【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

【新春企画】Bramanoli読者はどんな記事読んでる? 人気記事紹介 ~お金の問題編~

アラフォー世代が気になること上位に必ず入る「お金」の問題。子供の養育費がかさみ始めたり、親の介護も無視できない上に自分たちの将来の蓄えも準備しなきゃいけない私たちにプロが答えてくれています。


今の暮らしと将来の蓄え お金の問題どうする?

 私たちアラフォー世代にとって、お金の問題は年々深刻になってきています。子供たちもだんだん大きくなってきて、親も年老いていく。当然ながら自分たちの老後のことも視野に入れて、今入ってくるお金をやりくりしていかなくてはいけない。日々、バタバタと忙しく働くのは、家族や将来のためでもあるけれど、基本は自分のため。いつまでもキレイでいたいし、オシャレもしたい。そんな今の自分に投資するお金も必要だったりする。

 目の前の今必要なお金と、李是という時のお金、将来必要なお金と…。考えれば考えるほど“足りない”気がしてきますよね。そんな漠然としたお金の悩みに答えてくれるのが、お金のプロ、ファイナンシャルプランナーの皆さん。

 Bramanoliでもファイナンシャルプランナーの山口京子さんに書いていただいた記事は人気記事として常に上位にランクインしています。そもそもお金を“貯める”ことが難しいと感じているあなたも、“増やしたい”と思っているあなたにも是非読んでいただきたい記事です。

知らなかった!お金を貯める・殖やすには順番があった!

お金を貯める=「収入から生活費にお金を使って、残ったお金が貯まっていくこと」と思っていたら、なかなかお金は貯まりません。なぜなら、お金は逃げ足が早く、残った物を貯めようと思っても残らず、残っても何かに使ってしまうからです。

記事を読む▶ 知らなかった!お金を貯める・殖やすには順番があった!

http://bramanoli.info/articles/718

【幸せなお金持ちになる習慣 #1】「オール漫画で分かりやすい!」と評判の“お金に泣かされないための100の法則”が好評発売中のFP山口京子さんにアラフォー女性のお金のお悩みにお答えいただきます。今回は、「どうやってお金を貯めたらいいでしょうか?」。具体的にズバッとお答えいただいています! 目から鱗間違いなしです。

「貯まる」ではなく「貯める!」 “意思”を持つところから!

年収の多い少ないにかかわらず、貯め上手さんたちは自分がお金をかけたいところと、かけなくてもいいところの優先順位をちゃんとつけています。

記事を読む▶ 同じ給料なのに! お金が貯まる人と貯まらない人の違いとは?

http://bramanoli.info/articles/761

 【幸せなお金持ちになる習慣 #2】今回のお悩みは! ズバリ、「贅沢なんてしていないのに、お金が貯まらないんです…どうしたらいいでしょうか?」30、40代のなんと約3割が貯金ゼロ世帯です。年収が高ければ、貯められるかというと、そうではなく世帯年収が1200万円以上あるのに、およそ1割は貯金ゼロです。いったいナぜなのでしょう?

“ 本 気 で ” お金を貯めるには「8つの習慣」を知るべし!

あなたの預金残高は、何で出来ていると思いますか? ただの数字にしか見えないかもしれませんが、預金残高は、あなたの毎日の生活習慣でできているんです。
つまり、いきなり億万長者にはなれませんが、毎日の習慣を変えることで、行動が変わり、お金をコツコツ育てることが出来るようになるのです。

記事を読む▶ “ 本 気 で ” お金を貯める!8つの習慣

http://bramanoli.info/articles/767

【幸せなお金持ちになる習慣 #4】今回は、「貯金はゼロですがお金持ちになって豊かな老後を過ごしたいです」という、ストレートすぎるお悩みです。セミナー会場や、個人面談でも一番多いのがこのお悩みです。そこでBramanoli世代は、みんないくらくらい貯めているのか? というところからご紹介していきたいと思います。



