【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<前半> | 大人のワタシを楽しむメディア- bramanoli.info
【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<前半>

【#FocusOn】「35歳からわたしが輝くために捨てるもの」著者イラストレーター松尾たいこさんインタビュー<前半>

Bramanoli編集部が気になっているヒト・モノ・コト等を紹介するFocusOn(フォーカスオン)。こんにちは編集デスク和氣です。今回は人気イラストレーター松尾たいこさんの著書を読んで感銘を受けご本人にインタビューしてきました!丁寧に慎重に言葉を紡ぐ松尾さんは本当に素敵な大人の女性でした。こんな風に年齢を重ねたい!前半です。


全員に好かれるのなんてムリ。だったら好きな人・共感できる人と繋がって時間を共有したい

今、毎日ブログを更新しているんですが、自分の生活や考えていることを書くようになったのって、東日本大震災の時からなんです。当時ものすごく衝撃を受けて悲しくて辛くて怯えていて。でもそんな風に私が暗い気持ちでいても何も現状が変わるわけではない。ちゃんと気分転換して元気になって自分ができることをやるようにしようって美容院に行ったんです。そしてそれをツイッターに書いたんですね。そうしたらかなりキツイ口調で批判してくる人がいたんです。「こんな大変な時にお前はなにをしているんだ」って。

すごく傷つきました。でも同時に怒りが湧いてきたんですね。「私が書かないからってなにも考えていないわけじゃないって。見える所だけで判断してほしくないって」そんな気持ちを率直にブログに書きました。人からどんな風に思われるのか、とか批判的なコメントをされることを怖がっていた私が自分の想いをそんな風に書いたのは初めてだったと思います。

そうしたら、同調してくれる好意的なコメントがたくさん届いたんです。それで気が付きました。「どんな内容を書いても批判してくる人はしてくる。私を嫌いな人は嫌いなんだ。全員に好かれるなんて無理なんだ」って。そう考えたらなんとなく楽になって。だったら私を好きでいてくれる、共感してくれる人と繋がっていこうって思ったんです。だってそのほうが絶対楽しいですもん。

それからは、自分の毎日のいろんなことを素直に書いていくようになりました。そのなかで、一昨年ブータンを旅して、いろんな刺激を受けたんです。ブータンの人たちが話す言葉が私の胸にすごく響いて。例えば「自分が幸せじゃないと人を幸せにすることはできない」とか。当たり前のことかもしれないけれど、しみじみと感じるところがありました。

それで、そういう言葉を紹介するような本を出したいなあって知り合いの編集者に相談したんです。そうしたら、その方が、そこに私の思い・生き方を絡めて書いたらいいんじゃないかって言ってくれたんです。

暗かった10代、つまらなかった20代・30代前半

私は10代の頃両親が離婚したりしたこともあって、すごくコンプレックスを持った人間になってしまって、暗い青春時代を過ごしました。全然自分に自信が持てなくて。20代も楽しくないなって思いながら会社勤めをしていました。そんななか、あるきっかけがあって32歳で上京してイラストの学校に入ってイラストレーターになったんです。ものすごく遅咲きなんです。

イラストレーターになることは小学生の頃の私の夢でした。ですが、だんだん大人になるにつれて、田舎の私の周りにはイラストレーターなんてやっている人はいないし、そんな職業は誰にでもなれるわけじゃないんだって勝手に諦めていました。そして夢を忘れて暗い学生生活を送っていました。

そんな暗黒時代の私に今、言ってあげたいんです。「大丈夫!こんな時代は一瞬で終わって何十年か経ったら好きなイラストの仕事をしていつも笑っているよ」って。

10代って本当に世界が狭いじゃないですか。学校という狭い世界で生きていてそこからはじかれたらもう終わり。でも、まったくそんなことはないって大人になった私は知ってます。でもそんな風に思えない10代や、もしかしたら勝手に自分の可能性を決めつけて諦めちゃってる20代、30代、40代の人たちもいるかもしれない。だからそんな私の体験を書くことで勇気づけられる人がいるんじゃないかなあって思ったんです。

それで『35歳からわたしが輝くために捨てるもの』(かんき出版)を出版することになりました。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

大人の女性が元気に楽しく毎日を過ごせるような記事をお届けします!

