん。月に一回、アメリカで暮らす中で感じた気づきをコラム連載してくれています。今回は「傷つくことを恐れて言い訳をしている自分は本当の自分と言える?」というお話です。日本とは違う生活環境の中で大網さんが日々感じることは日本に住む私たちにもより良く生きるためのヒントをくれますよ。


小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

小さなころから“I(私は)~”発信【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#4】

アメリカに住む働く女性、ママたちのライフスタイルを、国際基準マナー講師の大網理紗さんの視点で発信していただくエッセイ。第4回目はアメリカは小さな子どもにも自分の意見を求め“I(私は)”発信をする国である、というお話です。


アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アメリカ人の母にとって働くは“当たり前”【大網理紗 エッセイ “自分軸”で生きるということ#1】

アトランタ在住、国際基準マナー講師の大網理紗さん。日本を行き来しながらお仕事を続けている大網理紗さんに、アメリカの暮らしの中で感じたこと、アメリカに住む女性の考え方や暮らしぶりについてエッセイを連載していただきます。今回はその1回目です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

【大友育美のおくすり晩酌#3】血の巡りを良くして♪ 生理痛改善レシピ

毎日の晩酌が楽しみ!という方も多いでしょう。ですが、晩酌をすることで太ったり、体調が悪くなったり、眠れなくなったりしたら嫌だなあ…というのもホンネですよね。そんな悩める晩酌好きの救世主“呑んで健康になるレシピ”その名も『おくすり晩酌』(ワニブックス)が大好評発売中です。そこで!その中から特に40代女性が知りたい体調不良を改善してくれる晩酌レシピをチョコッとご紹介します。第三回目は“生理痛”です。


とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

とりあえずビール!二杯目もビール!? 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<第二回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか?女性の疲労により引き起こされる、あらゆる不調を診てくれるという夢のような診療科なのです!こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビュー。第二回です。


宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【8月19日(月)~8月25日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

腸を洗浄するコロンハイドロセラピーとは? 齊藤早苗さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

“コロンハイドロセラピー”という言葉を聞いたことがありますか? 近年注目を集めている腸内環境を整えるセラピーのようです。コロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんへお話を伺いました。


2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年8月 後半編(8/15~8/31)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。6月後半の運勢のポイントを要チェックです。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
アラフォー・40代女性のお悩みは│Bramanoli [Brama]
@Bramanoli_jpさんをフォロー

画像 apple google
здесь 3kovra.com.ua

biceps-ua.com