婚活疲れ… がんばってるのに結婚できないあなたへ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #14】

婚活疲れ… がんばってるのに結婚できないあなたへ【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #14】

アラフォーの婚活は疲れます。既婚者に相談すれば「歳なんだから」「高望みしすぎ」などと言われて落ち込み自分を責めてしまいがち。やりたくないけれどやった努力は誰も認めてくれない。頭では分かっているけれどできない自分に自己嫌悪…。このまま婚活を続けて先はあるのか不安だったり悩んでいる方はぜひ読んでみてください。


「分かるよ」と共感されにくいアラフォー婚活

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。20代後半ならば、友だちが結婚していく焦りや不安などに共感してくれる人はわりとすぐ見つかる。話してスッキリし、元気になれたかもしれない。

ところが10年経つとだんだん独身仲間が減っていく…。かつて

「出会いがなくて」

といえば

「分かる~。私もだよ」

と返してくれた友だちも今同じことを言えば

「だったら婚活パーティーとか行けばいいじゃん」

とアドバイスされてしまう。

重い腰を上げていきたくないけれど行ってみた婚活パーティー。予想はしていたけれどいい男がいない。

「いい男いないよね」

かつてそんな話ができていた友も今はミセス。そのミセスになった同士は「行きたくないけれど行った」という頭と心がバラバラのことをしたことを褒めてくれず

「高望みしているからじゃないの?」

という。

「あ~、私ってイタイの? 確かに私の悩みはくだらないかもしれないけど…」

と、真面目な女性ほど、責められたように感じ自分に呆れ自信を無くしていきます。これが「婚活疲れ」という状態です。

「分かって欲しい」>「結婚したい」では結婚できない

「認められたい」「分かって欲しい」という承認欲求は程度の差はあれ誰だってあります。

だから褒めて人の承認欲求を満たすことが上手な人はモテます。共通点を探して「分かる!」と共感するように話を聞けばみんな結婚できるでしょう。

残念ながらそういうことができる方は早々と結婚しているか、エイジレスに恋を謳歌しているかと思われます。おそらく読んでいる独身者の方は自分が「認められたい」のではないでしょうか? ところが残念ながら、アラフォー婚活は自分の承認欲求が満たされることがあまりありません。希望の男性に出会えず、条件を下げて会った男性に落胆し、自分の人格を否定されたように感じてしまうこともあるでしょう。

20代ならば友だちの多くが独身で自分と同じ境遇を理解してくれました。しかし、実際問題同じように悩みを共有できる友人は減ります。自分でも年齢がネックなのはわかっています。「この歳で…」と年齢を気にしながら、誰かに受け入れて欲いのです。

しかし、賢いあなたは分かっていますよね。自分が年甲斐のないことも、プライドが高いことも。

たまにどこかで発散させ、自分をコントロールできているならいいのですが、「分かって欲しい」>「結婚したい」になっちゃう方は迷走してしまいがちです。

“承認”欲しさに心が弱ったアラフォーは依存先を探す

「頑張っていきたくない婚活パーティーに行った。全然いい男がいなくて辛かった」

残念ながら私もこういう悩みにはあまり共感しません。幸い現在進行形のそんな相談者は稀ですが

「婚活辛い。こんなに頑張った私を認めて」

と結婚願望以上に承認欲求が大きくなってしまった迷走女子はたくさんいます。

そんな迷走の事例をご紹介します。

Aさんは年齢=彼氏いない歴。恋バナを避け、似た様な恋バナをしない男の影がちらつかない地味な友だち
とつるんでいたら気がつけば35歳。私はまず女子会の回数を減らすことを提案しました。

その後、無事に彼氏はできたのですが、女子会メンバーには報告できないそうです。何年も一緒にいたのに、それは友情というより「私より先に結婚しないでね」という“彼氏つくらない同盟”をつくっていただけではないでしょうか?

成長しようとするのを足を引っ張る関係なら抜け出したほうがいい。けれど、ずっと娘気分でいれる幼いオバサン女子会にいれば自分を「普通」と錯覚できて楽なことは確かです。

絶対に相手を否定しない関係からは抜け出せなくなる

Bさんは婚活がうまくいかず自信を無くし、あるスピリチュアルセミナーに参加しましました。参加者同士の交流会もありそこは「絶対に他人を否定しないこと」というルールがありました。何でも話せてとても居心地がよかったそうです。そして、交流会に何度も参加するようになり、心地よいことばかり言い合うセミナー友だちが増えました。

ところがセミナー友だちと違い同僚や婚活で出会う人はきついことを言ったり、表情が乏しかったりする。そして、Bさんの考えに疑問点があれば突っ込んで質問してくる。そこでBさんは徐々に傷つかずにすむセミナー友達とだけ会うようになり気が付けばアラフォーになっていました。
                  
「女性性を開花させる」「潜在意識を変えて出会いを呼び込む」など様々なコースにお金をつぎ込み、否定しないルールで繋がったセミナー友達と「人間関係ゴッコ」をした結果、リアルな人間関係で揉まれることが怖いアラフォーになってしまったんです。

