40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

40代は女ざかり! セックスレスなんてもったいない 【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#1】

いよいよ恋人・夫婦仲相談所 所長 三松真由美先生の新連載がスタートします!夫婦問題で数々のご著書もある三松先生にBramanoliで執筆していただくにあたり、やはりここを語っていただくしかない!と、【40代からの夫婦の寝室事情】について踏み込んでもらうことになりました。第一回目は「40代は女ざかり!」という心強い内容です。


オバフォーが最も気にかけなきゃいけないのは〇〇〇

アラフォーという言葉が世に出てきたとき、どんな印象を憶えましたか。「あら? 私もそろそろ?」とハッとして鏡の近くにグィッと近寄り、シミやシワ、張りのない肌をチェックしてしまった・・そんな経験がある方もいるのでは。

アラサーと違い、アラフォーは確実に身体のパーツ一つ一つに衰えを感じる時期です。昔はなんとかメイクでごまかせたり、少し長く寝たら元気が戻っていたのに、まったくごかましが効かなくなる。それがアラフォーあるいはオーバー40(私は自分をオバフォーと読んでいました)世代です。中には更年期の症状が早めに表れる方もいます。50代で直面する閉経の前にホルモンバランスが乱れまくるおそろしい時期です。

そんな40代、お肌や白髪のことばかり気にしてフォローアップしている女性が多いような気がします。しかし、厳しい言葉になりますが、それだけではまったく足りません。

アラフォー、オバフォー女性こそ注力しなければいけないのは“性器官のメンテナンス”です。

はい、性器官ってどこ??? とお思いでしょう。ここでは生殖というより“セックスでフル稼働する器官”としましょう。膣、子宮、乳頭・・。いくつか思い浮かびますね。でもそれだけではないのです。セクシーなことを考える脳を働かせることができるかが決定的なポイントです。

セックスがどんどんよくなるオバフォーは○○○がいいんです

現代の40代女性は日々忙しく働いています。家では子供が思春期やら受験期やらで神経はピリピリ。夫は中間管理職の激務に加え、そろそろ男性更年期でなんだか落ち着かない。ストレスは気づかないうちに蓄積され、お肌はカサカサ、月経不順。気持ちに余裕がなくなりセクシーなことを考える脳の領域は微動だにせず。なんて、思い当たる方、多いのではないですか?

セックスレス改善の専門家として常々女性の皆さんに伝えていることは「セクシースイッチのON&OFF」が自由にできる女性はオバフォーになってからも最高のセックスを継続できるということです。

実際、40代女性に調査しますとこの10年間まったくセックスがないというセックスレス期間が長い人と、セックス継続組の人の意見はまっぷたつに別れます。前者は「セックスがめんどくさい、気持ちいいとか思わない。求められてもわずらわしい」。

後者は「子供を産んでしばらくしてからのほうがすっごく気持ちいい」「しないとイライラする」「夫がしてくれないなら外でしたい」など。

さて、この『40代から二極化する女性の性欲論』を裏付けるのは全国の旦那さん、男性パートナー方だと思います。声を大にして言えないことですが「若い頃のセックスと違い、奥さんの感じ方が高まってる」と気づく旦那さんはとても観察眼がある方です。

夫婦仲相談所に寄せられるセックスレス男性の声「奥さんがオバハン化したから抱く気になれない」だの「家族としては愛せるけど、色っぽいことはできない」だの「感謝の言葉は毎日言ってるけどセックスはできないよ」だの言い訳する男性陣に私は必ず喝を入れます。

リビングで「いつもありがとう」と言うのと、ベッドの上で「愛してるよ、お前とのセックスは最高だ」と言うのとは別腹ですと。セクシーシーンを男性側から作っていますかと。奥さんに感謝の気持ちを伝えたり褒めたりするのは大切ですが、それより1段上にあるセクシャルな満足感を常に与え続けなければ妻のセクシー脳は閉ざされ、性器官は老化します。旦那さんの理想とする、いくつになっても艶っぽい妻でいられなくなると。

40代から「セックスは最高に気分が上がる」妻と「へっ。卒業! セックスなんて興味ない」という妻とバックリ二方向に分かれるのはパートナーの影響要素が強いのです。

相手がいなくてもするべきは「セックスの自立」

そうなると女性陣は自分たちがセックスレスなのは相手のせいだからしかたない、と安心するですがそれはまた間違い。そう思い込むと死ぬまでセックスできません。

相手のせいにして性のステージを降りることは、艶っぽい老後を手放すことになるのです。

私の持論は、たとえ相手が誘ってくれずとも、たとえ彼氏がいなくても、たとえモテなくても「セックスの自立」を意識して過ごせば必ず福がやってくるということです。そのためのステップ1は性器官のメンテナンスです。身体と共にセクシーなことを考えることができる脳も鍛えましょう。鍛え方はこの連載で順次述べてゆきます。

結婚したのにセックスレスor未婚で彼氏なしの40代に告ぐ!

