子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもの教育方針の違い 夫婦間で意見が合わずストレスに…【夫婦問題お悩み相談室 #8】

子どもが誕生すると、夫婦二人だけの生活から一変します。父親も母親も愛する子どもの成長を見守る気持ちは同じはずなのに、夫婦の意見が違うことで言い争いに発展することもよくあります。今回は、子どもの教育方針を巡って、夫婦で意見が食い違うと悩むアラフォー妻からの相談です。


【お悩み】夫とは教育方針がまったく異なります。なんでこんなに価値観の違う人と結婚しちゃったのかと後悔の日々です。

田舎育ちの夫の口癖は「俺は塾なんか行かずに大学まで行った。私立に行かせる必要なんてない!」です。そりゃあ田舎には私立なんて少ないし、公立である程度勉強できたら学校推薦がとれるかもしれませんが都会はそうはいきませんよね。私は早い段階から受験させてなるべく子どもが楽に大学に行けるようにしたいのですが、夫は聞く耳を持ちません。私の考えを理解してもらうにはどうしたらいいですか。(Hさん・40歳)

子どもを思えばこその「親心」

男女が出逢って結婚し、愛し合い、お腹の中に新しい命が宿り、二人の赤ちゃんが誕生する…。これってとても神秘的で幸せなことですよね。
子どもが産まれると、当然のことながら忙しくなります。ミルクやおむつ交換。お風呂に着替えと、身の回りのお世話が待ったなしでやってきます。誰かが面倒を見てあげないと子どもは生きていけません。24時間心配の対象ですよね。それだけ手のかかる子育てだからこそ、愛情も大きく膨らんでいくのかもしれません。

子どものためにはなんでもしてあげたくなるのが親心。無償の愛を注げるというのは、改めてすごいことですね。

人は「一人ひとり意見が違う」ことを認める

Hさん夫婦は、子どもの教育方針で、ふたりの意見が食い違うのですね。
父親も母親も子を思う気持ちに変わりはないはずなのに、夫婦が日々険悪ムードで過ごすのはとてもつらいですよね。

進路について、二人の考え方が異なるようですが、Hさんは、塾に通わせて私立に進学させたい。そしてご主人は、塾には行かせる必要はない、と主張しています。

人はそれぞれ考え方が違います。兄弟間でも、双子同士でも、性格や考え方は異なるので、もともと他人同士の夫婦が、まったく同じ価値観、同じ意見であるはずがありません。
最初からケンカをしたくて話し合ったわけではないはずです。かわいい我が子のことを思えばこその話合いですよね。

だからこそ、意見交換(コミュニケーション)が必要になるのです。
互いに「自分の考え方の方が正しい」と言って主張を譲らなければ、ずっと平行線のままです。

私が行っている「夫婦ペアカウンセリング」でも、夫婦で教育方針が異なることから、言い争いに発展し、離婚まで考えるようになってしまったケースがあります。
これでは本末転倒ではないでしょうか。両親がいがみ合っている家庭環境も、子どもにとって決して良くはありません。

自分の頭で考え、自立できるように育てる

子育てで大切なことは何でしょう。
評判のいい学校に行くことや成績の良さでしょうか。楽をさせてあげることでしょうか。

子どもは成長すれば、自分の意思で人生を選択し、生きていくことになります。
どんなに親が愛情をもって子どもにアドバイスをしたとしても、大きくなればそれを選ぶかどうかは、本人の意思次第です。親の思い通りに選択するかどうかはわかりません。

我が子には、「自分の頭で考え、自立できる人間」に育ってほしいですよね。
子どもがいかに健全に、のびのびと素直な心と優しい心を持ちながら自己肯定感を育んでいけるか。そのことに焦点をあて、夫婦で意見をすりあわせ、折り合いをつけながら、仲良く協力して子育てしてほしいと思います。

視野を広げれば妥協点は必ず見つかる

子どもは親の言動をとても良く見ています。夫婦げんかは子どもにいい影響を与えず、教育上もよくありません。
夫婦げんかを見せられる子どもは、「脳に変化をもたらす」と科学的にも証明されました。
親の顔色を見ながら、ビクビクと神経をすり減らし、小さな心を傷めているので、もし、子どもの前で激しく言い争いをしているのなら、いますぐやめてくださいね。
もし、見せてしまったのなら、仲直りの過程も見せてあげてほしいと思います。

「意見を聞き入れてもらえた」と感じた時、人は優しくなるそうです。「聞く耳をもってほしい」と願うなら、こちらも相手の言うことに耳を傾け、理解しようと歩み寄る姿勢が必要です。

二人だけで話し合うのではなく、今の教育現場について調べたり、子育ての先輩の意見を一緒に聞きに行ったり、多方面から情報収集することで視野が広がり、必ず妥協点が見つかります。そこまでとことん話合いができるのが理想的です。