関連する投稿


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

間違いなく『女の運命は髪で変わる』著者 佐藤友美さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

美容師さんと上手くコミュニケーションをとって毎回理想の自分を手に入れていますか?多くは恥ずかしくて要望をうまく美容師さんに伝えられていないのではないでしょうか? しかし!日本初のヘアライター&エディターである佐藤友美さんによるとそれはものすごくもったいないコトだそう。著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を踏まえ、どういうことかお話を伺いました。


毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

毎朝トイレでこれをすれば快便間違いなし!?コロンハイドロセラピスト 齊藤早苗さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

コロンハイドロセラピーを行ったことがある人はどれだけいるでしょうか? 医療機関でしかできないため、まだまだ日本では経験したことがある人は少ないと思います。そんなコロンハイドロセラピーについてコロンハイドロセラピストの齊藤早苗さんに教えていただきました。


ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

ダイエットなんてしなくてもヘアデザイン&スタイリングで一瞬でキレイが手に入る!佐藤友美さんインタビ<第二回>【#FocusOn】

“髪は女の命”なんて言われていますが、実際、髪の毛に時間とお金をかけている女性はどのくらいいるのでしょう?「日々忙しくて髪の毛に時間なんてかけられない!」という40代女性がほとんどでしょう。ですが…日本で唯一のヘアライター&エディターである佐藤友美さんの著書『女の運命は髪で変わる』(サンマーク出版)を読むと今日からすぐに髪の毛に時間とお金をかけたくなりますよ。


ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

ネガティブ沼にはまったら“宇宙”へ思いを馳せよう 女性専門疲労外来ドクター工藤孝文さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

“女性専門疲労外来”という言葉を聞いたことがありますか? その名の通り、女性の疲労による症状を緩和してくれるクリニック。つまり女性の体調不良を改善してくれる、ということなんです。こちらの外来を担当し『疲れない大百科』(ワニブックス)を執筆した糖尿病・ダイエット治療・漢方治療 専門医の工藤孝文さんにインタビューしました。最終回です。


オススメ情報

dummy

人生100年時代 40代からの転職術

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクルートエージェント


dummy

母であり妻であり、そして“働く女性”であり。働き続ける女性を応援!

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。


リクナビNEXT


最新の投稿


宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【9月16日(月)~9月22日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

2019年9月 後半編(9/15~9/30)の運気【雨宮なおみの12星座占い】

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になった雨宮なおみさん。9月後半の運勢のポイントを要チェックです。


『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』手相家・漫画家 卯野たまごさんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

『ざんねんな手相』(扶桑社)という本をご存知でしょうか? というか、そもそも手相に“ざんねん”って…ストレートすぎて知るのが怖い! そう思ってしまったあなた! とんでもございません。“ざんねんな手相”を知るのは人生を好転させる第一歩です。というわけで、著者の手相家で漫画家の卯野たまごさんにお話を伺いました。第一回です。


開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

開湯1300年の歴史 加賀温泉郷・山中温泉「かがり吉祥亭」大満足のおもてなし体験

加賀四湯のひとつで開湯1300 年の歴史をもつ温泉、加賀温泉郷「山中温泉」。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016‐2017 年の2-3 位にも選ばれました!そんな山中温泉の「かがり吉祥亭」が今、注目を集めています!


映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

映画『エセルとアーネスト』大切な人がそばにいる奇跡【沁みる映画 #05】

「スノーマン」という絵本をご覧になった方は多いのではないでしょうか? 優しいタッチのスノーマンはキャラクターとしても広く愛される、絵本の名作です。世界中にファンを持つイギリスの絵本作家レイモンド・ブリッグズが描き出す世界はとても優しく、時にリアルに私たちの心を打ちます。そんなレイモンドが描いた『エセルとアーネスト』は自信の両親の人生を描いた原作をアニメーション化したもの。過酷な時代生きたふたりの平凡な男女の世界を温かくもリアルに描きます。


友だち追加






人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
アラフォー・40代女性のお悩みは│Bramanoli [Brama]
@Bramanoli_jpさんをフォロー

画像 apple google
zaraz.org.ua/2018/09/25/depozity-i-osobennosti-otkrytiya-vkladov-v-raznyx-finansovyx-organizaciyax/

автокосметика

rbt.com.ua