「セックスなんかなくても死なない」と悟りを開いてはいけません。

パートナーから愛され、いとおしく身体を撫でられ、一緒に高みにのぼることで、よりオンナレベルがあがり、無意識に老化予防に力を入れるようになります。セックスを継続しているカップルは、年を重ねても健康な方が多いように見受けられます。

健康が先かセックスが先か。健康とセックスは鶏と卵の関係です。そして健康=女性が誰しも求める美と若さの源なのです。10年後、20年後、パートナーに愛されるオンナでいるために40代の今こそ、セックスレス改善は無理・・なんてぼやいたり、もう卒業したなどと暴言を吐いては『もったいない!!』のであります。

医療の発達、AIの進化で100年生きることができる時代の到来。

あと60年も、愛する人の胸の中で至高の時を体験しないままあの世に逝っていいのですか。異性に愛でられぬままドライなおばあちゃんになるより、かわいく艶っぽいウェットなおばあちゃんになるよう今から意識を改革しましょう。

夫婦仲相談所所長/執筆家 三松真由美



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

恋愛・夫婦仲コメンテーターとして活躍中。講演・テレビ出演多数。

関連する投稿


夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

夫の股間を撫でてみよう「モーニングエレクションチェック」のすすめ【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#23】

セックスレスの専門家、夫婦仲研究所 所長 三松まゆみ先生。毎回ビビットなテーマで大人気ですが、今回もまたとがっています! 朝こそ夫の股間を撫でてみようとはいったい…!?


【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】専業主婦から会社設立! 夫婦仲相談所所長 三松真由美さんインタビュー<第一回>

【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】が大好評連載中の夫婦仲相談所所長 三松真由美さん。数万組の夫婦のお悩みに答えてきた三松さんがなぜ今のようなお仕事をしようと思ったのか、今、アラフォー夫婦たちになにが起こっているのか、セックスレスとはなんなのか、なぜセックスが大切なのか、などについてお話いただきました。刺激的なインタビュー第一回目です。


『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

『オトナの保健室』著 性に正面から取り組む 朝日新聞「女子組」取材班インタビュー<後半>

大手新聞の夕刊に“セックスレス”や“不倫”の文字が並ぶ…性に対してオープンになりつつある今でも少しの驚きをもって読み進める朝日新聞の「オトナの保健室」企画。記者の皆さんは朝日新聞という大手メディアのなかでどんな想いをもって、この企画に取り組んでいるのか伺いました。その後半です。


朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞 女子組「オトナの保健室」取材班に突撃インタビュー<前半>

朝日新聞夕刊に月に一回掲載になる「オトナの保健室」という企画をご存知でしょうか? 先日、企画をまとめた一冊の本が発売になりました。そこには2015年4月にスタートしたオトナの保健室に寄せられた読者の赤裸々な想いが詰まっていました。日本を代表する大手新聞の夕刊にこんなことを掲載していいんだ…という衝撃が走り、どうしても記者の方々にお話を伺いたくなり、インタビューを申し込みました。その前半です。


セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

セックスレスは悪い事? 「良いセックスレス」と「良くないセックスレス」【幸せ夫婦コミュニケーション術 #88】

「セックスレス」と聞くと、どうしても「夫婦の間に溝がある」「夫婦仲が悪い」のようなイメージを持ってしまいがちですが、そもそもセックスが必要ない、という夫婦もいます。お互いが精神的に自立していて、セックスがなくても愛情を確かに確認できているなら、それは「良いセックスレス」ということになるのではないでしょうか。まずは自分たちの状態について考えてみましょう。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月10日(月)~12月16日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

【ユニクロ】プレミアムラムクルーネックセーター ラム素材がめちゃくちゃ気持ちい♡

ユニクロのプレミアムラムクルーネックセーターはもうチェックしましたか? ラム素材で肌触りが最高♡カラーも豊富ですので、好きなカラーをチョイスすることができます! 今年は断然ダボッとサイズがおすすめ。


【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

【#FocusOn】「頭に思い描いたことが実現するのは脳科学的に立証されています」医学博士 山下あきこさんインタビュー<第四回>

怒りの感情はコントロールできるし、怒りの原因は自分にある、ということを医学博士の山下あきこ先生に前回教えていただきました。今回は頭に思い描いたことは実現する、と言うお話です。なんとも嬉しいような恐ろしいような…インタビュー第四回目です。


【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】社会はみんなで変えていくもの 「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さんインタビュー<第二回>

スウェーデン留学から帰国後「#なんでないの」を立ち上げた福田和子さん。いつの間にか自分に刷り込まれていた日本の常識を留学中に感じ、日本の常識は世界の常識ではないことを知ったそうです。スウェーデンでは若者や女性もエンパワーされていて、声をあげて社会を変えていくという意識があります。世界の当たり前を日本の当たり前にしたい。第二回では、その想いをお伺いしました。


“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

“大人にこそ絵本を” アラフォーの今読みたい【心をうるおす大人の絵本#01】

軽妙で独特の感性が大人気の絵本コーディネーター東條知美さんによるアラフォー女性へおススメしたい【心をうるおす大人の絵本】連載がスタート! 辛い時悲しい時困った時、大人になった今だからこそ読みたい心をうるおす一冊を紹介していただきます。連載第一回目は【アラフォーの今読みたい 心をうるおす大人の絵本】です。








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
https://babyforyou.org

www.antibioticlistinfo.com/

https://start-sport.com.ua