自分の思い通りに動いてほしいというのは、相手をコントロールしようとしているのと同じです。そして、人は意見が違うからこそ話し合います。考え方の違いを認め、互いに尊重すること。それは仕事でも家庭でも同じです。まずは感情的にならず、穏やかに冷静に話し合いができる関係を目指しませんか。

両親が一致した考えのもとで暮らす子どもは、情緒が安定し、落ち着いた環境の中でのびのびと子どもらしく成長していきます。それこそが教育上、何より大切なことではないでしょうか。
愛する子どものためにも、親として大人の対応を見せてあげてくださいね。

夫婦問題カウンセラー 渡辺里佳



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

夫婦問題カウンセラーとして、結婚・離婚・夫婦に関するコラム記事を発信、電話カウンセリングのボイスマルシェでも活動している。

関連する投稿


【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

【#FocusOn】人間は浮気するもの 『不倫』著者:脳科学者 中野信子さんインタビュー<第一回>

なんともストレートなタイトル『不倫』。脳科学者の中野信子さんが書いたこの本のなかにはあらゆる角度から人間は浮気をするものだ、ということが、これでもか!と書かれています。ショッキングな内容ではありますが、これを知ると少し楽になるかもしれません。そこで今回は中野信子さんに改めて「なぜ、人間は不倫するのか」ということについてお話を伺いました。その第一回目です。


【#FocusOn】『〈女子力〉革命』刊行記念 萱野稔人×ジェーン・スー対談「人生100年時代の女子の生き方」イベントレポート

【#FocusOn】『〈女子力〉革命』刊行記念 萱野稔人×ジェーン・スー対談「人生100年時代の女子の生き方」イベントレポート

人生100年時代と言われている今、従来通りの人生モデルが通用しなくなりつつあります。そんな時代をどう生きればいいのか? という問題に津田塾大学・萱野稔人教授と学生たちが真正面から向き合って対策を練ったものをまとめたのが『〈女子力〉革命――人生100年時代を生きぬくために』(東京書籍)です。刊行を記念して萱野稔人教授と作詞家でコラムリスト、ラジオパーソナリティのジェーン・スーさんの対談が行われるということで行ってまいりました。


【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「夫婦のカタチだって多様性があっていい」iroha広報・工藤まおりさん、西野芙美さんインタビュー<最終回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー最終回は夫婦のカタチも人それぞれで良い! というお話です。


【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

【#FocusOn】「夫婦で楽しむセルフプレジャーアイテム&セックスレス問題」iroha広報へインタビュー<第三回>

女性用セルフプレジャーアイテム“iroha”広報の工藤まおりさんと西野芙美さんへのインタビュー第三回目は初心者におススメのセルフプレジャーアイテムとパートナーと楽しむのにおススメのアイテム、そして夫婦のセックスレス問題についてお話を伺いました。


セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテム“iroha”新商品発売記念「快楽解体新書~女性の身体のナカとソト~」イベント開催!

セルフプレジャーアイテムを販売するTENGAの女性向けブランド“iroha”。女性のセルプレジャーアイテムについても徐々にではありますが、認知されつつあります。そんななか、irohaでは新商品発売を記念して記念イベントが開催されました。その模様をリポートします。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

小さなことでイライラ… 怒りのコントロール方法 【幸福度を高める ポジティブ心理学#14】

歩いていても電車に乗っていてもちょっと何かあるとイラッとしてしまう…アラフォー女性は忙しいしホルモンバランスも崩れてくる年齢なので、ついイライラしちゃうことありますよね。そんな自分に嫌気がさしてまたストレスを感じてしまったり…。そうならないようにイラッとしてしまう思考を変えるのはどうしたらいいか、脳神経内科医の山下あきこ先生に教えていただきました。


宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【12月17日(月)~12月23日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

【#FocusOn】フランス発!『クリトリス革命』翻訳者・永田千奈さんインタビュー

フランスのセクソロジストとセックスジャーナリストがふたりで書いた本「クリトリス革命」。今回、この本を翻訳された永田千奈さんにインタビューしました。このある意味、刺激的でセンセーショナルなタイトルの本を翻訳された経緯やこの本の魅力について語っていただきました。


【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

【#FocusOn】「セックスレスの状態がなぜ不満なのか考えてみてください」医学博士 山下あきこさんインタビュー<最終回>

前回は“男女はなぜすれ違ってしまうのか”ということについて医学博士の山下あきこ先生に教えていただきました。今回は“セックスレスは脳科学で解消されるのか”というお話です。インタビュー最終回です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年12月 後半編(12/15~12/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないのに周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!








人気記事ランキング


>>総合人気ランキング
pillsbank.org/fr/produit/kamagra-effervescent

pillsbank.org/it/comprare/orlistat

dynamo.kiev.ua