本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。

この記事のライター

Bramanoli編集部 総合アカウントです。皆様へのお知らせやキャンペーン、ライター募集などの情報を発信していきます。

関連するキーワード


貯蓄 投資 山口京子

関連する投稿


食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

食費を削っても貯金が増えない理由 【簡単シンプル貯蓄術#4】

貯金しよう!と思った時に皆さんはどの費用を見直しますか?お小遣い?光熱費?保険?娯楽費?いろいろありますが、どうやら“食費”だけは削ってはいけないようです。いったいそれはなぜなのか?ファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに教えていただきましょう。


「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

「ダイエット」と「貯金」の共通点とは?【簡単シンプル貯蓄術#2】

女性の皆さんなら誰もが一度は、ダイエットに関心を持ったり、経験したりしたことがあるのではないでしょうか。ダイエットと貯金は似ています。ダイエットも貯金もその人にあったペースで続けると確実に効果が出ます。両者にはさまざまな共通点がありますので、今回はダイエットと貯金の共通点を探っていきたいと思います。


投資の“リスク”を正しく知りましょう! 【ぐうたらさんでもお金が増える#04】

投資の“リスク”を正しく知りましょう! 【ぐうたらさんでもお金が増える#04】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。投資信託って聞いたことはあると思いますが、お金に詳しくない人は「私には関係ない話」って遠い世界のことのように思っていませんか? そんなことはないんです! 今回は投資信託の選び方のポイントをお伝えします。


お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

お金を「貯める入れ物」とは?【簡単シンプル貯蓄術#1】

「お金が貯まらない…」そうお嘆きの方も多いことでしょう。それには明確に理由があるようです。新しく始まる連載は、お金にまつわるお悩みをファイナンシャルプランナー飯村久美さんがしっかり解決してくださいます。


投資の基本「かわいいお金には旅をさせよ」【ぐうたらさんでもお金が増える#02】

投資の基本「かわいいお金には旅をさせよ」【ぐうたらさんでもお金が増える#02】

こんにちは。家計研究家の氏家祥美です。お金は目的別に分けてあげると、運用がしやすくなります。かわいいお金には旅をさせて、たくさんの経験をしてきてもらいましょう。目的に合わせた旅先選びがカギを握ります。


オススメ情報

業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



業界最多の非公開求人からご希望に沿った求人をご紹介、あなたの転職を成功に導きます。



最新の投稿


SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

SNS疲れ… 幸せそうな家族に嫉妬してしまいます【幸福度を高める ポジティブ心理学#10】

幸せそうな友人家族のSNSなんかを見るたびに嫉妬心が止まらない。ついつい自分の家族と他人の家族を比べてしまう。見なければいいと頭では分かっているけれど…SNSを見るたび気持ちの浮き沈みに疲れてしまう。そんな体験ありませんか?人の幸せに嫉妬することなく、素直に喜べる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。ポジティブ心理学の側面から教えていただきます。


【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

【#FocusOn】42歳で不妊治療スタート 44歳、46歳で2度の出産 女優・加藤貴子さんインタビュー<第二回>

昼ドラ『温泉へ行こう』に主演し人気を博した女優の加藤貴子さん。42歳から不妊治療を始め44歳と46歳で出産し、現在2人の男の子のママです。その妊活体験をまとめた『大人の授かりBOOK』(ワニブックス)が出版されました。今回は本に書かれていないアレコレもふくめて加藤さんに根掘り葉掘り聞いてきました。その第二回目です。


【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

【雨宮なおみの12星座占い】2018年10月 後半編(10/15~10/31)の運気

ライターとして長年占い原稿を執筆するうちに独学で占術を学び、頼まれもしないので周囲を占っていたら「当たる!」と評判になってしまった雨宮なおみ。ひょんなところからBramanoli編集部に発見され、満を持して連載スタート!


宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

宮本真知のタロット占い【10月15日(月)~10月21日(日)の運気】

あなたの心に寄り添いながらそっと背中を押してくれると評判のタロット占い師、宮本真知がお届けする週間タロット占い。直観を信じて…今週のあなたの運気は?


夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

夫の姓は名乗りたくない 事実婚が理想なのですが…【夫婦問題お悩み相談室 #25】

結婚すると、妻は夫の戸籍に入籍するのが一般的。保険書類もパスポートも姓の変更手続きが必要となり、女性のほうが何かと大変だと言われています。今回は、事実婚と結婚時の姓の変更についてお話します。








よく読まれている人気記事


>>総合人気ランキング