また別の方は占い師巡りをし、自分が望む結果を言ってくれないと別の占い師に移っていたそうです。「婚活鬱」といって心療内科に通う方もなかにはいらっしゃいます。

認めて欲しい気持ちとうまく付き合おう

「認めて欲しい」「分かって欲しい」という気持ちが強すぎる女性は男性と会っても楽しめません。男性は「問題解決思考」なので「そういうときは、こうすればいいんじゃない」とアドバイスしてしまいます。それは彼が悪いのではなく、男はそういう生きものなんです。

Cさんは辛いこともあったけれど「やっぱり家族が欲しい」と気持ちを切り替えて、39歳でご結婚。合コン話を持ってきてくれるからと繋がっていた婚活友だちとは距離を置き、趣味を楽しんだり人に相談してこまめにストレスを解消していきました。

そして、「モチベーションコントロールの為に菊乃さんに相談にきた」と自分をマネジメントしようという意識がある方でした。無事に結婚してからこんなご報告をいただきました。

「昔の私が彼を紹介されてもつまらないしきっと断っていたと思う。いろいろ一人で悩んでこだわりが強くなりすぎていたけれど、やっとこういう普通の男性がいいというのが分かりました」

こうしてCさんは自分で居心地のいい居場所を作ることができました。

「認めて欲しい」「分かって欲しい」

そう思っても構わない。しかし、その感情に飲みこまれないようにすることが大切です。アラフォー婚活は苦しくて当たり前。そう思って

「認めて欲しい」

という気持ちを暴走させないことが成功の鍵です。

恋愛・婚活コンサルタント 菊乃



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

「出会いがない」という女性向け恋愛・婚活コンサルタント。

関連するキーワード


婚活 アラフォー 婚活疲れ

関連する投稿


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

【Bramanoli 新春特別企画】アラフォー女性が今年こそ始めたいのはこんなこと!

年始特別企画! 2019年 元旦の特集はアラフォー女性が今年こそ始めたいことをまとめてみました。家族との関係や自分のケアなど、大人の今から始めたいと思っていることとは?さぁ、あなたのやってみたいことはどんなことですか?


40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

40代で結婚した人が “やめた” 5つの習慣【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #35】

「何をしたら結婚できるの?」と何か新しく始めようとする方も多いのですが、ちょっと待って欲しい。“何かを始める”ことより、“何かをやめる”ことの方が効果があるのです。40代で結婚した方がやめた5つの悪習慣をご紹介します。あなたもやっているなら、即やめましょう。


私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

私の彼は“派遣社員” そろそろ結婚したい【オトナの幸せ恋愛心理術 #15】

アラフォーになっても恋愛の悩みは尽きないですよね…。そこで! 全国心理業連合会認定のプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳さんに読者の皆さんのお悩みに答えていただきます。大人気カウンセラーの鹿屋さんの回答は愛にあふれていて読んでいるだけで癒されますよ。


35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

35歳過ぎて婚活するなら「一生独身」の覚悟を持て【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #34】

30~34歳の独身女性を10人集めたら、5年後までにそのうち3人が結婚しているという統計があります。では、35~39歳の独身女性を10人集めたら、5年後にそのうち結婚しているのはどれぐらいいると思いますか? 正解は1人です! アラサー気分で婚活しているなら要注意。アラフォー婚活の心構えをお伝えします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

つい “○○すべき” と考えてしまう時はどうしたらいい?【幸福度を高める ポジティブ心理学#16】

小さい頃から学校や親から植え付けられた“○○すべき”という呪縛。そんなの関係ない、自分は自分、と思うけれどやっぱり逃げられない。本当はそんな枠に縛られたくないのに、つい○○すべきと考えてしまい苦しい。そんな時はどうしたらいい?


宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【1月21日(月)~1月27日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

家庭の予定を忘れる夫… しっかり把握させる方法は?【幸せ夫婦コミュニケーション術#93】

「この日は○○だから、忘れないでね」と何度言っても覚えない夫。お互いに仕事をしていれば残業で遅くなる日もあるし、色々とスケジュールを調整しなきゃけないこともたくさんあるのに、いつも自分の用事を優先してしま夫。そんな夫に予定を覚えてもらうには、まず案件の重要性を理解してもらうことが大切です。


【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】非モテアラサー女子だった私が覚醒するまで 恋愛婚活コンサルタント 菊乃さんインタビュー<第一回>

愛のあるスパルタ恋愛婚活コンサルタントの菊乃さん。Bramanoliの連載でもアラフォー女性の婚活を真剣応援してくれています。今回はそんな菊乃さんへ、なぜ恋愛婚活コンサルタントになったのか? アラフォー婚活の秘訣と絶対NGなどについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

【#FocusOn】リプロダクティブヘルス・ライツ 自分の身体は自分のもの やまがたてるえさん×大貫詩織さん助産師対談(最終回)

Bramanoliで連載していただいている助産師でバースセラピストのやまがたてるえさん。そして助産師で思春期保健相談士であり、現在は精神科病院で看護師として働くシオリーヌこと大貫詩織さん。おふたりに日本の性教育の現状、世界との違いなどについてお話いただいた対談もいよいよ最終回。多くのアラフォー女性たちが悩んでいる妊活と自己肯定感のお話です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング